日久保、ヘタフェ生かした感激のリーグ1号ゴール
スポーツ京郷



※一部要約

日本の若い血である久保建英が感激のリーグ初ゴールを決めた。

久保は17日、スペインのラ・リーガ37ラウンドのヘタフェ遠征試合に1-1で拮抗していた後半39分に決勝ゴールを決めた。
後半30分に交代で入って9分目にチームの勝利を決めるゴールを決めた。
久保はドリブル突破からペナルティボックス付近で左足の強烈なシュートによりゴールを割った。
長い沈黙を破る1号ゴールだった。

久保のゴールで貴重な勝利をおさめた16位ヘタフェは勝ち点37を積み、降格圏の18位エルチェ(勝ち点33)との差を広げて1部残留の可能性を高めた。(※残留確定)

久保の今シーズンは険難ばかりだった。
レアル・マドリード所属の久保は今シーズン、ビジャレアルを経てヘタフェにレンタルされたが、出場機会をあまり掴めなかった。
2チームでリーグ30試合をプレーしたが、先発は9試合に終わった。
1試合あたりの出場時間は34分に留まった。

だがこの日、後半に交代投入されて決定的なゴールでチームを救い、一歩遅れて1号ゴールに成功して再躍進の足場を用意した。



「バレンシア、モウリーニョ監督と接触」西メディア…イ・ガンインと同じ釜の飯の可能性
OSEN



※一部要約

ジョゼ・モウリーニョ監督がイ・ガンインの師匠になる可能性が提起された。

チームトークは20日、「スペイン・プリメーラリーガのバレンシアがジョゼ・モウリーニョ監督と接触した。モウリーニョ監督はトッテナムから更迭されたが、すぐに現役復帰する可能性が高い」と報じた。

モウリーニョ監督は更迭された後、「私は常にサッカー界にいる。休息は必要ない」と監督生活を続けるという意志を隠さなかった。

スペイン現地メディアは「モウリーニョ監督が1年5ヶ月でトッテナムを去った。トッテナムは今シーズンのヨーロッパリーグとFAカップから脱落した。リーグでの成績もあまり良くない。だがモウリーニョ監督は近いうちに復帰できるものとみられる」として、「バレンシアのクラブオーナーであるピーター・リムがモウリーニョの合流を狙っている。ピーター・リムはモウリーニョ監督がレアル・マドリードを指導していたときから知り合いでよく付き合っているという」と説明した。

もしモウリーニョ監督がバレンシアに合流することになれば、ソン・フンミンに続いてイ・ガンインを指導することになる。
イ・ガンインはグラシア監督の不安定な出場機会付与に不満がいっぱいだ。
バレンシア残留の意志がない。
もしモウリーニョ監督が就任するなら、新たな反転の機会を持つ可能性も十分である。



イ・ガンインのユベントス移籍説でロナウドが言及された理由
スポーツワールド



※一部要約

スペインプロサッカー・プリメーラリーガのバレンシアMFイ・ガンインが最近、イタリアの名門ユベントス移籍説に包まれた。
この過程でクリスティアーノ・ロナウドが取り上げられた。

イタリアメディア"カルチョ・メルカート"は最近、イ・ガンインのユベントス行きに言及した。

すぐに主戦争いをするのは容易ではないため、2シーズンほど他チームにレンタル移籍して技量を積んだ後、ユベントスの一員としてプレーするというかなり具体的な内容も付け加えた。

イ・ガンインは最近、バレンシアで主戦としてプレーできずにいる。
もっと多く出場して才能を満開させようとしているイ・ガンインは、移籍に重きを置いている。

契約満了も近づき、バレンシアよりはイ・ガンインのほうが有利な状況だ。
ユベントスが積極的に動けば、移籍説は単なる噂ではなく実際に行われる可能性が高い。

現実になるよう、ホルヘ・メンデスが動くというニュースである。
イ・ガンインのユベントス移籍説でロナウドが言及された背景だ。
メンデスがロナウドのエージェントだからである。

イタリア"スポルトメディアセット"は2日、「メンデスがイ・ガンインを連れてくる」として、イ・ガンインがユベントスに行くためにメンデスが力になる予定だと示唆した。



イ・ガンインは絶望、久保は屈辱…2人の2001年生まれの"苦い週末"
スターニュース



※一部要約

イ・ガンインは頭を下げ、久保建英は屈辱を経験した。
韓国と日本を代表する2人の2001年生まれのスターにとって、先週末のラウンドは憂鬱な日として残ることになった。

イ・ガンインは監督の理解できない決定のせいで絶望に陥るしかなかった。
舞台は13日のスペイン・バレンシアのエスタディオ・シウダ・デ・バレンシアで行われたレバンテとのスペイン・プロサッカー・プリメーラリーガ27ラウンドだった。

スタートは良かった。
この日、イ・ガンインは先発ラインナップに名前を上げた。
最近4試合連続の先発出場だった。
しかも舞台は地元のライバルとのバレンシアダービーだった。
バレンシアの攻撃の中心に立ったイ・ガンインに多くの関心が集まった。

だがチームが0-1でリードされていた後半18分、イ・ガンインが一番最初に交代させられた。
この日、イ・ガンインはパス成功率(83%)とドリブル成功回数(3回)のどちらもチーム内で2番目に高かった。
理解し難い決定だった。

交代させられたイ・ガンインの表情も酷く固まっていた。
グラシア監督が差し出した手も無視したまま、すぐにベンチに座った。
その後、イ・ガンインは頭と顔を両手で覆ったままうなだれた。
10分以上絶望に陥っている様子だった。



"不意に失業者"本田、身代金爆弾セール「1ビットコインさえくれればプレーします」
スターニュース



※一部要約

「1ビットコインさえくれればプレーします」

不意に"無所属"になった日本サッカーの伝説・本田圭佑がセルフ広報に乗り出した。
ポルトガルリーグのポルティモネンセと結んだ移籍契約がキャンセルされたためだ。
締切期間を過ぎて判を押したことが明らかとなった。

本田は13日、ポルティモネンセとの契約が破棄されたという内容を自身のSNSで共有し、「1ビットコイン。これだけでプレーする」と上げた。

本田は昨シーズン、ブラジルリーグのボタフォゴFRでプレーしていた。
12月にこのチームとの契約を解除した後、自由契約の身分でポルティモネンセと手を握った。

だがポルトガルリーグでは移籍金なしに自由契約で入団した場合、10月から無所属の身分を維持しないと選手登録ができない。
本田は12月までボタフォゴ所属だったため、今シーズンのポルトガルリーグに登録できない。

本田が急いでブラジルを去ろうとして、規定を几帳面に見てなかったと分析されている。

1ビットコインでプレーするという言葉は、それだけ本田が差し迫った状況だという意味に見える。
フットボールチャンネルは「1ビットコインは約500万円(約5000万ウォン)だ。本田級の選手の年俸なら破格的に安い。実際に契約をビットコインでするかは未知数だが、新たな行き先が気になる」と眺めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング