キム・ヨングォン、日ガンバ大阪と決別確定…Kリーグ行き可視化
マニアタイムズ



※一部要約

サッカー代表のCBキム・ヨングォンが現所属チームの日本J1リーグ・ガンバ大阪との再契約をせず、Kリーグ行きが表面化している。

ガンバ大阪は3日、クラブHPで「キム・ヨングォンが契約満了で2021シーズンを最後にチームを去ることになった」と伝えた。

ガンバ大阪との決別が確定し、自由契約選手(FA)になるキム・ヨングォンがKリーグでプレーする姿を見られるだろうという期待感も膨らんでいる。

先月、日本メディアはKリーグ1の蔚山現代がキム・ヨングォンを獲得するために大型オファーをしたと伝えた。

キム・ヨングォンはAマッチで85試合(4ゴール)もプレーした韓国代表の主軸DFである。



代表DFキム・ヨングォン、ガンバ大阪と契約満了
スポーツトゥデイ



※一部要約

韓国サッカー代表の守備の核心キム・ヨングォンが日本Jリーグのガンバ大阪を去る。

ガンバは3日、クラブHPで「キム・ヨングォンが契約満了で2021シーズンを最後にチームを去ることになった」と発表した。

キム・ヨングォンは2010年にJリーグのFC東京でプロ生活を始めた。
その後、大宮アルディージャと広州恒大を経て2019シーズンにガンバのユニフォームを着た。

早くから適応したキム・ヨングォンは安定した姿を見せ、チームの核心選手としての地位を確立した。
2021年までの3シーズンの間に合計76試合で活躍した。



水原FC、バルセロナ出身イ・スンウ獲得 [オフィシャル]
MKスポーツ



※一部要約

韓国プロサッカーKリーグ1の水原FCが元代表イ・スンウと契約したと3日に発表した。

イ・スンウは2011年にスペイン・ラ・リーガのバルセロナ傘下のユースに入団した。
バルセロナU-15時代に29試合38得点で、クラブの大先輩リオネル・メッシの30試合37得点を凌駕して世界的な注目を浴びた。

19歳以下のチャンピオンズリーグに該当するUEFAユースリーグでも9試合2得点2アシストで可能性を示したが、成人Aチームに昇格できず2017年夏にバルセロナのキャリアを終えた。

イ・スンウは2017~2019にエラス・ヴェローナ(イタリア)、2021年にポルティモネンセ(ポルトガル)、2019~2021年にシントトロイデン(ベルギー)を経てイタリア・セリエA14試合1得点とセリエB26試合1得点3アシスト、ベルギー1部リーグ17試合2得点、ポルトガル・プリメーラリーガ4試合を記録した。



"新たな挑戦"イ・スンウ、Kリーグ1水原FCと移籍交渉仕上げ [単独]
OSEN

211202172205108.jpg

※一部要約

新たな舞台への挑戦を準備中のイ・スンウの寄着地が故郷の水原FCになる雰囲気だ。

水原FCの関係者は2日、「これまでイ・スンウと熾烈な交渉をしてきた。その結果、イ・スンウ獲得に大枠で合意を終えた。シントトロイデンと契約を解除したイ・スンウ獲得の作業を仕上げている。大きな問題がなければ水原FCに合流する」と明かした。

イ・スンウは23日にシントトロイデンと契約を解除した。
新たな出発をする機会を掴んだ。

イ・スンウに様々なリーグが関心を示した。
MLSや日本Jリーグの複数クラブがイ・スンウ獲得に努めた。
また、スペインやドイツの2部リーグからもイ・スンウ獲得を打診してきた。
だがイ・スンウは常に関心を示してきた水原FCと契約を結ぶことになった。
消息筋は「現在、水原FCとイ・スンウの契約はほぼ終わった状況だ。イ・スンウもキム・トギュン監督をはじめとする水原FCの積極的な関心に感謝をあらわした」と説明した。



「韓日ヤングスターのイ・ガンイン×久保、マジョルカ救え」期待感
スポータルコリア



※一部要約

20歳の同年齢イ・ガンインと久保がマジョルカの得点力を向上させるか。

マジョルカは今シーズンのスペイン・プリメーラリーガで14位に留まっている。
降格圏の18位カディスと勝ち点差が4に過ぎない。

世界サッカーのニュースを扱うザ・ワールド日本版は先月30日、「韓日ヤングスターにすべてがかかっている。2人の左利きが14ゴールに終わっているチームを救わなければならない」と強調した。

メディアによると、マジョルカは攻守両面で問題を抱えている。
攻撃で期待される選手はイ・ガンインと久保のアジアヤングスターコンビだと言った。

久保がいない状況でイ・ガンインはマジョルカの前方で奮闘し続けてきた。
イ・ガンインは現在までにシュート20回、キーパス15回と二部門でチーム内2位だ。
プレー時間が701分しかないのにすごい数値である。

これまで負傷していた久保は11月28日のヘタフェ戦で復帰戦を行った。
マジョルカにとって大きな戦力になるだろう。
離脱前までにキーパスを9回記録した。
これはチームで5位だった。
イ・ガンインと久保が2列目で呼吸を合わせればシュートチャンスがさらに増える見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング