キム・ヨングォン、日ガンバ大阪と決別確定…Kリーグ行き可視化
マニアタイムズ



※一部要約

サッカー代表のCBキム・ヨングォンが現所属チームの日本J1リーグ・ガンバ大阪との再契約をせず、Kリーグ行きが表面化している。

ガンバ大阪は3日、クラブHPで「キム・ヨングォンが契約満了で2021シーズンを最後にチームを去ることになった」と伝えた。

ガンバ大阪との決別が確定し、自由契約選手(FA)になるキム・ヨングォンがKリーグでプレーする姿を見られるだろうという期待感も膨らんでいる。

先月、日本メディアはKリーグ1の蔚山現代がキム・ヨングォンを獲得するために大型オファーをしたと伝えた。

キム・ヨングォンはAマッチで85試合(4ゴール)もプレーした韓国代表の主軸DFである。



代表DFキム・ヨングォン、ガンバ大阪と契約満了
スポーツトゥデイ



※一部要約

韓国サッカー代表の守備の核心キム・ヨングォンが日本Jリーグのガンバ大阪を去る。

ガンバは3日、クラブHPで「キム・ヨングォンが契約満了で2021シーズンを最後にチームを去ることになった」と発表した。

キム・ヨングォンは2010年にJリーグのFC東京でプロ生活を始めた。
その後、大宮アルディージャと広州恒大を経て2019シーズンにガンバのユニフォームを着た。

早くから適応したキム・ヨングォンは安定した姿を見せ、チームの核心選手としての地位を確立した。
2021年までの3シーズンの間に合計76試合で活躍した。



"新たな挑戦"イ・スンウ、Kリーグ1水原FCと移籍交渉仕上げ [単独]
OSEN

211202172205108.jpg

※一部要約

新たな舞台への挑戦を準備中のイ・スンウの寄着地が故郷の水原FCになる雰囲気だ。

水原FCの関係者は2日、「これまでイ・スンウと熾烈な交渉をしてきた。その結果、イ・スンウ獲得に大枠で合意を終えた。シントトロイデンと契約を解除したイ・スンウ獲得の作業を仕上げている。大きな問題がなければ水原FCに合流する」と明かした。

イ・スンウは23日にシントトロイデンと契約を解除した。
新たな出発をする機会を掴んだ。

イ・スンウに様々なリーグが関心を示した。
MLSや日本Jリーグの複数クラブがイ・スンウ獲得に努めた。
また、スペインやドイツの2部リーグからもイ・スンウ獲得を打診してきた。
だがイ・スンウは常に関心を示してきた水原FCと契約を結ぶことになった。
消息筋は「現在、水原FCとイ・スンウの契約はほぼ終わった状況だ。イ・スンウもキム・トギュン監督をはじめとする水原FCの積極的な関心に感謝をあらわした」と説明した。



トルコメディア「トッテナム、キム・ミンジェ獲得推進…ソン・フンミンも通訳に乗り出す」
ニュース1



※一部要約

イングランド・プレミアリーグ(EPL)のトッテナム・ホットスパーがキム・ミンジェ監督のために積極的に動いている。
ソン・フンミンが通訳としてアントニオ・コンテ監督とキム・ミンジェの架け橋の役目を担った。

トルコメディアのフォトスポールは30日、「トッテナムがキム・ミンジェ獲得を推進中」として、「コンテ監督は最近キム・ミンジェと(移籍のための)非対面面談を行ったが、ソン・フンミンのこの席で通訳としてともにした」と明かした。

トッテナムは以前から関心を持っていたキム・ミンジェがヨーロッパの舞台で十分な競技力を見せ、さらに積極的に乗り出してきている。

フェネルバフチェはキム・ミンジェと2025年までの長期契約を結び、そのうち1年間は他チームへの移籍を許可しないことで合意した。
そのためトッテナムがソン・フンミンまで同行させてキム・ミンジェを説得したとしても、少なくとも今シーズンが終わる前まではキム・ミンジェを獲得するのが難しい。

ただし、フェネルバフチェが財政難に苦しめられているというのが変数だ。
フェネルバフチェがこの特約を直々に破るほど巨額の移籍金オファーを受ければ、状況は変わるかもしれない。

一方、英国メディアのスカイスポーツは「トッテナムは冬の移籍市場でCBの補強を望んでいる」としてキム・ミンジェのトッテナム行きの可能性を示唆した。



"FA"イ・スンウ、ドイツ-スイス-韓国行きに関心なし…"ひとえにスペイン復帰のみ"
スポータルコリア



※一部要約

スペインメディアのスポルトは26日、「イ・スンウが最近シントトロイデンと契約解除した。様々なところからラブコールが来たが、本人はスペイン復帰を望んでいる」と伝えた。

イ・スンウは一時、バルセロナの未来に挙げられていた。
バルセロナユースの"ラ・マシア"でものすごい活躍を繰り広げ、スペイン現地ではリオネル・メッシの後継者になるという評価もあった。
だがバルセロナの幼少年獲得規定の違反による1年出場停止の懲戒で困難に陥った。
それを起点に技量が急落した。

結局、2017年夏の移籍市場でセリエAのエラス・ヴェローナに去った。
そこでも同じだった。
43試合2ゴールという記録だけを残したまま、2019年にベルギーのシントトロイデンのユニフォームを着た。
それでも反転はなく、最近相互合意の下で契約解除した。

自由契約になったイ・スンウ。
スポルトの報道によるとドイツ、スイス、韓国からラブコールがさっ到している。
さらにベトナムチームのハノイもイ・スンウを狙っているという報道が出てきた。
イ・スンウは上記のチームにまったく関心がない。
ひたすらスペイン復帰だけを目標にしている。

スポルトは「イ・スンウはドイツ、スイス、韓国からオファーを受けたが彼の望みはラ・マシアで活躍したスペインに復帰することだ。自分が成長したところに戻ることを願っている」と説明した。

だがイ・スンウに向けられたスペインチームの関心は微々たるものである。
なにしろ見せたものがないため、快く獲得するのが難しいのだ。
イ・スンウはかなり難しい選択をしなければならない状況に置かれた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング