[Interビュー] "1人3役"キム・ミンヒョク、「セレモニー練って、日本語通訳にサッカーまで」
インターフットボール



※一部要約

キム・ミンヒョクはあちこち訪ねる人が多く、シーズンでずっと忙しい日程を過ごしている。

CBキム・ミンヒョクは2019シーズンを前に、日本Jリーグのサガン鳥栖からKリーグの全北に移籍した。
3年契約を結んで今年が契約最後のシーズンである。
2019年にリーグ26試合に出場して1ゴールを決め、リーグが短縮された2020年には15試合に出て1ゴールを記録した。
新シーズンの準備に忙しいキム・ミンヒョクに全北完州郡のクラブハウスで会った。


─派手なヘアスタイルがまず目を引く。

プロフィール写真を撮影すると言うので新たに染めた。
最初は色がキレイだったのに、今は色が抜けた。
ところでプロフィール写真があまりにお爺さんみたいになった。
一年中、選手入場のときに使わないといけないので撮り直すか悩んだ。
でなければフォトショップでも要請しようかと思った。
結局は諦めた。


─全北は毎年大物選手を獲得したりする。だが今年はCBの獲得がなかった。

去年たくさんプレーしたとしても、今年もプレーできるという保証はない。
監督が変わったのでゼロベースから始まる。
(今年は契約最後のシーズンだ)なのでもっと上手くやらなければならない。
チームで献身的な姿勢で熱心にプレーすれば、良い機会がまた来るのではないかと思う。


─いつも愉快なセレモニーで大きな愛を受けている。ブラジルFWグスタボが「キム・ミンヒョクとセレモニーを議論する」と言っていた。

グスタボの性格はとても闊達だ。
ときどきは面倒である。
朝起きて目をこすっているのに、やってきてイタズラをする。
開幕まで10日あまり残っているが、グスタボがゴールを決めたらどういうセレモニーをするのか考えている。



"デート暴力→日退出"リョウヘイ、忠南牙山入団…「法的に問題ない」
OSEN



※一部要約

デート暴力で日本の舞台から消えたサッカー選手が忠南牙山に入団した。
Kリーグクラブの争奪戦が繰り広げられて論難が生まれている。

忠南牙山は22日、報道資料で「日本人MF道渕諒平を獲得した」と発表した。
登録名はリョウヘイ。
牙山は「2017年にJリーグのヴァンフォーレ甲府でプロの舞台にデビューしたリョウヘイは、2019年にベガルタ仙台に移籍し、2シーズンの間に38試合で6得点を上げてチームの主軸選手としての地位を確立した」と説明した。

ところがすでにリョウヘイは、忠南牙山入団前から論難があった。

去年10月に日本Jリーグのベガルタ仙台は、リョウヘイがデート暴力事件を起こしてチームから放出されたと発表した。
仙台はリョウヘイの行いについて謝罪した。

去年9月に日本メディアの報道で伝えられたリョウヘイのデート暴力は深刻な水準だった。
当時、道渕は交際していた女性を殴った容疑で宮城県警察に逮捕された。
リョウヘイが事件が広まってからしばらく試合に出られず、9月末に試合復帰した。



まだ開催地未定のACL、韓国はなぜ申し込まなかったのか
スポーツワールド



※一部要約

20201AFCチャンピオンズリーグの開催地が未定である。
どの国も開催申請をしなかった。
韓国プロサッカーKリーグもやはり申し込まなかった。
どういった理由のためなのか。

開催の申請には大きなメリットがある。
ホームアドバンテージを享受できる。
それでもただの一国も申し込まなかった。
費用の問題が決定的だ。
AFCの規定によると、1チームあたり1つの宿舎を確保しなければならず、部屋を1人一室割り当てなければならない。
感染を最小化するためである。
確診者が出たときに備え、隔離施設もチームごとに準備しなければならない。
出場チームも32から40に増え、費用負担は例年の数倍だ。
政府当局の許可にも従わなければならない。

韓国の状況も同じだ。
費用はともかく、我が国は外国から入国する場合、2週間の隔離が必須である。
国内のコロナ19拡散傾向が正されない状況で、多数の外国チームを招請するのは現実的に不可能だ。

韓国プロサッカー連盟の関係者は「外信を通じて韓国がACL誘致に興味があるという話を聞いたことはあるが、現在までに計画はない」として、「韓国の現状を考慮すれば不可能に近い。現実的に容易ではない」と伝えた。



【TOP】ユンソンヨル選手 契約満了のお知らせ

サポーターの皆さん、1年間ありがとうございました。
シーズン始まってから、昇格するために戦ってきましたが、成し遂げることができなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。来年は一緒に戦うことはできないですが、昇格してくれることを信じているし、応援し続けます。僕自身はまだまだサッカーを続けたいと思っているので、これからも応援してくれると嬉しいです。
本当にありがとうございました。

https://tochigi-city.com/new/team/2020/11/26/%E3%80%90top%E3%80%91%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%A8%E3%83%AB%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%80%80%E5%A5%91%E7%B4%84%E6%BA%80%E4%BA%86%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/




"引退"ユン・ソンヨル、ありがたいファンに向けて最後の挨拶…「一生忘れられません」
OSEN



※一部要約

「友人のように力になってくれたファンを一生忘れられません」

ソウルイーランド出身で日本の栃木でプレーしていたユン・ソンヨルが選手生活を終わらせる。
ユン・ソンヨルはソウルイーランドを通じて選手引退の便りを伝えた。



イ・スンウと同時入団した本田。とんでもない書類ミスで失業者の身分
JOBPOST



※一部要約

イ・スンウとともにポルトガルリーグのポルティモネンセに入団して国内でも話題になった本田圭佑が無籍の身分になった。
ポルティモネンセとの契約がキャンセルされたのだ。

本田は13日、自身のSNSでポルティモネンセとの契約が破棄されたという内容の掲示文を載せた。
本田がブラジルリーグでチームとの契約を解除してからやってきたがの12月。
だが自由契約身分で入団する場合、ポルトガルリーグでは10月から無所属の身分を維持しないと選手登録ができず、急いで移籍しなければならなかった本田はこの部分を正確に認知できないまま契約を結んだものとみられる。

とんでもないミスで所属クラブを失うことになった本田は「1ビットコインなら試合でプレーする」とセルフ広報に乗り出した状態。

多くの欧州リーグの移籍市場が2月1日を基に閉まった今、本田の次の行き先が注目である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング