"ACL初出場"ジョナタン-パク・キドン-キム・ミヌ「大舞台で自分を証明する」
スターニュース




※一部要約

"AFCチャンピオンズリーグ"に初めて出場する水原三星所属のジョナタン、パク・キドン、キム・ミヌが覚悟を明かした。

水原三星は20日、ACLの決戦が行われる川崎に入った。
サガン鳥栖との親善試合を終えた水原はこの日の午後に川崎へ到着、等々力スタジアムで最初の練習に臨んだ。

スペインキャンプでの4ゴールに続いて18日のサガン鳥栖戦でも得点を続けたジョナタンは、14年からKリーグで活躍してきたがACLは今回が初めてである。

ジョナタンは「ワクワクする。今シーズンのとても大きな挑戦がもう始まる」として、「Kリーグとはまた違ったスタイルの選手、チームを相手に渡しがどこまでやれるのか証明したい」と語った。

続けて「試合が始まれば素早く相手を把握して適応しなければならない。より完璧に準備する」と付け加えた。

キム・ミヌにとってもACLは特別だ。
サガン鳥栖で7年間活躍したがこの大会とは縁がなかった。

キム・ミヌは「当然ACLに出たい気持ちはとても大きかった。偶然にも相手が日本チームなので、心配より期待が大きい」と語った。
相手の川崎については「かなり相手にしてきたチームだ。もちろん良いチームで良い選手が多いが、私たちもまたアジアの名門で強いと思う」として、「私たちが準備してきたことを見せれば十分勝てる」と自信を持った。

今シーズンを前に移籍してきたパク・キドンも「率直に他の同僚がACLで活躍する姿を見ていてすごく羨ましかった」として、「自分にもチャンスが来たのでしっかりと見せたい」と語った。



[ACL] イ・ジョンホ、「クォン・スンテ兄さん相手に得点する」
スポータルコリア




※一部要約

蔚山現代FWイ・ジョンホがクォン・スンテとの対決を前に自信を示した。

蔚山は21日午後7時に日本茨城の鹿島サッカースタジアムで鹿島アントラーズと2017ACL32強E組初戦を控えている。
イ・ジョンホは試合前日、選手団を代表して事前記者会見に参加して鹿島戦の覚悟を固めた。

イ・ジョンホは「鹿島と試合をすることになってすごく期待される。蔚山は最初のボタンを上手くかけて、目標にしていることを達成できるよう、絶対に勝てるよう準備をする」と覚悟を固めた。

この日の試合は今シーズンに鹿島へ移籍したGKクォン・スンテとの避けられない対決をする。
イ・ジョンホとクォン・スンテは去年全北現代で同じ釜の飯を食べた良い記憶がある。
互いをよく知っているが、今回は敵として勝つためにプレーしなければならない。

イ・ジョンホは「スンテ兄さんとは親しい先輩後輩だが、勝つためには絶対ゴールを決めなければならないので、ゴールを多く決めて蔚山が必ず勝てるようにする。共に全北に所属していたときは、スンテ兄さんからたくさん得点した」と自信があると言った。



[リーグ・アンレビュー] クォン・チャンフン、リヨン戦で"デビュー+14分出場"・・・ディジョンは2-4負け
インターフットボール




※一部要約

クォン・チャンフンがオリンピック・リヨン相手にデビュー戦を行った。
チームは惜しくも逆転負けした。

ディジョンは20日、フランス・リヨンにあるパルク・オリンピック・リヨンで行われたリヨンとのリーグ・アン26ラウンドの試合に2-4で敗れた。
クォン・チャンフンは後半33分に投入されてデビュー戦を行ったが、チームの逆転負けを見守るしかなかった。

ディジョンは後半33分にベルモンテを外してクォン・チャンフンを投じた。
だがディジョンはすぐに失点を許した。
後半35分にトリッソが強力なシュートで再び勝負を振り出しに戻した。

同点を許したディジョンは急激に崩れた。
ペナルティエリア内でタバレスがファールを犯して後半39分にラカゼットが決めて再逆転に成功した。
続けて後半45分にフェキルが楔のゴールまで決めて試合を4-2で終えた。




クォン・チャンフン左ウィングで仏デビュー、リヨン遠征で2-4の逆転負け
フットボールリスト




※一部要約

先週末カーンとのホーム試合で2-0の勝利をおさめたディジョンは再びマルチーゴールの得点に成功したが、痛恨の逆転負けで勝ち点の追加に失敗した。
勝ち点27でリーグ16位に留まった。
降格圏から遠ざかることができなかった。
ディジョンの次の試合は韓国時間で25日の深夜3時にキックオフするナントとの遠征試合である。
短い時間だったがチームプレーの中で素早い動きを見せたクォン・チャンフンは、この試合でより多くの出場時間が与えられることを期待される。






チョ・ドンゴン「水原ファンに対する惜しさはない」
蹴球ジャーナル




※一部要約

「よりにとって鳥栖で初めての試合を水原とするとは・・・。本当に妙な感じだった」

去年まで身を置いていた実家チームに会ったサガン鳥栖のFWチョ・ドンゴンは、いくら考えてもすごい縁に笑いを放った。
その笑いには濃い名残が含まれていた。

鳥栖は18日、佐賀県鳥栖市にあるホーム球場でKリーグクラシックの水原三星と親善試合を行った。
この日の親善試合はキム・ミヌに焦点が当てられた。
鳥栖で長く活躍したキム・ミヌは、今シーズンの前に水原へ移籍した。

キム・ミヌが実家チームの鳥栖を相手にしたのなら、鳥栖にも水原が実家の選手がいた。
チョ・ドンゴンである。
水原で4年間活躍したチョ・ドンゴンは最近FAの資格で鳥栖のユニフォームを着た。

この日の試合でチョ・ドンゴンは試合終了残り5分でグラウンドを踏んだ。
出場時間が短く、これといった活躍は見せられなかった。

試合後チョ・ドンゴンは「これから同僚と足をしっかり合わせて良い活躍をしたい」と親善試合だが鳥栖でデビュー戦を行った所感を明かした。
続けて「新たなチームを探すために2ヶ月ほど運動をちゃんとできなかったうえ、鳥栖に来てから練習を10日くらいしかしていない。今日の試合に対して大きな欲はなかった。もちろんもう少し多くプレーして良い姿を見せはしたかった」と付け加えた。





チョ・ドンゴンに水原というチームはどういう意味を持つかと尋ねると、すぐに「惜しかったところである。もう少し上手くやっていればという後悔が残っている」と答えた。
チョ・ドンゴンは2012年から昨シーズンまで、尚州尚武の時代を除いて水原でプレーしていた。
入団したときは名門水原の主砲になるという期待を受けていたが、計73試合で11ゴールを記録するのに終わった。
昨シーズンは24試合に出てわずか4ゴールだった。

不振が重なるとすぐに水原ファンは彼を非難し始めた。
鳥栖移籍のニュースが聞こえると、すぐにそれを歓迎するファンもいた。
惜しいのではないかという質問に「惜しくはない。私が上手くやっていればこんなことはなかった」として理解すると明かした。
チョ・ドンゴンは「また始めるのでJリーグでゴールをたくさん決めて良い選手と認められたい」と誓った。



[ブンデスレビュー] "レバンドフスキ劇場ゴール"ミュンヘン、ベルリン遠征で1-1の劇的引き分け
インターフットボール




※一部要約

単独首位のバイエルン・ミュンヘンがベルリン遠征で劇的な引き分けを記録した。

バイエルン・ミュンヘンは18日、ドイツ・ベルリンにあるオリンピアシュタディオンで行われたブンデスリーガ21ラウンドのヘルタ・ベルリン遠征試合で、後半追加時間に炸裂したレバンドフスキの劇的な同点ゴールに力づけられ1-1の引き分けを記録した。
この日の引き分けによりミュンヘンは勝ち点50でリーグ単独首位を守った。


20170219013414730a.jpg




[ブンデス21R] "レバンドフスキ劇的ゴール"ミュンヘン、ベルリン遠征で1-1の引き分け
スポータルコリア

20170219012707931.jpg


※一部要約

後半34分にベルナトとコマンを交代して勝負に出て、試合終了直前に同点ゴールを放った。
後半追加時間にレバンドフスキが劇的な同点ゴールを放って試合は1-1の引き分けで終わった。


20170219012707931a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング