"実家"に短刀さしたイ・ヒョンシク+マサの合作品、"見えるか江原"
インターフットボール



※一部要約

また一つのストーリー。
江原出身のイ・ヒョンシクとマサが決定的な一発を合作し、実家チームの江原に短刀をさした。

大田ハナシチズンは8日午後7時、大田のハンバッ総合運動場で行われた"ハナワンキューKリーグ昇降プレーオフ"1次戦で江原FCを1-0で制圧した。
この日の勝利で大田は7年ぶりのKリーグ1昇格で有利な高地を取り、江原はKリーグ1残留のためにホームで2点差以上の勝利をおさめなければならない状況になった。

昇降プレーオフは1チームが無条件に落ちる残忍なゲームだ。
ホーム&アウェイで行われるため様々な話が出るし、特に両チームは理由の多いチームである。
まず両チームの司令塔であるイ・ミンソン監督とチェ・ヨンス監督の現役時代の縁が注目され、韓国サッカー最高の名勝負に挙げられる東京大勝の主役であるため大きの関心を集めた。

選手団ではマサとイ・ヒョンシクがストーリーの主人公だった。
イ・ヒョンシクは昨シーズンまで江原で活躍して今シーズン前に大田に入団し、マサは今シーズン前半期を江原で過ごしてから夏の移籍市場で大田のユニフォームを着た。
特にマサは多くの期待を受けて江原に向かったが、多くの機会を受けられずに大田へ移籍していた。



韓国、日本を抜いてAFCクラブランキング2位…ACLチケット3+1拡大の見通し
フットボールリスト



※一部要約

韓国がAFCクラブランキングで2位に上がった。

AFCは6日、公式HPで"AFCクラブ大会ランキング"を公開した。
韓国は95.462点でサウジアラビア(100点)に次いで2位に上がった。
日本は93.412点で3位に位置した。

AFCクラブ大会ランキングは2014年に始まったシステムで、最近4年間のクラブのAFCチャンピオンズリーグとAFCカップの成績を総合して点数をつける。

サウジアラビアはアル・ヒラルSFCのアジアチャンピオンズリーグ優勝の恩恵を受けた。
アル・ヒラルは2019シーズンと2021シーズンの2回ACL優勝をおさめた。
サウジアラビアクラブのアル・ナスルも2021年にACL準決勝に進出して点数を上げた。

今回のランキング調整でKリーグのACL出場チケットに肯定的な変化が予想される。
クラブランキング1・2位はACLチケット"3+1"が適用される。



「昇格に人生かける!」大田、昇降PO1次戦"無失点勝利"狙う
スポータルコリア



※一部要約

Kリーグ1昇格を狙う大田ハナシチズンが最終関門に到達した。
1つ目のボタンを上手くつけることが重要だ。

大田は8日午後7時、大田のハンバッ総合運動場で江原FCと"ハナワンキューKリーグ昇降プレーオフ"1次戦を行う。
大田はKリーグ2で3位を記録した後、全南ドラゴンズとFC安養を退けて昇降プレーオフに進出した。
江原はKリーグ1の11位で今回の昇降プレーオフに出ることになった。

Kリーグ1昇格を狙う大田の未来はわずか2試合で決まる。
6年待った。
大田は2015年に2部リーグに降格した後、毎シーズン昇格のために戦った。
特に昨シーズンにハナ金融グループとともに再出発をした後、一気に昇格候補1位として取り上げられた。
最終的に今シーズンの正規リーグを3位で締めくくった大田は全南(0-0引き分け)、安養(3-1勝)を制圧して最後の関門に到達した。

昇降PO1次戦は大田のホームで開かれる。
今回の対戦に勝てば昇格にかなり有利な高地を先取りできる。
Kリーグで昇降制が実施された後、1次戦で勝ったチームが昇格/残留する可能性は100%だった。
1次戦で引き分けてから次の試合で結果が決まる事例もあったが、1次戦で負けたチームが望む成果を上げたことはない。
大田が1次戦に死活をかけなければならない理由である。



イ・スンウ「ベルギーでプレーできなかった理由?私もわからない」…不当な差別主張
マネー・トゥデイ



※一部要約

サッカー選手イ・スンウが過去2年間、シントトロイデンで機会を保証されることができなかったことについて「私も理由がわからない」と抗弁した。

6日、ニュースメディアのスタートアップ中央UCNの公式ユーチューブ"UCN SPORTS"にイ・スンウのインタビュー映像が上がった。

イ・スンウは映像で、過去2年間のベルギープロサッカー・シントトロイデンで不当な差別を受けたと訴えた。
彼は「プレーできない理由がわかっていれば何でもしていたはずなのに、誰も私に言わなかった」として、「2年半という長い時間で監督や団長と話をしても、言い訳のような言葉で試合でプレーさせなかった」と語った。

続けて「私が選手としてできるのは練習場で最大限に見せることと、練習試合やカップ大会を通じて見せることしかなかった。一日も欠かさず練習して体の状態も良かったし、さらには練習試合でも私は良い活躍を繰り広げた。ところが私はいつもエントリーから外れて、練習試合でもプレーする機会を与えられなかった」と語った。



[ソ・ホジョン] 邦本がエースになると全北のすべてが変わった
フットボールリスト



※一部要約

2018年に慶南のユニフォームを着てKリーグに突然登場した日本人MF邦本宜裕はすぐにセンセーションを起こした。
光る創造性がKリーグで生き残れる機動力、パワーと出会って競争力が高まった。
2019年の慶南突風が1年で降格するという結果で消えた状況でも、邦本は"少年家長"の容貌を示した。
自身のKリーグ最初の所属チームは降格したが、彼は能力を認められてディフェンディングチャンピオンの全北現代に移籍した。

全北での競争は慶南時代とはレベルが違った。
イ・スンギ、キム・ボギョンが攻撃的な役割を代替できた。
モライス監督は邦本をウインガーに置いて最大限に活用しようとしたが、お似合いの服ではなかった。
昨シーズンの記録は25試合出場で2ゴール1アシストに終わった。
蔚山遠征でMOMに選ばれたのが最も輝いた瞬間だった。
FAカップ決勝2次戦では足首疲労骨折の負傷まで遭った。

負傷の余波で邦本の2021シーズンはスタートが遅れた。
4月11日に仁川とのホーム試合で交代出場して初めてグラウンドを踏んだが、5月まで体の状態がなかなか上がってこなかった。
同僚との呼吸も合わず、彼がスペースに送るパスは虚しくミスとなった。
全北ファンの間からも"独りでする想像パス"という表現で批判を受けた。

Kリーグで有名な選手が大挙集まる全北の練習場で最も目覚ましい技術を見せる選手だが、不思議と実戦ではその能力が100%発揮されることはなかった。
コーチ時代に獲得を強く推薦し、今や選手団の総責任者として邦本を活用しなければならないキム・サンシク監督も、もどかしくなるしかなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング