"中国見てるか?"肉声の代わりに拍手応援、品格を見せた大田
インターフットボール



※一部要約

前日の中国での状況とはまったく違った。
大田はコロナ時代に合わせて、肉声応援の代わりにサポーターと観客が一緒に拍手応援を繰り広げ、K-応援の品格を見せた。

大田ハナシチズンは14日午後7時、大田ワールドカップ競技場で行われた"ハナ銀行FAカップ2021"3ラウンド(32強)で水原三星に1-2で敗北した。
この日の敗北で大田は連勝を継続できず、水原との6年ぶりのライバルマッチで笑えなかった。

試合には敗れたが、十分に印象的な競技力を見せ、色んなストーリーを作った。
大田と水原はともに2000年代に全盛期を享受してKリーグを代表する人気クラブと位置づけられ、大田は"サッカー特別市"、水原は"サッカー首都"という愛称まで得た。
その後、両チームはライバル関係を形成して会うたびに名勝負を演出し、激しい神経戦を繰り広げたりもした。

何と6年ぶりの激突でもう一度素晴らしい勝負が演出された。
両チームともリーグに集中するためベストメンバーを全員は投じなかったが、試合開始10分で1ゴールずつ取り合って激しい試合を展開した。
結局、水原が後半20分に炸裂させた決勝ゴールに支えられて勝利を手にした。

210415051624827a.jpg



「サッカーが上手ければ兄」アン・ジョンファン「フンミンが兄、ワールドカップで本田の記録破ってくれ」
フットボールリスト



※一部要約

「サッカーが上手ければ兄だ」
アン・ジョンファンがソン・フンミンに"兄"の呼称をつけて、カタールワールドカップでアジア選手最多ゴール記録を更新してほしいと頼んだ。

アン・ジョンファンは現役時代に攻撃型MFやストライカーなどのポジションでプレーし、FIFAワールドカップだけで3ゴールを記録した。
そのうちの2ゴールは2002韓日ワールドカップ当時のグループリーグのアメリカ戦、16強のイタリア戦で炸裂させた。
その後、2006ドイツワールドカップのグループリーグのトーゴ戦で右足ミドルシュートで決勝ゴールを決め、3ゴールでアジア選手のワールドカップ最多得点記録の保有者になったりもした。

当該の記録は2018年に日本の本田圭佑が破った。
ロシアワールドカップのグループリーグのセネガル戦で4ゴール目を成功させ、アン・ジョンファンとパク・チソンの3ゴールを越えた。



ソン・フンミンにそっぽを向いたラメラ、トッテナム勝ち点2蒸発
デイリアン



※一部要約

トッテナムがニューカッスル遠征ですべて手にしていた勝利を逃し、4位に上がれる絶好のチャンスを逃してしまった。

トットナムは4日午後10時5分、英国ニューカッスルのセント・ジェームズ・パークで行われた"2020-21イングリッシュ・プレミアリーグ"30ラウンドでニューカッスル・ユナイテッドと2-2で引き分けた。

これで14勝7分け9敗(勝ち点49)になったトッテナムは7位から5位に上がった。
この日の試合に勝利していればチェルシーを引きずり下ろして4位まで跳躍できていたが、試合終盤に痛恨の失点を許して貴重な勝点を失ってしまった。

後半39分にはやや惜しいシーンが出てきた。
トッテナム陣営でボールを持ったソン・フンミンは、カウンターの状況でラメラにパスをしてから全力でスプリントした。

ソン・フンミンは速いスピードを活かしてニューカッスルのゴールに向かって走り、空いたスペースを上手く見つけて進入し、決定的チャンスが訪れた。
だがボールを持ってドリブルして入ったラメラはソン・フンミンにパスを出さなかった。

ラメラはボールを出し渋り、一歩遅れてソン・フンミンではなくケインにパスを出してトッテナムの得点チャンスは失敗の終わった。
適時にパスをしていれば勝負を決められる状況だった。
だが追加得点に失敗したトッテナムは、すぐに1分でニューカッスルにカウンターされて痛恨の同点ゴールを許してしまった。



「マルディーニの頭を蹴ったイ・チョンスは悪党、ふてぶてしい」中・日ひっくるめて2002の韓成果を非難
スポータルコリア



※一部要約

アジアワールドカップ予選すら手に負えない中国が、大韓民国の2002韓日ワールドカップの成果を非難した。

日本のサッカーダイジェストは20日、中国・新浪スポーツを引用、「元韓国代表FWの発言が近隣国で少なくない話題を呼び起こしている。コメントのターゲットは2002ワールドカップ4強神話の主役でレアル・ソシエダやフェイエノールト、大宮で活躍したイ・チョンス」と光を当てた。

メディアによると、中国の多くのメディアは現在39歳のレジェンドであるイ・チョンスが韓国のバラエティプログラムに出演し、19年前のシーンを振り返った。
イタリアとの韓日ワールドカップ16強戦でシュートを試みて、パオロ・マルディーニの頭を故意に蹴飛ばしたと明かした。

イ・チョンスのコメントも掲載された。
「イタリアの選手は傲慢だったし、韓国人を軽く見ている感じがした。マルディーニは韓国で言えばホン・ミョンボのような選手だった。全員のキャプテンだ。だがマルディーニだから蹴ったのではない。偶然そこにいた」と打ち明けた。

中国ファンの反応も載せられた。
「ふてぶてしい」、「悪党だ」、「イタリアだけでなく全世界が軽蔑する」と書かれていた。
日本もやはり同腹だった。
中国の発言が痛快だったかのようにメディアは「イタリアの選手とファンはこの発言(中国)にどう思うのか」と疑問を提起した。



江原の選手からコーチまで"同名異人"が何と3人
ゴールドットコム



※一部要約

「デウォン!いや君じゃない」
今シーズンの江原FCでよくみられる姿だ。
キム・デウォンとキム・ドンヒョンのように姓と名前がどちらも同じだったり、ヤン・ヒョンジュンとキム・ヒョンジュン(コーチ)のように名前だけが同じ構成員が多数いて、ささやかな楽しみをもたらしている。

江原は今シーズンの冬の移籍市場で多くの注目を浴びた。
2002韓日ワールドカップの主役イ・ヨンピョ代表理事の選任を皮切りにイム・チャンウ、ユン・ソギョン、マサ、シン・チャンム、キム・デウォン、キム・ドンヒョン、アシュルマトフら経験豊富な選手を大挙獲得した。
そこにハン・グギョン、チョ・ジェワンとも再契約に成功して硬いスカッドを備えた。

その中で、大邸FCで大活躍したキム・デウォン(満24歳)のサプライズ移籍は連日のイシューだった。
ところが数日後、新人キム・デウォン(満22歳)まで獲得してさらに多くの関心を集めた。
成均館大学に在学中だったMFキム・デウォンは、2019全国大学春季連盟戦で全試合に出場してチームの優勝を導いた。
そしてU-17、U-18、U-19の年代別代表にずっと招集されて実力を認められた。
彼は同じポジションのハン・グギョンがロールモデルだと明かした。

両選手の呼称も気がかりだった。
当時、1997年生まれのキム・デウォンがオリンピック代表に招集されて呼称が決まっていなかったが、招集を解除されてから江原のチーム練習に合流した後、小さなエピソードが聞こえてきた。
まず江原事務局の関係者は"97デウォン、99デウォン"など生まれた年度で呼んだ。
江原の関係者は「キム・デウォン選手はもうチームに合流した状況だが、我々もまだ呼称を決めていない。ひとまず年度別で呼んでいる」と笑った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング