韓国、日本を抜いてAFCクラブランキング2位…ACLチケット3+1拡大の見通し
フットボールリスト



※一部要約

韓国がAFCクラブランキングで2位に上がった。

AFCは6日、公式HPで"AFCクラブ大会ランキング"を公開した。
韓国は95.462点でサウジアラビア(100点)に次いで2位に上がった。
日本は93.412点で3位に位置した。

AFCクラブ大会ランキングは2014年に始まったシステムで、最近4年間のクラブのAFCチャンピオンズリーグとAFCカップの成績を総合して点数をつける。

サウジアラビアはアル・ヒラルSFCのアジアチャンピオンズリーグ優勝の恩恵を受けた。
アル・ヒラルは2019シーズンと2021シーズンの2回ACL優勝をおさめた。
サウジアラビアクラブのアル・ナスルも2021年にACL準決勝に進出して点数を上げた。

今回のランキング調整でKリーグのACL出場チケットに肯定的な変化が予想される。
クラブランキング1・2位はACLチケット"3+1"が適用される。



[オ・ジェソクインタビュー②] 「キム・ヨングォンに仁川に来いと言ったけど」…市民クラブ最高の目標は"ACL"
スポータルコリア



※一部要約

オ・ジェソクの究極的な目標はチームのAFCチャンピオンズリーグ進出だ。
仁川のファイナルA、ACL進出のために冗談っぽく親しい同僚に移籍をオファーしたりもする。

これまでの仁川の成績や現在の選手構成を考えれば、今のところACL進出が難しいのは事実である。
だがオ・ジェソクはACL進出が漠然とした夢だとは思っていない。
市民クラブの大邸FCがやってきたように、順々に段階を踏めば可能だと見ている。

今シーズンの反転の信号弾をキッカケにファイナルAへ進出し、FAカップで優勝まですれば、競争力のあるチームになると堅く信じている。
オ・ジェソクは自分の引退前、仁川が"アジアの舞台"で走る姿を夢見ている。


─ACL進出に挫折した。サッカー専門ユーチューブチャンネルのインタビューでク・ジャチョルを誘っていると話していた。獲得はやや難しそうになったが。

最近は話をしていない。チームの反転がそんなに急激にはあり得ないとわかっている。ACLに出れば良い選手を簡単に獲得しただろう。しかし選手が今後そういう形で仁川に来れば、本人にとって仁川に来たかったのかACLに出たかったのかが混同されるのではないか。そういう部分を考えると、チームがどの部隊に向かうのかを問い詰めるより、このチームに愛情を持って戦う選手が来たほうが良いという気がしている。良い選手が来ることを待っている。



21チームではない…来年のACL出場ライセンスを取得したKリーグチームは合計何チームか?
ベストイレブン



※一部要約

2021シーズンの成績の可否は別として、2022AFCチャンピオンズリーグ出場権を与えられる資格を備えた、つまりAFCクラブライセンスを取得したKリーグチームは全部で何チームなのか?

Kリーグ1・2を合わせて合計22チームの中で、軍チームのためAFCクラブライセンス取得が不可の金泉尚武を除いた21チームすべてが持っているというが、そうではない。
AFCが明かした来年のAFCチャンピオンズリーグ出場時間を備えているKリーグチームは合計18チームである。

AFCが発表した資料によると、基準に符合する成績を上げたときにAFCチャンピオンズリーグ出場に何の問題もないKリーグチームは大邸FC、全北現代、蔚山現代、浦項スティーラーズ、FCソウル、江原FC、光州FC、仁川ユナイテッド、水原三星、安山グリナース、釜山アイパーク、忠南牙山、大田ハナシチズン、FC安養、全南ドラゴンズの総15チームである。



そしてひとまずAFCチャンピオンズリーグ出場資格を与えるものの、注意処分を受けたチームが済州ユナイテッド、城南FC、水原FCの総3チームである。
韓国プロサッカー連盟の関係者は「注意処分は受けたが3チームもやはりAFCチャンピオンズリーグの出場に問題はない」と説明した。

これら18チームを除いた残りの4チームは、アジアの舞台に出るだけの成績を上げてもAFCチャンピオンズリーグに出場できない。
広く知られている通り、金泉尚武は軍チームという理由でAFCクラブライセンスを取得できない境遇だ。
残りのチームは慶南FC、富川FC、ソウルイーランドである。

これに関して韓国プロサッカー連盟の関係者は「これらのチームはスタジアムの照度がAFCの要求基準を満たせずにAFCクラブライセンスを申請できなかった。8月に追加申し込みの機会はあったが、当時AFCチャンピオンズリーグに出られる唯一の機会だったFAカップで早期脱落して申し込まなかった」と説明した。



チャン・ヒョンス、海外チーム所属でACL2回優勝…キム・ヨングォン以降で初めて
スポーツ朝鮮



※一部要約

元代表DFチャン・ヒョンス(30、アル・ヒラル)がキム・ヨングォン(31、ガンバ大阪)以降で初めて海外チーム所属でアジアチャンピオンズリーグを2回優勝した韓国選手に登極した。

チャン・ヒョンスが導くアル・ヒラルは24日、サウジアラビア・リヤドのキング・ファハド国立競技場で行われたKリーグの浦項スティーラーズとの2021ACL決勝戦に2対0で勝利し、2019年に続いて2年ぶりに優勝した。

浦項と最多優勝で同率だったアル・ヒラルは、今回の優勝でアジアサッカー初の4回優勝チームに名前を上げた。

2019年夏にFC東京を去ってアル・ヒラルに巣を作ったチャン・ヒョンスは、入団初年度にチームが浦和レッズを破って優勝する一助となった。

そして今年再びアジアのトロフィーを手にして、個人通算ACL優勝回数を2回に増やした。

AFCによると、海外チーム所属で2回の優勝を記録した韓国選手はキム・ヨングォン以降でチャン・ヒョンスが初めてである。



吉田も我慢できず指差したところ…浦項、サウジの過激な応援に耐えろ
ニュース1



※一部要約

プロサッカーKリーグ1の浦項スティーラーズが2021AFCチャンピオンズリーグ優勝に挑戦する。
大業を成し遂げるたおめにはサウジアラビアの過激なファンの一方的応援を乗り越えなければならない。

浦項は24日午前1時、サウジアラビア・リヤドのキング・ファハド・スタジアムでアル・ヒラル(サウジ)と2021ACL決勝戦を行う。

浦項としては容易ではない試合である。
浦項はカン・ヒョンムやイ・スンモら主軸選手の空白がある。
一方のアル・ヒラルはバフェティンビ・ゴミスやムサ・マレガら、ビッグリーグでプレーしていた傑出したFWがすべて出撃する。
2019年にACL、リーグ、キングスカップでトレブルを達成したアル・ヒラルの黄金世代がほとんど出る。

試合以外でも警戒すべきことがある。
試合会場がアル・ヒラルのホームのキング・ファハド・スタジアムという点だ。

キング・ファハド・スタジアムは1987年から2018年まで、2020年から現在までアル・ヒラルがホームとして使っている球場である。
68000人の大観客を収容できる、サウジで最大の競技場でもある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング