"守備型MFクォン・ギョンウォン"、ベント監督の選択は失敗だった
SPOTVニュース



※一部要約

クォン・ギョンウォン(ガンバ大阪)に守備型MFは似合わない服だった。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は27日午後7時20分、日本愛知県豊田市のトヨタスタジアムで行われた2022EAFF E-1チャンピオンシップ(東アジアカップ)の日本との最終戦で、一貫してリードされた末に0-3で完敗した。

この日、ベント監督は驚きのカードを取り出した。
主にCBでプレーするクォン・ギョンウォンの守備型MF配置だった。

試合序盤、クォン・ギョンウォンは守備ラインを固める役割を果たした。
中盤に位置しつつも、日本のカウンターが始まるときは素早く守備ラインに合流して5バックを構築した。

これがすべてだった。
それ以外はすべて短所だけを露わにして、守備型MFという服は具合が悪いことを表現した。

中盤に配置されたが存在感のなかったクォン・ギョンウォンシフトのカード。
ベント監督の選択は失敗に終わった。



"また大惨事"ベント号、日本に0-3の完敗…"4連続優勝霧散"
スポータルコリア



※一部要約

韓国が最悪の競技力を繰り広げた挙げ句、日本に完敗した。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は27日午後7時20分、日本のトヨタスタジアムで行われた2022EAFF E-1チャンピオンシップ3次戦で日本に0-3で敗北した。




ベント号、81回目の韓日戦で0-3の完敗…"豊田惨事"
OSEN



※一部要約

韓国は81回目の韓日戦に敗れ、日本との歴代戦績は42勝23分け16敗となった。
だが去年3月に0-3で敗北してから再び敗れてしまった。



チョン・モンギュ会長が謝罪した"韓日戦0-3惨事"、500日ぶりに返すとき
マイデイリー



※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は27日午後7時20分、日本愛知県豊田市のトヨタスタジアムでEAFF E-1チャンピオンシップ(東アジアカップ)を行う。
相手は開催国の日本だ。

韓国は今回の韓日戦で引き分けでも優勝を確定する。
先の東アジアカップで3大会連続優勝をしている韓国は4連覇に挑戦する。

韓国と日本の一番最後の対決は489日前、日本横浜で行われた。
2021年3月25日、横浜の日産スタジアムで行われた親善試合で韓国は0-3で大敗した。
大韓サッカー協会のチョン・モンギュ会長が異例的に直接謝罪文を書かざるをえないほど世論が悪化した。
ファンとメディアのどちらもベント号を叱責したときである。



当時の痛みをよく知るベント監督は、約500日ほど経って日本にリベンジしようとしている。
韓日戦の前日である26日、ベント監督は「中国戦と香港戦のどちらも良い点があった。2試合とも我々が支配したゲーム」として、3次戦の韓日戦での快勝を誓った。



"初の代表抜擢"日FW、「基本的なことで無条件に韓国を上回ってこそ優勝」
OSEN



※一部要約

森保一監督が率いる日本は27日午後7時20分、日本愛知県のトヨタスタジアムで行われる"2022EAFF E-1チャンピオンシップ"男子3次戦の韓国との対決を控えている。

日本も韓国と同様、海外組ではなく国内組の選手でスカッドを設けた。
今回の東アジアカップはFIFAが定めるAマッチ期間ではないため、所属チームの同意がなければ海外組の選手を強制選出できないからだ。

日本は今回の東アジアカップのため、新たに町野修斗(23、湘南ベルマーレ)を攻撃資源に選んだ。

26日、日本のサッカーマガジンによると、町野は韓国との試合について「最後のクオリティをもっと上げないといけない。中国戦でチャンスは少なくなかったので、次の韓国戦はチャンスを活かして決められるようにしたい」と明かした。

「代表招集のときから優勝と言っていた」という町野は「とても激しい戦いが90分間続くだろう」として、「覚悟と自信を持って挑戦する。攻守の切り替え、競り合い、走り、そういう基本的なことで無条件に韓国を上回らなければならないと思う」と強調した。



日本-中国、東アジアカップ衝撃の"引き分け"…原因は?
MHNスポーツ



※一部要約

24日午後7時20分、日本愛知県のトヨタスタジアムで繰り広げられた2022EAFF E-1チャンピオンシップ2次戦で、一方的な攻勢をしても中国と0-0で引き分けた。

事実上"中国の勝利"に近い引き分けで日本列島全域、そして中国大陸全域が揺れた。

明白な原因とは言えないが、日本の敗着の一つは"パスサッカーの失踪"だった。

特に日本サッカーが誇る"パスの精巧さ"が消えた。
相手の守備陣を撹乱させるボックス中央付近でのワンタッチパスやスルーパスの代わりに試みたサイド突破-カットバックは、自然と中央をガチガチにしていた中国の"万里の長城"に阻まれた。

ゴール運までなかった。
日本のシュートは空を切ったり、力不足でGKのつま先に引っかかるなど、立て続けに苦しい流れが続いた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング