約束を破る海外組、Kリーグユースシステムの根幹が揺らぐ
ベストイレブン



※一部要約

ドイツ2.ブンデスリーガのダルムシュタットで活躍するペク・スンホの国内復帰推進でKリーグが騒がしい。
全北現代と交渉を進めている間に、水原三星がユース時代にペク・スンホ側と作った合意書が公開されたからだ。
この合意書の内容によると、ペク・スンホは国内の舞台に進出するとき、水原所属だけで復帰ができる。

ペク・スンホは2010年、水原U-15ユースのメタン中学入学を前に海外進出を打診した。
スペイン留学をするペク・スンホに、水原はクラブ次元で1年に1億ウォン、3年間で総額3億ウォンを支援して成長を手助けした。
支援を受けると同時に、その後のメタン高進学を約束したが、ペク・スンホがバルセロナユースに入団してそれも実現しなかった。
このときに作った合意書に"Kリーグ進出時の水原入団"という内容が含まれている。

2021シーズンにKリーグリターンを推進したペク・スンホは全北と接触した。
伝えられた通り、水原との事前協議や調整はなかった。
契約書の最終サインだけを残していたが、結局全北は一歩引いて水原に優先権を渡すことにした。

法的紛争まで予告した水原も、全北が契約を事実上放棄したことにより、ペク・スンホ側とまずは対話を通じて葛藤を解くことにした。
水原の関係者は「今は法的対応をする段階ではないと見ている。全北との契約が行われたわけではなく、全北も手を引いた状態だ。まずは選手側と会ってみなければならないだろう。クラブがどのように進められるかについては内部で検討中」と現状を明かした。



[キム・ジョンヨンon中国] 続く混乱、江蘇の外国人大脱出に"解体危機"2チームまで
フットボールリスト



※一部要約

中国スーパーリーグの過激なサラリーキャップ導入の過程は混乱の連続である。
ヨーロッパでもどのような波紋が迫ってくるのか鋭意注視している。

スーパーリーグは今シーズンからサラリーキャップを導入することにした。
それに先立ち、各クラブは去年までの年俸を支障なく支給することにしたという証明書を選手およびコーチングスタッフ全員のサインを受けて、1月29日までに中国サッカー協会に提出しなければならなかった。

証明書の提出に失敗したチームは16チーム中2チームだ。
重慶当代力帆と天津タイガースである。
両クラブはもっと待って欲しいと要請したが、規定を厳格に適用すれば登録が不可能なため、極端な場合は解体もあり得る。
通常、サラリーキャップを導入する理由は財政の健全性と戦力平準化のためだが、中国サッカーの今回の歩みは会計の透明性を先に確保するための措置という分析があり、両チームは基準をクリアできなかった。
特に重慶はチャン・ウェリョン監督が率いて6位の好成績を上げたが、不良会計に足を引っ張られた。

江蘇はこの事態が起きる前からすでに困難な状況にあった。
数ヶ月にわたって賃金が支給されなかったと伝えられていたが、Kリーグで現役時代にオリという登録名でプレーしたコスミン・オラロイ監督から、外国人選手の全員が招集に参加しなかった。
去年、クラブ史上初めてスーパーリーグで優勝したが、すぐに空中分解の危機となったのだ。



Kリーグ初ASEANクォーターの主人公、"シン・テヨンの愛弟子"アスナウィ
インターフットボール



※一部要約

2020シーズンから新設されたKリーグの東南アジア(ASEAN)クォーターの主人公は、安山グリナースFCのアスナウィ・マンクアラム・バハールだ。
アスナウィはシン・テヨン監督が率いるインドネシア代表出身で多くの期待を受けており、すでに獲得効果が出ている。

韓国プロサッカー連盟は26日午前11時、サッカー会館で1月5週目のKリーグ週間ブリーフィングを開いた。
この日はKリーグの熱い移籍市場を整理し、Kリーグ初のASEANクォーターの主人公である安山のアスナウィを集中照明した。

Kリーグは2019年4月の理事会で、2020シーズンからKリーグASEANクォーターを新設することに決めた。
それにより各クラブは最大5人の外国人選手(国籍不問3人+AFC加盟国1人+ASEAN加盟国1人)を保有および出場できることになった。

ASEANクォーターを新設した背景には①Kリーグの東南アジア市場進出の役割を期待、②パク・ハンソ、シン・テヨン監督らの影響による東南アジア内の韓国サッカーへの関心増大、③2016シーズンの仁川のコン・フオン(ベトナム)など、東南アジア選手のKリーグに挑戦する選手が増加したためだった。



パク・チソン、全北で行政家の夢を続ける
スポーツ京郷



※一部要約

Kリーグにまた1人"サッカーの英雄"が入城する。
2002年の韓日ワールドカップの主役であり、韓国サッカーの伝説であるパク・チソンが全北現代の一員としてKリーグと縁を結ぶ。

サッカー界のある関係者は18日、記者との通話で「パク・チソンが全北に合流してディレクターの役割を担うことになる。すでに去年から議論をしていたという」と語った。
また、別の関係者は「単に技術的な部分だけでなく、選手の獲得などクラブ運営全般に渡ってアドバイスすることを"非常勤"で引き受ける」と説明した。
それに全北の関係者は「パク・チソンとはすでに大枠で言葉をやり取りした。最終決定すれば公式発表する」と述べた。

パク・チソンがずっと強調してきた行政家の夢は結局、全北に繋がることになった。
パク・チソンは現役から引退した後、英国でサッカー行政を学んでサッカー行政家の夢を育んだ。
2016年9月から2017年7月まで英国レスターのデ・モントフォート大学でFIFAマスターコースの過程を踏み、2017年11月に大韓サッカー協会でユース戦略本部長を引き受けて行政家としての第一歩を踏み出した。
だが当時、英国に居住していたパク・チソンは業務に専念するのが難しく、結局1年余りで本部長の職を辞任した。

全北にとってもパク・チソンの招聘は何にも代えがたい好材料だ。
10年余りの間ヨーロッパの舞台でプレーし、先進サッカーのシステムを直接経験したパク・チソンのアドバイスは、アジア最高の名門クラブへの跳躍を夢見る全北に大きな力となることができる。

Kリーグもやはり興行で大きな助けを受けることになった。
パク・チソンはデビュー後に日本Jリーグを経てアイントホーフェン、マンチェスター・ユナイテッド、クイーンズ・パーク・レンジャーズなどヨーロッパの舞台で選手生活を過ごしたが、Kリーグではプレーしたことがない。
特に去年12月に赴任した後、冬の移籍市場を主導して注目されているイ・ヨンピョ江原FC代表理事との対決に大きな関心が向くことになった。



コロナ19の苦痛分担のための基本給一部返上勧告案、実効性なかった!
スポーツ東亜



※一部要約

韓国プロサッカー連盟は(※12月)28日、2020シーズンのクラブ別年俸を公開した。
基本給と各種手当て(勝利手当て・引分け手当・出場手当・攻撃ポイント手当およびその他オプションなど)をすべて含めた実支給額基準だった。
軍チームの尚武を除くKリーグ1の11チームの年俸総額は952億422万5000ウォン、Kリーグ2の10チームの年俸総額は421億396万7000ウォンと集計された。

今回の発表で確認すべき点が一つある。
連盟が8月の理事会で議決した"新型コロナウイルス感染症の苦痛分担次元の年俸返上勧告"は、実効があったかについての言及が抜けていた。

勧告案ではKリーグ全体選手のうち、基本給が3600万ウォン以上の約64%の選手を対象に、3600万ウォンの超過分に対して4ヶ月分の給与の10%を下方修正する内容が含まれていた。
コロナ19の余波でクラブが財政的に圧迫される状況で、選手も苦痛を分担しようという趣旨だった。

文字通り勧告案だった。
強制性はなかった。
クラブは所属選手との個別協議を経て、勧告案に同意した選手を対象に残りの基本給を調整する契約変更を試みることができた。

結果的にこの勧告案は実効性がまったくなかった。
選手と協議して基本給を調整したクラブは一つも出てこなかった。
一部のクラブは選手との交渉に失敗した。
交渉自体に消極的なクラブもあったことがわかった。
多くの選手は今年はじめに作成した契約書通りに年俸を受領した。
ただし、コロナ19の余波で試合数が減り、手当は多少減ったかもしれない。

Kリーグ2の水原FCだけが唯一の例外だった。
水原FCは連盟の勧告案が出てくる前に、クラブと選手団の合意で賃金の一部削減を決めたことがあった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング