"キム・スンギュフルタイム"柏、福岡に0-1の敗北…公式戦4試合無勝
インターフットボール



※一部要約

代表守門将キム・スンギュがフルタイムの活躍をした中、柏レイソルが"昇格チーム"アビスパ福岡に敗北した。

柏は9日午後2時、日本福岡県にあるベスト電器スタジアムで行われた2021シーズン日本Jリーグ1・13ラウンドで福岡に0-1で敗北した。

大韓民国代表の守門将キム・スンギュは先発出場した。
柏はキム・スンギュがゴールを守る中、3-4-2-1のフォーメーションで福岡遠征に出た。

柏のこの日の敗北でリーグ2試合無勝で、4試合無勝の沼に落ちた。
突風を起こしている"昇格チーム"福岡に敗れた柏は勝ち点13(4勝1分け8敗)でリーグ14位に落ちた。



EPLのように…日、J1の上に最上位"プレミアリーグ"創設推進
OSEN



※一部要約

日本プロサッカーJリーグがプレミアリーグ創設を検討する。

30日、日本の"スポーツ報知"は関係者の言葉を引用、Jリーグが4月1日付で抜本的な改革を検討する"リプランニング推進サポートチーム"を開設することに決めたと伝えた。

木村正明Jリーグ専務理事が中心となるこの組織はプレミアリーグ創設、外国人選手の範囲撤廃、Jリーグ参加の緩和策などを検討する予定だとこのメディアは強調した。

記事によると、この新組織は既存の規定や枠組みから脱する画期的な改革案を検討する計画である。
その中で注力することの一つがプレミアリーグ創設だ。
現在のJリーグはJ1が最上位リーグだが、J1の上にプレミアリーグを新たに作るということである。

現在のJ1は18(今シーズンは20クラブ)、J2は22クラブなどで構成している。
日本プレミアリーグは10~14クラブに減らす代わりに、飽和的になったJリーグとクラブの経営規模を拡大させる方案が議論されている。
クラブの規模を大きくするのはもちろん、地域クラブの創立などを少し緩和してリーグの規模を大きくするという意である。



全北、クラブSNSで"緑色のペク・スンホ"公開…背番号5
ニュース1



※一部要約

以前として論難が解決されない中で、プロサッカーKリーグ1の全北現代が全北のユニフォームを着た"緑色のペク・スンホ"の姿を公開した。

全北は1日、クラブSNSでペク・スンホ入団の便りを伝え、ユニフォームを着た公式写真をアップロードした。

全北は幼少年時代に水原ユースのメタン中でサッカーを学び、その後水原三星の支援でスペイン・バルセロナに渡って成長した。

その後、Kリーグに戻る過程で水原との合意書を破り、水原ではなく全北の扉を叩いたという点で大きな問題となった。

水原とペク・スンホ側は依然として合意点を見出だせていない状態である。
水原は合意書に違反して全北と契約したペク・スンホに法的対応をするという方針であり、全北にも公式の立場文で遺憾を表した。



"14億ウォンvs3億ウォン"…"ペク・スンホの補償金"めぐって張り詰めた神経戦
聯合ニュース



※一部要約

31日に迫った選手登録締め切り日を目前にして、プロサッカーKリーグ1の水原三星とペク・スンホ側が4回目の会合をしたが、補償金の規模をめぐって立場の違いだけを確認した。

プロサッカー界の関係者は29日、「水原とペク・スンホ側がこの日会合をした」として、「この日、水原は補償金として14億2000万ウォンを提示し、ペク・スンホ側は3億ウォンを固守した」と伝えた。

2010年に水原ユースのメタン中の在学中、クラブの支援でFCバルセロナユースに留学したペク・スンホは、Kリーグ復帰時に水原に入団することを約束する合意書を作ったが、最近これを履行しないまま全北現代入団を推進した。

水原はこの日、ペク・スンホ側に初めて補償金の規模を伝えたという。

補償金は水原がペク・スンホに支援した3億ウォン、法定利息の1億2000万ウォン、損害賠償額の10億ウォンを含めた14億2000万ウォンである。

水原が算定した損害賠償額10億ウォンは、選手への権利放棄に伴うクラブの経済的損失分だ。
これはダルムシュタットがペク・スンホ獲得のために全北に要請したという移籍金80万ユーロに相応する金額である。

だがペク・スンホ側は依然として3億ウォンを固守しているという。



[パク・コンウォンのサッカー現場] 我々も教訓とすべき江蘇の没落
ベストイレブン



※一部要約

最近、韓国サッカーファンからも熱い関心を集めている中国サッカーのイシューがある。
2020中国スーパーリーグチャンピオンの江蘇蘇寧が突如、解体宣言をしたためだ。
直前の年度のチャンピオンであるにもかかわらず、そのすべての栄光を投げ出すかのようにサッカー界から手を引こうとする姿に、中国はもちろんアジアのサッカーファンがかなりの関心を示している。
2021AFCチャンピオンズリーグの出場権にも影響があるイシューのためだろう。

サッカー実務者の観点からも、江蘇蘇寧の突然の解体は深刻に見つめるだけのイシューだ。
事実、前兆はあった。
最近の10年間で莫大な資金力を前面に出してヨーロッパでプレーするスーパースターを大挙獲得するなど、華やかさを追求していた中国スーパーリーグだが、内部では扉を閉めるチームがずいぶん多く出ていた。
去年は天津権健、その後は天津天海と名称を変えて存続しようとしたチームがついになくなったりもした。
江蘇蘇寧の場合、中国で最も大きな家電流通業者の蘇寧グループを親企業にするチームなので財政基盤は堅いと見られていたが、今回のことで実情は砂の城の上に建てられた強豪であることがわかった。

中国スーパーリーグのバブルはなぜ抜けたのか?
彼らの政策と環境が変化したようである。
最初は中国の習近平主席が中国プロサッカーに積極的な政策の支援をした。
いわゆる"サッカー崛起"と呼ばれる政策により、プロサッカーを通じた中国サッカーの実力向上を図り、そのために中国各地の大企業を動員し始めた。
不動産開発業者、電子商取引の大企業、巨大流通業者、国営企業などが莫大な資金を出したのだが、それを誘導するために各種税金の恩恵などを提供した。
かつて中国スーパーリーグが世界サッカーの新たなエルドラドと呼ばれた理由である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング