キム・ハクボム号が6月"韓日戦"の可能性…日メディア「最終調整」
スターニュース



※一部要約

オリンピックサッカー代表の間で"韓日戦"評価試合が6月に行われそうだと日本メディアが伝えた。

日本の"スポニチアネックス"は18日、「6月12日の評価試合の相手に韓国が急浮上している」と日本サッカー協会の関係者を引用して報じた。

このメディアは「6月5日のガーナとの評価試合はすでに確定し、韓国戦も最後の調整中だという」として、「もし韓日戦が実現すれば互いの自尊心をかけた対決になるだろう」と説明した。

続けて「韓日戦は3月にA代表で評価試合(韓国の0-3負け)が繰り広げられたことがある」として、「オリンピック代表は東京オリンピックでトーナメントに並んで進出すれば8強戦で会うこともあり得るので、"前哨戦"の意味もある」と付け加えた。

U-23代表が行った韓日戦は2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会の決勝戦が最後だった。
当時、韓国は延長戦の末にイ・スンウとファン・ヒチャンの連続ゴールにより2-1で勝利、金メダルを獲ったことがある。
U-23代表が行った歴代戦績は16戦7勝4分け5敗で韓国が僅かにリードしている。



「アジア最高の男が来るって?」キム・ハクボムの"サプライズ発言"に日ビクッ
スターニュース



※一部要約

キム・ハクボムオリンピックサッカー代表監督がソン・フンミンの東京オリンピックワイルドカード抜擢の可能性に言及すると、日本メディアもビクッと驚いて関連ニュースを伝えた。

日本"サッカーダイジェスト"は29日、「韓国のメダル獲得の期待感を高める驚きの発言が出てきた」として、「キム・ハクボム監督は記者会見で"国民的英雄"ソン・フンミンのワイルドカード招集の可能性を言及した」と報じた。

このメディアは「キム監督は11人のワイルドカード候補を選び、その中にソン・フンミンが含まれていると明かした」として、「韓国ではソン・フンミンだけでなくファン・ウィジョのワイルドカード抜擢の可能性が高いという見解も多い」と付け加えた。

別の日本メディア"フットボールチャンネル"は「ソン・フンミンのワイルドカード出場の可能性が浮上した」として、「彼は日本だけでなく各国が警戒しなければならない選手」と言及した。
続けて「ソン・フンミンの特徴はドリブルと高いゴール決定力」として、「主に左サイドでプレーするが、両足の精度が高くてどちらのサイドでもゴールを炸裂させることができる。パスなどでチームメイトを活かすよりは、自らシュートでゴールを狙うスタイル」と説明した。

それとともに「ワールドカップ予選の日程と重なるだけにどうなるかわからないが、もしアジア最高の男がオリンピックに出場するなら皆が警戒しなければならない。今後の動向に関心が集まる」と伝えた。



"ボルドー破産"ファン・ウィジョ、マルセイユ行きの可能性?…「ベネデット去れば!」
インターフットボール



※一部要約

フランスのジロンダン・ボルドーで絶頂のゴール感覚を見せているファン・ウィジョがオリンピック・マルセイユとリンクされた。

フランス"lephoceen"は28日、「ボルドーが財政的な危機を迎えた。緊急の状況を処理するために選手団の整理は避けられない。様々な選手が売りに出されるとみられる中、マルセイユが関心を持つだけの選手が存在する」と伝えた。

ボルドーは23日、クラブのチャンネルで「コロナ19とメディアプロ(リーグアン中継業者)の撤退でフランスのサッカークラブは大きな財政的打撃を受けた。昨シーズンのリーグ中断による収入減少に続き、再び財政的な困難に直面することになった」と公式発表した。

同時に「クラブの大株主であるキングストリートがこれまで4600万ユーロ(約620億ウォン)ほど支援してきたが、これ以上クラブに財政的な支援をしないと明かした」として、「よって臨時代表を選任した。ボルドー会長はボルドーを裁判所に回付して保護することに決めた」と知らせた。

ボルドーは成績も良くない。
リーグ終了まで4試合を残している状況で10勝6分け18敗(勝ち点36)の16位に位置している。
降格プレーオフ圏の18位ナントとは5点差に過ぎない。
最近5連敗を記録しているだけでなく、13試合で1勝しかおさめられなかった。

そのような状況で"エクソダス"が予想されている。
メディアは「マルセイユが安い移籍金でボルドーの選手を獲得するかもしれない」として、注目の選手にヤシン・アドリやファン・ウィジョらを選んだ。

特にファン・ウィジョについては「ファン・ウィジョは今シーズンにリーグで11ゴールを記録した。マルセイユの最前方FWダリオ・ベネデットが去るなら獲得するかもしれない。ファン・ウィジョは左右のサイドを行き来して興味深い役割を与えられるだろう」と伝えた。



イ・ドンジュン「蔚山ファンの涙、二度とないよう最善」
韓国日報



※一部要約

蔚山と全北の2021シーズン初の"現代家マッチ"が行われた21日。
ホン・ミョンボ蔚山監督は競技場へ向かう前、クラブハウス内の視聴覚室に選手を呼び集めて映像から始めた。
相手戦術の点検かと思われた映像には、去年の蔚山の選手とファンの姿だけが入っていた。
挫折し、涙を流し、怒り、重苦しい選手の姿。
その後には彼らを見守るファンが嗚咽する姿が続いた。
去年の全北戦で見せた姿を集めた映像である。

今年、蔚山のユニフォームに着替えたイ・ドンジュンは「その映像をいつまでも忘れない」と語った。
全北戦の翌日の22日、蔚山の某所で会った彼は「私は去年の蔚山でプレーしていないが、蔚山ファンが涙を流す姿を見て"今年はあのファンの涙を止めたい"という思いが本当に強くなった」として、「たくさんモチベーションになったし、最後には必ず私たちのファンが笑えるようにしてあげたい」と力を込めて語った。

イ・ドンジュンがプレーした最初の現代家マッチは0-0の引き分けで終わった。
イ・ドンジュンは「この前水原三星に0-3で負けてから迎えた試合だったので、選手も勝利の意志がすごい試合だった」として、「ホームファンの前で全北に勝って喜びを差し上げたかったが、結果は残念だった」とした。



キム・ハクボム号、最上の組分け…ホンジュラス-ニュージーランド-ルーマニアとB組
イーデイリー



※一部要約

キム・ハクボム監督が率いるオリンピックサッカー代表が東京オリンピック本戦で最高の組分けになった。

韓国は21日、スイス・チューリッヒにあるFIFA本部で行われた2020東京オリンピックサッカーの組分け抽選の結果、ホンジュラス・ニュージーランド・ルーマニアとB組みに属した。
当初に期待していた最上の組分けと言っても過言ではない。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング