イランメディア「コロナで韓国戦の無観客を要請したがAFCは拒絶」
マネーS



※一部要約

イランサッカー代表側が、新型コロナウイルス感染症の余波でAFC側に無観客試合を要請したという報道が出てきた。

23日、イランのメフル通信によると、イランは24日午後8時にソウルワールドカップ競技場で行われる韓国との最終戦9次戦を、無観客で開催してほしいとAFCに要請した。
メディアは「韓国はコロナ確診者がずっと増加傾向」として、「コロナによるリスクのため、無観客試合を望んだが拒絶された」と報じた。
AFC側は観客入場に大きな問題はないという判断をしたという。

韓国とイランはともに2022FIFAカタールワールドカップ本戦進出を確定させている。
だがアジアを代表する自尊心がかかっているうえ、本戦のポット分けにも影響を与えかねないだけに、血戦が予想されている。



イラン、コロナ19"直撃弾"…海外組の核心2人、追加で韓国遠征"不参加" [WC最終予選]
エクスポーツニュース



※一部要約

大韓民国とA組首位をかけた対決を待つイランが、コロナ19で大打撃を受けた。

イランメディアのメフルニュースは21日、イランサッカー代表の主軸FWアリレザ・ジャハンバクシュ(フェイエノールト)とメフディ・タレミ(FCポルト)がコロナ19確診判定を受けたと伝えた。
イランサッカー代表本陣は20日に大韓民国に入国し、海外組選手はリーグ戦を行ってから韓国に入国する。

メディアは「韓国に入国したイランサッカー代表は今日最初の練習をする予定で、コロナ19検査を受けた。彼らは陰性判定を受けてこそ韓国戦でプレーできる」として、「だが海外組の選手はイラン代表に合流する前にコロナ19検査を受け、タレミが確診判定を受けて自己隔離に入った」と伝えた。

すでにイランはサマン・ゴドス(ブレントフォード)がコロナ19確診判定を受け、韓国遠征に来られない状況である。
そこにサイード・エザトラヒ(アル・ガラファ)とサデギ・モハラミ(ディナモ・ザグレブ)が累積警告の懲戒で韓国戦をプレーできず、戦力漏れが深刻化した。

イランは24日にソウルワールドカップ競技場でパウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表と9次戦を行った後、30日に自国でレバノンと最終戦を行う。
イランは7勝1分けの勝ち点22でA組1位、韓国は6勝2分けの勝ち点20で2位だ。



"6万人見える"…イラン戦の前売りサイトに23万人同接、主要席完売
ニュース1

220317110301634.jpg

※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表は24日午後8時、ソウルワールドカップ競技場でイランを相手に2022FIFAカタールワールドカップアジア最終予選9次戦を行う。

KFAは今回の対戦で6万の観客を目標にして、巨大な赤い波を期待している。
ファンの熱い関心と前売りの熱気を見れば、不可能な指向点はない雰囲気だ。

220317110301634a.jpg

KFAは去る16日午後7時にPLAY KFAサイトでイラン戦の前売りを始めたが、チケットを求めるファンが多く集まり、午後8時頃まで"繋がらない"事態が起きた。
その後、サイトは正常稼働したが、前売りウィンドウが開かれるまでは再びしばらく待たなければならなかった。

KFAは16日にSNSで「過去のAマッチで売り切れたときのトラフィック数値を考慮、12万人が同時接続可能なサーバーを用意した。だが23万人を越えるファンが接続して約42分間サーバーがダウンした」と説明し、「イラン戦チケットの前売りに関してサッカーファンの皆様の貴重なお時間を奪い、もどかしさを感じさせた点について心よりお詫び申し上げる」と頭を下げた。

220317110301634b.jpg

前売り開始に合わせて23万人の大人数が集まったほど、今回の対戦への関心は熱い。

パク・ギョンフンKFA専務理事は「圧倒的な応援の雰囲気でワールドカップ進出を祝ってほしい」として、「久しぶりにソウルワールドカップ競技場を6万の観客の熱気で満たせるように期待する」と語った。

一方、ソウルワールドカップ競技場に6万人以上の観客が入場したのは、2019年6月11日のイランとの親善試合(60213人。1-1引き分け)が最後だった。



滅茶苦茶な中サッカーの現実…「代表の主将も年俸を貰えずにいる」
OSEN



※一部要約

中国の"直播ドットコム"は16日、「中国サッカー代表の主将であるハオ・ジュンミンも所属クラブの財政難で年俸を貰えない状況」と報じた。

昨シーズンの中国スーパーリーグは親企業の不動産グループが連鎖破産し、クラブが選手の年俸を払えずにいる状態だ。
帰化外国人も年俸を貰えない状況になって相次いでスーパーリーグを去っている。

これは単に外国人選手や帰化選手に限ったことではなかった。
中国サッカー代表の他の選手のすべて、まともに年俸を貰えない状態である。

そのような中国サッカー代表の状況について、間接的に"主将"ハオ・ジュンミンが暴露した。
彼は自身のSNSで、自分も給料を貰えない状況だとして、所属チームの武漢を批判した。

2004年に中国A代表の舞台にデビューしたハオ・ジュンミンは、中国最高のMFとしてAマッチ88試合に出場して12ゴールを決めた選手だ。

直播ドットコムは「ハオ・ジュンミンを含む中国サッカー代表のほとんどの選手が年俸を貰えずにいる」として、「中国サッカー代表の選手だけでなく、監督も厳しい状況」と指摘した。



[パク・コンウォンのサッカー現場] 同じ帰化選手?日本と中国はなぜ結果が違ったのか?
ベストイレブン



※一部要約

2022FIFAカタールワールドカップ最終予選で、ベトナムの一撃に遭って早期に脱落が確定した中国サッカー代表を見ると、1990年代の日本サッカー代表の状況が浮かんでくる。
もちろん両チームの時代別の地位はかなり異なる。
当時の日本は1990年代中盤を起点にアジアの強豪としてそびえ立ち、今の中国はベトナムにも首根っこを押さえられる屈辱を味わっているからだ。

ところが似ている部分は確かにある。
帰化選手だ。
日本は1990年代からしばしば帰化選手を代表で活躍したことがあった。
日本サッカーの伝説・三浦知良とともに活動したルイ(※瑠偉)・ラモスをはじめとしてワグナー・ロペス(※呂比須)、アレックス(※三都主アレサンドロ)らワールドカップ本戦の舞台を踏んだ帰化選手もいる。
Kリーグにも日本に帰化した選手がアジアクォーターで活動した。
過去にFCソウルでプレーしたエスクデロ(※競飛王)である。
今でも帰化代表選手が存在する。
GKのダニエル・シュミットがそうだ。

中国は"サッカー崛起"を前面に出す過程でエウケソン、アラン、フェルナンド、ティアス・ブラウニング、リカルド・グラールら様々な外国選手に中国代表のユニフォームを着せた。
ところが両国の帰化選手は明確に異なる。
中国の帰化選手は中国スーパーリーグで長くプレーして、優れた実力を認められた選手というだけのことだ。
実力はもしかしたら日本の帰化選手より良いかもしれない。
当初、中国に来たときから決められた身代金が凄まじい選手だった。
だが実績は十分でない。
実績だけならむしろ日本の帰化選手はほぼ期待に応えた。
理由は何なのか?



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング