"キム・スンギュフルタイム"柏、福岡に0-1の敗北…公式戦4試合無勝
インターフットボール



※一部要約

代表守門将キム・スンギュがフルタイムの活躍をした中、柏レイソルが"昇格チーム"アビスパ福岡に敗北した。

柏は9日午後2時、日本福岡県にあるベスト電器スタジアムで行われた2021シーズン日本Jリーグ1・13ラウンドで福岡に0-1で敗北した。

大韓民国代表の守門将キム・スンギュは先発出場した。
柏はキム・スンギュがゴールを守る中、3-4-2-1のフォーメーションで福岡遠征に出た。

柏のこの日の敗北でリーグ2試合無勝で、4試合無勝の沼に落ちた。
突風を起こしている"昇格チーム"福岡に敗れた柏は勝ち点13(4勝1分け8敗)でリーグ14位に落ちた。



金泉尚武、富川と0対0の引き分け…勝ち点1獲得
NEWSIS



※一部要約

金泉尚武が富川とのアウェイ試合に0対0で引き分けて貴重な勝ち点1を獲得した。

9日、金泉尚武プロサッカー団によると、前日午後に富川総合運動場で行われた"ハナワンキューKリーグ2・2021"11Rの富川FCとのアウェイ試合に0-0で引き分けた。

金泉は富川を相手に3-4-3のフォーメーションで試合に臨んだ。

ク・ソンユンがこの日、初の先発出場をして金泉のゴールを担った。

後半追加時間まで金泉の攻撃が続いたが富川のゴールは開かれなかった。

この日の引き分けで勝ち点1を獲得した金泉は15日、金泉総合運動場で"ハナワンキューKリーグ2・2021"12Rの大田ハナシチズンとのホーム試合を行う。



[チェ・ホヨンのサッカー行政] AFCテュビズの事例に見る韓国サッカーの閉鎖性克服のための道
ゴールドットコム



※一部要約

2014年8月、国内屈指のスポーツマーケティング代理店のスポーティズンがベルギー2部リーグAFCテュビズの買収を発表した。
現在、レアル・マドリードでプレーしているベルギー代表エデン・アザールのユース時代のクラブとしても有名なAFCテュビズを韓国のスポーツ専門企業が買収することになり、大きな期待感を持たせた。

大田シチズンのレジェンドであり元代表のキム・ウンジュンが現役引退後にすぐテュビズのコーチとなり、ファン・ジンソンやファン・ギウクらのプロ選手が1シーズンほど活動した。
続けて様々な有望株がテュビズに渡っていったが、良い事例を残せなくて復帰した。
日本やインドネシア、中国などの青少年代表選手もテュビズの門を叩いた。
その中で中国出身の選手はクラブに結構な移籍金を残して中国に復帰し、青少年代表にも選抜された。

AFCテュビズは韓国サッカーファンに、KBSのサッカーオーディションプログラムである青春FCで名前が知られた。
アン・ジョンファン、イ・ウリョン、イ・ウンジェら2002韓日ワールドカップの英雄が指導者として出て、プロサッカー選手になるのを失敗した若い選手にチャンスを与えるプログラムだった。
青春FCに選抜された選手は一つのチームを組んで練習し、練習試合もして技量を向上させた。
このとき、キャンプでベルギーに行ってテュビズの選手団と親善試合をした。
それを通じて韓国人が運営するベルギーのプロサッカー団として良いイメージを印象づけた。



[ソ・ホジョン] 鼻骨骨折でもマスクなしでプレーするオ・ジェソク、仁川の闘志を蘇らせる
フットボールリスト



※一部要約

25日に行われた仁川ユナイテッドと蔚山現代のハナワンキューKリーグ1・2021の12ラウンドで最も輝いた選手の一人はオ・ジェソクだ。
11ラウンドの城南FCとの試合から左ウイングバックではなく、利き足の右足を存分に使える右ウイングバックに移った彼はサイドをかき回した。
特に前半だけで3回のクロスをすべて成功させ、守備力に比べて攻撃力は物足りないという偏見を飛ばした。

事実、オ・ジェソクは現在リスクを甘受した状態で試合に出ているところである。
7日に行われた水原三星との8ラウンドの試合中に大怪我をした。
ボールを競り合う中で水原のFWカン・ヒョンムクの足がオ・ジェソクの顔面を強打した。
このシーンの後、オ・ジェソクは右目と鼻が腫れた状態で交代アウトとなった。
右目は衝撃による角膜出血が大きく、真っ赤になった。
仁川の関係者は「病院からすごく幸いだと言われた。少し位置が横に行っていれば視力を損傷するかもしれなかった」と語った。

つま先に当たった目と鼻の間の骨は骨折の診断を受け、病院からは手術を薦められた。
問題は手術時に3週間は最初から運動ができず、安静にしなければならなかった。
復帰のために体を作る時間を考慮すれば5~6週ほどの空白ができ、そうなるとAFCチャンピオンズリーグのグループリーグによる休息期の前まで試合に出られない。
前半期は事実上のアウトだった。

チョ・ソンファン監督とクラブは手術を受けるべきじゃないかと言ったが、オ・ジェソクが拒否した。
当時、仁川は2勝1分け5敗で降格権に徐々に落ちるところだった。
腫れが引いて目元からの出血がなくなるをオ・ジェソクが待つ間、全北に0-5で完敗したのを皮切りに、安養(FAカップ)と済州に0-3で完敗を喫して最大の危機を迎えた。
オ・バンソクまでアキレス腱の炎症で済州戦の後に守備ラインから離脱した。



"Jリーグの全北現代"川崎の無敵艦隊、9勝1分けで1試合あたり2.6ゴールの"火攻"まで似ている
スポーツ朝鮮



※一部要約

川崎フロンターレが日本Jリーグを支配している。
去年、圧倒的な競技力でリーグ優勝した川崎は今回の2021シーズン序盤も"無敵艦隊"の威容を見せている。
リーグ10試合で9勝1分け(勝ち点28)で単独首位を疾走している。

川崎は我が国の代表守門将をしていたチョン・ソンリョンが所属するクラブだ。
川崎は2010年代中後半から優勝圏に上がり、去年から驚くべき競技力でリーグを圧倒している。
Jリーグの全北現代と見ることができる。
川崎は昨シーズン、合計34試合でわずか3敗(26勝5分け)で優勝した。
2位のガンバ多さkとの勝ち点差は何と18にもなったほどだった。

川崎の高空行進は今シーズンも続いている。
開幕からリーグ10試合で9勝1分け、勝ち点28で単独首位である。
リーグ2位の名古屋グランパスと勝ち点5差。
川崎は10試合で26得点(6失点)を記録した。
1試合あたり平均2.6ゴールで、全北の"火攻"を連想させる。
多得点の試合を日常茶飯事のようにする。
直前のFC東京遠征で4対2、浦和遠征で5対0、仙台遠征で5対1の大勝を手にした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング