蔚山FWヒンテルゼーア、ドイツ復帰…ハノーファー行き迫る
スポーツ東亜



※一部要約

Kリーグ1の蔚山現代の外国人FWルーカス・ヒンテルゼーア(オーストリア)がヨーロッパの舞台に戻る。
新たな行き先はドイツ・ブンデスリーガ2のハノーファー96と伝えられた。

ホン・ミョンボ蔚山監督は29日、仁川ユナイテッドとのKリーグ1・2021の28ラウンドホーム試合に先立だって行われた事前記者会見で、「ヒンテルゼーアがドイツに戻る。クラブ間の合意は終わってメディカルテストが進行中」と状況を伝えた。

オーストリア生まれのヒンテルゼーアはインスブルック、FCルステナウ、ファースト・ヴィエナFC(以上オーストリア)を経てドイツに移動、2015~2016シーズンからブンデスリーガの舞台を走った。
特に2017~2018シーズンにはボーフムのユニフォームを着て2シーズン活躍した。



"開始9分で"チョン・ウヨン、ドイツの舞台で初のマルチゴール爆発
ノーカットニュース



※一部要約

チョン・ウヨンがドイツ・ブンデスリーガで初のマルチゴールを炸裂させた。

チョン・ウヨンは28日、ドイツ・シュツットガルトのメルセデスベンツアリーナで行われたブンデスリーガ3ラウンドのシュツットガルトとのアウェイ試合で、9分で2ゴールを記録した。
フライブルクも3対2で勝利して2勝1分けの無敗行進を続けた。

初のマルチゴールまで9分で十分だった。

前半3分にクリスティアン・ギュンターのクロスを頭で受けて決めたチョン・ウヨンは、前半9分に相手GKがクリアしたボールをノンストップシュートで決めた。
チョン・ウヨンはフライブルクのクラブ史上最短時間マルチゴールを記録した。

2018-2019シーズンにバイエルン・ミュンヘン所属でブンデスリーガにデビューしてから初めて記録したマルチゴールである。



ファン・ヒチャン、ウォルヴァーハンプトンのユニフォームを着る!…27日最終決定
SPOTVニュース



※一部要約

ファン・ヒチャンがイングランド・プレミアリーグに挑戦する。

ヨーロッパサッカー界に精通している関係者は28日、「ファン・ヒチャンのウォルヴァーハンプトン行きが確定した。完全移籍の条件が含まれたレンタル方式で、近いうちにメディカルテストが進められる予定」と明かした。

ファン・ヒチャンは昨シーズンにライプツィヒのユニフォームを着た。
期待が大きかっただけに物足りなさも大きかった。
ファン・ヒチャンはリーグよりカップ大会で主に起用され、物足りなさの中で最初のシーズンを終えた。

新シーズンへの期待感は大きかった。
レッドブル・ザルツブルク時代をともにしたジェシー・マーシュ監督が就任したからだ。
なのでファン・ヒチャンも残留に重きを置いて新シーズンを準備した。

だがウォルヴァーハンプトンがファン・ヒチャンを望んだ。
着実に韓国選手に関心を示してきたウォルヴァーハンプトンが移籍市場の最後にファン・ヒチャン獲得を決めた。
最終的に獲得決定が決まったのが27日なので、わずか一日しか経っていない。



「ヴォルフスブルク、ファン・ウィジョ監督に大きな関心…サウサンプトンと競争」
ゴールドットコム



※一部要約

ドイツ・ブンデスリーガのヴォルフスブルクがファン・ウィジョ獲得に関心を持っているという報道が出てきた。
取り上げられているライバルチームはプレミアリーグのサウサンプトンだ。

ドイツの"フースバルトランスファー"は14日、「ヴォルフスブルクがファン・ウィジョの獲得にかなり関心がある」として、「移籍についての議論がすでに進行中だ。サウサンプトンもファン・ウィジョの獲得を検討している」と伝えた。

ファン・ウィジョは昨シーズンにジロンダン・ボルドーで12ゴールによりチーム内最多得点者になった。
ワイルドカードの資格で出場した2020東京オリンピックで4ゴールにより得点順位共同2位を記録した。

ヨーロッパで自分の価値を証明したファン・ウィジョをめぐって多くのチームの関心が続いている。
特にボルドーは財政難で主軸選手を売って収入を出さなければならない。
移籍対象にファン・ウィジョが取り上げられている。



マインツ、イ・ジェソン獲得発表…2024年まで契約
マイデイリー



※一部要約

イ・ジェソンがブンデスリーガ入りに成功した。

ドイツ・ブンデスリーガのマインツは9日、イ・ジェソン獲得を発表した。
イ・ジェソンはマインツと2024年までの3年契約を結んだ。
ドイツ・ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールで3シーズン活躍し、104試合に出場して23ゴール25アシストを記録したイ・ジェソンはブンデスリーガ(※1部)の舞台に進出することになった。

イ・ジェソンは「マインツ入団によりブンデスリーガで活躍する夢が叶った。チームが多くの試合で勝利するのを助けたい」という所感を伝えた。

マインツのスヴェンソン監督は「イ・ジェソンはブンデスリーガ2部で最高の選手の1人で、数年間着実に活躍してきた。技術と情熱が優れている選手」と期待感をあらわした。

マインツは昨シーズンのブンデスリーガで12位を記録し、来月15日にファン・ヒチャンの所属チームであるライプツィヒを相手に2021-22シーズンのブンデスリーガ開幕戦を行う。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング