「イ・ガンイン、久保と一緒ならさらに良くなる…マジョルカに朗報!」
インターフットボール



※一部要約

イ・ガンインと久保建英への期待が非常に大きい。

両選手はシーズン序盤に少し呼吸を合わせたが、久保が負傷してしばらく一緒にプレーする絵を見られなかった。
久保がいない間にイ・ガンインは着実に出場機会を得たが、チーム成績は良くなかった。
勝利が切実だったヘタフェ戦で久保は、0-0だった後半13分に交代して2ヶ月あまりぶりにマジョルカの試合をした。

久保が復帰してイ・ガンインとマジョルカの攻撃を導くことになった。
イ・ガンインはシュート3回、キーパス3回、パス成功率85.7%、ドリブル成功2回、クロス5回などを上げて活躍した。
久保はまだ体を上げられていない様子だった。
動きやショートパスは俊秀だったが威嚇的な姿はなかった。
ヘタフェのプレスに押されてボールをまともに持てなかった。

マジョルカはこの日も0-0で引き分けて7試合勝利を手にすることができなかった。
マジョルカが5分け2敗を記録している間に順位は墜落した。
序盤に突風を見せたマジョルカは現在、勝ち点16で14位に留まって下位圏をさまよっていることろだ。
もうシーズン中盤に入る時点なので、さらに下へ落ちないようするには反騰が切実である。

イ・ガンイン、久保がマジョルカ反騰の鍵になる見通しだ。
スペインのマルカは「久保の復帰はマジョルカにとって非常に良いニュースだ。発展の可能性が高い彼は試合感覚を取り戻すために努めなければならないだろう。イ・ガンインも久保と一緒なら今よりさらに興味深いシーンを多く作る可能性が高い。イ・ガンイン、久保の活躍がマジョルカのシーズン成績を左右するのは明らか」と言及した。



イ・ガンイン、「久保、期待した通り…復帰すれば互いに助けとなる」
OSEN



※一部要約

イ・ガンインが2001年生まれの同年齢の同僚、久保建英への称賛を惜しまなかった。

11日、日本の"ゴールドットコム"は韓国代表のMFイ・ガンインがスペインの"POOVT"とのインタビューで日本代表の久保に言及したと伝えた。

イ・ガンインと久保は韓国と日本を代表する未来の才能という点でライバルの構図が形成された。
イ・ガンインは中央MFで活躍してプレーメーカー性向を持つ。
スピードのある久保は主にサイドでプレーしてもう少し攻撃的性向を持っている。

イ・ガンインは膝の負傷で9月から戦力離脱している久保について「チームメイトになる前の幼い頃から争ってきた」として、「久保はとても素晴らしい選手で、今一緒に練習してみて期待した通りの選手だった」と讃えた。

続けて彼は久保について「一対一もシュートもすべて優れた技術を持っている。今は負傷中だが復帰したら互いに助けることができるだろう」と期待感をあらわした。

マジョルカでのシーズン目標についてイ・ガンインは「できるだけ上位圏に入っていくことが目標で順位を上げているところ」として、「練習で良ければ結果にあらわれる。負傷者が戻ってくればレベルも、結果も向上するだろう」と楽観した。



久保にイ・ガンインのユニフォームを差し出した韓国ファンのサイン攻勢、反応は?
ベストイレブン



※一部要約

RCDマジョルカでイ・ガンインとともにプレーしている日本代表FW久保建英が、イ・ガンインのユニフォームを差し出してサインを求めた韓国ファンにとても親切な対応をした。

マジョルカは21日の公式ユーチューブアカウントで、チーム練習を終えた久保とある韓国人ファンの出会いが入った少し短い映像を公開した。
映像を見ると、ピッチを離れる久保にある男性が日本語で「久保選手のビッグファンです」と対話を試みていた。
マジョルカの公式ユーチューブアカウントによると、この男性は韓国人でイ・ガンインを見るためにマジョルカの練習場を訪れたとみられる。

自分のビッグファンだという男性に近づいた久保は日本語で「ありがとうございます」と応じて、この男性は写真とサインを貰っても大丈夫かと尋ねた。
久保は「もちろんです」と答え、この男性は久保と一緒に自撮りした。
そしてサインを貰うユニフォームを差し出したが、興味深いことにイ・ガンインのユニフォームだった。

この男性はきまり悪そうに「すみません。イ選手のユニフォームにできるでしょうか」と尋ね、久保は「大丈夫です」と快く答えてイ・ガンインのユニフォームの背番号の部分にサインした。
この男性は「近いうちにバレンシアに行きます。あなた(久保)のユニフォームもすぐ買います」と言い、久保は「ありがとうございます」と答えた。



イ・ガンイン、久保の"バックアップ"をしにマジョルカに行ったわけじゃないのに…後半44分久保と交代投入
メディアペン



※一部要約

イ・ガンインがやや自尊心の傷つけられるかもしれない体験をした。
試合がほとんど終わろうとする後半終盤に交代出場したのだが、同年齢の日本人・久保建英の代わりに投入された。

イ・ガンインは19日夜、ビジャレアルとのスペイン・ラ・リーガ5ラウンドのホーム試合に先発除外され、後半44分に交代でグラウンドを踏んだ。

マジョルカ移籍後2試合連続の交代出場だった。
先の12日、4ラウンドのアスレチック・ビルバオ戦でイ・ガンインは後半27分に交代投入され、20分あまりプレーしてマジョルカデビュー戦を行なった。

この日もやはりベンチから始めたイ・ガンインは、0-0で拮抗した均衡の続く後半44分に出場機会が与えられた。
先発で出た久保が外れて、代わりにイ・ガンインが入った。

イ・ガンインは移籍してからあまり経っておらず、チームに適応する時間が必要で先発のチャンスを得られなかった。
交代だけでも2試合連続で出場したのは意味があるが、正規時間がすべて過ぎた状態で久保の代わりに投入されたのは、国内ファンにとっては苦々しい。

この日、イ・ガンインは追加時間まで6分あまりプレーしたが、何かを見せるには時間があまりに短かった。
試合はそのまま0-0の引き分けで終わった。



イ・ガンイン屈辱の交代、ビジャレアル戦後半45分に日久保の代わりに投入
スターニュース



※一部要約

イ・ガンインがほろ苦い交代の生贄になった。

イ・ガンインは19日午後9時、ビジャレアルとの2021~2022スペイン・プリメーラリーガ5ラウンドで後半45分に交代でグラウンドを踏んだ。

移籍後2試合連続でベンチから始めたイ・ガンインは、拮抗した0の均衡が続く状況でもなかなか交代カードとして活用されなかった。

イ・ガンインは後半43分にサイドラインで交代を準備した。
そして正規時間がすべて経った後半45分にグラウンドに投入された。
交代対象はこの日4試合連続で出場した同年齢の日本人アタッカー久保建英だった。
イ・ガンインにとってはやや苦い交代の瞬間でもあった。

交代投入の直後にCKを蹴ったイ・ガンインは、その後チームの右サイドに布陣してチャンスを伺った。
だが与えられた時間があまりに短かった。
結局、6分の追加時間でイ・ガンインはこれといった存在感を見せられないまま惜しくも試合を終えた。
結局、この日両チームの試合は0-0で幕を下ろした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング