"ボルドー破産"ファン・ウィジョ、マルセイユ行きの可能性?…「ベネデット去れば!」
インターフットボール



※一部要約

フランスのジロンダン・ボルドーで絶頂のゴール感覚を見せているファン・ウィジョがオリンピック・マルセイユとリンクされた。

フランス"lephoceen"は28日、「ボルドーが財政的な危機を迎えた。緊急の状況を処理するために選手団の整理は避けられない。様々な選手が売りに出されるとみられる中、マルセイユが関心を持つだけの選手が存在する」と伝えた。

ボルドーは23日、クラブのチャンネルで「コロナ19とメディアプロ(リーグアン中継業者)の撤退でフランスのサッカークラブは大きな財政的打撃を受けた。昨シーズンのリーグ中断による収入減少に続き、再び財政的な困難に直面することになった」と公式発表した。

同時に「クラブの大株主であるキングストリートがこれまで4600万ユーロ(約620億ウォン)ほど支援してきたが、これ以上クラブに財政的な支援をしないと明かした」として、「よって臨時代表を選任した。ボルドー会長はボルドーを裁判所に回付して保護することに決めた」と知らせた。

ボルドーは成績も良くない。
リーグ終了まで4試合を残している状況で10勝6分け18敗(勝ち点36)の16位に位置している。
降格プレーオフ圏の18位ナントとは5点差に過ぎない。
最近5連敗を記録しているだけでなく、13試合で1勝しかおさめられなかった。

そのような状況で"エクソダス"が予想されている。
メディアは「マルセイユが安い移籍金でボルドーの選手を獲得するかもしれない」として、注目の選手にヤシン・アドリやファン・ウィジョらを選んだ。

特にファン・ウィジョについては「ファン・ウィジョは今シーズンにリーグで11ゴールを記録した。マルセイユの最前方FWダリオ・ベネデットが去るなら獲得するかもしれない。ファン・ウィジョは左右のサイドを行き来して興味深い役割を与えられるだろう」と伝えた。



「バレンシア、モウリーニョ監督と接触」西メディア…イ・ガンインと同じ釜の飯の可能性
OSEN



※一部要約

ジョゼ・モウリーニョ監督がイ・ガンインの師匠になる可能性が提起された。

チームトークは20日、「スペイン・プリメーラリーガのバレンシアがジョゼ・モウリーニョ監督と接触した。モウリーニョ監督はトッテナムから更迭されたが、すぐに現役復帰する可能性が高い」と報じた。

モウリーニョ監督は更迭された後、「私は常にサッカー界にいる。休息は必要ない」と監督生活を続けるという意志を隠さなかった。

スペイン現地メディアは「モウリーニョ監督が1年5ヶ月でトッテナムを去った。トッテナムは今シーズンのヨーロッパリーグとFAカップから脱落した。リーグでの成績もあまり良くない。だがモウリーニョ監督は近いうちに復帰できるものとみられる」として、「バレンシアのクラブオーナーであるピーター・リムがモウリーニョの合流を狙っている。ピーター・リムはモウリーニョ監督がレアル・マドリードを指導していたときから知り合いでよく付き合っているという」と説明した。

もしモウリーニョ監督がバレンシアに合流することになれば、ソン・フンミンに続いてイ・ガンインを指導することになる。
イ・ガンインはグラシア監督の不安定な出場機会付与に不満がいっぱいだ。
バレンシア残留の意志がない。
もしモウリーニョ監督が就任するなら、新たな反転の機会を持つ可能性も十分である。



イ・ガンインのユベントス移籍説でロナウドが言及された理由
スポーツワールド



※一部要約

スペインプロサッカー・プリメーラリーガのバレンシアMFイ・ガンインが最近、イタリアの名門ユベントス移籍説に包まれた。
この過程でクリスティアーノ・ロナウドが取り上げられた。

イタリアメディア"カルチョ・メルカート"は最近、イ・ガンインのユベントス行きに言及した。

すぐに主戦争いをするのは容易ではないため、2シーズンほど他チームにレンタル移籍して技量を積んだ後、ユベントスの一員としてプレーするというかなり具体的な内容も付け加えた。

イ・ガンインは最近、バレンシアで主戦としてプレーできずにいる。
もっと多く出場して才能を満開させようとしているイ・ガンインは、移籍に重きを置いている。

契約満了も近づき、バレンシアよりはイ・ガンインのほうが有利な状況だ。
ユベントスが積極的に動けば、移籍説は単なる噂ではなく実際に行われる可能性が高い。

現実になるよう、ホルヘ・メンデスが動くというニュースである。
イ・ガンインのユベントス移籍説でロナウドが言及された背景だ。
メンデスがロナウドのエージェントだからである。

イタリア"スポルトメディアセット"は2日、「メンデスがイ・ガンインを連れてくる」として、イ・ガンインがユベントスに行くためにメンデスが力になる予定だと示唆した。



全北、クラブSNSで"緑色のペク・スンホ"公開…背番号5
ニュース1



※一部要約

以前として論難が解決されない中で、プロサッカーKリーグ1の全北現代が全北のユニフォームを着た"緑色のペク・スンホ"の姿を公開した。

全北は1日、クラブSNSでペク・スンホ入団の便りを伝え、ユニフォームを着た公式写真をアップロードした。

全北は幼少年時代に水原ユースのメタン中でサッカーを学び、その後水原三星の支援でスペイン・バルセロナに渡って成長した。

その後、Kリーグに戻る過程で水原との合意書を破り、水原ではなく全北の扉を叩いたという点で大きな問題となった。

水原とペク・スンホ側は依然として合意点を見出だせていない状態である。
水原は合意書に違反して全北と契約したペク・スンホに法的対応をするという方針であり、全北にも公式の立場文で遺憾を表した。



"14億ウォンvs3億ウォン"…"ペク・スンホの補償金"めぐって張り詰めた神経戦
聯合ニュース



※一部要約

31日に迫った選手登録締め切り日を目前にして、プロサッカーKリーグ1の水原三星とペク・スンホ側が4回目の会合をしたが、補償金の規模をめぐって立場の違いだけを確認した。

プロサッカー界の関係者は29日、「水原とペク・スンホ側がこの日会合をした」として、「この日、水原は補償金として14億2000万ウォンを提示し、ペク・スンホ側は3億ウォンを固守した」と伝えた。

2010年に水原ユースのメタン中の在学中、クラブの支援でFCバルセロナユースに留学したペク・スンホは、Kリーグ復帰時に水原に入団することを約束する合意書を作ったが、最近これを履行しないまま全北現代入団を推進した。

水原はこの日、ペク・スンホ側に初めて補償金の規模を伝えたという。

補償金は水原がペク・スンホに支援した3億ウォン、法定利息の1億2000万ウォン、損害賠償額の10億ウォンを含めた14億2000万ウォンである。

水原が算定した損害賠償額10億ウォンは、選手への権利放棄に伴うクラブの経済的損失分だ。
これはダルムシュタットがペク・スンホ獲得のために全北に要請したという移籍金80万ユーロに相応する金額である。

だがペク・スンホ側は依然として3億ウォンを固守しているという。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング