U-23韓国サッカー代表の新監督にパク・チソンが乗り出さなければならない
マイデイリー



※一部要約

大韓サッカー協会が23日に2022カタールワールドカップアジア地区A組最終予選に出場するパウロ・ベント監督率いる大韓民国サッカー代表リストを公式発表し、次の重大事であるU-23サッカー代表の新監督に対する関心が大きくなっている。

今回招集される"ベント号"代表は9月のAマッチ期間である2日と7日、イラクとレバノンを相手に2022カタールワールドカップアジア地区最終予選A組の試合を行う。

もう大韓サッカー協会は東京オリンピック8強戦でメキシコに3-6で敗れて脱落したキム・ハクボムU-23韓国サッカー代表監督(※の代わり)を選任して発表しなければならない。
キム・パンゴン代表戦力強化委員長は「新しい方向を模索している。9月はじめには選任作業を終える」と明かした。

韓国は10月27日から31日までシンガポールで行われるU-23AFCアジアカップではH組の試合に参加しなければならない。
相手がシンガポール、フィリピン、東ティモールらの弱体だとしても、臨時監督を選任したり一時的にキム・ハクボム監督に任せるのは正常な代表運営方法とは言えない。



27対6…韓日金メダルの数字が残したもの
週刊朝鮮



※一部要約

27対6。
ハンドボールの試合のスコアではない。
8月8日に閉幕した東京オリンピックで日本と韓国が取った金メダル数だ。
韓国と日本は1988年のソウルオリンピック以降、30年以上善意の競争をしてきた。
ところがなぜ突然、今大会でハーフスコアもゆうに超えるものすごい格差が広がったのか。
韓国が記録した金6、銀4、銅10、総合16位は45年で最も悪い成績である。

もちろん東京オリンピックは日本にとってホームグラウンドの利点が大きく作用した。
日本は2013年6月に東京オリンピックの開催が確定すると"復興オリンピック"を旗印に出した。
成功的な"人類の大祭典"を完成させ、2011年の東日本大震災の痛みをきれいにそそぐためだった。

そのため日本政府は全面的な支援をした。
日本スポーツ庁は2021年度のオリンピック強化予算を103億円と2015年より40%増やした。
この予算は各競技団体に分配され、海外遠征の経費や競技力強化のための合宿に使われて代表選手の戦力は大きく向上した。

それに対して韓国の支援と準備は疎かだった。
東京オリンピックは通常のオリンピックと違った。
韓日間の歴史的な感情が深く刻まれており、金メダル数で日本に大きく押されてもならず、特に各種目の韓日対決では絶対に勝たなければならなかった。

しかしオリンピックを主管する大韓体育会は政府から特別支援を受けられなかった。
そのため傘下の競技団体や企業体の協力、そして選手一人ひとりの奮発に大いに期待するしかなかった。
"金メダル7個を取って10位以内に入る"というやや漠然とした目標が、疎かな準備をよく物語っている。
金メダル9個以上を取ってこそ10位入りが可能だというのは体育関係者の常識なのに、どうやって7個で10位になるのか理解し難い目標だった。

某大学スポーツ部の教授の言葉が響く。
「前政権の"チョン・ユラ波動"以降、現政権の体育関連の支援と企業体の協賛が絶え絶えになっている。アーチェリーや体操など、一部の種目だけがかなり前からつながっている企業体からの恩恵を受けているのが実情だ。このような雰囲気で大韓体育会がマスタープランを作るのは大変だっただろう」
政府の支援がなく、大韓体育会が手を放したわけである。



金メダル取れば"8億ウォン"…国別の報奨金はどれだけ違うのか?
アジア経済



※一部要約

選手の汗と努力の宿る、貴い笑みがともにする瞬間。
獲得だけでも光栄な金メダルをお金ですべて換算するわけにはいかないが、金メダル獲得に伴う国別の報奨金に違いがあって話題である。

アメリカの経済専門誌フォーブスは今回の2020東京オリンピックに出場した206ヶ国のメダル報奨金について紹介した。

フォーブスによると最も多くの報奨金を与える国はシンガポールで、金メダリストには韓貨で約8億5000万ウォンに達する報奨金を支給する。
銀メダリストには50万シンガポールドル(4億2528万ウォン)、銅メダリストには25万シンガポールドル(2億1264万ウォン)を提供する。
フォーブスは「団体戦で金メダルを取ればメダリストはさらに大金を貰える」と説明した。

続けて台湾、香港、インドネシア、バングラデシュとなっている。
東京オリンピックのウエイトリフティング、バトミントンでそれぞれ金メダルを一つずつ取った台湾は2000万台湾ドル(約8億2480万ウォン)を金メダル報奨金として与える。
香港は金メダリストに500万香港ドル(約7億4100万ウォン)を支給することにした。
インドネシアは50億ルピー(約3億9900万ウォン)の金メダル報奨金と生涯で月160万ウォンほどの年金が別途支給される。
バングラデシュは30万アメリカドル(約3億4560万ウォン)を金メダル報奨金として与える。




オリンピック金メダルに6300万を与える韓国は14位…世界1位はどこ?
韓国経済

210813132602661.jpg

※一部要約

韓国は14位であり日本は16位、アメリカは17位に言及された。

中国は世界20位で金メダリストにそれぞれ3万800ドル(3597万ウォン)が支給される。

韓国の金メダリスト報奨金は6300万ウォンである。
そこに月100万ウォンずつの年金が支給される。
その他に種目別に協会が支給する報奨金が別にある。

英国、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデンなどの国は金メダリストに現金の報奨をしない。
しかし彼らは広告や他の契約で経済的利益を得られると期待されている。



[現場インタビュー] "全北アドバイザー"パク・チソン、「私が見た全北やオリンピック、そしてメッシ」
スポーツ東亜



※一部要約

Kリーグ1の全北現代のパク・チソンアドバイザーが国内外のサッカー界を取り巻く大型の話題について率直な胸の内を伝えた。

11日、全州ワールドカップ競技場内の全北クラブ事務局でスポーツ東亜と向かい合わせたパクアドバイザーは、全北での役割や2020東京オリンピックについての断想、サッカー代表の後輩であるソン・フンミンやフェネルバフチェ入団を控えているキム・ミンジェ、パリ・サンジェルマンに移籍したリオネル・メッシなど様々な話題について虚心坦懐に語った。

今年1月に選手の選抜や育成、スカウト、練習システムなどユースやプロ全般に渡って助言者の役割を遂行することにして全北と縁を結んだパクアドバイザーは、7月中旬に一時帰国して15歳以下と18歳以下のユースを見て、1軍選手団のミーティングやKリーグの試合観戦をして意味のある時間を過ごしている。

来週まで国内に留まって英国ロンドンに戻るパクアドバイザーは、遠隔業務で着実に全北を見るという計画だ。
パクアドバイザーとの対話をキーワードで紐解いてみた。



韓国サッカーがオリンピックを通じて得たもの
スポーツワールド



※一部要約

衝撃の大敗で2020東京オリンピックを早くに締めくくった。
旧時代的な方法がもう通用しないことを確認した。
キム・ハクボム監督が率いた大韓民国男子サッカーオリンピック代表のことだ。

太極戦士、太極娘子は孤軍奮闘したが韓国は満足に値する成績を得られなかった。
特に豪気にメダルを正照準していた男子サッカー代表の不振が惜しかった。
最終順位5位を記録するのに終わった。

戦力だけ見れば韓国はメダル圏ではない。
キム・ハクボム監督もその事実を認知していた。
なのでワンチームで克服するという意志を見せた。
だが過程と方法が問題だった。
チームを設ける過程で正しいプロセスがなかった。
キム・ミンジェのワイルドカード選出不発がそうである。

キム・ミンジェは所属チームが選出を拒否した。
急にパク・ジスを代替抜擢した。
パク・ジスは早い適応力でチームに溶け込んでいるようだったが、完全なワンチームになるのは難しかった。

練習は短期間で多くの日程を消化しなければならないオリンピックの特性を考慮し、体力を極限に引き上げるという方法を追求した。
効率的ではなかった。
各所属チームの日程、選手一人ひとりのコンディションを考慮できなかった。
"たくさん走れば体力が増える"という方法により重きを置いた。

年代別代表の選手なので実際に体力が向上するかもしれない。
だが本ステージでは効果を見られなかった。
メキシコ戦では体力不足で引き回されて6失点の大屈辱を味わった。

すぐ3年後に再びパリでオリンピックが開かれる。
短くない時間だ。
東京で体感したことなどを、パリ大会のときに繰り返さないよう努めなければならない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング