"会いたくないのは韓国か日本か"各国メディアが見るワールドカップ死の組は?
フットボールリスト



※一部要約

2022カタールワールドカップの組み合わせ抽選を控え、本戦参加チームのポットが確定した。
各国メディアは会いたいチームと会いたくないチームを展望しているが、様相は千差万別である。

英国日刊紙のザ・サンは、イングランドにとって最も容易なグループにはアメリカ、韓国、ガーナと会うのが良いと見た。
最も難しい相手にはドイツ、セネガル、エクアドルの組み合わせを挙げた。

同国メディアの中には韓国を避けたいチームに選ぶこともあった。
ゴールドットコム英国版は、ポット3で会うかもしれない難しい相手にポーランド、韓国、セネガルを入れた。
それぞれ世界的なFWのロベルト・レバンドフスキ、ソン・フンミン、サディオ・マネがいるという理由からだ。

アメリカのフォックススポーツはポット3で最も強いチームに日本、セルビア、ポーランドを指した。
このメディアはポット1とポット2を見たとき、ブラジルとオランダ・ベルギー・ドイツなどの組み合わせがいくらでも出るとして、その場合は死の組になると見た。
ポット2に入ったアメリカとメキシコは気にする必要はないが、ポット4のカナダの読者にとってはゾッとするシナリオである。

スペインのマルカはネーションズカップチャンピオンのセネガルがポット3で最も難しい相手と見た。
また、ポット2ではドイツだけに集中するのではなく、「ドイツに劣らずオランダ、メキシコ、ウルグアイ、アメリカのすべてが難しい相手」と見たのが特徴だ。
ポット4はエクアドルとカナダを警戒した。



"Kimだけで5人?"…英メディア「韓国守備陣、解説者にとって"悪夢"」
エクスポーツニュース



※一部要約

ワールドカップで大韓民国の試合を中継する英語圏の解説者は、姓しか読まないなら守備陣で大きな混乱に陥るかもしれない。

英国メディアのデイリー・スターは26日、10回連続ワールドカップ本戦進出に成功した大韓民国サッカー代表について、ワールドカップの試合解説者が韓国守備陣の名前で悪夢を見ると伝えた。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は1月のAマッチ2連勝により、10回連続ワールドカップ本戦進出を早期に確定させた。
そして24日にソウルワールドカップ競技場で行われたイランとの2022カタールワールドカップアジア地区最終予選A組9次戦では、ソン・フンミンとキム・ヨングォンの連続ゴールにより2-0で勝ち、A組の首位に上がった。

韓国では主に姓名を一緒にして言うが、英語圏国家では主に姓を言う。
ソン・フンミンの場合は主に"ソン"、あるいは愛称で"ソニー(Sonny)"と呼ぶ。



イランのヨーロッパ組FWの身代金が上がっても、"1080億"ソン・フンミンで始末
スポーツ朝鮮



※一部要約

24日に上岩で激突する韓国・イラン代表の共通点は、多くのヨーロッパ組を保有しているということだ。

パウロ・ベント代表監督はソン・フンミン(トッテナム)やファン・ウィジョ(ボルドー)、ファン・ヒチャン(ウォルヴァーハンプトン)、チョン・ウヨン(フライブルク)、キム・ミンジェ(フェネルバフチェ)らを今回の3月のAマッチ2連戦に招集した。
韓国とイランの2022カタールワールドカップアジア最終予選9次戦は24日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われる。

イランはまだリストを発表していないが(※17日現在)、メフディ・タレミ(ポルト)やサルダル・アズムン(レバークーゼン)、アリレザ・ジャハンバクシュ(フェイエノールト)ら、イランサッカーが誇るヨーロパ組トリオの訪韓が有力である。

対決を控えた16日、中東メディア"Shafaqna"がイラン代表FW、その中でも看板ストライカーであるタレミの上方修正された身代金に光を当てる記事を上げた。



仁川オ・ジェソクの結婚発表にJリーグも盛り上がる…「今もなお恋しい選手」
ニュース1



※一部要約

プロサッカーKリーグ1仁川ユナイテッドのオ・ジェソクがSNSで結婚を発表した。
韓国はもちろん、オ・ジェソクが長らく活動していた日本サッカー界も祝福のメッセージを伝えた。

多くのKリーグファンとサッカーファンがコメントを通じてオ・ジェソクの結婚を祝福した。

ともに日本でもオ・ジェソクの結婚の便りが大きな話題だ。
オ・ジェソクは2013年から2020年までガンバ大阪、FC東京、名古屋グランパスで活躍してJリーグファンから多くの愛を受けてきた。



城南にはキム・ミンヒョクが2人?…彼らの区別方法は"大きい"ミンヒョクと"小さい"ミンヒョク
インターフットボール



※一部要約

大邸のベテランのイ・グノと全北の1996年生まれのFWイ・グノ、ソウルと安山と忠南牙山に所属する3人のイ・サンミンなど、Kリーグで同名異人の選手を見つけるのは難しくない。
外国人選手では、今年Kリーグ2の安山と慶南が並んで同名異人の"チアゴ"を獲得したりもした。
だが名前の同じ選手が一つのチームでプレーするケースは多くない。
今シーズンのKリーグは、合計4チームで名前の同じ選手がプレーすることになった。
彼らのチーム内の呼称はすべて"大きい"と"小さい"で区別されるが、その理由はそれぞれ異なる。

■1992年生まれの同い年、城南の"大きい"ミンヒョクと"小さい"ミンヒョク

去年まで3シーズン全北で活躍してきたDFキム・ミンヒョクが今年城南のユニフォームに着替えて、1992年生まれの同い年のMFキム・ミンヒョクと同じ釜の飯を食べることになった。
両選手とも今シーズンの主戦級であり、同じ試合で一緒に出場する姿を簡単に見られる見通しだ。
2人のキム・ミンヒョクの第一の区分方法は"図体"だ。
187センチ73キロのDFキム・ミンヒョクを"大きい"ミンヒョク、182センチ70キロのMFキム・ミンヒョクを"小さい"ミンヒョクと呼ぶ。
もしこれでも混乱するなら、"大きい"ミンヒョクを"ミンサン"と呼べば良い。
"大きい"ミンヒョクが直接自分を"ミンサン"と呼んでほしいと選手に頼んだという。
Jリーグでプレーしていた時代に"ミンサン"と呼ばれていたためである。
一方、"小さい"ミンヒョクは2016シーズンに8アシストを記録して当時最多アシスト8位に上がったことがあり、"大きい"ミンヒョクは全北時代に毎シーズンヘッダー得点を記録していた。
キム・ミンヒョクのアシストでキム・ミンヒョクが得点に成功するシーンを期待する価値はある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング