"EPLノッティンガム移籍説"ファン・ウィジョ、フランス2部リーグ交代出場
NEWSIS



※一部要約

今夏に巣を移す代表FWファン・ウィジョがフランス・リーグ2の試合で2回目の交代出場をした。

ボルドーは14日、リーグ2の3ラウンドホーム試合でニオールに1-0で勝利した。

後半16分にショーベトが決勝ゴールを決めた。

開幕から3試合無敗(2勝1分け)を走ったボルドーは、リーグ2位に位置した。

1ラウンドに交代で入って18分プレーしたファン・ウィジョは、2ラウンドを欠場した後、3ラウンドで再び交代でグラウンドを踏んだ。

ベンチから試合を始めたファン・ウィジョは後半43分に投入された。
攻撃ポイントは上げられなかった。



仏ブレスト、ファン・ウィジョ獲得再チャレンジ…移籍金33%↑
MKスポーツ



※一部要約

ファン・ウィジョがフランス・リーグアンのブレストの積極的な獲得推進対象という現地メディアの報道である。
一週間も経たずにオファーの規模を1/3以上増やしてきた。

12日、フランスサッカーメディアの"フットシュールセット"は「ブレストがファン・ウィジョを連れてくるため、ボルドーに移籍金400万ユーロのオファーをした」と伝えた。
300万ユーロで最初のオファーをしてから5日ぶりだ。

ブレストはファン・ウィジョに「今後もっとたくさんプレーできるようにする」として、出場時間を約束した。

ファン・ウィジョはフランス2部リーグに降格したボルドーに残る理由がない。
"フットシュールセット"は「ファン・ウィジョはヨーロッパランキング1位のEPLに進出したがっている。だがウォルバーハンプトンに行けば"ストライカーの3番手"の待遇を受けなければならない」として、主戦を保障するブレストとは状況が違うと比較した。



キム・ドフン監督、ライオン・シティと決別…相互契約解除
インターフットボール



※一部要約

キム・ドフン監督がライオン・シティと決別する。

ライオン・シティは11日、クラブHPで「ライオン・シティはキム・ドフン監督と決別することで相互合意した。我々は彼の奉仕に感謝し、彼の未来に幸運があるよう願う」と公式発表した。

キム・ドフン監督は就任シーズンにシンガポール・プレミアリーグで優勝して、初めてのリーグ優勝を味わった。
今シーズンも13勝3分け3敗の成績をおさめてリーグ1位に位置していた。

だが最近、芳しくない事件が起きた。
先月行われたタンピネスとの対決で相手コーチと衝突した。
結局、この事件がきっかけとなってライオン・シティと決別の手続きを踏むことになった。



プロサッカー連盟、Kリーグの外国人選手制度改正のための公聴会開催
OSEN



※一部要約

韓国プロサッカー連盟は来る11日、Kリーグの外国人選手制度改正のための公聴会を開催する予定だと9日に明かした。

今回の公聴会はKリーグの現行"3+1"外国人選手クォーター制度について、変化の必要性の可否、変化時に予想される影響などに関する各界専門家の意見を聴取して代案を模索するために用意された。

先だってACLは、今年2月の次期AFCチャンピオンズリーグ大会から、外国人選手クォーターを既存の"3+1"から"5+1"に拡大する方針だと明かしたことがある。

連盟は公聴会を皮切りにKリーグの外国人選手クォーター拡大の可否や範囲などに関して多様な意見をまとめ、年内に外国人クォーター制改正案を用意する方針である。



とうとう成し遂げた!大谷"104年"ぶりにルースと並ぶ…記録大宴会"二重の慶事"
マイデイリー



※一部要約

"野球の天才"大谷翔平が再びメジャーの歴史に一線を引いた。
104年ぶりの偉業はもちろん、メジャーリーグで初の10勝と同時に1シーズン最多奪三振、鈴木一朗のメジャーリーグ通算ホームランまで超える二重の慶事を迎えた。

大谷は10日、アメリカ・カリフォルニア州オークランドのリングセントラル・コロシアムで行われた2022メジャーリーグのオークランド・アスレチックスとの遠征対決で先発投手、2番打者として先発出場した。



この日、大谷はマウンドで6イニングの間に投球数91、4被安打3四球5奪三振の無失点でクオリティスタートを記録し、メジャーリーグ進出後に初めて二桁勝利を手にした。
最高球速はは99.3マイル(159.8キロ)。
打席では3打数2安打(1ホームラン)2打点2得点1四球で火バットを振り回して大記録を祝った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング