代表DFキム・ヨングォン、ガンバ大阪と契約満了
スポーツトゥデイ



※一部要約

韓国サッカー代表の守備の核心キム・ヨングォンが日本Jリーグのガンバ大阪を去る。

ガンバは3日、クラブHPで「キム・ヨングォンが契約満了で2021シーズンを最後にチームを去ることになった」と発表した。

キム・ヨングォンは2010年にJリーグのFC東京でプロ生活を始めた。
その後、大宮アルディージャと広州恒大を経て2019シーズンにガンバのユニフォームを着た。

早くから適応したキム・ヨングォンは安定した姿を見せ、チームの核心選手としての地位を確立した。
2021年までの3シーズンの間に合計76試合で活躍した。



水原FC、バルセロナ出身イ・スンウ獲得 [オフィシャル]
MKスポーツ



※一部要約

韓国プロサッカーKリーグ1の水原FCが元代表イ・スンウと契約したと3日に発表した。

イ・スンウは2011年にスペイン・ラ・リーガのバルセロナ傘下のユースに入団した。
バルセロナU-15時代に29試合38得点で、クラブの大先輩リオネル・メッシの30試合37得点を凌駕して世界的な注目を浴びた。

19歳以下のチャンピオンズリーグに該当するUEFAユースリーグでも9試合2得点2アシストで可能性を示したが、成人Aチームに昇格できず2017年夏にバルセロナのキャリアを終えた。

イ・スンウは2017~2019にエラス・ヴェローナ(イタリア)、2021年にポルティモネンセ(ポルトガル)、2019~2021年にシントトロイデン(ベルギー)を経てイタリア・セリエA14試合1得点とセリエB26試合1得点3アシスト、ベルギー1部リーグ17試合2得点、ポルトガル・プリメーラリーガ4試合を記録した。



「韓日ヤングスターのイ・ガンイン×久保、マジョルカ救え」期待感
スポータルコリア



※一部要約

20歳の同年齢イ・ガンインと久保がマジョルカの得点力を向上させるか。

マジョルカは今シーズンのスペイン・プリメーラリーガで14位に留まっている。
降格圏の18位カディスと勝ち点差が4に過ぎない。

世界サッカーのニュースを扱うザ・ワールド日本版は先月30日、「韓日ヤングスターにすべてがかかっている。2人の左利きが14ゴールに終わっているチームを救わなければならない」と強調した。

メディアによると、マジョルカは攻守両面で問題を抱えている。
攻撃で期待される選手はイ・ガンインと久保のアジアヤングスターコンビだと言った。

久保がいない状況でイ・ガンインはマジョルカの前方で奮闘し続けてきた。
イ・ガンインは現在までにシュート20回、キーパス15回と二部門でチーム内2位だ。
プレー時間が701分しかないのにすごい数値である。

これまで負傷していた久保は11月28日のヘタフェ戦で復帰戦を行った。
マジョルカにとって大きな戦力になるだろう。
離脱前までにキーパスを9回記録した。
これはチームで5位だった。
イ・ガンインと久保が2列目で呼吸を合わせればシュートチャンスがさらに増える見通しだ。



南アフリカワールドカップ"16強の主役"キム・ジョンウ、"チョ・ミングク体制"の安山コーチ選任
インターフットボール



※一部要約

2022年に安山グリナースとともにするコーチングスタッフが新たに選任された。
安山は新任のチョ・ミングク監督とともに2022シーズンのチームを導くキム・ジョンウコーチ、イム・ジョンホンコーチの選任を発表した。

キム・ジョンウコーチは選手時代にKリーグ(蔚山、城南、尚州、全北)だけでなく日本、UAE、タイなど海外の舞台で遍く活動した。
また、代表としてアジア大会、アジアカップ、オリンピック、ワールドカップなどの国際舞台で走った経験も持つ。

現役時代に守備型MF、攻撃型MF、ワントップの状況でストライカーまでできた彼は、痩せた体格にもかかわらず優れた体力やサッカー知能、視野で不利な状況を克服して多方面で優秀な活躍を見せた。
特に2010年の南アフリカワールドカップではキ・ソンヨンのパートナーとして中盤の後方を担い、遠征ワールドカップの初勝利と16強進出を牽引した。

イム・ジョンホンコーチは選手時代に城南と蔚山を経てプロの舞台で活躍した。
1997年に母校の富平高に戻ってコーチとして指導者生活を始め、高麗大のコーチを経て2003年から富平高の監督としてチームを率いた。

ハ・デソン、イ・グノら代表級選手を育てたイム・ジョンホンコーチは安山でも若手選手の育成に力を注ぐ予定だ。



第2の"江蘇"事態?恒大、広州FCの売約を推進するか?
MHNスポーツ



※一部要約

中国の建設企業エバーグランデ(恒大)が"2兆2400億ウォン"を投じて建設した競技場を売却した。

26日、英国メディアのロイター通信は広州エバーグランデが"財務的な問題"でクラブの競技場を売却したと伝えた。

メディアは「エバーグランデ(恒大)グループは300万ドル(353兆ウォン)にあたる債務償還のため、事業を一つ二つ整理している。わずか一ヶ月前に核心事業に挙げていた電気自動車部門の一部持ち株の売却を検討しており、メディア業者であるホントンネットワークの持ち株すべて(18%)を売却した」と伝えた。

企業体を越えて今ではサッカーチームにも恒大の魔の手が伸びている。
メディアは「恒大は競技場を売却する計画であり、他に引き取り手がいなければ国有企業である広州市建設投資グループを通じて売却する方針」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング