"日本のキム・ミンジェ"冨安、セリエA"唯一"全試合フルタイムの鉄人になった!
スターニュース



※一部要約

日本代表DF冨安健洋が今シーズンのセリエAで唯一、全試合フルタイムを消化した選手になった。

冨安は21日に行われたサッスオーロとの2020~2021シーズン・セリエA23ラウンドに右SBとして先発出場し、フルタイムを消化した。
冨安は今シーズンのセリエA23ラウンドを無交代フルタイム消化の行進を続けた。

イタリアメディアのガゼッタ・デロ・スポルトによると、23ラウンド前まで交代なしでフルタイムを消化していたセンスは、リーグを合わせて冨安とカミル・グリクしかいなかった。
だがグリクが22日のASローマ戦で後半12分に退場し、冨安が唯一のフルタイム消化選手になった。

冨安は今シーズン、ボローニャで中央とサイドを行き来して着実に出場している。
ボローニャも6勝7分け10敗で悪くない12位を守っている。
選手交代カードを5枚まで使えるが、冨安は一度も交代されられたことがない。

冨安は日本のキム・ミンジェという別名を持っている。
年齢も20代初中盤で似ているだけでなく、身体条件も優れている。
両選手とも今後10年間で代表の守備ラインを担うべきDFという評価だ。
大きい身長に優れた走力を持っているという点もやはり似ている。

2018年1月に日本のアビスパ福岡からベルギーのシントトロイデンに移籍した冨安は、着実に試合でプレーしてヨーロッパで経験を積んだ。
2019ね6月にボローニャのユニフォームを着て、いつの間にかチームの主軸DFとしての地位を確立した。



ミュンヘン、フランクフルトに1-2の敗北…2位ライプツィヒと5点差
スポーツ京郷



※一部要約

ドイツ・ブンデスリーガの独歩的な"1強"バイエルン・ミュンヘンが久しぶりに敗北を喫した。

ミュンヘンは20日、ドイツ・フランクフルトのコメルツバンク・アレーナで行われた2020~2021ドイツ・ブンデスリーガ22ラウンドのフランクフルトとの試合に1-2で敗れた。
ミュンヘンが敗れたのは、先月9日のメンヘングラッドバッハとのリーグ戦に2-3で敗れてから約1ヶ月ぶりである。

ミュンヘンの優勢が予想されていたのとは異なり、前半11分にフランクフルトがまず先制ゴールを決めて機先を制した。
フィリップ・コスティッチが中央に出したパスを鎌田大地がシュートに繋げ、ミュンヘンのゴールネットを揺さぶった。

その後、ミュンヘンがなかなか挽回ゴールを炸裂させられない間、フランクフルトがもう一歩逃げた。
前半30分に鎌田が左サイドからアミン・ユネスにパスを渡し、これをユネスが受けて中央にスッとドリブルしてからシュートに繋げ、ゴールを炸裂させた。

結局無得点で前半を終えたミュンヘンは、後半7分にロベルト・レバンドフスキのゴールで追撃を始めた。

ミュンヘンは地道に攻勢を浴びせて同点ゴールを狙った。
だがボールは続けてゴールに嫌われ、結局これ以上の得点を上げられずに頭を下げた。



[単独] Kリーグ全北、ダルムシュタットのペク・スンホ獲得打診
韓国日報



※一部要約

プロサッカーKリーグ1の全北が、ドイツ2部ブンデスリーガのSVダルムシュタットでプレーするMFペク・スンホ獲得の可能性を打診している。
選手本人にとっても出場機会の確保や今後の軍問題の解決、代表での活躍などを考慮したとき、Kリーグ入りは良い選択肢になるという評価で、実際に入団に繋がのか関心が傾く。

Kリーグの移籍市場に詳しい関係者は3日、「全北がペク・スンホ獲得を打診中」として、「可能性はかなり開かれていると見ている」と伝えた。
去年までに4年連続してKリーグ1で優勝した後、キム・サンシク監督体制で新たに出発する全北は、ペク・スンホが望むならとりあえずレンタルでの獲得をまずは考慮するという雰囲気だ。
全北の高位関係者は「まだ獲得について具体的な話が行き来したことはなく、選手本人が望めば入団の可能性を打診してみるというレベル」と伝えた。

ペク・スンホが全北のユニフォームを着ることになれば、国内クラブでの第一歩となる。
キム・ハクボム監督が率いる東京オリンピック代表の最終リストに入るためには、ひとまず所属チーム内での出場比重を上げなければならないという課題を抱えて言うr。
東京オリンピックがキャンセルされたり再延期されれば、25歳になる来年の杭州アジア大会にワイルドカードとしてしか出場できず、今後の金泉尚武入隊のシナリオを考えると、国内入団はかなり現実的な選択だというのが移籍市場関係者の話である。

ペク・スンホはスペインで5年以上居住して永住権を取得したことがあるが、兵役問題は正常なルートで解決して韓国代表として活躍するという意志が非常に大きいという。
ただし今後の年俸交渉、一歩進んで合流した場合の2週間の自宅隔離などにより、シーズン序盤の適応が容易ではないかもしれないという点は負担に挙げられる。
Kリーグの移籍市場の締切は3月31日までである。



「冨安、ロナウドをしっかり防いだ…名声通りだ」伊賛辞
スポータルコリア



※一部要約

イタリアメディアがボローニャ所属で日本代表のDF冨安健洋に賛辞を送った。

冨安は2019年7月にベルギーのシントトロイデンを去ってボローニャ入りした。
昨シーズン、リーグ29試合(1ゴール)に出場して直ちに主戦を奪った。
今シーズンも19試合(2ゴール)に出ている核心資源だ。
中央守備はもちろん、サイドまで消化できるマルチ資源だ。

冨安は24日、強豪ユベントスとのリーグ19ラウンドに先発出場してフルタイムを消化した。
チームは0-2で敗れたが、得点首位のクリスティアーノ・ロナウドをギュウギュウに縛った。

これを見守ったイタリア"コリエレ・ディ・ボローニャ"は25日、「冨安はユベントスを迎えてCBでプレーした。後半には右SBを引き受けた。すでにヴェローナ戦で完璧に近い性能を見せて高い評価を受けた」として、冨安にGK Lukasz Skorupski (8.5点)に続いて2番目の6.5点で悪くない評点を与えた。

"コリエレ・デッロ・スポルト"もやはり「冨安は名声通りだった。中央守備とサイド守備を分け隔てずに個性あるプレーを繰り広げ、スキができれば攻撃にも積極的に加担した。利口にロナウドをマークした」と好評した。



ファン・ヒチャンはライプツィヒに残る…監督が移籍反対
MKスポーツ



※一部要約

ファン・ヒチャンは1月の移籍市場で残りシーズンを他チームにレンタルされることを望んだが、ユリアン・ナーゲルスマン監督の反対にあった。

ナーゲルスマン監督は28日、2020-21ドイツプロサッカー1部リーグ19ラウンドのホーム試合D-2記者会見で「ファン・ヒチャンは1月にライプツィヒを離れることはできない」と釘を差した。

ドイツ1部リーグのマインツとケルン、イングランド・プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドがファン・ヒチャンをレンタル選手として獲得し、今シーズンの残り日程をともにすることを願っていたという。

ファン・ヒチャンは2019-20シーズンにレッドブル・ザルツブルク所属でUEFAチャンピオンズリーグ本戦にデビューし、6試合3得点5アシストで大活躍、昨夏にライプツィヒへ移籍したが、今シーズンは9試合269分で1ゴール1アシストに終わっている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング