ラ・リーガ韓中ダービー、イ・ガンイン"欠場"で"65分"ウー・レイの判定勝ち
スポーツワールド




※一部要約

スペイン・プリメーラリーガの韓日(※中の間違い)はイ・ガンインの欠場、ウー・レイの65分出場で、ウー・レイの判定勝ちに終わった。

イ・ガンインは欠場したが、バレンシアはスカッとする逆転勝ちを手にした。

バレンシアは2日午後9時、エスパニョールとの2019~2020スペイン・プリメーラリーガ12ラウンドの試合に2-1で勝った。
この日の試合はイ・ガンインとウー・レイの韓日(※中の間違い)ダービーとして世間の注目を集めたが、ウー・レイが先発出場した一方でイ・ガンインはベンチから起き上がることができなかった。





出場時間で韓中ダービーはウー・レイの判定勝ちになったが、これといった活躍は披露できなかった。



リトル太極戦士、U-17ワールドカップで劇的に16強進出…「強い前方プレスが奏効」
イーデイリー




※一部要約

韓国U-17サッカー代表がチリを下して2019FIFA U-17ワールドカップ16強に進出した。

キム・ジョンス監督が率いるU-17代表チームは3日、ブラジル・ビトリアのクレーベル・アンドラージ競技場で行われた大会C組3次戦で、ペク・サンフンとホン・ソンウクの連続ゴールによってチリを2-1で退けた。

韓国はGL2勝1敗(勝ち点6)を記録、3連勝のフランスに続いてグループ2位で16強行きを確定させた。
合計24ヶ国が出場した今大会は、合計6組の1・2位チームが16強に直行する。
残りの4枚は各組3位のうち好成績の4チームが手にする。

韓国がU-17ワールドカップ16強に上がったのは、2015年以来4年ぶりである。
韓国のこの大会の歴代最高成績は1987年大会の8強である。
当時は16ヶ国が参加し、GL突破後にすぐ8強に進出できた。

合わせて韓国サッカーは、本戦に直接参加したFIFA主管の男子年代別代表大会を基準として、2009年のU-20ワールドカップから10大会連続GL突破の記録を打ち立てた。

キム・ジョンス監督は「退くところがない試合で最善を尽くした」として、「先制ゴールが早く生まれて、楽に解いていくことができた」と明かした。
彼は「自分たちのスタイル通りに開始から強く前方プレスを展開したのが功を奏した」として、「客観的に強いチームであるチリが余裕を持ってプレーすると考え、より強く押し込んだ」と勝因を説明した。



中国も"リッピノーショー"に不満…「年俸260億ウォンを与えて何も言えない」
スポータルコリア




※一部要約

中国"新浪スポーツ"は先月31日夜の報道で「中国サッカーにとってリッピは神も同然だ。リッピが非常識な提案をしても、中国サッカー協会はそれに応じるしかない」と強く批判した。
このメディアはリッピのキャプションに「金がいいのか?」と露骨な非難の意味を含ませた。
リッピ監督は中国サッカー協会から年俸2000万ユーロ(約260億ウォン)を受けていることがわかった。

リッピ監督は12月に釜山で行われるE-1チャンピオンシップで、中国代表を指揮しないと宣言した。
この大会に向かう中国代表もやはり、2軍級で構成する予定である。

中国メディア"21世紀体育"も「もちろんワールドカップ予選がリッピにとっては最重要な試合である。だが東アジアカップも厳然たる公式的な代表の大会だ。この大会が中国サッカーにとって重要ではない大会かと言えば、そうではない」と遠回しに批判した。

このメディアは「東アジアカップでは韓国と日本もやはり、ヨーロッパでプレーする選手が参加できない。韓国と日本はヨーロッパ派の選手が川の水のように流れて溢れている」として、「だが韓日の国内派選手は東アジアカップに真剣に臨む。代表監督にしっかり実力をアピールできるチャンスだからだ」と語った。

韓国と日本は代表内の競争が自然と激しくなる反面、中国サッカー協会がリッピの言いなりになってE-1チャンピオンシップを最初から"捨てる大会"の扱いをしたことに対する批判である。

中国メディアはリッピの代わりにE-1チャンピオンシップで中国の指揮棒を取る李鉄監督(武漢卓爾)にそれなりに期待している。
42歳の若い指導者が今シーズンの中国プロサッカーで突風を起こしている力で、今回のE-1チャンピオンシップで中国指導者の力を見せてくれと言っているのだ。



韓国代表ユニに「リポD」広告があって問題視。「韓国野球の威厳が地に落ちた」とも

WBSCプレミアに挑む野球韓国代表チームがユニフォームに日本語で書かれた『リポビダンD』広告パッチを袖に付着していることが問題視されている。

韓国野球委員会(KBO)が改善に向けて最善を尽くしているが、資本の論理がまず先なので変更するかどうかは不透明だ。

2020年東京五輪の本大会進出を狙う野球韓国代表は、本大会への出場切符がかかったプレミア12を準備するため、11月1日、プエルトリコ代表と強化試合を行った。 試合は4-0で韓国が勝利したが、以前になかった広告が韓国代表ユニフォームにあり、注目を集めた。

当初支給されたユニフォームには、KBOが独自契約した「シェル ・ヒリックス エンジンオイル」の広告だけが付着していた。

ただでさえ、野球韓国代表のユニフォーム会社が日系企業のデサントであることから不適切だという議論が起きている今日この頃だ。

デサントは韓日関係が冷え込む前にいわゆる救援投手として代表チームへの支援を約束した。2013年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)までユニフォームスポンサーだったナイキとの契約が終わったため、登場したのがデサントだ。

デサントとは2021年までユニフォームスポンサー契約が締結されている。 他のスポンサーを探すのも難しい状況なので、KBOだけでなく大韓野球ソフトボール協会(KBSA)も手をこまねいているしかないのが実情だ。

そんな中、韓国代表ユニフォームの右袖にカタカナで「リポビタンD」の文字が取り付けられた。

リポビタンDは、日本の大正製薬が開発した滋養強壮飲料だ。韓国では、東亜製薬が販売しているバッカスと商標や味が似ていて論争が巻き起こった飲料だ。

https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=7404




191101223659498a.jpg

191101223659498b.jpg



"ボレーシュートにマルセイユターンまで"イ・ガンインは"セカンドトップ"で光った
スポTVニュース




※一部要約

バレンシアは31日午前3時、メスタージャで行われた2019-20シーズンのスペイン・プリメーラリーガ11ラウンドで、セビージャと1-1で引き分けた。
前半終盤に失点したが、後半の同点ゴールで勝ち点1を得た。

セラーデス監督はイ・ガンインの先発カードを取り出した。
アトレティコ・マドリード戦退場の懲戒が解けた後に下した決定だった。
バレンシアの攻撃資源が立て続けの負傷に苦しみ、イ・ガンインに攻撃的任務を任せた。

U-20ワールドカップでプレーした席だった。
セカンドトップとしてフリーロールの攻撃型MFとサイドを行き来した。
自由なイ・ガンインは活発だった。
前半12分に左サイドの突破の後、マルセイユターンでCKを誘った。
3分後にはマキシ・ゴメスに鋭いクロスを飛ばした。

フェラン・トーレスのクロスを受けてからのシュートも印象的だった。
ペナルティボックス付近で、右足ボレーシュートでセビージャの肝を冷やした。
専売特許の左足で正確に当てれば得点まで可能なシーンだった。

イ・ガンインはセビージャ戦でプロデビュー1年を迎えた。
68分間熱心にグラウンドを走り、バレンシアの攻撃に活気を吹き込んだ。
セビージャ戦でキーパス2本、パス成功率90%を見せて評点6.7を受けた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング