クォン・ギョンウォンJリーグの舞台で"デビューゴール"申告…ガンバ大阪、ヴィッセル神戸を2-0で撃破
ゴールドットコム



※一部要約

代表DFクォン・ギョンウォンが日本の舞台でデビューゴールを申告した。
最近、Jリーグで5試合無勝の沼に落ちて不振だったチームを救う決勝ゴールだったため、様々な麺で意義深かった。

クォン・ギョンウォンは8日、日本大阪にあるパナソニックスタジアム吹田で行われたヴィッセル神戸との2022J1リーグ12ラウンドのホーム試合に先発出場し、攻守にわたって大活躍を繰り広げて2-0の勝利を導いた。

4バックラインの左CBで出場したクォン・ギョンウォンは、昌子源と呼吸を合わせて後方を強固に守った。
堅固なフィジカルと老練な守備を基にして相手の攻撃を防いだ。
実際、クリア2回や奪取1回、タックル成功2回を記録し、ボールの競り合いで6回すべてに勝利して圧倒的なパフォーマンスを見せた。
その過程でファールは一度もおかさなかった。

単に守備だけの活躍ではなかった。
クォン・ギョンウォンは後方のビルドアップにも積極的に加担し、ボール運びでも影響力を行使した。
パスを58回試みて成功率は88%に達した。
ロングパス7回のうち、4回を正確に同僚へ繋げたりもした。



CSLも代表も開店休業、中国サッカーの時計が完全に止まった
ベストイレブン



※一部要約

中国サッカーの時計が完全に止まった。
中国サッカー代表の日程はもちろん、5月に入った現在、中国スーパーリーグもやはりいつ始まるのか未知数だ。

中国メディアの體壇周報によると、中国サッカー協会(CFA)は2022シーズンの中国スーパーリーグ開幕に関する日程の発表についてまだ明確な見解の発表がなく、さらには6月のAマッチ期間にしなければならないAマッチ開催の可否もかなり不透明だという。

理由はコロナ19のためである。
現在、上海などの大都市に強力な隔離措置を施行している中国内部の事情で、スーパーリーグとAマッチを正常に開催するのが難しい状況だ。

海外遠征でAマッチを行うとしても、かなり複雑な行政手順を踏まなければならないばかりか、中国スーパーリーグが開幕できない状況なので、選手のコンディションもやはり非常に良くないのが自明だという点も負担である。

中国スーパーリーグ開幕の日程がまだ確定していない点は、中国スーパーリーグでプレーするソン・ジュンホやカン・サンウら韓国サッカー代表選手にも良くない影響を及ぼす公算がかなり濃厚だ。
もう最終エントリー争いに本格的に火がついた状況であり、選手はKリーグや海外に関係なく、身を置く所属チームで最善を尽くしている。
だがこれら2人の選手はこのままなら開店休業状態に置かれる公算が大きい。
カタールワールドカップ出場を切実に夢見ている両選手にとって、中国の事情はひたすら息詰まるほかない。



日本メディア「鎌田大地、ヨーロッパ優勝の歴史作る…チャ・ボングンの伝説を継ぐ」
OSEN



※一部要約

鎌田大地がチャブームの伝説に挑戦する。

フランクフルトは6日、ドイツ・フランクフルトで開催された"ヨーロッパリーグ4強2次戦"でウェストハムに1-0で勝った。
1次戦に2-1で勝っていたフランクフルトは、2勝で決勝に進出した。

日本人アタッカーの鎌田はフルタイムを消化してチームの勝利に貢献した。
もう一人の日本人DF長谷部誠は交代リストにいたが出場機会はなかった。

フランクフルトがヨーロッパ対抗戦で決勝に進出したのは何と42年ぶりだ。
フランクフルトはチャ・ボングンがプレーしていた1979-80シーズン、ヨーロッパリーグの前身であるUEFAカップの決勝戦に上がり、メンヘングラッドバッハを退けて優勝した。

試合後、鎌田は自身のSNSに「この素晴らしいファンと一緒に歴史を作る」として優勝を誓った。

ゲキサカなどの日本メディアは「鎌田は威嚇的だった。彼がチャ・ボングンの伝説を継ぐ機会」として優勝を望んだ。



"早くも牽制開始"…ガーナ、ベント号の6月の評価試合に戦力分析官派遣
ニュース1



※一部要約

ベント号の2022FIFAカタールワールドカップ本戦の2番目の相手であるガーナが、来月に韓国の戦力を把握するため戦力分析官を派遣する。

ガーナメディアのガーナサッカーネットは7日、「ガーナサッカー協会が韓国の6月の評価試合に協会の戦力分析官を送る」と報じた。

韓国は2022カタールワールドカップ本戦でポルトガル、ウルグアイ、ガーナとH組に属している。





オ・セフンvsチョン・ソンリョン、コリアンJリーガー対決
スポーツ京郷



※一部要約

2人の太極戦士オ・セフン、チョン・ソンリョンが日本で対決を繰り広げる。

川崎フロンターレの主戦GKとして活躍しているチョン・ソンリョンと、今シーズン清水エスパルスのユニフォームを着ることになったオ・セフンがJリーグで会うことになった。
オ・セフンが蔚山現代所属だった去年9月、AFCチャンピオンズリーグ16強で会って名シーンを演出したことがある両選手が、日本で韓国サッカーの底力を見せるのか関心が集まっている。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング