"チャ・ボングンの伝説"以来初の決勝進出に向かって…フランクフルト、ヨーロッパリーグ4強1次戦勝利
フットボールリスト



※一部要約

2021-2022シーズンUEFAヨーロッパリーグ4強で、アイントラハト・フランクフルトが1次戦の勝利をおさめて決勝行きに近づいた。

29日、ヨーロッパリーグ4強1次戦が一斉に行われた。
英国ロンドンのロンドンスタジアムでは、フランクフルトがウェストハム・ユナイテッドを2-1で下した。
5月6日にホームのドイツ・バンク・パルクで2次戦を行う。

フランクフルトが決勝に行けば、1980年以来42年ぶりである。
フランクフルトは1979-80シーズンのUEFAカップで、クラブ史上唯一のヨーロッパ対抗戦で優勝を達成した。
ブンデスリーガの伝説チャ・ボングンが主戦として大活躍した時期だ。
当時、準決勝でバイエルン・ミュンヘンを捉えて上がったフランクフルトは、決勝戦でボルシア・メンヘングラッドバッハを捉えて頂点に上がった。
その後、30年を越えてヨーロッパリーグの8強以上に上がれなかった。
2018-2019シーズンに4強に進出したが、当時は優勝チームのチェルシーと2分けの血戦の末に惜しくも脱落したことがある。

42年前と同じく"ドイツ対ドイツ"の決勝戦が有力である。
29日、他の4強1次戦でRBライプツィヒがレンジャーズに1-0の勝利をおさめたからである。
アジア選手も大活躍している。
フランクフルトは2014-2015シーズンから着実に活躍中の長谷部誠がクラブ史に一線を引いたし、2019-2020シーズンから攻撃型MF鎌田大地が攻撃の一軸を担っている。
4強で老将の長谷部は欠場したが、鎌田は決勝ゴールを炸裂させた。



ファン・ウィジョ、フライブルク移籍説…市場価値95億ウォン
OSEN



※一部要約

ファン・ウィジョのフライブルク移籍説が提起された。

フランスメディアは31日、「ファン・ウィジョはボルドーに留まらないだろう。ドイツクラブの関心を集めている」として、「フライブルクは2023年6月にボルドーとの契約が満了するファン・ウィジョに移籍オファーをするだろう。ファン・ウィジョは過去の移籍市場でもマルセイユ移籍説で注目された選手」と報じた。

今シーズンのファン・ウィジョはボルドーの核心だ。
リーグアンで10ゴールを放ち、チーム内最多得点である。
リーグアンの歴史上、アジア選手歴代最多ゴール記録を作ったファン・ウィジョについて、様々なチームが関心を示している。

現在、ファン・ウィジョの市場価値は700万ユーロ(95億ウォン)と評価されている。



イ・チョンス、「日ヨーロッパ組が韓国よりはるかに多い理由?実力の他にも…」
マイデイリー



※一部要約

イ・チョンスが自身の現役時代を振り返り、韓国と日本のヨーロッパ進出の差異点を聞かせた。

イ・チョンスは21日、自身のチャンネル<リチュンス>で「イ・ドンギョン(シャルケ04)とイ・ドンジュン(ヘルタ・ベルリン)がドイツに行った。私も蔚山現代から海外に進出した。蔚山から海外進出したことをお祝いする」と切り出した。
続けて「韓国からヨーロッパビッグリーグに直行するのは容易ではない」と付け加えた。

韓国選手とドイツの相性がよく合っているというのがイ・チョンスの分析である。
イ・チョンスは「我が国の選手はドイツ・ブンデスリーガとよく合っている。先例が多い。(ソン・)フンミン、(ク・)ジャチョル、(チ・)ドンウォン、(キム・)ジンスのようにドイツで長くプレーした選手が多い」とした。

それとともに、自分のスペイン経験を聞かせた。
イ・チョンスは2003年から2004年までレアル・ソシエダ、2004年から2005年までヌマンシアで活躍した。
過去の気持ちを思い出して「スペインは大変だった。(パク・)チュヨンがスペインに行くときも、私は大変だとアドバイスした」として、「スペインは他のリーグと比べて我々の選手があまり進出できなかった」と残念がった。



"日レジェンド"長谷部、フランクフルトと再契約…39歳までドイツでプレー
フットボールリスト



※一部要約

長谷部誠がフランクフルトとの契約延長にサインし、クラブ史にもう1人のアジア出身レジェンドとして名前を残すことになった。

フランクフルトは18日、クラブ公式HPで「長谷部と2027年までの新契約を結んだ。さらに1シーズン選手として活躍し、その後はコーチングスタッフに合流する」と公式に伝えた。
当初、長谷部とフランクフルトの契約は今夏に満了する予定だった。

ドイツの舞台での弛まぬ活躍を基に、日本代表でも着実に機会を掴んだ。
長谷部はAマッチ114試合に出場して2ゴールを記録した。
これは日本代表のAマッチ出場順位で6位に該当する記録である。

先月38歳になった長谷部は、依然としてフランクフルトで重要な役割を担っている。
今シーズンも先発と交代を行き来し、全大会を合わせて19試合に出ている。
以前よりも明らかに出場時間が減っているのは事実だが、相変わらずローテーションメンバーとしてチームに貢献している。
フランクフルトの副主将も担っている。



シャルケの日選手、イ・ドンギョンとの友情を誇示…「コリア!、ジャパン!」
インターフットボール



※一部要約

シャルケ04の板倉滉がイ・ドンギョンとの親密さを誇示した。

シャルケは5日午後9時30分、ドイツ・ゲルゼンキルヒェンにあるフェルティンス・アリーナで行われた2021-22シーズン・ドイツ・ブンデスリーガ2の21ラウンドで、レーゲンスブルクに2-1で勝利した。
これで11勝4分け6敗(勝ち点37)で5位になった。

シャルケの上り調子が恐ろしい。
レーゲンスブルク戦を含めた最近5試合で3勝2分けを記録した。
1シーズンでの昇格も十分可能な現状である。

期待を集めたイ・ドンギョンはリストに含まれなかった。
移籍市場最終日にイ・ドンギョンはシャルケのユニフォームを着た
シャルケは「クラブはイ・ドンギョンとシーズン末までのレンタル契約を結び、完全移籍のオプションも持っている」と公式発表したことがある。

板倉滉はイ・ドンギョンの肩に手をかけて「わぁ!コリア、ジャパン」として親指を立てた。
イ・ドンギョンは気恥ずかしそうに笑みを浮かべてカメラを見つめた。

板倉は2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティに移籍した。
その後はオランダのフローニンゲンで1シーズン半レンタルされ、今シーズンはシャルケにレンタルされた。
4ラウンドから着実に出場を記録して主戦CBとして活躍中だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング