トルコメディア「トッテナム、キム・ミンジェ獲得推進…ソン・フンミンも通訳に乗り出す」
ニュース1



※一部要約

イングランド・プレミアリーグ(EPL)のトッテナム・ホットスパーがキム・ミンジェ監督のために積極的に動いている。
ソン・フンミンが通訳としてアントニオ・コンテ監督とキム・ミンジェの架け橋の役目を担った。

トルコメディアのフォトスポールは30日、「トッテナムがキム・ミンジェ獲得を推進中」として、「コンテ監督は最近キム・ミンジェと(移籍のための)非対面面談を行ったが、ソン・フンミンのこの席で通訳としてともにした」と明かした。

トッテナムは以前から関心を持っていたキム・ミンジェがヨーロッパの舞台で十分な競技力を見せ、さらに積極的に乗り出してきている。

フェネルバフチェはキム・ミンジェと2025年までの長期契約を結び、そのうち1年間は他チームへの移籍を許可しないことで合意した。
そのためトッテナムがソン・フンミンまで同行させてキム・ミンジェを説得したとしても、少なくとも今シーズンが終わる前まではキム・ミンジェを獲得するのが難しい。

ただし、フェネルバフチェが財政難に苦しめられているというのが変数だ。
フェネルバフチェがこの特約を直々に破るほど巨額の移籍金オファーを受ければ、状況は変わるかもしれない。

一方、英国メディアのスカイスポーツは「トッテナムは冬の移籍市場でCBの補強を望んでいる」としてキム・ミンジェのトッテナム行きの可能性を示唆した。



アーセナル、ニューカッスルに2対0の完勝!冨安アシスト記録
スポーツ朝鮮



※一部要約

アーセナルがニューカッスルに完勝した。

アーセナルは27日午後、ロンドンのエミレーツ・スタジアムで行われたニューカッスルとの2021~2022シーズン・イングランド・プレミアリーグ(EPL)13ラウンドに2対0で勝利した。

211127234702784a.jpg



パク・チュヨン、アーセナル歴代最悪の獲得5位…「リールとの契約破って移籍」
スポータルコリア



※一部要約

プレミアリーガー出身のパク・チュヨン(36、FCソウル)がアーセナル歴代最悪の獲得に選ばれた。

英国のスポーツキーダが11日にアーセナル最悪の契約TOP5を公開、パク・チュヨンが5位に選ばれた。
12日にベトナムのtinthethaoが引用して関心を示した。

メディアによるとアーセナルはプレミアリーグ史上で最も成功をおさめたチームの一つだ。
数年間でかなりの栄誉を享受し、平穏な時期を過ごしたときもあった。
だがクラブにとって良くないいくつかのサインがあったことを強調した。

パク・チュヨンはアーセナルで活躍した選手の中で、最も記憶されていない人物の1人である。
この韓国選手は2011年にASモナコから550万ポンド(約87億ウォン)の金額で契約した。



[ヨンチーム分析室] アーセナル反転の秘訣は"ラムズデール→冨安のビルドアップルート"
フットボールリスト



※一部要約

冨安健洋が技術的短所を覆うほどの知能を見せている。
冨安とアーロン・ラムズデールを主戦で起用してアーセナルの上り調子が始まった。

27日、英国ロンドンのエミレーツ・スタジアムでイングランド・プレミアリーグ6ラウンドが行われ、アーセナルがトッテナムに3-1で勝利した。

アーセナルは序盤に3連敗した後、最近3連勝をおさめて最下位から10位にまで順位を上げた。
連勝が始まった4ラウンドのノリッジ・シティ戦から最も変化が大きかったのは守備陣である。
序盤の3試合にすべて欠場し、勝利した3試合だけプレーした選手はGKラムズデール、右SB冨安、CBガブリエウ・マガリャンイス、守備型MFトーマス・パーテイだ。
4人とも守備組織を新たに組み立てる過程で主戦に位置した。

守備陣の変化の焦点はマルチポジションの消化能力とビルドアップにあった。
まずラムズデールは看板GKのドイツ代表ベルント・レノと比べて無名に近かったが、ビルドアップに関する能力だけは一枚上である。
両選手が正確に3試合ずつフルタイムを消化した現在は記録の比較が容易であり、ラムズデールがビルドアップに関するあらゆる指標で上回っている。
特にロングキック能力ではラムズデールが40%の成功率で21回を記録したのに比べ、レノは35%の成功率で15回に留まった。
ショートパスもラムズデールが46回を記録、レノの35回を上回った。

マガリャンイスと冨安は守備陣全体の構成を変えた。
CBが左利きのマガリャンイスと右利きのベン・ホワイトで固定され、右SBにはCBまで消化できる冨安が合流した。
自然と3選手が少しずつ左に移動してマガリャンイス、ホワイト、冨安の3バックを形成できる。
この場合は攻撃力の良い左SBキーラン・ティアニーがかなり前進してウインガーのようにプレーできるようになる。



ソン・フンミンを防いだ日本DF冨安、手強い守備力を見えた
OSEN



※一部要約

ソン・フンミンと冨安健洋がプレミアリーグで韓日戦を繰り広げた。

トッテナムは27日深夜、英国ロンドンのエミレーツ・スタジアムで開催された"2021-22プレミアリーグ6ラウンド"でソン・フンミンがシーズン3号ゴールを決めたが、北ロンドンのライバル・アーセナルに1-3の完敗を喫した。

トッテナムの3トップに左FWで先発出場したソン・フンミンとアーセナルの右SB冨安は試合中ずっとぶつかった。
冨安はトッテナムの攻撃の核心ソン・フンミンを阻止しなければならない特命を受けて出てきた。
ソン・フンミンにつなぐべきパスが途中で頻繁に遮られた。

冨安は要所ごとにトッテナムの攻撃の脈を上手く断ち切った。
ソン・フンミンの攻撃を阻止したシーンも出てきた。
後半15分、ケインのシュートをラムズデールGKが防いだ。
流れたボールを見てソン・フンミンが駆け寄ったが冨安が上手くカットした。

ソン・フンミンは決定的瞬間に強かった。
後半34分、レギロンがサイド突破してソン・フンミンにパスをつなげた。
ソン・フンミンが押し込んで挽回ゴールを決めた。
ソン・フンミンはミニ韓日戦で冨安に判定勝ちをおさめた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング