「韓日ヤングスターのイ・ガンイン×久保、マジョルカ救え」期待感
スポータルコリア



※一部要約

20歳の同年齢イ・ガンインと久保がマジョルカの得点力を向上させるか。

マジョルカは今シーズンのスペイン・プリメーラリーガで14位に留まっている。
降格圏の18位カディスと勝ち点差が4に過ぎない。

世界サッカーのニュースを扱うザ・ワールド日本版は先月30日、「韓日ヤングスターにすべてがかかっている。2人の左利きが14ゴールに終わっているチームを救わなければならない」と強調した。

メディアによると、マジョルカは攻守両面で問題を抱えている。
攻撃で期待される選手はイ・ガンインと久保のアジアヤングスターコンビだと言った。

久保がいない状況でイ・ガンインはマジョルカの前方で奮闘し続けてきた。
イ・ガンインは現在までにシュート20回、キーパス15回と二部門でチーム内2位だ。
プレー時間が701分しかないのにすごい数値である。

これまで負傷していた久保は11月28日のヘタフェ戦で復帰戦を行った。
マジョルカにとって大きな戦力になるだろう。
離脱前までにキーパスを9回記録した。
これはチームで5位だった。
イ・ガンインと久保が2列目で呼吸を合わせればシュートチャンスがさらに増える見通しだ。



サッカー代表イ・ミナ、"12月の新婦"となる…新郎は慶南FCイ・ウヒョク
マネーS



※一部要約

女子サッカー代表のイ・ミナ(30)が来月に結婚式を挙げる。
予備新郎は慶南FCのMFイ・ウヒョク(28)である。

イ・ミナは22日、インスタグラムで「イ・ウヒョク選手と結婚する」として、「新たな家庭を築くことにドギマギして緊張もするが、幸せな姿をたくさん見せる」と伝えた。
続けて「結婚を通じて選手としてもさらに良い姿をお見せする」として、「互いのことを最もよく理解しているので、強固な助力者となってサッカーファンの皆様に長く姿をお見せしたい」と付け加えた。
それと同時に「意欲がたくさんあるので頑張って体を管理して選手生活を続ける」と明かした。

イ・ミナはAマッチ通算64試合で15ゴールを記録した。
2018年のジャカルタ・パレンバンアジア大会、2019年のFIFA女子ワールドカップなどの国際大会に出場したことがある。

イ・ミナはコリン・ベル監督が率いる女子代表の11月の招集リストに入った。
彼女はこの日、坡州NFCに招集されて27日と30日に高陽総合運動場で行われるニュージーランドとの2回の評価試合に備える。



"歴代級の放送事故"…日サッカー代表に"太極旗"入れた
韓国経済



※一部要約

tvNが日本とオマーンの2022カタールワールドカップアジア地区最終予選を中継する間、日本国旗の代わりに太極旗を出す失敗をおかして謝罪した。

日本代表は17日午前1時、オマーン・マスカットのスルタン・カーブース・スポーツコンプレックスでオマーンサッカー代表と試合をした。
当該の試合はtvN SHOWで生中継された。

この日の中継中にtvN側は両代表を紹介する過程で、日本代表の国旗に日章旗ではなく太極旗を入れた。
太極旗の送出は約25秒間維持されたという。

これに関してtvN側は「この日の午前1時にtvN SHOWで中継された2022カタールワールドカップアジア地区最終予選のオマーン-日本戦の画像にグラフィックのミスがあった」として、「ご迷惑をおかけした点に頭を下げて謝罪を申し上げる。今後の制作にさらなる注意を注ぐ」として謝罪した。



アン・ジョンファン、サッカーの才能寄付ユーチューブ収益から1億ウォン寄付
MKスポーツ



※一部要約

アン・ジョンファン(45)サッカー解説委員がユーチューブチャンネル"アン・ジョンファン19"の収益金1億ウォンを寄付する。

17日、アン・ジョンファン委員は世界最大の児童保護機構"セーブ・ザ・チルドレン"に「低所得の祖父母家庭と児童を助けてほしい」として5000万ウォンを指定後援した。
残りの5000万ウォンは成長期の青少年を対象に奨学事業を展開する"イーランド財団"を手助けする。

アン・ジョンファン委員は今年4月、エイクラメディアグループと手を握って"アン・ジョンファン19"をオープンしてワンポイントレッスンや一対一の個人指導など、サッカーの才能寄付のための窓口として運営している。

7ヶ月で"アン・ジョンファン19"は登録者20.9万のユーチューブチャンネルに成長した。
アン・ジョンファン委員は広告と再生数にともなう収入に、エイクラ後援支援金を合わせて寄付に必要な1億ウォンを用意した。

現役時代にアン・ジョンファン委員は、1999Kリーグ1最優秀選手を足がかりにしてイタリア・セリエAに進出した。
2002FIFA韓日ワールドカップで韓国の4強進出に貢献、世界的なスターになってからはフランス・リーグアン、ドイツ・ブンデスリーガで活躍した。



久保にイ・ガンインのユニフォームを差し出した韓国ファンのサイン攻勢、反応は?
ベストイレブン



※一部要約

RCDマジョルカでイ・ガンインとともにプレーしている日本代表FW久保建英が、イ・ガンインのユニフォームを差し出してサインを求めた韓国ファンにとても親切な対応をした。

マジョルカは21日の公式ユーチューブアカウントで、チーム練習を終えた久保とある韓国人ファンの出会いが入った少し短い映像を公開した。
映像を見ると、ピッチを離れる久保にある男性が日本語で「久保選手のビッグファンです」と対話を試みていた。
マジョルカの公式ユーチューブアカウントによると、この男性は韓国人でイ・ガンインを見るためにマジョルカの練習場を訪れたとみられる。

自分のビッグファンだという男性に近づいた久保は日本語で「ありがとうございます」と応じて、この男性は写真とサインを貰っても大丈夫かと尋ねた。
久保は「もちろんです」と答え、この男性は久保と一緒に自撮りした。
そしてサインを貰うユニフォームを差し出したが、興味深いことにイ・ガンインのユニフォームだった。

この男性はきまり悪そうに「すみません。イ選手のユニフォームにできるでしょうか」と尋ね、久保は「大丈夫です」と快く答えてイ・ガンインのユニフォームの背番号の部分にサインした。
この男性は「近いうちにバレンシアに行きます。あなた(久保)のユニフォームもすぐ買います」と言い、久保は「ありがとうございます」と答えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング