[オフィシャル] イ・スンウ、シントトロイデンと契約解除…"FAで新チームを探す"
マイデイリー



※一部要約

イ・スンウが自由契約(FA)になった。

ベルギープロサッカーチームのシントトロイデン(STVV)は23日、「我がクラブとイ・スンウ側は双方合意の下で契約解除をすることに決めた。韓国人MFのイ・スンウは2020年8月に我々のチームに入団し、17試合プレーして2ゴールを決めた。今後のイ・スンウの人生に幸運が多くあることを願う」と決別の辞を残した。

イ・スンウ側の関係者は「イ・スンウは現所属チームのシントトロイデンと契約を終えて国内にしばらく帰ってくる計画だ。これから新チームを探す予定」として、「KリーグやJリーグ、アメリカメジャーリーグサッカー(MLS)などを調べている」と耳打ちした。

イ・スンウはスペインのバルセロナユースを皮切りにイタリアのエラス・ヴェローナでイタリアの舞台を踏んだ。
そしてベルギーの舞台を経て、今年上半期にはしばらくポルトガルのポルティモネンセでレンタル生活もした。
このようにヨーロッパの様々な国を経験した彼が、どのリーグを新たな舞台として選ぶのか関心が集まっている。



"ヨーロッパが注目"ソン・ミンギュ、フェネルバフチェ・セルティック・ウディネーゼなどから関心
マネーS



※一部要約

フェネルバフチェ(トルコ)、セルティック(スコットランド)、ウディネーゼ(イタリア)など様々なヨーロッパチームがソン・ミンギュを見守っている。

スペインメディアのトド・フィチャヘスは29日、「ソン・ミンギュ獲得をめぐってフェネルバフチェやセルティック、ウディネーゼなどが争っている」と報じた。
メディアは「ソン・ミンギュはアジア最高のアタッカーの1人」として、「アイドルのソン・ミンギュに続いてヨーロッパ舞台の挑戦を望んでいる」と付け加えた。
続けて「FWとMFの間で漏れなく活用でき、チームに変化を与えられる選手」と紹介した。

ソン・ミンギュは2018年に浦項スティーラーズに入団してプロ生活を始めた。
プロ2年目の2019年にプロサッカーKリーグで27試合に出場して名前を知らしめた。
昨シーズンにはリーグとFAカップで31試合11ゴール7アシストを上げてKリーグプレーヤー賞を受賞した。

ソン・ミンギュは2021-22シーズンの上半期までに7ゴールを決めて浦項の攻撃を導いた。
A代表に抜擢され、2020東京オリンピックにも出場した。
その後、ソン・ミンギュは7月に全北へ移籍した。
全北では12試合で1ゴール1アシストを記録中である。



イ・スンウ、"最後の希望"まで消えた…カップ大会すら"欠場"
スターニュース



※一部要約

イ・スンウの名前は非主戦が大挙先発で出たカップ大会にすらなかった。
比重が相対的に小さい大会ですらベンチに座れないほど、状況が深刻だという意味である。

イ・スンウは28日午前3時に行われたRFCスランとのベルギーカップ6ラウンドのアウェイ試合で出場エントリー(先発11人+交代7人)に名前を上げられないまま再び欠場した。

今回の対戦は特にイ・スンウにとって反転のための事実上最後のチャンスだったという点で、出場リスト除外による衝撃はさらに大きかった。

先だってベルギー・ジュピラーリーグで開幕12試合連続欠場にするほど、徹底してチーム内の"戦力外"選手にされた中で、非主戦選手にチャンスが回ってくるカップ大会はイ・スンウにとって出場機会を期待できる事実上唯一のチャンスだったからだ。

弱り目に祟り目で、この日にSTVVは延長の接戦の末に2-3でスランに敗れてカップ大会から脱落した。
イ・スンウにとってはそれなりに出場機会を狙える"最後の希望"さえも完全に消えたわけだ。
最近の流れなら今後もベンチにすら座れない状況が繰り返される可能性が高い状況。
イ・スンウのやるせない現実がさらに最悪に突き進んでいる模様だ。



全北ソン・ミンギュ、フェネルバフチェに続いてセルティック-ウディネーゼ獲得説提起
OSEN



※一部要約

ソン・ミンギュがヨーロッパサッカーの視線を釘付けにした。

スペインのトド・フィチャヘスは29日、「ソン・ミンギュ獲得をめぐってフェネルバフチェ-セルティック-ウディネーゼが争っている」と報じた。

全北現代のソン・ミンギュは移籍半シーズンでヨーロッパサッカーの視線を釘付けにした。
前日、様々なトルコメディアはフェネルバフチェがソン・ミンギュに関心があると伝えていた。

キム・ミンジェの成功で追加的な韓国選手の獲得に関心を示すことになったフェネルバフチェを含め、多くのヨーロッパクラブがソン・ミンギュ獲得を打診している状況である。

その過程で取り上げられたのがセルティックとウディネーゼ。
スコティッシュ・プレミアシップ1部リーグで51回優勝したセルティックはヨーロッパの舞台でも大きな業績を残しているチームだ。

過去にセルティックではキ・ソンヨンやチャ・ドゥリらがユニフォームを着ていた。
イタリア・セリエAのウディネーゼではまだ韓国選手がプレーしたことはない。



[パク・コンウォンのサッカー現場] 日本がヨーロッパに専用の練習センターを作る
ベストイレブン



※一部要約

最近、日本メディアがかなり興味深いイシューを紹介した。
日本サッカー協会(JFA)がドイツに日本サッカー代表のための専用練習場を作るというのだ。
これは爆発的に増加したヨーロッパ組の選手を協会次元で持続的に管理すると同時に、高レベルの実力を持つヨーロッパチームを相手に継続的な評価試合を行えるベースを作るためだとみられる。

過去にJリーグを研修した際、担当者がこれに関する計画を発表したこともあった。
しばしば日本サッカー界が目標をワールドカップ優勝だと声を高めたとき、韓国ではとんでもないという反応が多かったが、それが実現するかどうかはともかく、実現できるように努力しているという印象を受けた。

日本の計画はこうである。
▲Jリーグで着実にユースシステムを定着させて、それにより優秀な有望株を発掘してプロデビューさせ、▲その選手がJリーグで頭角を現せば無条件に海外に送り出し、▲その選手がヨーロッパで経験を積んでから再び日本に戻ってサッカー界に貢献できるようにするサイクルを作っている。
日本サッカー協会やJリーグ事務局は選手流出を憂慮するJリーグクラブを励ますために奨励金制度を用意している。
挙国的な視覚から日本サッカー発展のため、積極的に選手のヨーロッパ進出を助けられるように背景を用意しているのだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング