第2の"江蘇"事態?恒大、広州FCの売約を推進するか?
MHNスポーツ



※一部要約

中国の建設企業エバーグランデ(恒大)が"2兆2400億ウォン"を投じて建設した競技場を売却した。

26日、英国メディアのロイター通信は広州エバーグランデが"財務的な問題"でクラブの競技場を売却したと伝えた。

メディアは「エバーグランデ(恒大)グループは300万ドル(353兆ウォン)にあたる債務償還のため、事業を一つ二つ整理している。わずか一ヶ月前に核心事業に挙げていた電気自動車部門の一部持ち株の売却を検討しており、メディア業者であるホントンネットワークの持ち株すべて(18%)を売却した」と伝えた。

企業体を越えて今ではサッカーチームにも恒大の魔の手が伸びている。
メディアは「恒大は競技場を売却する計画であり、他に引き取り手がいなければ国有企業である広州市建設投資グループを通じて売却する方針」と伝えた。



恒大グループ破産危機、中代表内に広州所属の帰化選手だけで4人
ベストイレブン



※一部要約

予期せぬ破産危機に陥った恒大グループのために広州恒大の未来も不透明である。
広州恒大の生存の可否は即ち、中国サッカー界が近年野心的に推進してきた帰化代表選手の政策にも直結している。
やっと帰化させた選手を果たして維持できるのだろうか?

中国政府が8月に不動産開発業者の貸し出しを規制して以降、恒大グループは天文学的な借金を抱え込んで資金難の状態であると確認され、事実上デフォルト状態だと伝えられている。
恒大グループが全面的に支援してきた広州の未来も不透明である。
23日、中国メディアの新浪ドットコムがファビオ・カンナバーロ監督との契約を早期に終了したというニュースを伝えたりもした。
2021中国スーパーリーグは現在、チャンピオンシップと降格ステージ、FAカップを残しているが、優勝の余地が残っている広州がこの競争に入れるかどうかは未知数だ。
もしかすると、そのときにはチームがないこともあるからだ。

そうした中、多くの中国内の視線はUAEシャールジャで行われている中国サッカー代表の練習キャンプに向けられるしかない。
リー・ティエ監督が指揮する中国選手団は、10月のAマッチ期間に繰り広げられる2022FIFAカタールワールドカップ最終予選Bグループ3ラウンドのベトナム戦、4ラウンドのサウジアラビア戦のため現在キャンプを進めているが、ここでともにしている広州所属の選手は9人いる。

そして9人のうち、中国サッカー界が大きな期待をかけて帰化させた外国出身選手は4人にもなる。
イングランド出身DFティアス・ブラウニング、ブラジル出身のエウケソン、アラン、アロイージオがその主人公である。
今回は招集されなかった広州所属の代表ではフェルナンジーニョがいるが、彼もやはりブラジル出身の帰化代表選手だ。



親企業の破産危機…"大陸サッカー強者"広州の未来は
国民日報



※一部要約

2010年代に中国スーパーリーグ(CSL)の新興強豪に浮上した広州FC(旧広州恒大)が、親企業・恒大グループが破産危機に陥ってともに崖っぷちに立たされた。
莫大な資金力を基に積み重ねてきた現戦力を維持するのが不可能になったため、数ヶ月中に大々的な変化が迫るかもしれないという見通しが出ている。

ブルームバーグ通信は広州を含めたCLSクラブの持分の一部を、当該のホームのある地方政府などが買い入れることを考慮していると匿名の複数関係者を引用して14日に報じた。
この日、親企業である不動産開発業者の恒大グループが債務不履行の可能性を言及、破産の余地を認めたのと同じ脈絡である。
広州の運命は恒大グループの運命だけでなく地方政府内部、あるいは中央政府の間の政治力学の関係によって左右されるものと予想されている。
このメディアはCSLクラブの救済手続きが今年中に施行されるかもしれないと伝えた。

広州は国内のKリーグファンにも馴染みのクラブだ。
2010年代だけで8回CLS優勝をさらって中国大陸の最強者として君臨した。
2013年と2015年にはアジアチャンピオンズリーグで優勝してアジアまで制覇した。
中国クラブのACL優勝記録はこの2回だけである。
Kリーグと日本Jリーグが両分していたアジアプロサッカーの構図を揺るがしたクラブと言うのに値する。
2013年に優勝した当時は、チェ・ヨンス監督が指揮していたKリーグのFCソウルを決勝でアウェイ多得点の原則で跪かせたりもした。



マジョルカ新聞「イ・ガンイン即時戦力…攻撃の多様性期待」
MKスポーツ



※一部要約

イ・ガンインがスペイン・プロサッカー・ラ・リーガのマジョルカ入団と同時に、主要選手として位置づけられたという現地新聞の分析が出てきた。

日刊紙のディアリオ・デ・マジョルカは8日、「イ・ガンインがより多くの得点チャンスと多様な攻撃方法を提供する」と期待した。

ディアリオ・デ・マジョルカは「イ・ガンインは2021-22ラ・リーガの試合に可能であればすぐに使われるだろう。チームがもっと上手く戦えるよう、さらには勝利をおさめられるようにする重要な選手」になるであろうと予想した。

ディアリオ・デ・マジョルカは「イ・ガンインが合流しただけで選手団の市場価値が1000万ユーロ(約138億ウォン)増えた」として、クラブが移籍金なしで実質的な補強に成功したことを肯定的に評価した。

イ・ガンインは2011年のユース入団で始めたバレンシアとの縁を10年で整理し、マジョルカで新たな出発をする。
2019FIFA U-20ワールドカップのゴールデンボール(MVP)で認められた世界的有望株としての可能性を、成人の舞台で存分に発揮することが課題である。



合計1687億ウォン、ソン・フンミン含めた韓国の市場価値ベスト11、日本のベスト11より500億高い
スポーツ朝鮮



※一部要約

韓国サッカー選手の中でポジション別に最も市場価値の高い選手で11人を設けてみると、そのチームの価値は1億2420万ユーロ(約1687億ウォン)と集計された。

ヨーロッパで有名なサッカー市場価値評価サイトのトランスファーマルクトによると、韓国出身選手の中で現在の市場価値ベスト11は4-2-3-1フォーメーションを基準として1トップのファン・ヒチャン、ソン・フンミン-イ・ガンイン-チョン・ウヨン(フライブルク)、守備型MFのクジャチョル-ファン・インボム、4バックのキム・ジンス-キム・ミンジェ-チャン・ヒョンス-キム・テファン、GKのチョ・ヒョヌだ。

ファン・ヒチャンの市場価値は1100万ユーロである。
ソン・フンミンはアジア最高の8500万ユーロ、イ・ガンインは1500万ユーロ、チョン・ウヨンは300万ユーロだ。
ク・ジャチョルは180万ユーロ、ファン・インボムは250万ユーロ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング