激怒したヨーロッパ組出身の中代表選手、「隔離だけで6回なのに我々を嘲弄するのか?」
OSEN



※一部要約

中国の直播ドットコムは26日、「中国サッカー代表のチャン・ユーニンが、自分たちを嘲弄する自国内の世論に怒った。彼は中国サッカー代表選手が無理な日程を消化していると主張した」と報じた。

今回の中国サッカー代表は2022FIFAカタールワールドカップ本戦進出に失敗した。
韓日共催だった2002ワールドカップ進出を除けば、ワールドカップ本戦の舞台を踏めずにいる。

特に今回のワールドカップ進出を狙っていた中国は、莫大な資金を投資して様々な選手を帰化させたが、結果は失望この上なかった。
10試合を行ってわずか1勝しかおさめず、勝ち点6(1勝3分け6敗)のグループ5位で予選を終えた。

唯一の1勝の相手は一段下と見ていたベトナム。
だが多くの帰化選手なしで出たベトナム遠征では逆に1-3で敗れたりもした。

特にコロナ以降、中国サッカーが自国リーグを最大限に閉鎖して代表の合宿練習を進めていたという点を考慮すれば、最悪の成績。

自然と中国内での世論も冷ややかである。
そのような雰囲気について、ヨーロッパ組出身の中国サッカー代表FWチャン・ユーニンは不満を吐露した。

SBVフィテッセ-WBA FC-ヴェルダー・ブレーメン-デン・ハーグを経て北京国安でプレーしているチャン・ユーニンは、自身の微博に「コロナ以降、中国サッカー代表が別個で隔離されたことだけで今回が6回目だ。今度は21日間海南で閉鎖される」とため息をついた。

続けて「我々は再び集まって練習するだろう。さらに、36度を越える高温で午前のウォーミングアップ練習をするだろう」として、「このような状況でも無知蒙昧な人々が我々を嘲弄するのは無知である」と不満を吐露した。



ファン・ウィジョ、フライブルク移籍説…市場価値95億ウォン
OSEN



※一部要約

ファン・ウィジョのフライブルク移籍説が提起された。

フランスメディアは31日、「ファン・ウィジョはボルドーに留まらないだろう。ドイツクラブの関心を集めている」として、「フライブルクは2023年6月にボルドーとの契約が満了するファン・ウィジョに移籍オファーをするだろう。ファン・ウィジョは過去の移籍市場でもマルセイユ移籍説で注目された選手」と報じた。

今シーズンのファン・ウィジョはボルドーの核心だ。
リーグアンで10ゴールを放ち、チーム内最多得点である。
リーグアンの歴史上、アジア選手歴代最多ゴール記録を作ったファン・ウィジョについて、様々なチームが関心を示している。

現在、ファン・ウィジョの市場価値は700万ユーロ(95億ウォン)と評価されている。



事実上の韓日戦?…パク・ハンソのベトナム、日本遠征で1-1
韓国経済TV



※一部要約

パク・ハンソ監督が率いるベトナムサッカー代表が日本遠征で貴重な引き分けをおさめ、史上初めて経験したワールドカップ最終予選の日程を終えた。

ベトナムは29日、日本埼玉の埼玉スタジアムで行われた2022カタールワールドカップアジア地区最終予選B組10次戦のアウェイ試合で、日本と1-1で引き分けた。

ベトナムは1勝1分け8敗、勝ち点4でB組6ヶ国の中で最下位に留まったままワールドカップ最終予選の日程を終えた。

ベトナムは本戦進出には失敗したが、中国を相手に歴史的なワールドカップ最終予選初勝利をおさめ、すでにカタール行きを確定している日本を相手にした最終戦で勝点を追加して有終の美を飾った。

1998年のフランス大会のときに初めてワールドカップ本戦の舞台を踏んだ日本は、24日のオーストラリアとのアウェイ試合に2-0で完勝し、7回連続本戦進出を確定していた。



中メディアの自嘲、「代表、ベトナム戦しか勝利なし…オマーンに勝つ力も、戦術の秘密もない」
ベストイレブン



※一部要約

落ちた自信が中国をグルグル巻きにしている。
最終戦を控えているが、有終の美を飾らなければならないという圧迫感が中国を苦しめている雰囲気だ。

中国は30日午前1時、オマーンを相手に2022FIFAカタールワールドカップ3次予選B組10ラウンドのオマーン戦を行う。
中国は9ラウンドでサウジアラビアを相手に1-1の引き分けをおさめたが、すでに脱落が確定して久しい。

中国メディアの新浪スポーツはオマーン戦を控えて、代表の現状を指摘した。

「中国はベトナムに苦労して勝利をおさめたことを除けば、9次戦までわずか一度も勝てなかった。オマーン戦で勝てば代表の再建に自信を吹き込める」

中国はオマーン戦の意味をこのように評している。
ワールドカップ本戦とは無関係の勝負だが、未来のために必ず勝たなければならないということを改めて強調している。
それでもオマーン戦への漠然とした不安は続いている。
新浪スポーツは「中国の戦術には秘密もない。高い確率でバックスリー(Back three)を使う。過去数年のオマーン戦の対戦結果を見れば、中国がある程度の優位を占めるのは事実だ。だが相手に勝つ絶対的な力はない。準備の過程で改善が必要」と冷静にコメントした。

B組の9試合を行った現在、中国は1勝3分け5敗で5位である。
算術的にはベトナムに捕まる可能性まで存在しており、そうでなくても本当に1勝でワールドカップ予選を締めくくるかもしれない。

中国がオマーンを相手に有意義な結果を出せるのか注目されている。
今より激しい非難の矢を避けるためにも、勝ち点3が必要な瞬間だ。



"Kimだけで5人?"…英メディア「韓国守備陣、解説者にとって"悪夢"」
エクスポーツニュース



※一部要約

ワールドカップで大韓民国の試合を中継する英語圏の解説者は、姓しか読まないなら守備陣で大きな混乱に陥るかもしれない。

英国メディアのデイリー・スターは26日、10回連続ワールドカップ本戦進出に成功した大韓民国サッカー代表について、ワールドカップの試合解説者が韓国守備陣の名前で悪夢を見ると伝えた。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は1月のAマッチ2連勝により、10回連続ワールドカップ本戦進出を早期に確定させた。
そして24日にソウルワールドカップ競技場で行われたイランとの2022カタールワールドカップアジア地区最終予選A組9次戦では、ソン・フンミンとキム・ヨングォンの連続ゴールにより2-0で勝ち、A組の首位に上がった。

韓国では主に姓名を一緒にして言うが、英語圏国家では主に姓を言う。
ソン・フンミンの場合は主に"ソン"、あるいは愛称で"ソニー(Sonny)"と呼ぶ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング