「監督を信じます」…現場で確認した"ユン・ジョンファンマジック"の実体
ジョイニュース24




※一部要約

セレッソ大阪の今シーズンの善戦には理由があった。
ユン・ジョンファン監督と選手団の間にできた強い信頼がその土台だった。

セレッソ大阪は18日、横浜の日産スタジアムで行われたJ1リーグ32ラウンドの横浜Fマリノスとの試合で4-1の完勝をおさめた。

序盤は全体的に選手の体が重く見えた。
それもそのはずで、ルヴァンカップ優勝から約3週間ぶりの実戦だった。
代表に消臭された選手を除けば、全員実戦がなかった。
弱り目に祟り目で、FCバルセロナ出身のダビド・バブンスキに電光石火のようなミドルシュートを許し、点数でも遅れを取った。

だがその後は守備ラインとブラジル出身の外国人選手ソウザを中心としたMFのラインが安定した。
後半には選手の動きがかなり改善された。
運動量も多くなり、自然と守備ラインを極端に下げた横浜を圧迫した。
攻撃型MFの清武弘嗣と柿谷曜一朗が、ずば抜けたパスと呼吸で守備を崩した。
ユン・ジョンファン監督の愛弟子である水沼宏太も特有の才気溢れる動きを見せ、現日本代表の杉本健勇は打点の高いヘディングはもちろん、ラインを崩す最前方ストライカーとしてプレーした。
守備では仁川ユナイテッドでプレーしたヨニッチが猛威を振るった。
4-1で勝利し、内容はもちろん結果まで手にした。

この勝利でセレッソ大阪は4連勝を走った。
18勝6分け8敗の勝ち点60でリーグ3位を守った。
4位の柏レイソルとの勝ち点差は2点である。
だが様々な面でACL出場の可能性はどのチームよりも高い状況だ。

そこにユン監督のセレッソ大阪は、2017YBCルヴァンカップでも優勝した。
1995年にヤンマーディーゼルサッカー部からセレッソ大阪に名前を変えてJリーグに参加して以降、初めて取った優勝カップである。
試合後に選手全員がユン監督を胴上げするシーンも見られた。
そこにリーグでも高空行進を続けていて、鳥栖時代以上の最高の一年を経験している。

試合後の公式記者会見でユン・ジョンファン監督も今シーズンの、特に最近の流れに大きく満足しているようだった。
彼は「選手にとってカップ大会優勝が大きな経験になったようだ」として、「序盤は明らかに良くなかったが、選手が蘇る姿を見せることができた。カップ大会の経験を活かし、この日の試合でも大勝をおさめられたのではないかと思う」とチーム員を讃えた。



[APBC] "実力差痛感"ソン・ドンヨル号、日本に雪辱失敗…準優勝で仕上げ
マイデイリー




※一部要約

韓国は予選で日本に喫した敗北を雪辱できなかった。

ソン・ドンヨル監督が率いる韓国野球代表は19日、東京ドームで行われた2017アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)の日本との決勝戦に0-7で敗れた。
韓国は日本との予選敗北の雪辱に失敗し、準優勝で大会を終えた。


20171119220451182a.jpg

20171119220451182b.jpg

20171119220451182c.jpg



「仁川、私の人生で重要なチーム」…ヨニッチは相変わらずだった
ジョイニュース24




※一部要約

マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)は相変わらず仁川ユナイテッドを胸に抱いていた。

彼は2015年に仁川に入団し、2シーズン大活躍した。
188センチ83キロの堂々たる体躯と堅固な守備、制空権の掌握能力はKリーグクラシックでも屈指だった。
仁川の特級DFというニックネームまで得たし、2シーズン連続でベストイレブンに上がる気炎を吐いた。
そのような守備力が認められ、今シーズンを前に日本プロサッカーJ1リーグのセレッソ大阪に移籍し、ユン・ジョンファン監督の指導を受けている。

今シーズンのJリーグでも猛威を振るっている。
2試合だけ74分と79分を消化したのを除けば、すべての試合でフルタイムを消化し、ユン・ジョンファンマジックの後方支援軍の役割をしっかりと果たしている。

18日、日本横浜の日産スタジアムで行われたJ1リーグ32ラウンドの横浜Fマリノスとの試合でも彼はCBとして出場し、フルタイムを消化してチームの1-4の大逆転劇に力を加えた。
この日の後半42分、CKの状況で攻撃に加担した彼は、杉本健勇のヘディングが自分の足の前に出ると、すぐに集中力を発揮してゴールを割った。

試合後に共同取材区域で会った彼は、韓国から来た記者を見て喜んだ。



[インタビュー] キム・セユン元サッカー代表チーム技術分析官、「分析専門家の育成も韓国サッカー発展に必須」
スポーツ東亜




※一部要約

日本サッカーは2017年に大きな躍進の機会を迎えた。
英国のスポーツ中継業者のパフォームが日本Jリーグに年間2500億、10年間で2兆5000億ウォンを投資することに決めたのである。
暮らしが良くなったJリーグは、アジアクォーターを既存の1枚から2枚に拡大し、それに対して韓国選手の日本進出の機会も広がった。

ところが単に"選手"だけに焦点を合わせる必要はない。
クラブのフロント進出も次第に活発になる傾向だ。
ベガルタ仙台でキム・ヨンサムスカウト、ガンバ大阪でイ・チャンヨプフィジカルコーチが活動中の中、韓国人スタッフにも関心がかなりある。

大学チームだけで400余りに達する日本のアマチュアサッカーシステムも興味深い。
基本的にプロ入団を目的にするが、"選手"以外の進路教育も活発である。
早期に指導者ライセンスを取得でき、その他に戦力分析やフィジカル専門家などで生きていけるように助ける。

国内の18歳以下(サンウ高)、22歳以下(ソウルデジタル大学)のクラブを運営してきたエースウェイ(Aceway・代表ナム・ギム)は日本大阪に"Aceway Japan"を設立、選手~指導者をはじめとする様々なサッカー人の育成に乗り出している。
プロ進出に失敗した高校卒業者を対象に1年間の練習と語学を併行し、もう一つのチャンスを提供して脚光を浴びている。

中心にはキム・セユン"Aceway Japan"強化部長がいる。
Kリーグクラシックの済州ユナイテッドで技術分析官として活動した彼は、2008年から2011年まで大韓サッカー協会所属で主要代表戦力分析官として2010南アフリカワールドカップ~2010広州アジア大会~2011カタールアジアカップなど、メジャーな国際大会の現場を歩き回った。
その後KリーグチャレンジのソウルイーランドFCの戦力分析官としてずっと経験を積んだ。

キム部長は自分の専攻分野を十分に活かし、所属選手に映像化された多様な分析資料を伝える一方、将来の戦力分析官を夢見る学生にも最高水準の教育を手助けしている。
彼の言葉を借りて、サッカーの技術分析官の主な活動や現実、そしてビジョンなど様々な話を解いてみる。



[チャレンジPOレビュー] "イ・ジョンヒョプ"釜山、牙山に3-0勝ち…"尚州と昇降PO"
インターフットボール




※一部要約

釜山アイパークがイ・ジョンヒョプの決勝ゴールで牙山ムグンファFCを下して昇降プレーオフに進出した。

釜山は18日、釜山九徳総合運動場で行われたKリーグチャレンジ2017プレーオフに3-0で勝利した。
昇降プレーオフを確定させた釜山は、クラシック11位の尚州尚武と運命の対決を繰り広げることになった。


20171118170131761a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング