サッカー協会、2023年のアジアカップ誘致意向書提出…63年ぶりの開催挑戦
アイニュース24



※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が63年ぶりのAFCアジアカップ開催に乗り出す。

KFAは30日、「今日午後2時に2023年のアジアカップ誘致意向書をAFCに公式提出して受付を確認した」と明かした。

当初、2023アジアカップは中国で開かれる予定だった。
しかし中国がコロナ19の余波で5月に開催を返上した。

AFCはアジアカップ誘致申請期限を今月(※6月)30日から7月15日に延長したが、KFAは早くに受付を済ませた。
開催国は10月に開かれるAFC執行委員会で決まる。

もし韓国が2023アジアカップ開催に成功すれば、63年ぶりにホームで試合を行うことになる。
韓国は1960年にソウルの孝昌運動場で第2回アジアカップを開催したことがある。



韓日戦3G連続0-3大敗…韓日サッカーの格差広がったのか
スポーツ韓国



※一部要約

1年余りの間で年代別代表からA代表まで。
韓国サッカーが日本サッカーを相手に次々と敗れている。
負けはしなくとも、評価試合の相手を交代で会っても完全に違う結果が出たりもした。

韓国と日本のサッカー格差は完全に広がってしまったのか。

ファン・ソンホン監督が率いる韓国U23サッカー代表は12日午後10時、ウズベキスタン・タシュケントのパフタコール・スタジアムで行われた2022AFC U23アジアンカップの日本との8強戦で衝撃の0-3大敗を喫した。

2021年から1年半の間、韓国と日本のA代表から年代別代表の対戦結果を調べてみよう。
2021年3月に韓国と日本のA代表が日本で対決し、韓国は0-3で惨敗した。
そして6月、日本で韓国と日本のU-16代表の試合があったが、この試合も韓国が0-3で敗れた。
そして今回の韓国U-23代表と日本U-21代表の対決で、韓国の0-3大敗まで。
1年余りの間で成人から年代別まで、合計3回の対決があったがすべて0-3で完敗した。



「手段と方法を総動員して韓に勝ちたかった」日"精神武装"も違っていた
OSEN



※一部要約

韓国U-23サッカー代表は12日、ウズベキスタン・タシュケントにあるパフタコール・スタジアムで日本U-21代表と2022AFC U-23アジアンカップ8強戦を行って0-3で敗れた。

この日の敗北で韓国は4強進出に失敗した。
一方、準決勝に進出した日本は開催国ウズベキスタンと決勝行きのチケットをかけて争う。

ゴールを放って勝利を導いた鈴木唯人は試合後、「韓国との対決だったのでモチベーション付与が上手くいった。必ず勝利し、手段と方法をどちらも総動員しなければならないと思った」として、「特別な心構えを持って臨んだ。そういう思いだけだった」と明かした。

これまで韓国は日本を相手に精神力で上回っているという評価があった。
だが日本はこの日、韓国を迎えてより積極的に試合に臨んだ。
激しいプレーでファールをしても、諦めずにシュートを試みた。
得点の状況でも日本選手の精神力が上回っているは明らかだった。



磐瀬が見たU-23アジアカップ韓日戦、「0-3のスコア疑問でした」
ベストイレブン



※一部要約

安山グリナースの日本人選手の磐瀬剛自身も、U-23アジアカップ韓日戦のスコアを見て驚いたと打ち明けた。

ファン・ソンホン監督が率いる韓国U-23サッカー代表は12日、2022AFC U-23アジアンカップ8強戦で日本に0-3で敗れた。
前半21分に鈴木唯人にFKゴールを奪われ、後半20分に細谷真大が追加ゴールを、後半35分には鈴木がペナルティボックス中央から左足シュートでチームの3点目を炸裂させた。

韓日戦0-3の敗北はサッカーファンに大きな衝撃をもたらした。
13日、安山グリナースと富川FCの試合が行われた安山ワ~スタジアムで磐瀬と会い、韓日戦の所感を聞いてみた。

磐瀬は「韓国U-23代表の選手の中で一緒にプレーした選手がいないのでよくわからない。けど私も0-3というスコアがなぜ出たのか疑問だった」として、「日本U-23代表はJリーグで先発でプレーする選手がほとんどだ。なので(韓国U-23の選手より)経験が少し多いのではないかと思う」として、所属チームでの出場経験が影響を及ぼした可能性があると分析した。



"大惨事発生"ファン・ソンホン号、"2歳若い"日本に0-3の屈辱…4強挫折
マイデイリー



※一部要約

韓国が日本を相手に無気力に大敗した。

ファン・ソンホン監督が率いる大韓民国U-23サッカー代表は12日午後10時、ウズベキスタン・タシュケントのパフタコール・スタジアムで行われた2022AFC U-23アジアカップ8強戦で日本に0-3で敗れた。
日本は今大会にU-21の選手で出場している。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング