急いだ日本と鈍かった韓国、7ヶ月で変わった運命
ニュース1




※要旨

去年のブラジルワールドカップが終わった後、監督選任で微笑を浮かべた日本と泣きべそをかいた韓国が7ヶ月で正反対の状況を迎えた。

日本は3日、ハビエル・アギーレ監督を電撃更迭した。
去年の7月にアギーレ監督を選任してから7ヶ月である。

ブラジルワールドカップで日本は1分け2敗と期待以下の成績でグループリーグから脱落した。
大会前に4強進出の自信を持っていたザッケローニ監督は、契約期間が満了してチームから退いた。

日本はザッケローニ監督の空席を早くに埋めた。
メキシコ代表やアトレティコ・マドリードなどを導いた名将アギーレ監督が新たに日本の指揮棒を取った。
日本の素早い仕事の処理と準備された姿は拍手を受けるに十分だった。



ソン・フンミンのゴールに対する日本反応・・・「韓国は嫌いだが底力に感服、日本も見習わなければ・・・」
アジア経済




※要旨

先月31日の待望の2015アジアカップ決勝戦でシュティーリケ監督が導く大韓民国サッカー代表チームとオーストラリアサッカー代表チームが対決し、拮抗した勝負を展開したが韓国が1-2で惜敗した。

これで韓国は準優勝を占めることになった。

この日の試合は決勝戦らしい手に汗握る拮抗した勝負が続いた。
前半45分にルオンゴがゴールを記録して0-1で前半が終了したが、ソン・フンミンが後半追加時間に劇的な同点ゴールを作った。

だが延長前半の終了直前にトロイジが決勝ゴールを炸裂させ、結局55年ぶりの優勝を狙っていた韓国は準優勝に終わった。

大衆はチャ・ドゥリの引退前最後の試合だったのでさらに物足りなさを示し、ソン・フンミンもやはり止めどなく涙を流した。

ソン・フンミンは試合直後、「多くのサッカーファンに申し訳ないが、個人的にはチャ・ドゥリ兄さんにもっと申し訳ないという気がする。私がもう少し役に立てることができれば良かったのに、その部分が惜しい」と伝えた。



[サッカー決勝] "ファインプレーショー"キム・ジンヒョン、「残念でまた残念だ」
OSEN




※要旨

「残念でしかない」

シュティーリケ監督が導く韓国サッカー代表チームは31日、2015アジアカップ決勝のオーストラリア戦で延長まで行く血みどろの戦いの末に1-2で惜敗した。
1988年大会以降27年ぶりに決勝の舞台に進出した韓国は、この日の敗北で1960年以降55年ぶりのアジア制覇挑戦に挫折した。
"ソンセーショナル"ソン・フンミンの劇的同点ゴールで延長線に突入した韓国は、オーストラリアに再び追加ゴールを奪われた。

たとえオーストラリアとの決勝戦で2ゴールの失点をしても、輝かしい活躍を繰り広げたキム・ジンヒョンは「いつでもゴールを許すことはあると覚悟していた。その部分に対する負担は大きくなかった。チームが勝つ方がより重要だった。無失点を意識すれば競技力そのものが悪くなるだろうと思っていた」として、「集中力とビルドアップをさらに整えることができると思う。Aマッチでプレーした選手として経験を積んだので発展する」と明かした。



韓国-オーストラリアのアジアカップサッカー、日本反応「決勝に相応しいすごい試合」
Newsen




※要旨

日本ネチズンが韓国-オーストラリアが行ったアジアカップ決勝に熱い関心を示した。

シュティーリケ監督が導く大韓民国サッカー代表チームは1月31日午後6時、シドニーANZスタジアムで開催国オーストラリアと行った2015アジアカップ決勝戦に、延長血みどろの戦いの末に1-2で惜敗した。
これで準優勝を記録した韓国は、55年ぶりに掴んだ優勝のチャンスを4年後に先送りしなければならなくなった。

韓国は決勝戦でオーストラリアのルオンゴに前半終了直前に先制ゴールを許したが、ソン・フンミンが後半追加時間に劇的な1-1の同点ゴールを放った。
だが延長前半、トロイジに逆転ゴール(※勝ち越しゴール)を許した韓国は結局1-2で惜敗して大会を準優勝で終えた。



豪、韓国に競り勝ち初V…サッカー・アジア杯
読売新聞

 サッカーのアジア杯は31日、シドニーで決勝が行われ、豪州が延長戦の末、2―1で韓国に競り勝ち、初優勝を果たした。

 豪州は前半終了間際、MFルオンゴのシュートで先制。韓国は、後半終了間際にMF孫興民(ソンフンミン)が決めて追いついた。突入した延長戦で、豪州は途中出場のMFトロイージが決勝ゴールを挙げた。豪州は、2018年ワールドカップ(W杯)の前年に開催地のロシアで行われるコンフェデレーションズ杯に出場する。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-00050117-yom-socc




[オーストラリア戦生生レビュー] "強い物足りなさ"韓国、オーストラリアに1-2の惜敗・・・アジア征服失敗
スポータルコリア




※一部要約

シュティーリケ監督が導く韓国A代表チームが延長の接戦の末に"開催国"オーストラリアの壁を超えられれずに55年ぶりのアジア制覇挑戦に失敗した。

これで韓国は優勝の門の敷居で惜しくも敗れ、再びアジア制覇挑戦を次の機会に先送りすることになった。




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング