ソク・ヒョンジュンの父親「フランスに帰化しても韓国に戻って兵役履行」
聯合ニュース



※一部要約

兵役義務を履行しなかったサッカー選手ソク・ヒョンジュンの父親ソク・ジョンオ氏が2日、「息子はクラブの要求でフランスの市民権を取ることになっても、その後必ず韓国に戻って兵役義務と法的責任を負う」と語った。

ソク氏はこの日、聯合ニュースとの通話で「息子はわざと兵役を履行しないのではなく、クラブとの契約期間を守り、運動ができるところまでするためにフランスに残っている」としてこう語った。

ずっと海外リーグでやってきたソク・ヒョンジュンは2019年6月に兵役法違反の疑惑で告発され、最近では兵務庁を相手にした行政訴訟で敗訴した。

2019年にすでにパスポートが無効化されたソク・ヒョンジュンは、その前に受けた就労ビザを根拠に現地に留まっているという。

そんな中、最近フランスのある地域メディアはソク・ヒョンジュンがフランス帰化を推進中だと報じて大きな論難が起きた。



ソク・ヒョンジュン、"兵役忌避"でパスポート無効化…帰国時に処罰および兵役義務
マネーS



※一部要約

兵役忌避の疑惑を受けているサッカー代表出身ソク・ヒョンジュンのパスポートが無効化された。

チョン・ソクファン兵務庁長は28日、国会国防委員会に出席してそのような事実を伝えた。
チョン庁長はキム・ビョンジュ共に民主党議員の関連質問に対して「ソク・ヒョンジュンは兵役法上、国外旅行許可義務を違反した兵役忌避者」として、「外交部でパスポート無効化の措置を取った」と答えた。

合わせてチョン庁長はソク・ヒョンジュンの現状について「2019年6月に刑事告発が成立し、現在海外に滞在していて起訴中止の状態」と説明した。
だが「帰国すれば刑事処罰の後で兵役義務を履行しなければならない」と付け加えた。

ソク・ヒョンジュンは2016年のリオオリンピック代表リストに入った。
だが当時、代表がメダルを獲ることができなくて兵役特例の機会を逃した。
その後はずっと海外で選手として活躍して帰国せず、兵役忌避者リストに上がった。

チョン庁長はこの日、「ソク・ヒョンジュンは代表選手にまでなった公人」として、「まだ機会があるので早く帰国して処罰を受け、兵役義務を履行するのが道理」と明かした。



[単独] キ・ソンヨンの"投機疑惑"…EPLでプレーしているときに26億で農地買い入れ
韓国日報



※一部要約

プロサッカーFCソウルの主将キ・ソンヨンが2016年にイングランド・プレミアリーグの選手として活動していた当時、数十億ウォンを投じて光州のある民間公園の特例事業敷地内外の農地を大量に買い入れていることが明らかとなり、警察が捜査している。
キ・ソンヨン側は「キ・ソンヨンの名前を冠するサッカーセンターを作りために買っておいた」と釈明したが、警察は投機目的で土地を買い入れた可能性も見ている。

光州警察庁不動産投機特別捜査隊は21日、キ・ソンヨンと父親のキ・ヨンオク元光州FC団長が農地経営の計画書を偽って作成、西区金湖洞一帯の農地を取得した嫌疑(農地法違反)で捜査中だと明かした。
警察はキ・ソンヨンが買い入れた土地がクレーン車両の車庫などに不法転用され、無断で形質変更まで行われていた事実も確認した。



警察等によるとキ・ソンヨンは2016年7月~11月の4回のかけて7773㎡(約2351坪)を26億9512万ウォンで買い入れた。
キ・ソンヨンは先に2015年7月と11月にもこの一帯の4つの雑種地4661㎡(約1409坪)を18億9150万ウォンで買い入れている。
キ元団長も2015年7月に近隣の2つの田んぼ3008㎡(約909坪)を12億9015万ウォンで買った。
彼ら父子が農地などを買い入れるのに注ぎ込んだ金は58億7677万ウォンである。





負傷回復のソク・ヒョンジュンがフランス2部リーグ連続出場
MKスポーツ



※一部要約

ソク・ヒョンジュンが92日ぶりにフランスプロサッカー2部リーグで2試合連続出場した。

脹脛の筋肉の負傷で11試合・72日間戦力から離脱していたブランクを埋めている。
ソク・ヒョンジュンは10日と17日、フランス2部リーグの32・33ラウンドの試合でパリFCとカーンを相手に交代投入されて13・17分を消化した。

ソク・ヒョンジュンは2020年12月17日、兵務庁の兵役義務忌避者リストに入ると国外旅行期間延長許可拒否の処分取り消し訴訟を起こしたが、2021年2月5日に棄却された。

2016-17シーズン後半期にハンガリー1部のブレツェニで活躍していた当時、永住権を取得したのも兵役忌避の試みではないかという批判を受けている。
兵務庁はソク・ヒョンジュンを海外不法滞留者と規定、外交部にパスポートの無効化を要請した。



北韓「コロナで東京オリンピック不参加決定」…"韓半島デタント"水の泡
聯合ニュース



※一部要約

北韓が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態を理由に、今年7月に開幕予定の東京オリンピックに参加しないと明かした。

北韓体育省が運営する"朝鮮体育"のHPは6日、「朝鮮オリンピック委員会は総会で、悪性ウイルス感染症による世界的な保健危機の状況により、選手を保護するために委員の提案で第32次オリンピックゲーム大会に参加しないと討議で決めた」と公開した。

北韓が夏季オリンピックに参加しないのは1988年のソウルオリンピック以降の33年で初めてだ。

これにより北韓の東京オリンピック参加を起点に南北美日の対話の扉を開き、"韓半島デタント"まで行えるという期待も水の泡となってしまった。

北韓が敏感に対応しているコロナ19の防疫は表面的な不参加の理由で、対立状況が続いている北日関係も影響を及ぼしたものとみられる。

210406112853197a.jpg

政府も北韓のオリンピック不参加宣言に心残りをあらわし、追加的な契機を探すのに努めると明かした。

統一部の当局者は「今回のオリンピックが韓半島の平和と南北間の和解強力を進展させる契機になることを願ってきたが、コロナ19の状況でそうならなくて残念に思う」として、「今後はスポーツだけでなく多様な分野で韓半島の平和と南北間の対話を進展させられる契機を探すための努力を継続する」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング