"デート暴力→日退出"リョウヘイ、忠南牙山入団…「法的に問題ない」
OSEN



※一部要約

デート暴力で日本の舞台から消えたサッカー選手が忠南牙山に入団した。
Kリーグクラブの争奪戦が繰り広げられて論難が生まれている。

忠南牙山は22日、報道資料で「日本人MF道渕諒平を獲得した」と発表した。
登録名はリョウヘイ。
牙山は「2017年にJリーグのヴァンフォーレ甲府でプロの舞台にデビューしたリョウヘイは、2019年にベガルタ仙台に移籍し、2シーズンの間に38試合で6得点を上げてチームの主軸選手としての地位を確立した」と説明した。

ところがすでにリョウヘイは、忠南牙山入団前から論難があった。

去年10月に日本Jリーグのベガルタ仙台は、リョウヘイがデート暴力事件を起こしてチームから放出されたと発表した。
仙台はリョウヘイの行いについて謝罪した。

去年9月に日本メディアの報道で伝えられたリョウヘイのデート暴力は深刻な水準だった。
当時、道渕は交際していた女性を殴った容疑で宮城県警察に逮捕された。
リョウヘイが事件が広まってからしばらく試合に出られず、9月末に試合復帰した。



[オフィシャル] 忠南牙山、リョウヘイ-イ・サンミン獲得で中盤強化に成功
スポータルコリア



※一部要約

忠南牙山プロサッカー団が日本人MF道渕諒平(登録名リョウヘイ)と蔚山現代からイ・サンミンを獲得した。

2017年にJリーグのヴァンフォーレ甲府でプロの舞台にデビューしたリョウヘイは、翌年27試合2得点1アシストを上げて頭角を現した。
その後、仙台ユース出身のリョウヘイは2019年にベガルタ仙台に移籍し、2シーズンの間に38試合6得点を上げてチームの主時刻選手としての地位を確立した。

178センチ77キロのがっしりした体格条件を備えるリョウヘイは、主に右サイドのMFとして出場し、速いスピードを活かして相手のサイドを崩すプレーが長所である。
状況によって直接決める能力も備え、2020シーズンの忠南牙山FCのウイングの一軸を担うと期待されている。



現代高-中央大出身のイ・サンミンは、2020年の蔚山入団と同時に忠南牙山FCにレンタル移籍して4試合出場1ゴールを記録した。
MFとCBのどちらも消化できるマルチプレーヤーで、広い視野を基にパス力・守備加担に優れ、全体的な試合運営能力に長けているという評価を受ける。



水原三星、"親企業法務チーム"と手を握ってペク・スンホとの法的紛争予告
インターフットボール



※一部要約

水原三星がペク・スンホとの問題を解決するため、親企業の法務チームに諮問を求めた。

ペク・スンホはソウルテドン小6年に在学中だった2009年10月、水原三星傘下のユースであるメタン中の入団に合意した。
だが2010年3月にスペインのFCバルセロナに留学する機会が訪れると、ペク・スンホ側は水原に支援を要請した。
水原は大乗的次元で3年間毎年1億ウォンずつ、合計3億ウォンを支援すると答えた。
ただしその条件は▲2012年12月31日以降にメタン高進学▲違反時に支援金の全額返還だった。
両者は合意書を作り、ペク・スンホはスペイン行きの飛行機に乗った。

水原はペク・スンホがスペイン現地にしっかり適応できるよう、現地の言語(カタルーニャ語)を勉強できるように支援した。
同時にバルセロナユースの練習場近くに家と車も与えた。
ペク・スンホの両親には生活費の名目で支援金も渡した。
当時、水原側は「韓国サッカー発展のため」という大きな絵を描いた。

現地に上手く定着したペク・スンホはバルセロナユースと5年契約を結んだ。
つまりメタン高進学が難しくなったのだ。
ペク・スンホ側と水原は2次合意書を作った。
"Kリーグ復帰時に形態と方法、時期を問わず無条件で水原入団を約束する"という条件だった。



まだ開催地未定のACL、韓国はなぜ申し込まなかったのか
スポーツワールド



※一部要約

20201AFCチャンピオンズリーグの開催地が未定である。
どの国も開催申請をしなかった。
韓国プロサッカーKリーグもやはり申し込まなかった。
どういった理由のためなのか。

開催の申請には大きなメリットがある。
ホームアドバンテージを享受できる。
それでもただの一国も申し込まなかった。
費用の問題が決定的だ。
AFCの規定によると、1チームあたり1つの宿舎を確保しなければならず、部屋を1人一室割り当てなければならない。
感染を最小化するためである。
確診者が出たときに備え、隔離施設もチームごとに準備しなければならない。
出場チームも32から40に増え、費用負担は例年の数倍だ。
政府当局の許可にも従わなければならない。

韓国の状況も同じだ。
費用はともかく、我が国は外国から入国する場合、2週間の隔離が必須である。
国内のコロナ19拡散傾向が正されない状況で、多数の外国チームを招請するのは現実的に不可能だ。

韓国プロサッカー連盟の関係者は「外信を通じて韓国がACL誘致に興味があるという話を聞いたことはあるが、現在までに計画はない」として、「韓国の現状を考慮すれば不可能に近い。現実的に容易ではない」と伝えた。



イ・ジェヨン-イ・ダヨンの学暴論難…全世界のメディアが扱う
エクスポーツニュース



※一部要約

過去の学校暴力により重い懲戒を受けたイ・ジェヨンとイ・ダヨンの双子姉妹が全世界のメディアのメインを飾っている。

世界のバレーボールのニュースを伝える"ワールドオブバレー"は15日、「イ・ジェヨン、ダヨン姉妹がいじめの加害者と指目されて所属チームと代表から追放された」と報じた。

香港サウスチャイナ・モーニング・ポストもやはり「韓国女子バレーボールの東京オリンピック本戦進出で決定的な役割を果たした双子のバレーボールスターが、10年前の学校暴力により代表でプレーできなくなった」とした。

英国デイリー・メールも双子姉妹の論難を素早く扱った。
メディアは「イ・ジェヨンとイ・ダヨンは中学時代、他人の金を奪って刃物で威嚇した疑惑を受けている」と伝えた。

韓国は夏季冬季オリンピックで10位以内の入るスポーツ強国だが、身体・言語的な暴力が蔓延しているという点を指摘した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング