"Jリーグの全北現代"川崎の無敵艦隊、9勝1分けで1試合あたり2.6ゴールの"火攻"まで似ている
スポーツ朝鮮



※一部要約

川崎フロンターレが日本Jリーグを支配している。
去年、圧倒的な競技力でリーグ優勝した川崎は今回の2021シーズン序盤も"無敵艦隊"の威容を見せている。
リーグ10試合で9勝1分け(勝ち点28)で単独首位を疾走している。

川崎は我が国の代表守門将をしていたチョン・ソンリョンが所属するクラブだ。
川崎は2010年代中後半から優勝圏に上がり、去年から驚くべき競技力でリーグを圧倒している。
Jリーグの全北現代と見ることができる。
川崎は昨シーズン、合計34試合でわずか3敗(26勝5分け)で優勝した。
2位のガンバ多さkとの勝ち点差は何と18にもなったほどだった。

川崎の高空行進は今シーズンも続いている。
開幕からリーグ10試合で9勝1分け、勝ち点28で単独首位である。
リーグ2位の名古屋グランパスと勝ち点5差。
川崎は10試合で26得点(6失点)を記録した。
1試合あたり平均2.6ゴールで、全北の"火攻"を連想させる。
多得点の試合を日常茶飯事のようにする。
直前のFC東京遠征で4対2、浦和遠征で5対0、仙台遠征で5対1の大勝を手にした。



[単独] "江蘇解体"KリーグのACL出場権3+1回復…浦項、グループリーグ直行
スポーツ東亜



※一部要約

Kリーグの2021AFCチャンピオンズリーグ出場権が"3+1"に再調整される雰囲気だ。
中国スーパーリーグの新興強豪・江蘇蘇寧が最近、チーム運営を中断した余波である。

アジアサッカー界のニュースに詳しい複数の関係者は3日、「今シーズンのACLグループリーグにKリーグ1の3チームが自動進出するものとみられる。AFCは江蘇が解体された中国に割り当てられた出場権を、従来の3+1枚から2+1枚に減らす方へ重きを置いている」と伝えた。

AFCは2年周期で国およびクラブランキングに応じてACL出場権を与えているが、最近国際大会の成果が良くなかったKリーグは、今年から2+2枚の形態に減っていた。
日本と中国が3+1枚で、韓国はタイとともに2+2枚だった。



[Interビュー] "1人3役"キム・ミンヒョク、「セレモニー練って、日本語通訳にサッカーまで」
インターフットボール



※一部要約

キム・ミンヒョクはあちこち訪ねる人が多く、シーズンでずっと忙しい日程を過ごしている。

CBキム・ミンヒョクは2019シーズンを前に、日本Jリーグのサガン鳥栖からKリーグの全北に移籍した。
3年契約を結んで今年が契約最後のシーズンである。
2019年にリーグ26試合に出場して1ゴールを決め、リーグが短縮された2020年には15試合に出て1ゴールを記録した。
新シーズンの準備に忙しいキム・ミンヒョクに全北完州郡のクラブハウスで会った。


─派手なヘアスタイルがまず目を引く。

プロフィール写真を撮影すると言うので新たに染めた。
最初は色がキレイだったのに、今は色が抜けた。
ところでプロフィール写真があまりにお爺さんみたいになった。
一年中、選手入場のときに使わないといけないので撮り直すか悩んだ。
でなければフォトショップでも要請しようかと思った。
結局は諦めた。


─全北は毎年大物選手を獲得したりする。だが今年はCBの獲得がなかった。

去年たくさんプレーしたとしても、今年もプレーできるという保証はない。
監督が変わったのでゼロベースから始まる。
(今年は契約最後のシーズンだ)なのでもっと上手くやらなければならない。
チームで献身的な姿勢で熱心にプレーすれば、良い機会がまた来るのではないかと思う。


─いつも愉快なセレモニーで大きな愛を受けている。ブラジルFWグスタボが「キム・ミンヒョクとセレモニーを議論する」と言っていた。

グスタボの性格はとても闊達だ。
ときどきは面倒である。
朝起きて目をこすっているのに、やってきてイタズラをする。
開幕まで10日あまり残っているが、グスタボがゴールを決めたらどういうセレモニーをするのか考えている。



まだ開催地未定のACL、韓国はなぜ申し込まなかったのか
スポーツワールド



※一部要約

20201AFCチャンピオンズリーグの開催地が未定である。
どの国も開催申請をしなかった。
韓国プロサッカーKリーグもやはり申し込まなかった。
どういった理由のためなのか。

開催の申請には大きなメリットがある。
ホームアドバンテージを享受できる。
それでもただの一国も申し込まなかった。
費用の問題が決定的だ。
AFCの規定によると、1チームあたり1つの宿舎を確保しなければならず、部屋を1人一室割り当てなければならない。
感染を最小化するためである。
確診者が出たときに備え、隔離施設もチームごとに準備しなければならない。
出場チームも32から40に増え、費用負担は例年の数倍だ。
政府当局の許可にも従わなければならない。

韓国の状況も同じだ。
費用はともかく、我が国は外国から入国する場合、2週間の隔離が必須である。
国内のコロナ19拡散傾向が正されない状況で、多数の外国チームを招請するのは現実的に不可能だ。

韓国プロサッカー連盟の関係者は「外信を通じて韓国がACL誘致に興味があるという話を聞いたことはあるが、現在までに計画はない」として、「韓国の現状を考慮すれば不可能に近い。現実的に容易ではない」と伝えた。



ACL1次リーグはどこで開かれるのか…開催申請なく跛行危機
スポーツ京郷



※一部要約

今年のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグはどこで開かれるのか。

日本の日刊スポーツは8日、「ACL1次リーグの試合は東地区が4月21日から5月7日まで、西地区が4月14日から30日までそれぞれ1ヶ国に集まって行われる予定だが、現時点で開催地は未定」と報じた。

日刊スポーツによると15日が開催申請の締切日だが、まだAFCに正式な開催意志を明かした国は一つもないという。
昨シーズンのACLはコロナ19でリーグが中断され、東西の地区1次リーグから決勝戦までカタールの1ヶ所で行われた。

日刊スポーツは開催申請を難しくさせる要因の一つに費用の問題を挙げた。

AFCの規定によると、1チームあたり一宿舎を確保しなければならず、部屋も1人一部屋を割り当てなければならない。
さらにコロナ19患者の発生に備え、隔離施設もチームごとに別々に用意しなければならない。
今大会から出場チーム数が32から40に増えたことにより、費用の負担も加重された。
外国選手やファンの入国問題まで考慮すれば、各国サッカー協会の意向だけではできず、政府当局の許可が必要だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング