「バレンシア、モウリーニョ監督と接触」西メディア…イ・ガンインと同じ釜の飯の可能性
OSEN



※一部要約

ジョゼ・モウリーニョ監督がイ・ガンインの師匠になる可能性が提起された。

チームトークは20日、「スペイン・プリメーラリーガのバレンシアがジョゼ・モウリーニョ監督と接触した。モウリーニョ監督はトッテナムから更迭されたが、すぐに現役復帰する可能性が高い」と報じた。

モウリーニョ監督は更迭された後、「私は常にサッカー界にいる。休息は必要ない」と監督生活を続けるという意志を隠さなかった。

スペイン現地メディアは「モウリーニョ監督が1年5ヶ月でトッテナムを去った。トッテナムは今シーズンのヨーロッパリーグとFAカップから脱落した。リーグでの成績もあまり良くない。だがモウリーニョ監督は近いうちに復帰できるものとみられる」として、「バレンシアのクラブオーナーであるピーター・リムがモウリーニョの合流を狙っている。ピーター・リムはモウリーニョ監督がレアル・マドリードを指導していたときから知り合いでよく付き合っているという」と説明した。

もしモウリーニョ監督がバレンシアに合流することになれば、ソン・フンミンに続いてイ・ガンインを指導することになる。
イ・ガンインはグラシア監督の不安定な出場機会付与に不満がいっぱいだ。
バレンシア残留の意志がない。
もしモウリーニョ監督が就任するなら、新たな反転の機会を持つ可能性も十分である。



ダイバー・オスカー・トリック・K-ドラマ…ソン・フンミンのSNS狙撃する"単語"
ベストイレブン



※一部要約

12日0時30分、トッテナム・ホットスパー・スタジアムで2020-21イングランド・プレミアリーグ31ラウンドのトッテナム・ホットスパー-マンチェスター・ユナイテッド戦が繰り広げられた。
結果は2-1、マンチェスター・ユナイテッドの勝利だった。
先制ゴールはトッテナムのものだった。
前半40分にソン・フンミンがゴールを決めた。
だがその後はすべてマンチェスター・ユナイテッドのポイントだった。

終了のホイッスルが鳴って数時間が過ぎたのに、ソン・フンミンのインスタグラムには世界各地から人が集まり露骨な非難を続けている。
ほとんどはソン・フンミンがファールを誘ったという観点を持つ人々だ。

"詐欺師"という言葉はしばしば見られる。
合わせてソン・フンミンをオスカーやKドラマになぞらえ、俳優と表現するのも茶飯事だ。
"オスカーベストアクター"や"Kドラマの名俳優"という意味である。

試合後にオーレ・グンナー・スールシャールマンチェスター・ユナイテッド監督も判定に不満を提起している状況だ。
これにジョゼ・モウリーニョトッテナム・ホットスパー監督は強く反発した。
その他にも"倒れたソン・フンミンとゴール取り消しの状況"について、現地メディアやセレブの間で甲論乙駁が続いている。



"970億→533億"ソン・フンミンの身代金、3ヶ月間で45%"急落"
スターニュース



※一部要約

ソン・フンミンの市場価値が3ヶ月間で最大400億ウォンほど減ったと評価された。

FIFA傘下の国際スポーツ研究センター(CIES)はソン・フンミンの現在の身代金を最低4000万ユーロ(約533億ウォン)から最高5000万ユーロ(約667億ウォン)と分析した。

CIESは選手の年俸や契約期間、競技力、クラブの経済状況など8つの要素を分析して選手の市場価値を推算する。

1月でもソン・フンミンの市場価値は7280万ユーロ(約970億ウォン)で全体選手のうち51番目に高かったが、533億基準では3ヶ月で何と45%も急落したわけである。

一方、イ・ガンインの身代金は2000万ユーロ(約267億)~3000万ユーロ(約400億ウォン)と評価され、去年11月の1560万ユーロ(約207億ウォン)と比べて評価が上がった。

一方、アーリング・ハートランドの現在の身代金は1億5000万ユーロ(約2000億ウォン)から最高2億ユーロ(約2670億ウォン)で最も高かった。

キリアン・ムバッペの市場価値は最高1億5000万ユーロ、ハリー・ケインは最高9000万ユーロ(約1200億ウォン)だった。



ソン・フンミンにそっぽを向いたラメラ、トッテナム勝ち点2蒸発
デイリアン



※一部要約

トッテナムがニューカッスル遠征ですべて手にしていた勝利を逃し、4位に上がれる絶好のチャンスを逃してしまった。

トットナムは4日午後10時5分、英国ニューカッスルのセント・ジェームズ・パークで行われた"2020-21イングリッシュ・プレミアリーグ"30ラウンドでニューカッスル・ユナイテッドと2-2で引き分けた。

これで14勝7分け9敗(勝ち点49)になったトッテナムは7位から5位に上がった。
この日の試合に勝利していればチェルシーを引きずり下ろして4位まで跳躍できていたが、試合終盤に痛恨の失点を許して貴重な勝点を失ってしまった。

後半39分にはやや惜しいシーンが出てきた。
トッテナム陣営でボールを持ったソン・フンミンは、カウンターの状況でラメラにパスをしてから全力でスプリントした。

ソン・フンミンは速いスピードを活かしてニューカッスルのゴールに向かって走り、空いたスペースを上手く見つけて進入し、決定的チャンスが訪れた。
だがボールを持ってドリブルして入ったラメラはソン・フンミンにパスを出さなかった。

ラメラはボールを出し渋り、一歩遅れてソン・フンミンではなくケインにパスを出してトッテナムの得点チャンスは失敗の終わった。
適時にパスをしていれば勝負を決められる状況だった。
だが追加得点に失敗したトッテナムは、すぐに1分でニューカッスルにカウンターされて痛恨の同点ゴールを許してしまった。



"どういう目的?"マンシティに日本人選手が2人も?
MHNスポーツ



※一部要約

ソン・フンミンのように、日本にもヨーロッパで活動している有名選手が多い。

久保建英をはじめとして、岡崎慎司らが最近ヨーロッパで名声を轟かせた選手だった。

ところで、ヨーロッパにはマンチェスター・シティ所属の選手がいた。
"食野亮太郎"選手だ。

食野亮太郎はガンバ大阪で活躍したFWで、ユースから成人チームまで地道に段階を踏んで上がってきた選手である。
彼は2019年8月、マンシティに"唐突に"移籍した。

100万ユーロの移籍金をもたらした彼は、レンタル当初からスコットランド2部リーグのハーツを経て、現在はポルトガル1部リーグの"リオ・アヴェ"にレンタル、レアル・マドリード出身のファビオ・コエントランと同じ釜の飯を食べている。

どのような長期的計画があるのかはわからないが、公式にマンシティですでに2年目を迎えている彼は、現在12試合に出場して3ゴールを得点している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング