"970億→533億"ソン・フンミンの身代金、3ヶ月間で45%"急落"
スターニュース



※一部要約

ソン・フンミンの市場価値が3ヶ月間で最大400億ウォンほど減ったと評価された。

FIFA傘下の国際スポーツ研究センター(CIES)はソン・フンミンの現在の身代金を最低4000万ユーロ(約533億ウォン)から最高5000万ユーロ(約667億ウォン)と分析した。

CIESは選手の年俸や契約期間、競技力、クラブの経済状況など8つの要素を分析して選手の市場価値を推算する。

1月でもソン・フンミンの市場価値は7280万ユーロ(約970億ウォン)で全体選手のうち51番目に高かったが、533億基準では3ヶ月で何と45%も急落したわけである。

一方、イ・ガンインの身代金は2000万ユーロ(約267億)~3000万ユーロ(約400億ウォン)と評価され、去年11月の1560万ユーロ(約207億ウォン)と比べて評価が上がった。

一方、アーリング・ハートランドの現在の身代金は1億5000万ユーロ(約2000億ウォン)から最高2億ユーロ(約2670億ウォン)で最も高かった。

キリアン・ムバッペの市場価値は最高1億5000万ユーロ、ハリー・ケインは最高9000万ユーロ(約1200億ウォン)だった。



"コリアンメッシ"イ・スンウ、ポルトガル生活も容易ではない
スポーツワールド



※一部要約

カエルが冬眠から目覚めるという啓蟄を過ぎて春の花が満開になるという春分を控えているが、"コリアンメッシ"イ・スンウの季節は依然として冬である。

ポルトガルに舞台を移したイ・スンウは10日現在、1試合も出場できていない。
イ・スンウは2020~2021シーズン開幕当時、ベルギープロリーグのシント・トロイデン所属だった。
シーズン序盤は頻繁にグラウンドを踏んだ。
13試合出場で2ゴールを決めるなど、無難な活躍を繰り広げた。
だが12月中旬からはベンチにも座れなかった。
結局、主戦でプレーするために移籍を決心、ポルトガルのポルティモネンセにレンタル移籍を決めた。
この移籍も成功的ではない雰囲気だ。

イ・スンウはかつて"コリアンメッシ"と呼ばれた有望株である。
スペインの名門FCバルセロナユース出身である上、所属チームの先輩でありサッカーの神と呼ばれるリオネル・メッシとプレースタイルが似ていることでつけられた別名だ。
潜在力を満開させられなかった。
バルサ1軍入りに困難を感じ、イタリア・セリエAのエラス・ヴェローナに移籍した。

イタリアの舞台はイ・スンウに合ってなかった。
技術的要素を多く求めるスペインと違い、イタリアはプレスと運動量をより必要としていた。
イ・スンウの強みと相反するリーグだった。
そのため、価値をより輝かせることのできるベルギーの舞台に視線を移したが、これもまた失敗だった。

再び挑戦状を出したポルトガル生活も容易ではない。
移籍基準で5試合、出場どころかベンチにも座れなかった。
チーム内でポジションのライバルが多い。
イ・スンウとともに冬の移籍市場で移籍してきたジャファル・サルマニはすでに6試合出場で1ゴール1アシストを記録した。

イ・スンウが期待できる要素は練習場で見せる活躍だ。
冬の移籍市場の終了直前で抱えただけに、チームがイ・スンウに望んでいる要素はあるだろう。
コーチ陣との多くのコミュニケーションをして、練習場でそれを証明してこそ出場にまで繋げることができる。



イ・スンウ、ポルトガル舞台のデビューは次に…4試合欠場
NEWSIS



※一部要約

ポルトガル・プロサッカー1部リーグに進出したイ・スンウのデビュー戦はいつなのか。
4試合欠場してデビューを次に先送りした。

シント・トロイデンからポルティモネンセにレンタル移籍したイ・スンウは1日、マルティモとの2020~2021プリメイラ・リーガ21ラウンドでリストに入ることができなかった。

先月、新たにポルティモネンセのユニフォームを着たイ・スンウは、合流から4試合リストに名前を上げられずにいる。
デビューがますます遅れる様子だ。

ポルティモネンセは降格圏にいる弱体マルティモを相手に0-0で引き分けて勝ち点1に甘んじた。
マルティモ(勝ち点18)は18クラブ中17位にいる。

ポルティモネンセ(5勝5分け11敗・勝ち点20)は13位に留まった。



"どういう目的?"マンシティに日本人選手が2人も?
MHNスポーツ



※一部要約

ソン・フンミンのように、日本にもヨーロッパで活動している有名選手が多い。

久保建英をはじめとして、岡崎慎司らが最近ヨーロッパで名声を轟かせた選手だった。

ところで、ヨーロッパにはマンチェスター・シティ所属の選手がいた。
"食野亮太郎"選手だ。

食野亮太郎はガンバ大阪で活躍したFWで、ユースから成人チームまで地道に段階を踏んで上がってきた選手である。
彼は2019年8月、マンシティに"唐突に"移籍した。

100万ユーロの移籍金をもたらした彼は、レンタル当初からスコットランド2部リーグのハーツを経て、現在はポルトガル1部リーグの"リオ・アヴェ"にレンタル、レアル・マドリード出身のファビオ・コエントランと同じ釜の飯を食べている。

どのような長期的計画があるのかはわからないが、公式にマンシティですでに2年目を迎えている彼は、現在12試合に出場して3ゴールを得点している。



"不意に失業者"本田、身代金爆弾セール「1ビットコインさえくれればプレーします」
スターニュース



※一部要約

「1ビットコインさえくれればプレーします」

不意に"無所属"になった日本サッカーの伝説・本田圭佑がセルフ広報に乗り出した。
ポルトガルリーグのポルティモネンセと結んだ移籍契約がキャンセルされたためだ。
締切期間を過ぎて判を押したことが明らかとなった。

本田は13日、ポルティモネンセとの契約が破棄されたという内容を自身のSNSで共有し、「1ビットコイン。これだけでプレーする」と上げた。

本田は昨シーズン、ブラジルリーグのボタフォゴFRでプレーしていた。
12月にこのチームとの契約を解除した後、自由契約の身分でポルティモネンセと手を握った。

だがポルトガルリーグでは移籍金なしに自由契約で入団した場合、10月から無所属の身分を維持しないと選手登録ができない。
本田は12月までボタフォゴ所属だったため、今シーズンのポルトガルリーグに登録できない。

本田が急いでブラジルを去ろうとして、規定を几帳面に見てなかったと分析されている。

1ビットコインでプレーするという言葉は、それだけ本田が差し迫った状況だという意味に見える。
フットボールチャンネルは「1ビットコインは約500万円(約5000万ウォン)だ。本田級の選手の年俸なら破格的に安い。実際に契約をビットコインでするかは未知数だが、新たな行き先が気になる」と眺めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング