[CSLレビュー] チェ・ガンヒの大連、ホームで武漢に1-2負け…4G無勝
インターフットボール




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が率いる大連一方が、"最下位"武漢卓爾に敗北した。
これで大連は4試合勝利できず、不振から脱することができなかった。

大連は11日午後4時30分、大連スポーツセンターで行われた2019中国スーパーリーグ9ラウンドのホーム試合で、武漢に1-2で敗れた。
この日の敗北で大連はリーグ9試合で1勝4分け4敗を記録し、13位に落ちた。

前半序盤から激しい試合が続いた。
前半だけで3枚のイエローカードが出た。

後半は大連が攻撃を主導し、武漢がカウンターをする形で進んだ。
大連は立て続けに武漢のゴールを攻撃したが、むしろ後半13分に武漢に先制ゴールを許した。
後方から来た好パスをレオが右足の正確なシュートでゴールネットを揺さぶった。

だが武漢のリードは長くなかった。
大連は後半21分、好パスを受けたカラスコがGKを軽くかわして押し込み、同点ゴールに成功した。

勢いを掴んだ大連はその後に何度かチャンスを手にしたが、ゴールに結びつけることができなかった。
チャンスを活かせなかった大連は結局、後半43分に武漢のクアシに逆転ゴールを許して跪いた。



"モウラハットトリック"トッテナム、アヤックス戦で3-2の大逆転勝ち…UCL決勝行き
スポーツソウル




※一部要約

ソン・フンミンがフルタイムをプレーした中、彼の所属チームであるイングランドのトッテナムが3-2の大逆転勝ちを手にして史上初のUEFAチャンピオンズリーグ決勝のチケットを握った。
トッテナムは9日、オランダ・アムステルダムのヨハン・クライフ・アリーナで行われた2018~2019UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2次戦のアヤックスとの遠征試合で、後半にルーカス・モウラがハットトリックを炸裂させて3-2で勝った。
遠征多得点の原則により、劇的に決勝進出に成功した。

トッテナムは前半だけで2失点して、反転の糸口を見つけられなかった。
2試合合わせて0-3で大きく遅れを取ることになった。
逆転は不可能に見えた。

だが1986年のメキシコワールドカップの得点王であり、有名な解説者のギャリー・リネカーはSNSに「0-3がひっくり返ったのはいつだったか」として、前日に4-0の大勝を手にして遠征試合の0-3の完敗を挽回したリバプールの事例を取り上げた瞬間から、トッテナムも変わり始めた。
ポチェッティーノ監督は後半開始と同時にMFビクター・ワニアマを変えて長身FWフェルナンド・ジョレンテを入れ、最後の勝負の賭けに出たが、これが攻撃優位を確保して大反転の出発点となった。






[ファクトチェック] KFA、2020年コパ・アメリカの参加要請をされたがなぜ不可通知を
スポーツ朝鮮




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が2020年の"コパ・アメリカ"に招待されたが、様々な条件的に不参加を決めていたことが確認された。
来年のコパ・アメリカは第47回大会で、アルゼンチンとコロンビアが共催する。
サッカー協会は先月、大会組織委員会から大会参加要請をオファーされ、内部のAマッチTFチームで総合的に出場の有無を検討したが、来年のワールドカップ地区予選の日程や選手選出などの障害物を考慮し、不参加の意志を大会組織委員会に通知した。

コパ・アメリカは歴史と伝統を誇る、南米最高のサッカー代表を決める国家対抗戦の大会である。
ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、コロンビアら南米サッカー連盟(CONMEBOL)所属10ヶ国と招待2ヶ国を含めた計12チームが参加する。
2020年大会は6月12日から一ヶ月間行われる。

大会組織委は非南米国から、韓国をはじめとして中国・カタール・アイスランドの4チームに参加要請書を送って意志を尋ねた。
サッカー協会は韓国サッカーの国際競争力強化のための非常に良い機会だと判断、コパ・アメリカ参加の有無を多角的に検討した。
結論は"参加不可"だった。

この時期にベント号を正常に稼働するのは難しいというのが最大の障害物だった。
コパ・アメリカに先立ち、6月はじめに2020年のカタールワールドカップアジア予選のマッチが決まっている。
ワールドカップアジア予選とコパ・アメリカを同時に準備する時間的余裕がない。
当然、重心をワールドカップ予選に置くしかなく、大雑把に準備するにはコパ・アメリカが負担の大きい大会という判断を下した。



[現場REVIEW] "アンフィールドの奇跡!"リバプール、バルサに4-0で大勝…CL決勝進出(合計4-3)
スポTVニュース

190508060512057.jpg


※一部要約

リバプールがアンフィールドで奇跡を起こした。

リバプールは8日午前4時、アンフィールドで行われた2018-19UEFAチャンピオンズリーグ4強2次戦でバルセロナに4-0で完勝、1・2次戦合計4-3で劇的な4強(※決勝の間違い)進出を確定させた。
1次戦の遠征に0-3で敗れて奇跡を望まなければならなかったが、その奇跡を現実に起こした。


190508060512057a.jpg

190508060512057b.jpg

190508060512057c.jpg

190508060512057d.jpg


リバプール4-0(1-0)バルセロナ
合計スコア4-3
得点:7 '78' オリギ、54 '56' ワイナルドゥム /



"サッカー外交乱脈の様相"政府が出なければならないとき
デイリアン




※一部要約

大韓民国は去年2月、全世界人の祭典である平昌冬季オリンピックを成功裏に開催し、世界万国に位相を轟かせた。

オリンピックを通じて私たちの産業や文化などを積極的に伝えて国家ブランドについての理解や好感を高め、これは国際関係での影響力増大も大いに牽引した。

特に北韓との関係において、単一チームの参加や合同芸術公演などで南北交流に尽力し、スポーツを前面に出したスポーツ外交が両国間の関係回復に肯定的な影響を与えた。

このように、スポーツ外交は他国との友好増進に多大な影響を与える。
単にスポーツだけでなく、さらには国家間の外交に発展してより大きな波及効果を享受することも可能となる。

平昌オリンピックでは南北関係に肯定的な影響を与え、第3次南北首脳会談と北美首脳会談にまで続いたりもした。


190506060122943a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング