ボルドー監督「ファン・ウィジョまだ100%じゃない、無理させない」
ニュース1



※一部要約

フランスリーグアンのジロンダン・ボルドーの司令塔がFWファン・ウィジョの復帰を急がないと伝えた。

27日、フランスメディアのレキップによると、ウラジミール・ペトコビッチ監督はブレスト戦を控えて行われた記者会見で、ファン・ウィジョの体の状態に関する質問に「まだ100%じゃない」と語った。

足首とハムストリングの負傷でリーグ4試合連続で欠場したファン・ウィジョは、最近コンディションを引き上げてチーム練習に合流した。

ファン・ウィジョは負傷の余波で3週近く離脱し、"ベント号"の2022カタールワールドカップアジア地区最終予選の6・7次戦リストからも除外されていた。



ファン・ウィジョ、今度はハムストリング負傷…ベント号合流不透明
NEWSIS



※一部要約

フランスプロサッカーのリーグ1で活躍中のファン・ウィジョが足首に続いてハムストリングを負傷した。

フランスメディアのレキップは30日、「足首の負傷で24日のロリアン戦に欠場したファン・ウィジョが、31日のランス戦を前に再びハムストリングを負傷した」と報じた。

回復までに最小2週ほどかかるとみられ、来月7日のパリ・サンジェルマン戦にも出場できないと予想した。

ファン・ウィジョは今シーズン、リーグで4ゴール1アシストを上げてチーム内最多得点者としてボルドーの攻撃を導いている。

現地では11月のAマッチ休息期以降の復帰を期待している。

代表FWとして活躍中のファン・ウィジョの負傷は、韓国サッカー代表にとっても悪材料である。

パウロ・ベント監督は来月1日に11月のワールドカップ最終予選5・6次戦に出る招集リストを発表する計画だ。
核心攻撃資源を活用できないこともあり得る。

ベント号は11日にアラブ首長国連邦(UAE)、16日にイラクと対決する。



復帰してすぐ再び先発でプレーするって?
スポーツワールド



※一部要約

フランスプロサッカー・リーグアンのジロンダン・ボルドーの看板FWファン・ウィジョが、負傷から復帰してすぐ先発出撃する可能性が提起された。

ボルドーは19日午前4時、サンテティエンヌ遠征で2021~2022リーグアン6ラウンドを行う。
リーグ最下位のボルドーは勝利が切実である。

必勝を正照準しているだけに、ボルドーは最精鋭でチームを設ける見通しだ。
試合前に統計専門メディアのフースコアードドットコムが予想した先発リストによると、主戦FWであり昨シーズンのチーム内最多得点者であるファン・ウィジョがいる。

だがファン・ウィジョは最近、負傷に倒れてから復帰した。
負傷の理由は筋肉の疲労がたまったからだった。
昨シーズン終了後に2020東京夏季オリンピックや9月のAマッチなど、タイトな日程を消化してたまった疲労のため、筋肉に痙攣が起きた状態だった。

休息を取った。
約2日間チーム練習から外れた。
戻ってきたファン・ウィジョはサンテティエンヌに備えた練習に参加した。
予定通り、迫るサンテティエンヌ遠征に出場する見通しだ。



ファン・ウィジョ、太ももの負傷で交代…ボルドーリーグ最下位墜落
国民日報

210913095802338.jpg

※一部要約

9月のAマッチ招集を終え、ボルドーに復帰して先発出場したファン・ウィジョが太もも内側の痛みを訴えて交代した。

ボルドーは12日、フランス・ボルドーのヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われたランスとのリーグアン5ラウンドのホーム試合に2-3で敗れた。
この日の敗北でボルドー(勝ち点2)は開幕5試合(2分け3敗)で勝利を得られず19位から"最下位"に墜落した。

前半に運動量が多かったファン・ウィジョは、後半10分のスプリント直後に右ふくらはぎの痙攣で倒れてから何とか立ち上がった。

マンガスの得点でチームの雰囲気が上がろうとしている状況でファン・ウィジョが再びグラウンドに倒れた。
ファン・ウィジョは後半18分に太もも内側に痛みを感じて自らグラウンドに倒れ、結局それ以上プレーできずに後半19分ジミー・ブリアンと交代した。

210913095802338a.jpg



"結局残留?"ファン・ウィジョ、トレード相手の移籍拒否でスポルティング移籍霧散
フットボールリスト



※一部要約

今夏のファン・ウィジョの移籍が実現しない確率が高まった。

移籍市場の締切日である1日、ボルドーのニュースを専門に扱うSNSアカウントの"ジロンダンインフォ"は「ファン・ウィジョは今夏ボルドーに残留する。ファン・ウィジョとボルドーは1200万ユーロ(約164億ウォン)に達するスポルティングのオファーを受け入れたが、取引の一環だったスポルティングのウインガーであるジョヴァネ・カブラルが最後の瞬間にボルドー行きを断って移籍が失敗に終わった」と伝えた。

移籍市場最終日を前にフランスメディアのレキップなど、現地メディアを通じて名前のわからないクラブがファン・ウィジョ獲得のため1200万ユーロのオファーをしたという事実が伝えられたが、ジロンダンインフォが伝えた便りによると当該のクラブはポルトガル・プリメイラ・リーガのチャンピオンであるスポルティングだったものとみられる。

報道によると、ファン・ウィジョはUEFAチャンピオンズリーグに出場できるスポルティング行きに肯定的だったという。

ファン・ウィジョは9月の2022カタールワールドカップ最終予選1・2次戦を行うため、先月31日に韓国に帰国した。
移籍市場の締め切り期限内に新たな行き先があらわれなければ、2日のイラク戦と7日のレバノン戦を消化してからボルドーに復帰する見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング