約束を破る海外組、Kリーグユースシステムの根幹が揺らぐ
ベストイレブン



※一部要約

ドイツ2.ブンデスリーガのダルムシュタットで活躍するペク・スンホの国内復帰推進でKリーグが騒がしい。
全北現代と交渉を進めている間に、水原三星がユース時代にペク・スンホ側と作った合意書が公開されたからだ。
この合意書の内容によると、ペク・スンホは国内の舞台に進出するとき、水原所属だけで復帰ができる。

ペク・スンホは2010年、水原U-15ユースのメタン中学入学を前に海外進出を打診した。
スペイン留学をするペク・スンホに、水原はクラブ次元で1年に1億ウォン、3年間で総額3億ウォンを支援して成長を手助けした。
支援を受けると同時に、その後のメタン高進学を約束したが、ペク・スンホがバルセロナユースに入団してそれも実現しなかった。
このときに作った合意書に"Kリーグ進出時の水原入団"という内容が含まれている。

2021シーズンにKリーグリターンを推進したペク・スンホは全北と接触した。
伝えられた通り、水原との事前協議や調整はなかった。
契約書の最終サインだけを残していたが、結局全北は一歩引いて水原に優先権を渡すことにした。

法的紛争まで予告した水原も、全北が契約を事実上放棄したことにより、ペク・スンホ側とまずは対話を通じて葛藤を解くことにした。
水原の関係者は「今は法的対応をする段階ではないと見ている。全北との契約が行われたわけではなく、全北も手を引いた状態だ。まずは選手側と会ってみなければならないだろう。クラブがどのように進められるかについては内部で検討中」と現状を明かした。



水原三星、"親企業法務チーム"と手を握ってペク・スンホとの法的紛争予告
インターフットボール



※一部要約

水原三星がペク・スンホとの問題を解決するため、親企業の法務チームに諮問を求めた。

ペク・スンホはソウルテドン小6年に在学中だった2009年10月、水原三星傘下のユースであるメタン中の入団に合意した。
だが2010年3月にスペインのFCバルセロナに留学する機会が訪れると、ペク・スンホ側は水原に支援を要請した。
水原は大乗的次元で3年間毎年1億ウォンずつ、合計3億ウォンを支援すると答えた。
ただしその条件は▲2012年12月31日以降にメタン高進学▲違反時に支援金の全額返還だった。
両者は合意書を作り、ペク・スンホはスペイン行きの飛行機に乗った。

水原はペク・スンホがスペイン現地にしっかり適応できるよう、現地の言語(カタルーニャ語)を勉強できるように支援した。
同時にバルセロナユースの練習場近くに家と車も与えた。
ペク・スンホの両親には生活費の名目で支援金も渡した。
当時、水原側は「韓国サッカー発展のため」という大きな絵を描いた。

現地に上手く定着したペク・スンホはバルセロナユースと5年契約を結んだ。
つまりメタン高進学が難しくなったのだ。
ペク・スンホ側と水原は2次合意書を作った。
"Kリーグ復帰時に形態と方法、時期を問わず無条件で水原入団を約束する"という条件だった。



中井、レアル2人目の日新星…「ラウルの視線を奪った」
ゴールドットコム



※一部要約

レアル・マドリードで久保建英の他に、別の日本有望株が地道に成長しているというニュースが伝えられた。

スペイン・ラ・リーガの名門レアルが念入りに育成中の日本サッカーの新鋭は中井卓大だ。
レアルは2014年に日本の幼少年の舞台で活躍中だった中井を獲得した。
レアルは当時、中国で行われた幼少年大会で彼が披露した技量に強烈な印象を受けてから招聘を決めた。
その後、中井はレアルの年代別チームを経て、現在18歳以下チーム(フベニールA)でクラブのレジェンドであるラウル監督の指導を受けている。

レアルのフベニールAで中井は"ピピ(Pipi)"という愛称で呼ばれている。
レアル・マドリードのニュースだけを専門的に扱うオンラインメディア"マドリディスタニュース"によると、ラウル監督は今シーズンに日進月歩した中井の技量に大きな印象を受けた。



"レアルに日有望株まだいる"17歳の中井、ジダン監督が呼んで1軍練習
スターニュース



※一部要約

スペイン・レアル・マドリードの有望株が貴重な思い出を積むものとみられる。
日本出身の中井卓大が1軍の先輩とともに練習できる機会を得た。

スペインのアスは13日、「レアルのフベニールB(U-18)所属の中井がジネディーヌ・ジダン監督の招請を受け、1軍選手と練習できる機会を得た」と伝えた。

2014年に10歳の年齢でレアルユースに入団した中井は最近、英国ガーディアンが選定した2003年生まれの最高有望株の1人に名前を上げた。
攻撃的才能を持つ選手で、正確なパスや速いドリブル、華やかな個人技を備えているのが特徴だ。
中央とサイドでプレーできる多才多能さも持っている。





"仁川は他と違うところ"…2年目、今や堂々とした2年目、成熟した"監督"キム・ジョンウ
ベストイレブン



※一部要約

選手時代に声もなく強いMFとして名を馳せた"骨ジョンウ"のキム・ジョンウ大建高監督が、2年目の指導者として体験する所感を伝えた。

2003年から2012年まで韓国サッカー代表の主軸MFとして活躍したキム・ジョンウ監督は去年、仁川ユナイテッドU18大建高の監督として現場に姿をあらわした。
キム監督は大建高の指揮棒を手にした新年、全国体育大会の高等部優勝とKリーグジュニアリーグ前後期でそれぞれ3位の成績を上げて、指導者としての芽を見せた。

大建高は14日から慶北の浦項市一円で行われている2020KリーグU18チャンピオンシップに参加中である。
主軸が負傷で大挙外れた大建高は、14日午後6時に行われた開幕戦で、富川FC1995U18に1-3で完敗した。
上位圏を狙う仁川にとってはPKだけで2ゴールを奪われるなど、やや心残りのある結果となった。

心残りがあるのはキム監督も同じだった。
キム監督は15日、大建高が宿舎に利用している浦項市内のあるモーテルのロビーで取材陣と会い「内容と結果とも非常に残念だ。コロナで運動場の使用が滞り、規格の小さい学校の運動場で練習するなど、上げていくのに難しさがあった。負傷の選手は試合でプレーできなかった」として惜しんだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング