ソク・ヒョンジュンの父親「フランスに帰化しても韓国に戻って兵役履行」
聯合ニュース



※一部要約

兵役義務を履行しなかったサッカー選手ソク・ヒョンジュンの父親ソク・ジョンオ氏が2日、「息子はクラブの要求でフランスの市民権を取ることになっても、その後必ず韓国に戻って兵役義務と法的責任を負う」と語った。

ソク氏はこの日、聯合ニュースとの通話で「息子はわざと兵役を履行しないのではなく、クラブとの契約期間を守り、運動ができるところまでするためにフランスに残っている」としてこう語った。

ずっと海外リーグでやってきたソク・ヒョンジュンは2019年6月に兵役法違反の疑惑で告発され、最近では兵務庁を相手にした行政訴訟で敗訴した。

2019年にすでにパスポートが無効化されたソク・ヒョンジュンは、その前に受けた就労ビザを根拠に現地に留まっているという。

そんな中、最近フランスのある地域メディアはソク・ヒョンジュンがフランス帰化を推進中だと報じて大きな論難が起きた。



ソク・ヒョンジュン、"兵役忌避"でパスポート無効化…帰国時に処罰および兵役義務
マネーS



※一部要約

兵役忌避の疑惑を受けているサッカー代表出身ソク・ヒョンジュンのパスポートが無効化された。

チョン・ソクファン兵務庁長は28日、国会国防委員会に出席してそのような事実を伝えた。
チョン庁長はキム・ビョンジュ共に民主党議員の関連質問に対して「ソク・ヒョンジュンは兵役法上、国外旅行許可義務を違反した兵役忌避者」として、「外交部でパスポート無効化の措置を取った」と答えた。

合わせてチョン庁長はソク・ヒョンジュンの現状について「2019年6月に刑事告発が成立し、現在海外に滞在していて起訴中止の状態」と説明した。
だが「帰国すれば刑事処罰の後で兵役義務を履行しなければならない」と付け加えた。

ソク・ヒョンジュンは2016年のリオオリンピック代表リストに入った。
だが当時、代表がメダルを獲ることができなくて兵役特例の機会を逃した。
その後はずっと海外で選手として活躍して帰国せず、兵役忌避者リストに上がった。

チョン庁長はこの日、「ソク・ヒョンジュンは代表選手にまでなった公人」として、「まだ機会があるので早く帰国して処罰を受け、兵役義務を履行するのが道理」と明かした。



"ボルドー破産"ファン・ウィジョ、マルセイユ行きの可能性?…「ベネデット去れば!」
インターフットボール



※一部要約

フランスのジロンダン・ボルドーで絶頂のゴール感覚を見せているファン・ウィジョがオリンピック・マルセイユとリンクされた。

フランス"lephoceen"は28日、「ボルドーが財政的な危機を迎えた。緊急の状況を処理するために選手団の整理は避けられない。様々な選手が売りに出されるとみられる中、マルセイユが関心を持つだけの選手が存在する」と伝えた。

ボルドーは23日、クラブのチャンネルで「コロナ19とメディアプロ(リーグアン中継業者)の撤退でフランスのサッカークラブは大きな財政的打撃を受けた。昨シーズンのリーグ中断による収入減少に続き、再び財政的な困難に直面することになった」と公式発表した。

同時に「クラブの大株主であるキングストリートがこれまで4600万ユーロ(約620億ウォン)ほど支援してきたが、これ以上クラブに財政的な支援をしないと明かした」として、「よって臨時代表を選任した。ボルドー会長はボルドーを裁判所に回付して保護することに決めた」と知らせた。

ボルドーは成績も良くない。
リーグ終了まで4試合を残している状況で10勝6分け18敗(勝ち点36)の16位に位置している。
降格プレーオフ圏の18位ナントとは5点差に過ぎない。
最近5連敗を記録しているだけでなく、13試合で1勝しかおさめられなかった。

そのような状況で"エクソダス"が予想されている。
メディアは「マルセイユが安い移籍金でボルドーの選手を獲得するかもしれない」として、注目の選手にヤシン・アドリやファン・ウィジョらを選んだ。

特にファン・ウィジョについては「ファン・ウィジョは今シーズンにリーグで11ゴールを記録した。マルセイユの最前方FWダリオ・ベネデットが去るなら獲得するかもしれない。ファン・ウィジョは左右のサイドを行き来して興味深い役割を与えられるだろう」と伝えた。



負傷回復のソク・ヒョンジュンがフランス2部リーグ連続出場
MKスポーツ



※一部要約

ソク・ヒョンジュンが92日ぶりにフランスプロサッカー2部リーグで2試合連続出場した。

脹脛の筋肉の負傷で11試合・72日間戦力から離脱していたブランクを埋めている。
ソク・ヒョンジュンは10日と17日、フランス2部リーグの32・33ラウンドの試合でパリFCとカーンを相手に交代投入されて13・17分を消化した。

ソク・ヒョンジュンは2020年12月17日、兵務庁の兵役義務忌避者リストに入ると国外旅行期間延長許可拒否の処分取り消し訴訟を起こしたが、2021年2月5日に棄却された。

2016-17シーズン後半期にハンガリー1部のブレツェニで活躍していた当時、永住権を取得したのも兵役忌避の試みではないかという批判を受けている。
兵務庁はソク・ヒョンジュンを海外不法滞留者と規定、外交部にパスポートの無効化を要請した。



"970億→533億"ソン・フンミンの身代金、3ヶ月間で45%"急落"
スターニュース



※一部要約

ソン・フンミンの市場価値が3ヶ月間で最大400億ウォンほど減ったと評価された。

FIFA傘下の国際スポーツ研究センター(CIES)はソン・フンミンの現在の身代金を最低4000万ユーロ(約533億ウォン)から最高5000万ユーロ(約667億ウォン)と分析した。

CIESは選手の年俸や契約期間、競技力、クラブの経済状況など8つの要素を分析して選手の市場価値を推算する。

1月でもソン・フンミンの市場価値は7280万ユーロ(約970億ウォン)で全体選手のうち51番目に高かったが、533億基準では3ヶ月で何と45%も急落したわけである。

一方、イ・ガンインの身代金は2000万ユーロ(約267億)~3000万ユーロ(約400億ウォン)と評価され、去年11月の1560万ユーロ(約207億ウォン)と比べて評価が上がった。

一方、アーリング・ハートランドの現在の身代金は1億5000万ユーロ(約2000億ウォン)から最高2億ユーロ(約2670億ウォン)で最も高かった。

キリアン・ムバッペの市場価値は最高1億5000万ユーロ、ハリー・ケインは最高9000万ユーロ(約1200億ウォン)だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング