"太陽の息子"大邸にカムバック、イ・グノ1年レンタル移籍
ノーカットニュース



※一部要約

イ・グノが大邸FCのユニフォームを着る。

大邸は19日、「蔚山現代のFWイ・グノをレンタルで獲得し、攻撃ラインに重量感を加えた。イ・グノのレンタル期間は1年」と伝えた。

2004年に仁川ユナイテッドでデビューしたイ・グノは、2007年から2年間大邸でプレーした経験がある。
大邸で59試合23ゴール9アシストを記録し、2年連続でKリーグベスト11に選ばれるなど株価を上げた。
代表に抜擢された時点でもあった。

"太陽の息子"という愛称も大邸のエンブレムの太陽から出てきた。



[単独] "蔚山の闘魂レジェンド"イ・グノ、大邸FCにレンタル移籍有力
スポーツ朝鮮



※一部要約

"蔚山のリビングレジェンド"イ・グノは大邸FC行きが有力だ。

18日、Kリーグの複数の関係者によると、イ・グノと大邸FCの交渉がかなり進捗したという。

代表のベテランFWイ・グノは2018年6月に江原FCから蔚山に移籍した。
2012年に蔚山でアジアチャンピオンズリーグ優勝、MVPを獲ったイ・グノは選手生活の締めくくりを蔚山でするという強靭な覚悟で戻ってきた。
2.5+1年契約を結び、2年半契約が満了する去年末に奇跡のような闘魂でACL2回目の優勝トロフィーを掲げた。
昨シーズン序盤に負傷とリハビリで十分にプレーできなかったが(12試合3アシスト)、短い出場時間でも光る動き、献身的な活躍でチームを助けて50ゴール50アシストクラブにも加入した。
シーズン後半期から体の状態をグンと引き上げ、ACLの舞台で軽快な動きと強力なリーダーシップでついに"有終の美"を飾った。



「慶南時代は忘れろ」…名誉回復狙う済州ソン・ジュフン
スポーツ京郷



※一部要約

「慶南時代とは明らかに違うと思います」

今冬、済州のユニフォームに着替えたDFソン・ジュフンは緑色のグラウンドに戻る2021年のKリーグ1開幕戦を指折り数えて待っている。

日本と中国で"傭兵"として磨き上げた守備で、しばらく国内で失っている名声を取り戻したいからだ。

ソン・ジュフンは17日、済州島西帰浦のクラブハウスで記者と会い「ファンの記憶には失望でいっぱいの慶南時代の活躍像が残っている」として、「私も記憶していたい時代ではないので、今回は違う姿を見せるという覚悟がすべて」と語った。



[ソ・ホジョン] 冬の移籍市場、成功的、"生存王"仁川の反撃
フットボールリスト



※一部要約(主にオ・ジェソクの部分について抜粋して紹介)

2021シーズンを準備する仁川の冬は、自他ともに認める創立初シーズン以来の最高の移籍市場である。
オ・バンソク、キム・グァンソク、オ・ジェソク、キム・ヒョンらの獲得が1月から順に発表された。
自宅隔離中のオーストラリアDFハリソン・デルブリッジも発表を控えている状態で、アギラルも完全移籍の発表を待っているところだ。
ムゴシャ、キム・ドゥヒョク、チョン・ドンユンら昨シーズンの主軸選手も再契約を終えた。
残りの外国人選手の一席とバックアップMFの補強で、仁川は移籍市場を終える予定である。

昨シーズンに15ラウンドまで初勝利を得られず、"生存王"の時間もすべて終わったと思っていたとき、仁川はチョ・ソンファン監督の就任で再反転に成功した。
チョ・ソンファン監督体制で行った13試合で7勝1分け5敗を記録、釜山を最下位に押しのけてもう一度生き残った。

気味が悪いほどの残留本能が過去5年間で4回も発動されてKリーグ1に残ったが、仁川はいつまでこのようなパターンを繰り返すのかという問題意識も毎冬あった。

"どうにか変わろう"という問題意識を持ち、シーズン終了直後にチームを導く人物が額を突き合わせた。
"仁川の反撃"と表現しても良い今冬の移籍市場の計画、哲学、過程を覗いてみた。



バレンシア、コロナ19の余波でイ・ガンインの再契約オファー修正
ゴールドットコム

210115060949013.jpg

※一部要約

バレンシアが、契約期間が残り約1年6ヶ月の新鋭イ・ガンインとの再契約で困難を経験する別の理由が公開された。

まずイ・ガンインがバレンシアとの再契約を敬遠する最大の理由はクラブの不安定な状況、そして自分に与えられる出場機会が安定していないためである。

だがこれまで伝えられてきたように、バレンシアが今シーズンの序盤からイ・ガンインに破格的な再契約条件を提示したというメディアの報道は、事実ではないという点が明らかとなった。

"マルカ"のフェルナンド・アルバレス記者は「バレンシアはクラブの財施状況でコロナ19の余波により危機に直面した」として、「そのためアニル・ムルティバレンシア会長はイ・ガンインに削減された再契約条件を提示した」と報じた。
彼は「バレンシアは8月の選手の週給も、金融機関から急いで貸付を受けて解決しなければならなかったという点を覚えておく必要がある」と付け加えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング