イ・ガンインのユベントス移籍説でロナウドが言及された理由
スポーツワールド



※一部要約

スペインプロサッカー・プリメーラリーガのバレンシアMFイ・ガンインが最近、イタリアの名門ユベントス移籍説に包まれた。
この過程でクリスティアーノ・ロナウドが取り上げられた。

イタリアメディア"カルチョ・メルカート"は最近、イ・ガンインのユベントス行きに言及した。

すぐに主戦争いをするのは容易ではないため、2シーズンほど他チームにレンタル移籍して技量を積んだ後、ユベントスの一員としてプレーするというかなり具体的な内容も付け加えた。

イ・ガンインは最近、バレンシアで主戦としてプレーできずにいる。
もっと多く出場して才能を満開させようとしているイ・ガンインは、移籍に重きを置いている。

契約満了も近づき、バレンシアよりはイ・ガンインのほうが有利な状況だ。
ユベントスが積極的に動けば、移籍説は単なる噂ではなく実際に行われる可能性が高い。

現実になるよう、ホルヘ・メンデスが動くというニュースである。
イ・ガンインのユベントス移籍説でロナウドが言及された背景だ。
メンデスがロナウドのエージェントだからである。

イタリア"スポルトメディアセット"は2日、「メンデスがイ・ガンインを連れてくる」として、イ・ガンインがユベントスに行くためにメンデスが力になる予定だと示唆した。



"コリアンメッシ"イ・スンウ、ポルトガル生活も容易ではない
スポーツワールド



※一部要約

カエルが冬眠から目覚めるという啓蟄を過ぎて春の花が満開になるという春分を控えているが、"コリアンメッシ"イ・スンウの季節は依然として冬である。

ポルトガルに舞台を移したイ・スンウは10日現在、1試合も出場できていない。
イ・スンウは2020~2021シーズン開幕当時、ベルギープロリーグのシント・トロイデン所属だった。
シーズン序盤は頻繁にグラウンドを踏んだ。
13試合出場で2ゴールを決めるなど、無難な活躍を繰り広げた。
だが12月中旬からはベンチにも座れなかった。
結局、主戦でプレーするために移籍を決心、ポルトガルのポルティモネンセにレンタル移籍を決めた。
この移籍も成功的ではない雰囲気だ。

イ・スンウはかつて"コリアンメッシ"と呼ばれた有望株である。
スペインの名門FCバルセロナユース出身である上、所属チームの先輩でありサッカーの神と呼ばれるリオネル・メッシとプレースタイルが似ていることでつけられた別名だ。
潜在力を満開させられなかった。
バルサ1軍入りに困難を感じ、イタリア・セリエAのエラス・ヴェローナに移籍した。

イタリアの舞台はイ・スンウに合ってなかった。
技術的要素を多く求めるスペインと違い、イタリアはプレスと運動量をより必要としていた。
イ・スンウの強みと相反するリーグだった。
そのため、価値をより輝かせることのできるベルギーの舞台に視線を移したが、これもまた失敗だった。

再び挑戦状を出したポルトガル生活も容易ではない。
移籍基準で5試合、出場どころかベンチにも座れなかった。
チーム内でポジションのライバルが多い。
イ・スンウとともに冬の移籍市場で移籍してきたジャファル・サルマニはすでに6試合出場で1ゴール1アシストを記録した。

イ・スンウが期待できる要素は練習場で見せる活躍だ。
冬の移籍市場の終了直前で抱えただけに、チームがイ・スンウに望んでいる要素はあるだろう。
コーチ陣との多くのコミュニケーションをして、練習場でそれを証明してこそ出場にまで繋げることができる。



"日本のキム・ミンジェ"冨安、セリエA"唯一"全試合フルタイムの鉄人になった!
スターニュース



※一部要約

日本代表DF冨安健洋が今シーズンのセリエAで唯一、全試合フルタイムを消化した選手になった。

冨安は21日に行われたサッスオーロとの2020~2021シーズン・セリエA23ラウンドに右SBとして先発出場し、フルタイムを消化した。
冨安は今シーズンのセリエA23ラウンドを無交代フルタイム消化の行進を続けた。

イタリアメディアのガゼッタ・デロ・スポルトによると、23ラウンド前まで交代なしでフルタイムを消化していたセンスは、リーグを合わせて冨安とカミル・グリクしかいなかった。
だがグリクが22日のASローマ戦で後半12分に退場し、冨安が唯一のフルタイム消化選手になった。

冨安は今シーズン、ボローニャで中央とサイドを行き来して着実に出場している。
ボローニャも6勝7分け10敗で悪くない12位を守っている。
選手交代カードを5枚まで使えるが、冨安は一度も交代されられたことがない。

冨安は日本のキム・ミンジェという別名を持っている。
年齢も20代初中盤で似ているだけでなく、身体条件も優れている。
両選手とも今後10年間で代表の守備ラインを担うべきDFという評価だ。
大きい身長に優れた走力を持っているという点もやはり似ている。

2018年1月に日本のアビスパ福岡からベルギーのシントトロイデンに移籍した冨安は、着実に試合でプレーしてヨーロッパで経験を積んだ。
2019ね6月にボローニャのユニフォームを着て、いつの間にかチームの主軸DFとしての地位を確立した。



日・冨安、セリエA"ボールリカバリー(ボール奪取)"全体1位
STNスポーツ



※一部要約

日本代表DF冨安健洋が世界5大リーグの一つで頭角を現している。

今シーズンのセリエA・ボローニャはシニシャ・ミハイロビッチ監督の闘病、相対的に劣悪な財政状態による選手離脱と不十分な補強など、様々な悪材料にもかかわらずそれなりに巡航している。
ボローニャは16日現在、セリエAの12位で大きな異変がなければ残留が可能で、Top10入りも狙える状況だ。

冨安がその中心にいる。
冨安は1998年生まれの日本代表DFである。
冨安はアビスパ福岡ユース出身で、そこで1軍デビューにも成功した。
冨安は潜在力を認められ、多くのJリーグクラブのラブコールを受けた。
だが冨安は巨額の巨額の金を拒んでヨーロッパの舞台に向かった。



「冨安、ロナウドをしっかり防いだ…名声通りだ」伊賛辞
スポータルコリア



※一部要約

イタリアメディアがボローニャ所属で日本代表のDF冨安健洋に賛辞を送った。

冨安は2019年7月にベルギーのシントトロイデンを去ってボローニャ入りした。
昨シーズン、リーグ29試合(1ゴール)に出場して直ちに主戦を奪った。
今シーズンも19試合(2ゴール)に出ている核心資源だ。
中央守備はもちろん、サイドまで消化できるマルチ資源だ。

冨安は24日、強豪ユベントスとのリーグ19ラウンドに先発出場してフルタイムを消化した。
チームは0-2で敗れたが、得点首位のクリスティアーノ・ロナウドをギュウギュウに縛った。

これを見守ったイタリア"コリエレ・ディ・ボローニャ"は25日、「冨安はユベントスを迎えてCBでプレーした。後半には右SBを引き受けた。すでにヴェローナ戦で完璧に近い性能を見せて高い評価を受けた」として、冨安にGK Lukasz Skorupski (8.5点)に続いて2番目の6.5点で悪くない評点を与えた。

"コリエレ・デッロ・スポルト"もやはり「冨安は名声通りだった。中央守備とサイド守備を分け隔てずに個性あるプレーを繰り広げ、スキができれば攻撃にも積極的に加担した。利口にロナウドをマークした」と好評した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング