ナ・サンホ「代表、いつも緊張して自らもっと努力」 [GOAL現場インタビュー]
ゴールドットコム




※一部要約

11月30日、FC東京のホームの味の素スタジアムで行われたFC東京対浦和レッズの試合の前半が0-1で終わったとき、現場の雰囲気は重かった。
そのまま試合が終われば、同時刻に行われている川崎戦ですでに勝機を掴んでいる横浜とFC東京の勝ち点差が4に広がり、そのまま横浜の優勝が確定するため。
今シーズン、FC東京のクラブ史上初のリーグ優勝に夢が膨らんだファンにとって、シーズン最後のホーム試合で優勝が飛んでいくのは受け入れ難い痛みだった。

この日の両チームの試合はちょうど後半12分、1人の選手の交代によって変わった。
それがナ・サンホだった。
ナ・サンホは投入されるやいなや、闘志溢れる光る姿で1列目と2列目を行き来して相手守備を撹乱、チームの攻撃に活力を吹き込み、最終的にFC東京のリーグ優勝の可能性を生かす同点ゴールも、ナ・サンホの決定的シュートからのリバウンドシュートから出た。
彼は同点ゴールが炸裂した直後、それに満足せずボールを抱えてセンターサークルに走って、勝利への強い意志を見せてホームのファンの心を掴んだりもした。

ナ・サンホは明らかに、この日の両チームの試合で違いを作った、最も目につく選手の1人だった。

両チームの試合が終わった後、ミックスゾーンでナ・サンホに会ってこの日の試合、リーグ優勝がかかる最終戦、そして東アジアカップの代表に合流する所感とベント監督の信頼などについて尋ねた。


ゴールドットコム:今日の試合は交代投入後にチームが同点にしました。ナ・サンホ選手の役割が決定的でした。

ナ・サンホ:最近の何試合かでプレーできなかったが、今日の試合は優勝のために重要な試合でした。心理的に難しい状況でしたが、その一方では常に準備していました。交代で入っても、自分ができる能力を見せられるよう努力しました。ゴールチャンスの状況でフィニッシュが少し惜しかったですが、(ナ・サンホのシュートが止められた後のリバウンドシュートがゴールに繋がった)それでも優勝のため、最後まで諦めずに努力するつもりです。



[K-アウォーズ] キム・ボギョン、「優勝できなかった私にMVPの資格があるのか…」
インターフットボール




※一部要約

韓国プロサッカー連盟は2日午後、ソウル弘恩洞のグランドヒルトンホテル"ハナワンキューKリーグアウォーズ2019"を開催した。
1シーズンの間にKリーグ1とKリーグ2で最高の活躍を繰り広げた選手および監督がこの席を輝かせた。

本式の前に行われた選手インタビューで、キム・ボギョンはKリーグ準優勝の所感とMVP候補の所感を伝えた。
彼は「最後のもう一歩さえ踏めば優勝していたはずなのに、そうできずに惜しい」として、最終戦で優勝カップを逃して残念だと答えた。
個人の活躍については「今年は攻撃ポイントも多く積んだし、蔚山で自分の能力をしっかり見せたので個人的には満足している」と語った。

キム・ボギョンはムン・ソンミン(全北)、セシーニャ(大邸)、ヴァンデルソン(浦項)とMVP候補に上がった。
それについては「冷静に言って私はMVP受賞について、Kリーグ優勝が必要だと思っている。昨日の試合(浦項戦の1-4負け)からMVPは考えていない。記事を見るとムン・ソンミン戦sh油もMVPの欲があるようだ。ムン・ソンミン選手も今シーズン本当に上手くやった。ムン・ソンミン選手がMVPを受賞したら祝福する」と淡々と答えた。

重ねてキム・ボギョンは「私がMVPを受賞する資格があるのか…」と言葉を濁し、「MVPを受賞しようとするならKリーグで優勝しなければならなかった」と強調した。



[★現場] モウリーニョ、"Kリーグ1優勝"モライスにお祝いメッセージ送る
スターニュース




※一部要約

ジョゼ・モライス全北現代監督が、ジョゼ・モウリーニョトッテナム監督から優勝のお祝いメッセージを貰った。
モライス監督の初めてのリーグ優勝を心から祝福したという。

モライス監督が率いる全北は1日、全州ワールドカップ競技場で行われたKリーグ1・2019・38ラウンドの江原戦に1-0で勝利し、優勝トロフィーを掲げた。
この勝利により22勝13分け3敗(勝ち点79)で蔚山と勝ち点が同じになったが、多得点で蔚山(71得点)に1点上回った。

前日に起こした全北の優勝は、モライス監督にとって初めてのリーグ頂上登極である。
2014年にサウジのアル・シャバブの指揮棒を手にしていた時期、サウジスーパーカップで優勝したことはあるが、前哨戦の格であり一発勝負だった。






[K-POINT] 幕を下ろした"歴代級"ACL競争、最後はソウルが笑った
インターフットボール




※一部要約

FCソウルは1日午後3時、大邱にあるDGB大邸銀行パークで行われたKリーグ1最終戦で、大邸と0-0の引き分けをおさめた。
この日の引き分けでソウルは、大邸の追撃を振り切ってACL進出権を手にすることに成功した。

それこそ歴代級のACL競争だった。
リーグ最終戦の結果まで見守らなければならないほど、競争が激しかった。
シーズン序盤にはソウルが簡単にアジアチャンピオンズリーグのチケットを取ると見られていた。
それだけ良い競技力を見せていて、蔚山や全北と肩を並べていたからだ。

だがシーズンは長く、状況は変わった。
今シーズンにDGB大邸銀行パークを開場してKリーグの興行を導いた大邸FC、4月にキム・キドン監督に監督交代を断行した浦項が凄まじい勢いで上がってきた。
シーズン中盤にはキム・ビョンス監督が江原まで"ビョンスボール"をしっかり具現化し、4位圏争いを深化させた。

一方、ソウルはシーズン末に進むほどペースが落ちた。
上位スプリット進入を前に敗北が頻発し、凸凹した競技力を見せた。
1試合も勝利できずに大邸の追撃を許した。
そこに下位スプリットに落ちた水原三星がFAカップで優勝をおさめ、ACL進出権を一枚持っていった。
これでリーグ4位に与えられるACLプレーオフのチケットが3位に与えられることになり、状況はさらに複雑化した。

結局、最後に笑ったのは、それでもシーズン序盤に勝点をしっかり積み上げたソウルだった。
この日だけはソウルも楽しさを捨て、実利的なサッカーで大邸を防いだ。
引き分けでも3位を守れるという点が大きく作用した。
これでソウルは3位(勝ち点56、得点53)で、蔚山との東海岸ダービーに勝利した浦項(勝ち点56、得点49)を多得点でかわして3位を守り、歴代級のACL競争の勝者となった。



「重要な試合で緊張した」キム・ボギョンの冷静な反省
ノーカットニュース




※一部要約

「重要な試合で緊張した。自分たちが望む競技力が出なかった理由」

今シーズンにレンタルで蔚山現代のユニフォームを着たキム・ボギョンは、リーグ最優秀選手(MVP)級の活躍を繰り広げた。
2005年以来14年ぶりの優勝挑戦を導く先鋒の役割を担い、13ゴール9アシストの大活躍で際立った存在感を披露した。

だがキム・ボギョンは最後まで笑うことができなかった。
1日に蔚山総合運動場で行われた浦項スティーラーズとのKリーグ1・2019ファイナルA38ラウンドで、蔚山が1対4で大敗して優勝トロフィーを全北現代に譲らなければならなかったからだ。

この試合でキム・ボギョンはフルタイムの活躍をした。
前半37分に出たジュニオの同点ゴールを生むスルーパスで自身の真価をはっきりと示したが、それ以外にはこれといった活躍を見せられなかった。
攻撃の核だったキム・ボギョンはシーズン終盤になって、やや惜しさの残る競技力に留まった。
蔚山の優勝挑戦が終盤に力を得られなかった理由の一つである。

浦項戦の敗北後に会ったキム・ボギョンは「重要な試合で緊張した。全体的に自分たちが望む試合にならなかったのも、そういう理由だと思う」と残念がった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング