ベント号と会うガーナ出身パーテイ、ヤクブに改名…イスラム教に改宗
ニュース1



※一部要約

英国メディアの"ギブミースポーツ"は9日、「パーテイがイスラム教に改宗して名前を変更した。彼の新しい名前はヤクブ」と報じた。

パーテイは2012年、スペインのレガネスユースでサッカーを始め、自然とキリスト教徒に成長した。

しかし3月、モロッコ国籍の彼女サラ・ベエラの勧めでイスラム教に改宗し、その後イスラム教に献身するという意味で名前まで変更した。

韓国は2022FIFAカタールワールドカップでガーナ、ウルグアイ、ポルトガルとH組に属した。
特にガーナは韓国が16強進出のために絶対に捉えなければならない相手であり、パーテイは最も警戒すべき選手の1人である。

ただし、実際にユニフォームのマーキングもヤクブに変更されるかは確かではない。

英国メディアの"イブニング・スタンダード"は「彼が公式的な名前にヤクブを使うかはまだわからない。ひとまずアーセナルでは引き続き"パーテイ"という名前がマーキングされるだろう」と伝えた。



"どこで横柄な態度を!"日の握手拒否したヨーロッパ組に6試合停止の重い懲戒
マイデイリー



※一部要約

乾貴士(33、セレッソ大阪)が交代アウトの後、監督に不満をあらわした。
クラブは選手に懲戒を下した。

日本サッカー代表のベテランMF乾は、今月はじめの柏レイソルとのJリーグの試合でキャプテンマークをつけて先発出場した。
だが0-1でリードされていた後半17分、外国人選手のパトリッキと交代させられた。
乾は不満いっぱいの表情で出た。
それとともに、監督との握手を拒否してベンチに戻った。

主将がチームの雰囲気を害したわけである。
セレッソは14日、「前の試合の交代状況で問題を起こした乾に6試合出場停止の懲戒を下した。したがって乾は5月中旬までチーム練習と公式戦に出場できない」と公式声明を出した。



日本が"死の組"に選ばれた瞬間、イ・チョンスが見せた激しい反応
ウィキツリー



※一部要約

元サッカー選手イ・チョンスが日本の"死の組"編成の瞬間に見せた反応が目を引いている。

イ・チョンスは2日、ユーチューブチャンネルでワールドカップ組み合わせライブ放送を行った。
この日、カタール・ドーハの展示コンベンションセンターではカタールワールドカップ本戦組み合わせ抽選が進行された。

イ・チョンスはリアルタイムで組み合わせ抽選を見守り、いらだちを隠せなかった。
スペインとドイツが属する、いわゆる"死の組"の抽選順になるとイ・チョンスは「(死の組に入る確率は)33%だ。他チームの話はしない。わけもなくそう思った」と抽選結果に注目した。

"死の組"に日本が呼ばれるやいなや、イ・チョンスか歓呼して喜びをあらわした。
彼は拍手をして拳をギュッと握り、激しい反応を見せた。



"会いたくないのは韓国か日本か"各国メディアが見るワールドカップ死の組は?
フットボールリスト



※一部要約

2022カタールワールドカップの組み合わせ抽選を控え、本戦参加チームのポットが確定した。
各国メディアは会いたいチームと会いたくないチームを展望しているが、様相は千差万別である。

英国日刊紙のザ・サンは、イングランドにとって最も容易なグループにはアメリカ、韓国、ガーナと会うのが良いと見た。
最も難しい相手にはドイツ、セネガル、エクアドルの組み合わせを挙げた。

同国メディアの中には韓国を避けたいチームに選ぶこともあった。
ゴールドットコム英国版は、ポット3で会うかもしれない難しい相手にポーランド、韓国、セネガルを入れた。
それぞれ世界的なFWのロベルト・レバンドフスキ、ソン・フンミン、サディオ・マネがいるという理由からだ。

アメリカのフォックススポーツはポット3で最も強いチームに日本、セルビア、ポーランドを指した。
このメディアはポット1とポット2を見たとき、ブラジルとオランダ・ベルギー・ドイツなどの組み合わせがいくらでも出るとして、その場合は死の組になると見た。
ポット2に入ったアメリカとメキシコは気にする必要はないが、ポット4のカナダの読者にとってはゾッとするシナリオである。

スペインのマルカはネーションズカップチャンピオンのセネガルがポット3で最も難しい相手と見た。
また、ポット2ではドイツだけに集中するのではなく、「ドイツに劣らずオランダ、メキシコ、ウルグアイ、アメリカのすべてが難しい相手」と見たのが特徴だ。
ポット4はエクアドルとカナダを警戒した。



"Kimだけで5人?"…英メディア「韓国守備陣、解説者にとって"悪夢"」
エクスポーツニュース



※一部要約

ワールドカップで大韓民国の試合を中継する英語圏の解説者は、姓しか読まないなら守備陣で大きな混乱に陥るかもしれない。

英国メディアのデイリー・スターは26日、10回連続ワールドカップ本戦進出に成功した大韓民国サッカー代表について、ワールドカップの試合解説者が韓国守備陣の名前で悪夢を見ると伝えた。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は1月のAマッチ2連勝により、10回連続ワールドカップ本戦進出を早期に確定させた。
そして24日にソウルワールドカップ競技場で行われたイランとの2022カタールワールドカップアジア地区最終予選A組9次戦では、ソン・フンミンとキム・ヨングォンの連続ゴールにより2-0で勝ち、A組の首位に上がった。

韓国では主に姓名を一緒にして言うが、英語圏国家では主に姓を言う。
ソン・フンミンの場合は主に"ソン"、あるいは愛称で"ソニー(Sonny)"と呼ぶ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング