ワールドカップ初勝利の象徴が厄介者に…屋根が飛んでいったままのほろ苦い20周年
聯合ニュース



※一部要約

2002年の大韓民国サッカー史上初のワールドカップ本戦勝利の空間であり、韓国・北韓がアジア大会で手を取り合って入場したところ。

アジアード主競技場は大韓民国スポーツの象徴のような場所である。

だが大韓民国スポーツの聖地は、屋根の膜が剥ぎ取られたままの醜い姿で20周年を迎えている。

去年、台風メイサークのとき無残に破損した屋根の膜9枚が、依然として無様な姿で放置されているためだ。

アジアード主競技場の周囲を散歩していた市民のイ某氏(67)は「なくなった屋根の膜の間から、競技場の内部が見えるたびに残念」として、「かつてはここで大韓民国国民全員の注目を集めるほどのビッグスポーツイベントが開かれたのに…」と言葉を失った。

210207080206826a.jpg

アジアード主競技場は2002年のワールドカップと釜山アジア大会に備えて建てられた。

1993年に工事に入り、8年後の2001年に竣工した。
工費には2269億ウォンが投じられた。

釜山近海をそのまま移したようなうねる波形の屋根をはじめとして、全体の構造物が直線より曲線で調和と造形美に重点を置いて建築された。

造形美ばかりに気を使ったせいなのか。

大小の台風が通り過ぎるたびに、波を象徴する屋根は試練を経験した。

ワールドカップ直後、2002年の台風ルーサーを皮切りに2003年の台風マエミーが強打したときは、屋根の膜8枚が破損した。

2004年に市民団体から"底抜けの甕賞"の受賞作に選ばれたりもした。
"底抜けの甕賞"は意味そのままの、最悪の予算浪費の事例をいう。

釜山市体育施設管理事業所は"老朽化で当初設計されていた強風に耐えられない"と釈明したが、建設初期にも秒速40メートル以下の風で飛んでいった。

2001年から20周年を迎えた2021年まで、破損したものだけで何と29枚。

1枚あたりの補修費に2億~3億ウォンの予算を要するが、これまで20枚を交換するのに40億ウォンほど投じられ、維持・保守にも15億ウォンが追加で必要となった。

今回破損した9枚まで1枚あたり3億ウォンの費用で修理すると仮定すれば、20年間で屋根を修理して補修するだけで合計92億ウォンが必要となるわけだ。

210207080206826b.jpg

釜山市体育施設管理事業所は、屋根の膜の復旧方案の用役に予算2100万ウォンを投じて今月はじめから開始する。

だが用役の具体的な方案が出たとしても、当該の方案に沿った復旧予算が用意できるのかは未知数である。

一部では厄介者に転落した屋根の膜を完全に撤去したり、設計変更などをしなければならないと指摘している。

2002年以降、アジアード主競技場は屋根の膜によって活用度が落ちるという指摘が立て続けに提起されてきた。

建設当時、活用度を上げるために各種公演・イベントを同時にできる多目的スポーツコンプレックスを建てたが、大きな膜に覆われている構造のため芝の生育が上手く行かなかった。

そのためサッカーのAマッチが決まれば、6ヶ月以上文化イベントを行えなかった。

生育が不十分な芝による問題のため、ワンアジアフェスティバルなどの大きな文化イベントを開催して芝が毀損し、肝心なサッカーなどのスポーツ競技を開催できない寸劇が演じられたりもした。

管理に多額の費用がかかって利用料も高いため、プロサッカー団までアジアード競技場ではなく九徳運動場を利用している状況だ。

釜山市議会行政文化委員会のチェ・デウク議員は「アジアード主競技場の当初の設立目的はスポーツコンプレックスだったのに、デザインのために設計で芝の生育に適合できず、サッカーもまともに行われず、文化公演もまともに行われずにいる」と語った。

チェ議員は「今回の機会にアジアード競技場をしっかり活用できる方案が考慮されるべき」として、「屋根の膜を撤去するか、完全に新しい方式で補強されて韓国サッカーの聖地を復活させなければならない」と語った。



クォン・チャンフン-ソク・ヒョンジュン、実に惜しいリオオリンピックのホンジュラス戦
スポーツQ



※一部要約

クォン・チャンフンとソク・ヒョンジュンにとっては、2016年のリオデジャネイロオリンピックの結果が実に惜しくなりそうだ。
一緒に大会に出たソン・フンミンとファン・ヒチャンが後日、2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会優勝で兵役恩恵を受けた一方、2人はリオオリンピックのメダル獲得挫折から軍隊の問題に直結したからである。

クォン・チャンフンはKリーグリターンが迫っているように見え、ソク・ヒョンジュンは兵役忌避疑惑で刑事告発されてしまった。

国内サッカー専門誌のベストイレブンは29日、クォン・チャンフンのエージェントの言葉を借りて「クォン・チャンフンが来夏に水原三星に復帰し、金泉尚武(※2021年から尚州→金泉に移転)入隊を準備する予定」と単独報道した。

現在、ドイツ・ブンデスリーガのフライブルクでチョン・ウヨンと"チョンクォンデュオ"を結成して活躍しているクォン・チャンフンがヨーロッパで選手生活を続けるには、兵役義務を果たさなければならない。





イ・スンウはハクボムソン(※キム・ハクボム+ファーガソン)が差し出した機会を掴まなければならない
スポーツ京郷



※一部要約

2016年に韓国サッカーは新たな"10番のエース"が登場するだろうという期待感に興奮した。
当時、スペインの名門FCバルセロナのユースでプレーするイ・スンウがその主人公だった。
イ・スンウはその年、AFC U-16チャンピオンシップの日本との8強戦で1-0のリードをしていた後半、ハーフライン前から60メートルを単独でドリブルしてGKまでかわして決めたゴールによって、全世界的なスポットライトを受けた。
GKを含めて守備7人を無用の長物にしたこのゴールは、A代表を含めて歴代の代表で最高のゴールとも評価されるほど輝いた。
先の先制ゴールもやはり、ノールックパスから2対1のパスで守備の背後のスペースに侵入して作り出したイ・スンウの作品だった。

イ・スンウが11月中旬にベトナムの3ヶ国親善大会に出場する韓国U-23代表の招集を受けた。
キム・ハクボム監督のイ・スンウ抜擢は意外だと受け取られた。
イ・スンウは2018年のジャカルタ・パレンバンアジア大会に出場し、キム監督の指揮で金メダルを取った選手であり、すでに兵役特例の恩恵を受けている。
その後、2018年のロシアワールドカップではA代表選手で抜擢されるなど、上位レベルの選手だった。

イ・スンウは2011年、仁川ユナイテッド幼少年チームでプレーしていて、スペインの名門FCバルセロナのスカウトを受けた。
イ・スンウは2011~2012シーズン、26試合に出場して38ゴール18アシストを記録するなど、ずば抜けた技量を初披露して恐ろしいスピードで成長した。
小さい体格(170センチ)にもかかわらず同年代の選手の中で際立った技量を持ち、"コリアンメッシ"という別名も得た。
2017年にはFIFA選定のU-20ワールドカップで注目すべき選手にも選ばれた。



[公式発表] "イ・スンウ is BACK"キム・ハクボム号、エジプト親善大会のリスト発表
スポーツ朝鮮



※一部要約

イ・スンウが帰ってくる。

キム・ハクボム監督が率いるU-23サッカー代表は、11月のAマッチ期間(9~17日)を活用してエジプトの親善大会に出る。
ただし、規模が縮小された。
今大会は当初韓国、エジプト、サウジアラビア、ブラジルの男子U-23代表が出場するところだった。
だがサウジアラビアが参加を放棄した。
結局、4ヶ国大会から3ヶ国大会に規模が小さくなった。

キム・ハクボム号は今年はじめにタイで行われたAFC U-23チャンピオンシップで優勝し、東京オリンピック本戦行きのチケットを手にした。
変数が発生した。
コロナ19の全世界的拡散でオリンピックが1年延期になったのだ。
キム・ハクボム号もやはり伝染病予防のためしばらく練習を行えなかった。
先月、パウロ・ベント監督が率いるA代表との"スペシャルマッチ"で9ヶ月ぶりに辛うじて集まっただけである。
だが兄との一度の激突だけでは十分でない状況。

大韓サッカー協会はキム・ハクボム号がエジプトの親善大会で試合感覚を引き上げると展望した。


◇エジプトU-23親善大会の招集リスト

▶GK=ソン・ボムグン(全北)、アン・ジュンス(セレッソ大阪)、アン・チャンギ(水原三星)

▶DF=カン・ユンソン(済州)、キム・ガンサン(富川)、キム・ジェウ、チョン・スンウォン(以上大邱)、キム・ジンヤ (ソウル)、キム・ヒョヌ(イストラ)、ソル・ヨンウ(蔚山)、イ・ジェイク(アントワープ)

▶MF=キム・ドンヒョン(城南)、キム・ジョンミン(ヴィトーリア)、ペク・スンホ(ダルムシュタット)、イ・ドンギョン(蔚山)、イ・スビン(全北)、イ・スンモ(浦項)、イ・スンウ(シントトロイデン)

▶FW=キム・デウォン(大邱)、ソン・ミンギュ(浦項)、オ・セフン(尚州)、チョン・ウヨン(フライブルク)、チョ・ギュソン(全北)、チョ・ヨンウク(ソウル)、チョン・ソンフン(アウクスブルク)



全北の邦本"シュートチャンス"
ニュース1



※一部要約

28日、蔚山文殊競技場で行われた"ハナワンキューKリーグ1・2020"蔚山現代と全北現代の試合で、全北の邦本がシュートをしている。




歓呼する邦本
聯合ニュース



※一部要約

邦本がゴールを決めて歓呼している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング