"人民ナウド"ハン・グァンソンの失敗理由、"キム・ジョンウンが放送出演-インタビュー禁止令"
スポータルコリア



※一部要約

自由な民主主義国家で生まれていればもっと大成していたハン・グァンソン、彼が失敗した理由はキム・ジョンウン北韓国務委員長の影響のせいだった。

英国メディアのザ・サンは20日、忘れられた北韓スターのハン・グァンソンについて大きく取り上げた。
メディアによるとハン・グァンソンはイングリッシュ・プレミアリーグの舞台に入る可能性もあった。

ハン・グァンソンは北韓サッカーの未来だった。
2014年にAFCのU-16大会で3ゴールを炸裂させて韓国を下し、北韓の優勝を牽引した。
1年後にはFIFA U-17ワールドカップに出て北韓の16強行きを導いた。

国際舞台で大活躍してビッグリーグも関心を示した。
最終的にセリエAのカリアリが2017年にハン・グァンソンを獲得し、ハン・グァンソンは1ヶ月後にセリエAデビュー戦を行って2試合でデビューゴールを炸裂させた。
その後、経験を積むためにセリエBのペルージャへのレンタルを選び、そこで大活躍して2019年にユベントスと契約した。



"ロナウドノーショー"観客がまた勝った…裁判所「入場料60%賠償」
エクスポーツニュース



※一部要約

2019年のユベントス訪韓時のクリスティアーノ・ロナウドによるいわゆる"ノーショー"事態で、観客が試合の主催社を相手にした民事訴訟で裁判所が判決を下した。

聯合ニュースによると、ソウル中央地方法院民事合議21部はA氏ら4700人余りがイベント主催社である(株)ザ・フェスタを相手にした損害賠償請求訴訟で原告の一部勝訴の判決を下した。
裁判所は「被告は原告に合計8億6987万5200ウォンを支給せよ」と判示した。
訴訟費用の40%は原告が、残りはザ・フェスタ側が負担するようにした。

A氏らは2019年7月26日にソウルワールドカップ競技場で行われたチームKリーグとユベントスとのオールスター戦の性格による親善試合で、ロナウドが出場しなかったためザ・フェスタを相手に15億3000万ウォン相当の入場料を返してほしいと訴訟を起こした。





トッテナム冨安の契約、今週発表…パラティチ1号獲得
SPOTVニュース



※一部要約

トッテナムが日本のDF冨安健洋の獲得を今週発表するとボローニャ地元紙のIl Resto del Carlinoが13日報じた。

それによるとトッテナムはボローニャと移籍金の合意にかなり迫り、早ければ今週末の前に契約を発表する。

ただし、冨安が来週開幕するオリンピックに日本男子サッカー代表として出場する予定なので、入団式は遅れる可能性があるとメディアは付け加えた。

トッテナムは2000万ユーロ(約270億ウォン)に付帯条件に伴う金額をボローニャに提示し、ボローニャは2500万ユーロ(約340億ウォン)を要求した。
差は大きくなく、移籍金の合意はスムーズに成立すると現地メディアは予想した。

契約を発表すれば冨安は新たに就任したファビオ・パラティチスポーツディレクターの最初の作品になる。
ユベントスで10年以上も移籍市場を担当したパラティチディレクターは選手獲得の全権を授かり、情報力によって様々なセリエAの選手とリンクされている。



SONと"韓日デュオ"誕生するか…トッテナム、"有望株CB"冨安に関心
インターフットボール



※一部要約

トッテナム・ホットスパーが日本の若手DF冨安健洋の獲得に乗り出す見通しだ。

イタリアの"ディ・マルツィオ"は27日、「トッテナムが冨安獲得のための本格的な作業に入った。アタランタと競争を繰り広げるだろう」と報じた。

今シーズンのトッテナムはイングリッシュ・プレミアリーグの38試合で45失点を許した。
失点が多いと見るわけにはいかないが、重要な試合で守備が揺れる姿が多かった。
トビー・アルデルヴェイレルトは技量下落の傾向に入った30代で、エリック・ダイアーとダビンソン・サンチェスはどちらも競技力に疑問符がついた。

そのため様々な候補が取り上げられた。
大韓民国の守備の現在と未来を担うキム・ミンジェの名前も言及された。

そのような状況で冨安がレーダー網にかかった。
冨安は2019年にベルギーのシントトロイデンでプレーし、イタリア・セリエAのボローニャに入団してビッグリーグに足を踏み入れた。
日本で大きな期待を受ける有望株だ。

冨安がトッテナムに移籍するならソン・フンミンとともに"韓日攻守デュオ"を結成することになる見通しだ。
先に5月にはドイツ・フランクフルトでプレーする別の日本選手である鎌田大地がトッテナムとリンクされたことがある。



"ユベントス移籍説"キム・ミンジェ…ベント監督「疑う余地なく良い選手、だが…」
エクスポーツニュース



※一部要約

招集中に移籍説が出てきたキム・ミンジェに、ベント監督の考えはどうだったのか?

パウロ・ベント監督は4日、翌日に高陽総合運動場で行われる2022カタールワールドカップアジア地区2次予選H組のトルクメニスタン戦を前に記者会見を行った。

この日、招集期間に出てきたキム・ミンジェ(北京国安)の移籍説に関する質問があった。
1日にポルトガルメディアからユベントスがキム・ミンジェ獲得で合意したという記事が出てきた。

キム・ミンジェは2020年の夏の移籍市場でも深刻な問題だった。
当時、彼はトッテナム・ホットスパーとの移籍説が膨らんだ。
そこにイタリア・セリエAのラツィオをはじめとする様々なチームもキム・ミンジェに関心を示した。
だがトッテナムは北京との立場の違いを埋められず、ラツィオはエージェントとの意見の相違で交渉が決裂した。

今度はイタリアの名門ユベントスとの移籍説が出て、特にイタリアメディアの方でもユベントスがキム・ミンジェをDF獲得の候補群に入れたという記事が出てきて可能性が生きている状況だ。

だがベント監督は「キム・ミンジェが良い選手というのは疑う余地がない。だが私は選手の未来、所属クラブの行動については言及できない。選手本人がよくわかっているので、私は代表の活動についてだけ言及する。了解して欲しい」と言葉を避けた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング