"2位を守らなければならない"不安な2位の日、大陸間POで南米対決に緊張
スポーツ朝鮮



※一部要約

"2位を守らなければならない"

FIFAは27日、スイス・チューリッヒで2022年カタールワールドカップPO対戦抽選を行った。
その結果、大陸間POの対戦はアジア-南米、北中米-オセアニアに決まった。
アジアのグループ3位間の対決の勝者が大陸間POに進出する。
南米予選の5位チームとカタール行きの最後の対決をする。
大陸間POは中立国で6月13日か14日に行われる。

7回連続ワールドカップ進出を狙う日本がピンと緊張した。
森保一監督が率いる日本はアジア最終予選B組6試合で4勝2敗を記録している。
日本は序盤3試合で1勝2敗と振るわなかった。
最近3連勝して2位まで上がってきた。
だが日本とオーストラリアの差はわずか勝ち点1。
いつにも増して熾烈な2位争いが繰り広げられている。

日本メディアのデイリー・スターは「南米の難敵との試合を避けるためにも2位以内の座を死守してワールドカップチケットを手にしなければならない。現在、南米は4位コロンビア、5位ペルー、6位チリ、7位ウルグアイ、8位ボリビアがレースしている」と警戒した。

日本テレビもやはり「日本は現在2位を走っているが、3位になればPOに出なければならない。南米では4位コロンビアから8位ボリビアまで大激戦だ。ワールドカップ常連進出チームのチリ、ウルグアイもPO争いに加勢している」と心配した。



中サッカー、"韓国の相手"シリア2軍と1-1の衝撃引き分け「本当に心配なレベル」現地一針
スターニュース



※一部要約

韓国サッカー代表と対決するシリアが手強い戦力を見せた。
精鋭メンバーを前に出さなくても中国との評価試合に1-1で引き分けた。
中国現地メディアは自国サッカーについて「本当に心配なレベル」として厳しい忠告を与えた。

シリアサッカー代表(FIFAランキング81位)は1日0時、UAEシャールジャで繰り広げられた中国代表(FIFAランキング75位)との練習試合で1-1の引き分けをおさめた。

今回の対戦は両国の合意の下により非公開で行われた。
中国メディアの新浪スポーツは1日、「シリア代表は韓国戦の前に中国を"仮想韓国"と仮定して相手にした。ただし、FIFAが定めた公式Aマッチデーではないので多くの主戦級選手が欠場した。結局、2軍級の選手が出てきた中で中国と引き分けを記録した」と報じた。
一方、中国はウー・レイくらいを除いて主戦級選手がほとんど出た。



"ロナウドノーショー"観客がまた勝った…裁判所「入場料60%賠償」
エクスポーツニュース



※一部要約

2019年のユベントス訪韓時のクリスティアーノ・ロナウドによるいわゆる"ノーショー"事態で、観客が試合の主催社を相手にした民事訴訟で裁判所が判決を下した。

聯合ニュースによると、ソウル中央地方法院民事合議21部はA氏ら4700人余りがイベント主催社である(株)ザ・フェスタを相手にした損害賠償請求訴訟で原告の一部勝訴の判決を下した。
裁判所は「被告は原告に合計8億6987万5200ウォンを支給せよ」と判示した。
訴訟費用の40%は原告が、残りはザ・フェスタ側が負担するようにした。

A氏らは2019年7月26日にソウルワールドカップ競技場で行われたチームKリーグとユベントスとのオールスター戦の性格による親善試合で、ロナウドが出場しなかったためザ・フェスタを相手に15億3000万ウォン相当の入場料を返してほしいと訴訟を起こした。





日本、スペイン精鋭メンバーと1-1の引き分け…久保アシスト
SPOTVニュース



※一部要約

日本オリンピックサッカー代表が最後の点検で優勝候補スペインと引き分けをおさめた。

17日に日本神戸のノエビア競技場で行われたキリンチャレンジカップで、スペインオリンピック代表と1-1で引き分けた。

前半40分に堂安律が先制ゴールを炸裂させ、後半33分にカルロス・ソレールに同点ゴールを許した。

日本は東京オリンピックでメキシコ、南アフリカ、フランスとA組に属している。

スペインはエジプト、アルゼンチン、オーストラリアとC組で争う。



[ロード・トゥ・東京] オリンピックは迫っているが…"リーダーのいない"守備陣、アルゼンチンにミス連発
フットボールリスト



※一部要約

13日、チームキム・ハクボムは京畿道龍仁市にある龍仁ミルスタジアムで行われたアルゼンチンオリンピック代表との評価試合で2-2の引き分けをおさめた。

守備の状況でMF、CB、GKが頻繁に揺れた。
キム・ハクボムオリンピック代表監督は今大会の弱点と指摘されてきた最前方FWとCBのポジションに、ワイルドカードのファン・ウィジョとキム・ミンジェをそれぞれ選んだ。
だがアルゼンチン戦ではキム・ミンジェがリスト除外にされた。
大韓サッカー協会は「チーム運営の次元で監督が決めた事項」とリスト除外の理由を明かした。

キム監督は前半に大邸FCで呼吸を合わせるチョン・テウクとキム・ジェウを並んで起用してCBを構成した。
ゴールは主戦GKのソン・ボムグンの代わりにアン・ジュンスを起用して実験の意味を与えた。

チョン・テウクは所属チームの大邸で3バックに慣れている。
ホン・ジョンウンらベテランと一緒にプレーして弱点が差し引かれていたが、4バックのリーダーとしてプレーすると揺れる姿があった。
キム監督もやはりそのような問題で守備リーダーのキム・ミンジェを起用するよう望んでいたが、彼の空席が余計に目立つ試合だった。

チームキム・ハクボムのニュージーランドとの東京オリンピック・グループリーグ初戦は9日後に迫っている。
実験の意味があった評価試合であっても、守備の組織力が依然として完成できていないのは惜しい。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング