"14億ウォンvs3億ウォン"…"ペク・スンホの補償金"めぐって張り詰めた神経戦
聯合ニュース



※一部要約

31日に迫った選手登録締め切り日を目前にして、プロサッカーKリーグ1の水原三星とペク・スンホ側が4回目の会合をしたが、補償金の規模をめぐって立場の違いだけを確認した。

プロサッカー界の関係者は29日、「水原とペク・スンホ側がこの日会合をした」として、「この日、水原は補償金として14億2000万ウォンを提示し、ペク・スンホ側は3億ウォンを固守した」と伝えた。

2010年に水原ユースのメタン中の在学中、クラブの支援でFCバルセロナユースに留学したペク・スンホは、Kリーグ復帰時に水原に入団することを約束する合意書を作ったが、最近これを履行しないまま全北現代入団を推進した。

水原はこの日、ペク・スンホ側に初めて補償金の規模を伝えたという。

補償金は水原がペク・スンホに支援した3億ウォン、法定利息の1億2000万ウォン、損害賠償額の10億ウォンを含めた14億2000万ウォンである。

水原が算定した損害賠償額10億ウォンは、選手への権利放棄に伴うクラブの経済的損失分だ。
これはダルムシュタットがペク・スンホ獲得のために全北に要請したという移籍金80万ユーロに相応する金額である。

だがペク・スンホ側は依然として3億ウォンを固守しているという。



"コリアンメッシ"イ・スンウ、ポルトガル生活も容易ではない
スポーツワールド



※一部要約

カエルが冬眠から目覚めるという啓蟄を過ぎて春の花が満開になるという春分を控えているが、"コリアンメッシ"イ・スンウの季節は依然として冬である。

ポルトガルに舞台を移したイ・スンウは10日現在、1試合も出場できていない。
イ・スンウは2020~2021シーズン開幕当時、ベルギープロリーグのシント・トロイデン所属だった。
シーズン序盤は頻繁にグラウンドを踏んだ。
13試合出場で2ゴールを決めるなど、無難な活躍を繰り広げた。
だが12月中旬からはベンチにも座れなかった。
結局、主戦でプレーするために移籍を決心、ポルトガルのポルティモネンセにレンタル移籍を決めた。
この移籍も成功的ではない雰囲気だ。

イ・スンウはかつて"コリアンメッシ"と呼ばれた有望株である。
スペインの名門FCバルセロナユース出身である上、所属チームの先輩でありサッカーの神と呼ばれるリオネル・メッシとプレースタイルが似ていることでつけられた別名だ。
潜在力を満開させられなかった。
バルサ1軍入りに困難を感じ、イタリア・セリエAのエラス・ヴェローナに移籍した。

イタリアの舞台はイ・スンウに合ってなかった。
技術的要素を多く求めるスペインと違い、イタリアはプレスと運動量をより必要としていた。
イ・スンウの強みと相反するリーグだった。
そのため、価値をより輝かせることのできるベルギーの舞台に視線を移したが、これもまた失敗だった。

再び挑戦状を出したポルトガル生活も容易ではない。
移籍基準で5試合、出場どころかベンチにも座れなかった。
チーム内でポジションのライバルが多い。
イ・スンウとともに冬の移籍市場で移籍してきたジャファル・サルマニはすでに6試合出場で1ゴール1アシストを記録した。

イ・スンウが期待できる要素は練習場で見せる活躍だ。
冬の移籍市場の終了直前で抱えただけに、チームがイ・スンウに望んでいる要素はあるだろう。
コーチ陣との多くのコミュニケーションをして、練習場でそれを証明してこそ出場にまで繋げることができる。



"日本のキム・ミンジェ"冨安、セリエA"唯一"全試合フルタイムの鉄人になった!
スターニュース



※一部要約

日本代表DF冨安健洋が今シーズンのセリエAで唯一、全試合フルタイムを消化した選手になった。

冨安は21日に行われたサッスオーロとの2020~2021シーズン・セリエA23ラウンドに右SBとして先発出場し、フルタイムを消化した。
冨安は今シーズンのセリエA23ラウンドを無交代フルタイム消化の行進を続けた。

イタリアメディアのガゼッタ・デロ・スポルトによると、23ラウンド前まで交代なしでフルタイムを消化していたセンスは、リーグを合わせて冨安とカミル・グリクしかいなかった。
だがグリクが22日のASローマ戦で後半12分に退場し、冨安が唯一のフルタイム消化選手になった。

冨安は今シーズン、ボローニャで中央とサイドを行き来して着実に出場している。
ボローニャも6勝7分け10敗で悪くない12位を守っている。
選手交代カードを5枚まで使えるが、冨安は一度も交代されられたことがない。

冨安は日本のキム・ミンジェという別名を持っている。
年齢も20代初中盤で似ているだけでなく、身体条件も優れている。
両選手とも今後10年間で代表の守備ラインを担うべきDFという評価だ。
大きい身長に優れた走力を持っているという点もやはり似ている。

2018年1月に日本のアビスパ福岡からベルギーのシントトロイデンに移籍した冨安は、着実に試合でプレーしてヨーロッパで経験を積んだ。
2019ね6月にボローニャのユニフォームを着て、いつの間にかチームの主軸DFとしての地位を確立した。



ミュンヘン、フランクフルトに1-2の敗北…2位ライプツィヒと5点差
スポーツ京郷



※一部要約

ドイツ・ブンデスリーガの独歩的な"1強"バイエルン・ミュンヘンが久しぶりに敗北を喫した。

ミュンヘンは20日、ドイツ・フランクフルトのコメルツバンク・アレーナで行われた2020~2021ドイツ・ブンデスリーガ22ラウンドのフランクフルトとの試合に1-2で敗れた。
ミュンヘンが敗れたのは、先月9日のメンヘングラッドバッハとのリーグ戦に2-3で敗れてから約1ヶ月ぶりである。

ミュンヘンの優勢が予想されていたのとは異なり、前半11分にフランクフルトがまず先制ゴールを決めて機先を制した。
フィリップ・コスティッチが中央に出したパスを鎌田大地がシュートに繋げ、ミュンヘンのゴールネットを揺さぶった。

その後、ミュンヘンがなかなか挽回ゴールを炸裂させられない間、フランクフルトがもう一歩逃げた。
前半30分に鎌田が左サイドからアミン・ユネスにパスを渡し、これをユネスが受けて中央にスッとドリブルしてからシュートに繋げ、ゴールを炸裂させた。

結局無得点で前半を終えたミュンヘンは、後半7分にロベルト・レバンドフスキのゴールで追撃を始めた。

ミュンヘンは地道に攻勢を浴びせて同点ゴールを狙った。
だがボールは続けてゴールに嫌われ、結局これ以上の得点を上げられずに頭を下げた。



[単独] Kリーグ全北、ダルムシュタットのペク・スンホ獲得打診
韓国日報



※一部要約

プロサッカーKリーグ1の全北が、ドイツ2部ブンデスリーガのSVダルムシュタットでプレーするMFペク・スンホ獲得の可能性を打診している。
選手本人にとっても出場機会の確保や今後の軍問題の解決、代表での活躍などを考慮したとき、Kリーグ入りは良い選択肢になるという評価で、実際に入団に繋がのか関心が傾く。

Kリーグの移籍市場に詳しい関係者は3日、「全北がペク・スンホ獲得を打診中」として、「可能性はかなり開かれていると見ている」と伝えた。
去年までに4年連続してKリーグ1で優勝した後、キム・サンシク監督体制で新たに出発する全北は、ペク・スンホが望むならとりあえずレンタルでの獲得をまずは考慮するという雰囲気だ。
全北の高位関係者は「まだ獲得について具体的な話が行き来したことはなく、選手本人が望めば入団の可能性を打診してみるというレベル」と伝えた。

ペク・スンホが全北のユニフォームを着ることになれば、国内クラブでの第一歩となる。
キム・ハクボム監督が率いる東京オリンピック代表の最終リストに入るためには、ひとまず所属チーム内での出場比重を上げなければならないという課題を抱えて言うr。
東京オリンピックがキャンセルされたり再延期されれば、25歳になる来年の杭州アジア大会にワイルドカードとしてしか出場できず、今後の金泉尚武入隊のシナリオを考えると、国内入団はかなり現実的な選択だというのが移籍市場関係者の話である。

ペク・スンホはスペインで5年以上居住して永住権を取得したことがあるが、兵役問題は正常なルートで解決して韓国代表として活躍するという意志が非常に大きいという。
ただし今後の年俸交渉、一歩進んで合流した場合の2週間の自宅隔離などにより、シーズン序盤の適応が容易ではないかもしれないという点は負担に挙げられる。
Kリーグの移籍市場の締切は3月31日までである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング