現役サッカー選手「日本チームと訴訟中」知人を騙して金横領
KBS




※一部要約

現役プロサッカー選手が「日本サッカーチームとの訴訟で金が必要だ」という嘘で知人を騙し、金を横領して懲役刑を宣告されました。

ソウル中央地方法院の刑事9単独は詐欺の容疑で起訴されたサッカー選手イ某氏に、懲役1年執行猶予2年を宣告して社会奉仕200時間を命じました。

3月に自分が騙されていることを知ることになった知人がイ氏を警察に告訴し、警察は9月にイ氏を拘束して起訴の意見で検察に送致しました。

裁判所は「被害者が示談して処罰を望んでいない点、同種の犯罪で処罰を受けた前歴がない点など、様々な条件を総合した」と量刑の理由を明かしました。



"海外年俸33億"未申告プロサッカー選手…9億の税金爆弾
NEWSIS




※一部要約

海外リーグでプレーするプロサッカー選手が、30億ウォンを越える年俸所得を申告せず、国内で約9億ウォンの所得税を払わなければならないという裁判所の判断が出た。

当該の選手は、主に海外で暮らしていたので自分は国内の納税義務がない"非居住者"と主張したが、裁判所は納税義務がある"居住者"とみなした。

ソウル行政法院行政4部は、サッカー選手A氏がソウル城東税務署長を相手に起こした総合所得税賦課の処分取り消し訴訟で、原告の敗訴を判決したと10日に明かした。

代表出身のプロサッカー選手であるA氏は、2016年2月から約2年間中国スーパーリーグで活躍していたが、2016年度の総合所得税の申告額が問題となった。
移籍初年度に受けた年俸など、33億6000万ウォン余りを国内で申告しなかったのだ。

税務当局はA氏に対する税務調査を進めてそのような事実を知ることになり、総合所得税で約9億1000万ウォンを納付せよと告知した。



元サッカー選手チェ・ソングク、ユーチューブで9年前の八百長を釈明
スポーツ韓国




※一部要約

プロサッカーの八百長に関わって永久除名された元サッカー選手のチェ・ソングク(36)が、自身のユーチューブチャンネルで当時の状況を釈明した。
映像字幕には"元国家代表"という修飾語をつけていた。

チェ・ソングクは26日、"八百長のチェ・ソングクが9年ぶりに口を開く「組織暴力団の脅迫、そして…」"の映像で、当時の八百長は絶え間ない脅迫によるものであり、自分は何も得ていないという趣旨で当時の内幕を説明した。

チェ・ソングクは「尚州時代にともに運動した先輩から電話が来て、"後輩にゆっくりプレーすれば300万ウォンずつ与える"と言ってくれないかと頼まれた」として、「はじめはダメだと言ったが、先輩が頼んでいる立場なので、一度話してみると言った」と振り返った。






Kリーグ、全世界のプロサッカーリーグで社会貢献活動(CSR)ランキング6位
ゴールドットコム




※一部要約

Kリーグがスイスのスポーツ専門コンサルティング企業"レスポンシボール(Responsiball)"から、全世界のプロサッカーリーグで6番目に社会的責任(CSR)を果たしているリーグに選ばれた。

"レスポンシボール"は2011年から毎年、全世界のプロサッカーリーグを対象にガバナンス、コミュニティ、環境など3分野で各リーグの社会的責任の実行の有無を調査し、自主的に順位をつけた"レスポンシボールランキング"を発表している。

ガバナンス分野の細部評価の項目には組織構造、行動綱領の存在の有無、CSR報告書発行の有無、財務諸表公開の有無などがあり、コミュニティ分野では地域密着活動、ユースシステム運営の有無、サポーターとの対話方法などを評価する。
環境分野は競技場内の廃棄物処理方法、水道・エネルギーの節約、二酸化炭素排出の最小化などを扱っている。






プロサッカー蔚山-江原、慶南-全北戦が台風の影響でキャンセル(総合)
聯合ニュース




※一部要約

台風ターファーの影響でプロサッカーの2試合がキャンセルになった。

韓国プロサッカー連盟は22日午後に行う予定だったKリーグ1・2019・30ラウンドの蔚山現代-江原FC、慶南FC-全北現代の試合が、台風の影響と予想される安全の問題でキャンセルになったと明かした。

この日に行えなかった試合は10月2日に開催する予定か、チーム同士が合意すれば10月3日に行うこともできる。

プロサッカーの試合を予定された日に開催できなかったのは、去年8月22日に済州ワールドカップ競技場で行う予定だったKリーグ1・25ラウンドの済州ユナイテッド-水原三星の試合以降、1年1ヶ月ぶりである。

去年11月24日に尚州市民運動場で開催された尚州尚武-江原の試合は、大雪の余波で予定よりキックオフ時間が2時間遅れたこともあった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング