「新たな韓国人がフェネルバフチェに来る」…"外国人減らし"政策でもファン・ウィジョに大きな関心
ベストイレブン



※一部要約

韓国サッカー代表FWファン・ウィジョが、代表DFキム・ミンジェと同じ釜の飯を食べることになるのか?

ファン・ウィジョは現在、降格が確定したジロンダン・ボルドーを去って新たな所属チームを探しているところだ。
ヨーロッパ内の数多くのチームが彼に関心を示している。

最近ではテュルキエ(トルコ)クラブまで争奪戦に飛び込んだ雰囲気である。
すでに韓国選手が所属している名門フェネルバフチェがファン・ウィジョ獲得に関心を持っていると伝えられた。

トルコの"イェニ・アスル"は「新たな韓国人がフェネルバフチェに来る」というヘッドラインで、ファン・ウィジョ移籍の可能性を予想する記事を載せた。
フェネルバフチェにはキム・ミンジェの他にも、全北現代ユース出身の2003年生まれのMFチョ・ジンホもU-19チームに所属している。
ファン・ウィジョがフェネルバフチェに行けば、合計3人の韓国選手が一つのチームでプレーするわけだ。

すでに外国人選手を多く保有するフェネルバフチェは最近、"外国人減らし"に入ったという。
現在、合計18人の外国人選手がいて、12人まで縮小するのが彼らの目標だという。
そして再び2人の外国人選手を追加して戦力を補強する計画だ。

今いる外国人選手を放出する渦中で、アジア選手であり韓国国籍のファン・ウィジョに獲得の意思を示しているフェネルバフチェの状況は興味深い。



Kリーグ復帰を決心したファン・インボム、FCソウル行き迫る
スポーツ朝鮮



※一部要約

Kリーグの移籍市場はまだ終わってなかった。
"超大型大魚"が残っている。
FIFA特別規定の適用を受ける代表主戦MFファン・インボム(26、ルビン・カザン)がKリーグ復帰を測っている。

ファン・インボムは先月末までは、4日に予定されていた出国日に合わせてカザンに合流する計画だったが、ロシアの不安定な情勢や負傷の状態、関心を示すKリーグクラブの登場などを総合的に検討した末、Kリーグ復帰に方向を定めたという。

ファン・インボムは国内復帰のために直接動いた。
まず古巣の大田から訪れた。
先月31日、直接大田に行ってサポーター十数人とミーティングを行い、"すぐには大田ハナに入団できない理由"について説明し、了解を求めたという。
6月のAマッチ親善試合を前に、1部で競争力を維持しなければならない必要性を力説したという後聞。

終盤にどのような変数が起きるかはわからないが、現在としてソウル行きが有力とみられる。
関係者は一両日中に移籍の可否が決まると観測している。



中メディア「ウー・レイが"アジア"FWで3位」…ファン・ヒチャン-久保は?
MHNスポーツ



※一部要約

ある中国メディアが荒唐な主張を展開した。
ウー・レイが現在の東アジア選手で"3番目"の実力を持っているという話である。

中国メディアの"酷侃体壇"は報道を通じて、ウー・レイが東アジアのFWで"3位"だという評価を下した。

メディアは「ウー・レイは(東)アジアのFWの知名度順位でほぼ"3位"として差し支えない。知名度でソン・フンミン、南野拓実の次と言える」として、「実力で計算してもウー・レイは韓国と日本のスターに引けを取らない」とウー・レイを評価した。

だが"冷静に"彼らの主張を評価すれば、根拠のない話だということがわかる。

今シーズン、事実上の"余剰資源"に近い扱いを受けているウー・レイは14試合無得点に留まっており、コパ・デル・レイでも4試合1ゴール1アシストで"優れている"とは見られない活躍をしている。



イ・チョンス、「日ヨーロッパ組が韓国よりはるかに多い理由?実力の他にも…」
マイデイリー



※一部要約

イ・チョンスが自身の現役時代を振り返り、韓国と日本のヨーロッパ進出の差異点を聞かせた。

イ・チョンスは21日、自身のチャンネル<リチュンス>で「イ・ドンギョン(シャルケ04)とイ・ドンジュン(ヘルタ・ベルリン)がドイツに行った。私も蔚山現代から海外に進出した。蔚山から海外進出したことをお祝いする」と切り出した。
続けて「韓国からヨーロッパビッグリーグに直行するのは容易ではない」と付け加えた。

韓国選手とドイツの相性がよく合っているというのがイ・チョンスの分析である。
イ・チョンスは「我が国の選手はドイツ・ブンデスリーガとよく合っている。先例が多い。(ソン・)フンミン、(ク・)ジャチョル、(チ・)ドンウォン、(キム・)ジンスのようにドイツで長くプレーした選手が多い」とした。

それとともに、自分のスペイン経験を聞かせた。
イ・チョンスは2003年から2004年までレアル・ソシエダ、2004年から2005年までヌマンシアで活躍した。
過去の気持ちを思い出して「スペインは大変だった。(パク・)チュヨンがスペインに行くときも、私は大変だとアドバイスした」として、「スペインは他のリーグと比べて我々の選手があまり進出できなかった」と残念がった。



尋常ではない日本のヨーロッパ進出ラッシュ…韓日ヨーロッパ組の人数"15対85"
スポーツ朝鮮



※一部要約

19日、日本Jリーグでプレーしていた2選手がヨーロッパに向かった。
東京オリンピック代表出身のDF瀬古歩夢がセレッソ大阪を去ってスイスのグラスホッパーに、FC東京の田川亨介がポルトガルのサンタクララにそれぞれ移籍した。
今月はじめには前田大然(横浜マリノスからレンタル)ら日本人3人がスコットランドの名門セルティックFCに並んで入団するなど、最近になって日本選手のヨーロッパ進出がどんどん増えている。

サッカー記録サイト"サッカーウェイ"の資料を見ると、ヨーロッパ1部リーグに進出した日本出身選手の人数は85人で、韓国(15人)を大きく上回っている。
ヨーロッパ5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)1~2部リーグでプレーする選手に限っても、22対10で二倍以上の差が生じている。
EPL進出選手の人数は3対2で逆転された。
去年9月のAマッチリストの基準で日本代表のヨーロッパ組の比重は71%(24人中17人)、韓国は27%(26人中7人)だった。

韓国にも東京オリンピック世代を中心にヨーロッパとリンクされる選手は多いが、最近実現したケースはない。
なぜこのように日本との差が広がったのか。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング