[オフィシャル] "降格圏"マジョルカ、イ・ガンイン連れてきたガルシア監督更迭
スポータルコリア



※一部要約

マジョルカは23日、公式チャンネルで「ルイス・ガルシア監督が指揮棒を下ろす。クラブはこれまで見せてきた彼の献身に謝意を表する。今後の幸運を祈る」と更迭を発表した。

ガルシア監督は2020/2021シーズンからマジョルカを指揮した。
彼はマジョルカのラ・リーガ昇格を導いて指導力を認められた。
今シーズン序盤も勢いは続いた。
マジョルカは最高のリーグでも競争力を示した。
だが最近6連敗に陥って18位まで墜落し、最終的にガルシア監督との同行を終えた。

ガルシア監督は昨夏の移籍市場でイ・ガンインを連れてきた人物である。
もちろんイ・ガンインの最近の出場時間は凸凹していたが、シーズン当初は着実に機会を与えていた。
これから来る監督の指向によってイ・ガンインの立場にも変化がある見通しだ。





久保の切実なアピール「レアル・マドリードがチャンスをくれるなら」
スポータルコリア



※一部要約

日本サッカーの有望株・久保建英はレアル・マドリードが元の所属チームだが、3シーズンでレンタルだけしている。
久保の目標は今やレアル・マドリードの堂々たる一員になることだ。

久保はレアル・マドリードが期待するカードである。
スペイン・ラ・リーガ適応のためにマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェにレンタルされてプレーできるようにして、今シーズンに再びマジョルカで過ごしている。
競技力もしばしば発揮する。
現在、マジョルカで20試合プレーして2ゴールを決めている。

久保の身分はレンタル選手であり、そろそろ来シーズンの計画を伺わなければならない。
実際、レアル・マドリードと久保のエージェントは、近いうちに会談して将来の話をすると発表された。

(※ヴィニシウスが二重国籍になるとみられ)状況は久保に有利に流れているが、シーズンで2ゴールの成績はやや惜しい。
そのためなのか、久保が1試合もプレーできずにレアル・マドリードを去ってボルシア・ドルトムントにレンタルされたブラジル選手ヘイニエルと一席をかけて争うだろうという否定的な予想もある。

久保もそれをわかっているのか、「私の目標はいつもレアル・マドリードの一員になることだった」として、「レアル・マドリードが私にチャンスをくれるならすべてを見せる」と意志を固めた。

折しも15日にレアル・マドリードを敵として相手にする。
これまで5回レアル・マドリードを相手にした久保は残念ながら攻撃ポイントがない。
久保は「全試合が重要だけど、レアル・マドリードを相手にするのはさらに特別」と覚悟を固めた。



4連敗に虚しい久保、「3ゴール決めても4失点で敗北…凄惨な結果」
インターフットボール



※一部要約

久保建英がチームの不振に失望感をあらわした。

レアル・マジョルカは7日午前2時30分、バライドス競技場で行われた2021-22シーズン・スペイン・ラ・リーガ27ラウンドで、セルタ・デ・ビーゴに3-4で敗れた。
この日の敗北でマジョルカは4連敗の不振に陥り、勝ち点26に留まって16位を維持した。

4連敗したマジョルカは降格圏の18位カディスと勝ち点2差しかない。
次のラウンドの結果によっては降格圏に墜落しかねない、絶体絶命に陥ったマジョルカだ。
弱り目に祟り目で、次の試合の相手は"1位"レアル・マドリードである。

試合後、インタビューに出た久保は心残りを隠さなかった。
久保は負傷からの復帰後、ガルシア監督がフォーメーションを変えてから着実に主戦で出ているが、明確な活躍をできずにいる。
今回の対戦でも大きな印象を残せないまま後半12分に交代させられた。

久保は「3ゴールを決めたが、4失点してとても複雑な心境になった。不可能な状況になり、結局我々は試合をダメにした」と語った。
続けて「成績はかなり良くないけど、進み続けなければならない。倒れることはできない。ファンのために早く頭を上げて、これから前進する必要がある。我々はもうレアル戦を準備する」と付け加えた。



中メディア「ウー・レイが"アジア"FWで3位」…ファン・ヒチャン-久保は?
MHNスポーツ



※一部要約

ある中国メディアが荒唐な主張を展開した。
ウー・レイが現在の東アジア選手で"3番目"の実力を持っているという話である。

中国メディアの"酷侃体壇"は報道を通じて、ウー・レイが東アジアのFWで"3位"だという評価を下した。

メディアは「ウー・レイは(東)アジアのFWの知名度順位でほぼ"3位"として差し支えない。知名度でソン・フンミン、南野拓実の次と言える」として、「実力で計算してもウー・レイは韓国と日本のスターに引けを取らない」とウー・レイを評価した。

だが"冷静に"彼らの主張を評価すれば、根拠のない話だということがわかる。

今シーズン、事実上の"余剰資源"に近い扱いを受けているウー・レイは14試合無得点に留まっており、コパ・デル・レイでも4試合1ゴール1アシストで"優れている"とは見られない活躍をしている。



"イ・ガンイン25分-久保決勝ゴール関与"マジョルカ、ビルバオ捕らえて2連勝…15位跳躍
フットボールリスト



※一部要約

マジョルカが久保建英の終盤の幸運なゴールで2連勝に成功した。

15日午前5時、スペイン・マジョルカにあるイベロスター・エスタディオでビルバオとラ・リーガ23ラウンドを行ったマジョルカが3-2で勝利した。
マジョルカは勝ち点26になって15位に上がった。




"交代出場"イ・ガンイン評点6.6、"90分"久保7…チームは3-2勝利
OSEN



※一部要約

イ・ガンインはパス成功率86%を記録して枠内シュート1回、ドリブル成功1回を記録し、キッカーとして2回のCKを処理した。
試合終了後、評点専門メディア"フースコアードドットコム"はイ・ガンインに評点6.6を与えた。

先発出場して後半45分に交代で外れた久保は、イ・ガンインより高い7の評点を受けた。
久保はこの試合で82%のパス成功率を記録して4回のシュート(枠内シュート0)、ドリブル成功1回、タックル成功2回と奪取3回に成功した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング