北京国安「アジアクォーターが復活してこそキム・ミンジェ獲得」
マイデイリー




※一部要約

中国スーパーリーグの北京国安が、キム・ミンジェ獲得実現は中国サッカー協会のアジアクォーター復活にかかっているという意を示した。

北京国安のリー・ミン理事は6日、中国北京のスポーツ放送プログラム"スポーツナイト"に出演し、北京国安のキム・ミンジェ獲得説についての考えを明かした。
北京国安は最近、キム・ミンジェにオファーをした中、900万ドル(約100億ウォン)の移籍金と4年の年俸総額1500万ドル(約168億ウォン)を提示したと伝えられた。

リー・ミン理事はキム・ミンジェ獲得に関して、契約書にサインしてないと伝えつつも、「コーチ陣と意見をやり取りしている。新シーズンにアジア傭兵の席があるなら、私たちはCBを補強することを望んでいる」と伝えた。
また、「AFCチャンピオンズリーグではアジアクォーターを活用できるが、中国スーパーリーグのアジアクォーターは中国サッカー協会の決定を待たなければならない。キム・ミンジェ獲得では様々な選択の方法がある」と付け加えた。

中国スーパーリーグは今年にアジアクォーターを廃止し、キム・ヨングォン(広州恒大)ら多くの韓国選手が制度的な問題で所属チームの試合に出場できなかった。
一方、中国スーパーリーグは2019シーズンから再びアジアクォーターを復活させる可能性が高いと予想されている。



日の期待感上昇、"新たなビッグ3"並んで得点砲稼働
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本サッカー界が揺れている。
新たなビッグ3の誕生に期待感をあらわしている。

日本メディアのスポーツ報知は4日、「日本代表の顔とも言える南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、堂安律(フローニンゲン)がリーグですべてゴールを決めた。新たなビッグ3が並んでチームの勝利に貢献し、2019UAEアジアカップ出場で肯定的な姿を見せた」と報じた。




EPLウォルバーハンプトン、"日新星"中島獲得秒読み
スポーツアジア




※一部要約

日本サッカー界の新たな星に浮上したポルティモネンセのウィンガー中島翔哉のビッグリーグ入りが秒読みに入った。

ポルトガルメディア"ア・ボラ"は6日、イングリッシュ・プレミアリーグのウォルバーハンプトン・ワンダラーズとポルティモネンセが中島翔哉の移籍交渉が仕上げの段階に至ったと報じた。
移籍金は約2000万ユーロ(約260億ウォン)と予想されるとこのメディアは付け加えた。

昨シーズン29試合に出場して10ゴール10アシストを記録し、ヨーロッパの舞台に軟着陸した中島は、俊足を主な武器にしたドリブル突破能力や鋭いクロス、冷静なフィニッシュ能力を持っていて、ヨーロッパで高い評価を受けてきた。



2018シーズンの観客数で見る韓中日プロサッカー
毎日経済




※一部要約

アジアサッカーの中心は韓国、中国、日本が属する北東アジアである。
アジアの虎・韓国はワールドカップだけで1986年から9回連続で出場し、計10回出場した。
10回出場はアジア最多出場数であるのはもちろん、世界の舞台でも15番目に該当する。
ワールドカップ最高成績は4位とアジアで断然独歩的だ。

韓国ほとではないが日本もまた盟主の役割を担ってきた。
ワールドカップ本戦デビューは少し遅い1998年が最初だったが、その後は一度も欠かすことなくワールドカップ本戦の舞台に皆勤している。
本戦16強を3回も経験し、オリンピックでもかつて銅メダルを取ったことがある。

中国は韓国や日本と比べてまだ道程が遠い。
ワールドカップ本戦の舞台に一度進出しただけで、国際舞台でこれといった成績を出すことができていない。
だがプロリーグを中心に、ここ数年間発展している。
中国のプロサッカーリーグであるスーパーリーグの舞台には、オスカルやハルクのような最高の選手が天文学的な金額を受けて活躍している。
今後がさらに期待されているのが中国サッカーである。

サッカーの競技力だけで見たとき、北東アジアのこの3ヶ国の順位は長らく韓国・日本・中国の順だった。
だが今は日本がほぼ韓国と対等なレベルまで上がってきたと評価され、中国が両国を追いかけている姿だ。

だが各国のプロサッカーリーグを見たときは少し異なる様相である。
皆が共感しているように、各国のプロサッカーリーグはその国のサッカーのレベルを示す根幹であり、柱のような存在だ。
サッカーに関する限りは先進国の集合体と言えるスペイン・ドイツ・フランス・イタリア・英国など、ヨーロッパの主要なプロリーグはすべて現代サッカーをリードしていて、ワールドカップでも最上位圏の成績を上げている国である。
つまり、プロリーグのレベルは即ちその国のサッカーを映す鏡のようなものだ。



[単独] キム・ミンジェ、北京国安から"100億"のラブコール
日刊スポーツ




※一部要約

プロサッカー全北現代のDFキム・ミンジェ(22)が、中国クラブから巨額のラブコールを受けている。

中国スーパーリーグに詳しい消息筋は4日、「北京国安がキム・ミンジェ獲得のため、全北に900万ドル(約100億ウォン)を提示した」と語った。
年俸は300万ドル(約33億円)に達すると推定される。
北京国安の団長が先週すでに訪韓し、全北のクラブ関係者と一度ミーティングしたことがわかった。
北京国安の他にも複数の中国クラブがキム・ミンジェ獲得に注力しているところだ。

身長190センチ、体重88キロでガッシリとした体格を備えているキム・ミンジェは、空中戦と対人守備に強く、スピードに優れてカウンター遮断能力も卓越している。
2017年に全北のユニフォームを着てプロデビューしたキム・ミンジェは、初シーズンから主戦の席を奪ってリーグ29試合(2ゴール)でプレーした。

彼は今シーズンも変わることなく全北守備陣の一軸を担い、チームのKリーグ1・2連覇に貢献した。
3日に行われたKリーグ授賞式では2018年のベストイレブンに選ばれた。
パウロ・ベント代表監督にも重用されているキム・ミンジェは、異変がない限り来年1月に行われるアジアカップの舞台でも走る見通しだ。



ト・ジョンファン「FCバルセロナ、南北単一サッカーチームとの試合を要請」
ソウル新聞




※一部要約

スペイン・プロサッカーの名門クラブFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてたことがわかった。

ト・ジョンファン文化体育観光部長官は、大山文化財団が発行する季刊"大山文化"冬号に掲載されたインタビューで、南北関係で発生する難局を克服する方法を説明し、その内容を明かした。

ト長官は「サッカー選手のリオネル・メッシが所属するFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてきた」として、「多くの国で南北がともにする隊列に参加すると言っている」と説明した。

また、「2032年にオリンピックを共催しようという提案を南北首脳が発表すると、すぐ国際オリンピック委員会(IOC)がどうやって交際するのかスイスのIOC本部を訪れて説明してほしいという書簡を送った」とも伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング