カタールワールドカップ3月予選も霧散…6月にグループ別で一ヶ所開催
聯合ニュース



※一部要約

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散で中断された2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選は結局3月も開かれず、6月にグループ別で一ヶ所に集まった中で行われることになった。

大韓サッカー協会の関係者は18日、「AFCが3月に行おうとしていたカタールワールドカップアジア2次予選の試合も6月に延期することにした」と明かした。

AFCは我が国を含めた2次予選H組の国の協会代表者と前日に映像会議を開いてこのような決定を伝えた。

210218115013166a.jpg

AFCは16日と17日の両日、2次予選の8組と4組に分けて各国の協会代表者と映像会議をして、今後のワールドカップ予選の日程に関して協議した。

AFCによると8組中2組は3月に予定されている試合を行えるが、韓国が含まれているH組などの残り6組は最初から3月の試合開催が難しく、すべて6月に先送りすることにした。



コロナ19の余派、"ベント号"3月のワールドカップ予選も延期の可能性↑
ニュース1



※一部要約

新型コロナウイルス感染症(コロナ19))パンデミックの余波で、カタールワールドカップアジア地区2次予選は3月も行わるのが難しいものとみられる。

去年3月に延ばされていた試合は10月と11月にそれぞれ延期されたが、コロナ19の継続した拡散傾向で再びキャンセルされた。
結局、代表は去年にワールドカップ2次予選を行うことができなかった。

パウロ・ベント監督が指揮する韓国サッカー代表はアジア地区H組でレバノン、北韓、トルクメニスタン、スリランカと争っている。

"ベント号"は来月25日にホームでトルクメニスタンとホーム試合を行った後、30日にスリランカ遠征に発つスケジュールだ。
だが試合まで残り1ヶ月余りの状況でも、FIFAとAFCから試合開催についての明確な公示が出ずにいる。

コロナ19の影響で、国ごとに入国時10日から2週間の隔離をしなければならないのも大きな障害物に挙げられる。
現在、3月のAマッチまで40日余り残っている状況で、正常な試合開催は事実上容易ではないものとみられる。



3月のワールドカップ予選また後ろ倒しか…AFC、会員国のコロナ緊急調査
MBN



※一部要約

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の余波ですでに何度も延期されている2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選が3月も失敗に終わる見通しです。

大韓サッカー協会の関係者は今日(10日)、「AFCが最近、47の会員国に公文書を送り、各国のコロナ19の状況を報告して欲しいと要請してきた」として、「報告書の締切日が本日までなので、国内の防疫措置の状況をAFCに伝えた」と明かしました。

40ヶ国が5チームずつの8組に別れて行われる2022カタールワールドカップアジア地区2次予選は、2019年9月にはじまってチームごとに4~5試合を繰り広げた状況で、コロナ19により2019年11月を最後に全面的に中断された状態です。

去年3月に延期された試合が10月と11月に延期されてそれすらも失敗に終わり、とうとう2020年にはワールドカップ2次予選を行うことができませんでした。

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表(2勝2分け・勝ち点8・ゴール得失+10)はH組でトルクメニスタン(3勝2敗・勝点9・ゴール得失+3)、レバノン(2勝2分け1敗・勝点8・ゴール得失+2)、北韓(2勝2分け1敗・勝点8・ゴール得失+1)、スリランカ(5敗・勝点0・ゴール得失-16)と争っています。



ベトナムを倒そうとするタイ…日・西野監督、「最終予選に行く」
ベストイレブン



※一部要約

ベトナムメディア"VOH"が、タイ代表の目標はベトナム代表を倒すことだと強調した。
東南アジア最強の席をめぐってライバル意識が強い両チームは現在、2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選で激しく争っている。

状況はパク・ハンソ監督が率いるベトナムに有利だ。
ベトナムは勝ち点11でG組1位を走っているため最終予選直行が可能である。
一方、西野朗監督が率いるタイは3位に落ちた状況で、脱落のプレッシャーを受けている。

それでも西野監督は8日のタイメディアとのインタビューで、必ず最終予選に辿り着くという意志をあらわした。
西野監督は「チームが必要とする要素を満たす。最終予選に行くことも目標だ。それだけでなく、2021AFF(ASEANサッカー連盟)チャンピオンシップも念頭に置いている」と様々な大会で最善の結果を出すと強調した。

続けて西野監督は「新選手にチャンスを与えたかった。戦術面で大きな変化はないだろう。タイのスタイルは同一に維持される」と、今回のキャンプ招集リストにニューフェイスを多数呼んだのはタイの欠点を補完するためだと説明した。

西野監督は就任後、パク監督のベトナムをなかなか追い越せなかった。
その間にパク監督はワールドカップ予選とAFFチャンピオンシップ、SEAゲーム(東南アジア競技大会)で常勝疾走し、ベトナムの地位を高めた。
果たしてベトナムを越えるという目標を立てた西野監督が変わった姿を見せられるのか注目される。



[公式発表] "コロナ19事態"ついに女子サッカーオリンピック最終予選も延期
スターニュース




※一部要約

女子サッカー代表のオリンピック最終予選が、コロナウイルス感染症(コロナ19)の余波でついに延期となった。

大韓サッカー協会は28日、「3月6日と11日に予定されていた女子サッカー東京オリンピック最終予選プレーオフ(中国戦)について、コロナ19の影響によりどちらも4月以降に延期した」として、「今後の日程は事態の推移を見守って議論する予定」と明かした。

コリン・ベル女子サッカー代表監督が率いる韓国は、2020東京オリンピック進出をかけて中国と最終予選の2試合を行う予定だった。

当初は来月6日に龍仁市民体育公園で1次戦を行った後、3月11日にオーストラリア・シドニーで2次戦を行う予定だった。

だが最近のコロナ19拡散の余波で、龍仁市が開催不可を決めて結局4月以降に延期となった。
東京オリンピック女子サッカーの組み合わせ抽選は4月20日に行うため、その前に1・2次戦を行わなければならない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング