"恨を宿す"浅田の復帰・・・キム・ヨナとの再対決の可能性は?
デイリアン



※一部要約

日本女子フィギュアスケートの看板浅田真央の復帰試合が確定した。

日本の複数メディアは「浅田真央は10月3日、埼玉で行われるジャパンオープン大会に出場する」と報じた。

浅田は「ライバルは自分自身であり、自分に勝ちたい」と復帰の所感を明かした。

浅田は熟慮の末に復帰を決めた。
去年まで現役引退が有力だった。
絶対強者キム・ヨナの引退後、浅田もモチベーションがなくなったように見えた。

放送リポーターをするなど第2の人生を準備していたし、フィギュアへの未練は捨てたようだった。
だが残っていた"わだかまり"が浅田の復帰を促した。
まさにオリンピック金メダルへの切実さだ。



【フィギュア】浅田真央、現役復帰を会見で宣言も「今の時点で五輪は考えていない」
スポーツ報知

 真央は会見前にブログを更新し、「選手として試合に復帰するため、3月にコーチにお願いをしに行き、5月からコーチと共に練習を始めています」と現役復帰を目指す意向を表明した。

 この日、座長を務めるアイスショー「ザ・アイス 真夏の氷上祭典2015」の会見に出席し、「今日の会見はザ・アイスの会見ですが(進退は)今日の朝、ブログで発表したことなので、参考にしていただければ」とあいさつ。「試合の緊張感を感じたいと思ったのも一つの理由。今の時点では五輪は考えていないが、試合に出場できる状態に持っていけるように毎日練習している」と語った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150518-00000110-sph-spo




浅田真央、直接現役復帰宣言「完全復活を期待」
NEWSEN




※一部要約

浅田真央が直接現役復帰を宣言した。

日本のスポーツ専門メディア"スポーツ報知"は5月18日、「フィギュアスケーティングの浅田真央が公式ブログで現役に復帰すると明かした」と報じた。

このメディアによると、浅田真央は選手として試合に復帰するため3月に佐藤信夫コーチに要請をし、5月から一緒に練習するを始めたと伝えた。




フィギュア:オーサー氏「ヨナ、コストナーより悪かった」
朝鮮日報日本語版

 オーサー・コーチが最も印象深いと思った演技をしたのはコストナーだった。同コーチは「美しい振り付けや優雅さがすべてプログラムに込められていた」と語った。コストナーは元交際相手で、2008年北京五輪の50キロメートル競歩優勝者アレックス・シュバーツァー(30)のドーピング検査回避をほう助したとして来年5月まで出場停止処分が科されている。

 オーサー・コーチは「キム・ヨナはソチで成熟した品格のあるスケーティングを披露したが、安全な道を選んだ。勝利を目指して出場したのは10年のバンクーバー冬季五輪だけで、ソチは無理に出たようだった」と言った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00000664-chosun-kr




ブライアン・オーサー「ソチNo.1はキム・ヨナではなくコストナー」
MKスポーツ




※一部要約

フィギュアスケート男子シングル最強・羽生結弦を導いているブライアン・オーサーが、引退した"フィギュアの女王"キム・ヨナについての考えを明かした。
オーサーは2007年3月~2010年8月にキム・ヨナのコーチをしていた。

オーサーは「ソチオリンピックでキム・ヨナは成熟して風格があり、優雅なスケーティングを見せてくれた。ソトニコワはこのような部分で未熟だ」として、「だが個人的にソチで最も良かった選手はソトニコワやキム・ヨナではなくカロリーナ・コストナーだと思う」と語った。





「ソチオリンピック当時、キム・ヨナは安全で危なくない方法を選んだ。ソトニコワは健やかさを見せながらも冷静だった。誰かがソトニコワの高得点の理由を尋ねたら、キム・ヨナやコストナーよりも優れて卓越していた回転にあると答える」として、「もちろん現場のエネルギーが判定や若いソトニコワに影響を与えた可能性はある。審判も人間」と答えた。
現場の雰囲気のために審判が点数を多く与えた可能性を否定しなかったのだ。




"真夏の夜の夢"キム・ヨナ、パク・チソンが残した濃い余韻
デイリアン




※要旨

真夏の夜の夢だったのか。

"フィギュアクイーン"キム・ヨナが冬季オリンピックで金メダルを世界新記録で取った事実はまだ夢のようだ。
同様に"2つの心臓"パク・チソンがUEFAチャンピオンズリーグ8強のチェルシー戦で決勝ゴールを炸裂させた瞬間も非現実的である。

2人のスターが過ぎ去った後に残ったのは濃い余韻だ。

キム・ヨナの引退は韓国を越えて世界的な損失である。
今シーズンのグランプリファイナルの熱気は以前には及ばない。
エリザヴェータ・トゥクタムィシェワが203.58点で頂点に上ったが、複数の外信は"短信"で処理した。
キム・ヨナと比べられるほどの人材がいない点は明白な事実である。

スケート靴を脱いだキム・ヨナはユニセフ親善大使として活動中だ。
最近ではエボラウイルスによる被害の深刻性を伝えた。
「全世界を恐怖に追い込んでいるエボラにより、無力な子供たちが苦痛を受けている」として、「西アフリカに暖かい手助けをして欲しい」とキャンペーンの参加を訴えた。

すべてのことにプロフェッショナルであるキム・ヨナは、第2の人生も成功することは明らかである。



羽生GPファイナル連覇 小林強化部長も絶賛「しばらく無敵」
スポニチアネックス

 11月8日、中国杯男子フリー直前の6分間練習で中国選手と激突して頭部、左太腿など5カ所を負傷。滑り込みで出場したGPファイナルで羽生結弦(20=ANA)が男子ではプルシェンコ(ロシア)、チャン(カナダ)に続く史上3人目、日本人としては初めての2連覇を達成した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141214-00000096-spnannex-spo




羽生結弦、フィギュア男子グランプリ2連覇・・・日本初
エクスポーツニュース




※一部要約

"オリンピックチャンピオン"羽生結弦がグランプリ2連覇を達成した。
日本男子フィギュア史上初である。

羽生は総点288.16を受けて優勝した。
男子グランプリ2連覇はフィギュア史上3番目で日本では初めてだ。

一方、韓国男子フィギュアスケートの"期待の主"イ・ジュンヒョンは、同じ場所で行われたジュニアグランプリファイナルで180.39点となり6位に留まった。




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング