シャビ「偶然ではない予想、韓国の戦力を知ってカタールの書類を選んだ」
MKスポーツ




※一部要約

2019AFCアジアカップで最高の話題はシャビ・エルナンデスのカタール優勝の予言だった。
だがシャビは自分の予想が決して偶然ではないと強調した。

シャビは大会前、"アル・カススポーツチャンネル"に出演してカタールの優勝を予想した。
8強のうち7チーム、4強のうち3チームを当て、彼の予想通りカタールと日本が決勝で優勝を争った。
これに対してシャビは"毛抜き道士"と呼ばれた。

彼は大会直後、"アル・カススポーツチャンネル"と再びインタビューを行った。
AFCがこのインタビューを紹介し、彼は自分のカタール優勝の予想は決して偶然ではないと語った。





シャビは8強の韓国戦に関する話も取り上げた。
韓国は8強でアブドゥルアジズ・ハテムのミドルシュートによって0-1で敗れた。

シャビは「8強でカタールの勝利を予想したのは、彼ら(韓国)の戦力をよく知っているのでカタールを選んだのだ」として、正確な分析であり単なるリップサービスではなかったと語った。



[公式発表] 韓国、15階段上がってFIFAランキング38位…日本27位
スポTVニュース




※一部要約

FIFAは7日、2019年2月のFIFAランキングを発表した。
韓国は1月より15段階も跳ね上がって38位になった。
AFC所属チームの中ではイラン(22位)、日本(27位)に続いて3位である。
FIFAランキング1位から20位まではすべて順位がそのままだった。

1位はベルギー、2位フランス、3位ブラジル、4位クロアチア、5位イングランド、6位ポルトガル、7位ウルグアイ、8位スイス、9位スペイン、10位デンマークである。


190207180702282a[



[オフィシャル] ナム・テヒ、カタールのアル・サッド移籍"契約期間3年"
スポーツ東亜




※一部要約

韓国サッカー代表のMFナム・テヒがカタールのアル・ドゥハイルを去ってアル・サッドに移籍した。

アル・サッドは8日、アル・ドゥハイルで活躍していた韓国代表MFナム・テヒを獲得したと公式発表した。

アル・ドゥハイルとの契約期間が満了したため移籍金は発生せず、契約期間は今夏から3年である。
これでナム・テヒはチョン・ウヨン、シャビ・エルナンデスらと同じ釜の飯を食べることになった。

2009年にフランスのヴァランシエンヌでデビューし、2012年のカタールのフウィヤ(現アル・ドゥハイル)に入団したナム・テヒは、7年間でリーグ優勝5回、2017年にリーグMVPを占めるなど大活躍した。



[単独] "ベトナムのメッシ"コン・フオン、仁川レンタル確定"Kリーグ入り"
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ベトナムのメッシ"グエン・コン・フオン(24、ホアンアイン・ザライ)がKリーグの舞台を走る。

7日、Kリーグの移籍市場に詳しい関係者によると、「コン・フオンと仁川の交渉が仕上げの段階だ。近い内に発表があるだろう」と語った。
コン・フオンのエージェントである・ドンジュンDJマネジメント代表は「仁川がコン・フオンのレンタル獲得を推進している」として、「両クラブは合意を済ませ、契約書のサインだけが残っている。就労ビザが発行され次第入国し、来週中に入団式をする予定」と確認した。

2016年に仁川、2017年に江原にレンタルで獲得したMFチュオンに続いて二人目のベトナム出身Kリーガーの誕生である。

コン・フオンはパク・ハソン監督が率いるベトナムサッカー代表の看板FWで、"ベトナムのメッシ"というあだ名で呼ばれるベトナム最高のサッカースターだ。
去年の23歳以下チャンピオンシップ準優勝の核心メンバーとして活躍した後、去年末にAFFスズキカップ優勝を導き、先月のUAEアジアカップでも5試合に出て2ゴールを炸裂させ8強行きに貢献した。

コン・フオンはアジアカップ後にアジアのビッグクラブ移籍を推進した。
彼はあるインタビューで「来シーズンの目標は韓国や日本などの舞台に出ていくこと」と語った。
コン・フオンは2016年にJリーグ2の水戸ホーリーホックでレンタル生活をした経験がある。
タイの名門ブリーラム・ユナイテッドなどとリンクされていたコン・フオンは、仁川の手を握った。
仁川は可能性を備えている水準級のFWをアジアクォーターの席に加えた。



[単独] アジアサッカーの新たな枠組みが開かれる…AFC、"ネイションズリーグ"3年以内の導入有力
韓国日報




※一部要約

アジアでもUEFAネイションズリーグの形態の国家対抗リーグ戦が3年以内に導入されるものとみられる。
"アジアネイションズリーグ(仮称)"が現実化すれば、AFCアジアカップに代表されるアジアサッカーの国家対抗戦が通年で行われることになり、FIFAのAマッチデイの風景も大きく変わる。

最近のAFCの関係者によると、AFCはリーグ形態の国家対抗戦アジアネイションズリーグを導入する方向で進め、具体的な施行案を立てている。
これは今年から北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)と南米サッカー連盟(CONMEBOL)がUEFAネイションズリーグと同じような国家対抗リーグ戦を施行することに決め、今後のAマッチデイの期間にアジア諸国は同大陸、あるいはアフリカのチームとだけ試合を行わなければならない可能性が高くなった環境などを考慮しての判断であるとみられる。

実際、韓国などのアジア諸国は去年にUEFAネイションズリーグが始まった後、Aマッチデイの期間にヨーロッパの強豪チームと評価試合を行うことができない身分となった。
パウロ・ベント監督が率いる韓国代表は去年にコスタリカやチリ、ウルグアイ、パナマらヨーロッパ以外のチームと評価試合を行い、日本もまた韓国と評価試合の相手を交代して試合を行うなど、事情は似ていた。
だが今年から北中米と南米までネイションズリーグの体制に突入することになり、アジアのチームはワールドカップやコンフェデレーションズカップを除けば、事実上ヨーロッパ・北中米・南米の強豪と対決する機会がほとんどなくなる。





アジアネイションズリーグの導入が確定すれば、2023年のアジアカップ予選もこの大会で代替される可能性が高まる。
また、AFCが稼ぐ中継権料、スポンサー収益などが全体の会員国に等しく分配され、UAEアジアカップで急成長した東南アジアの国の反射利益も同時に上がり、サッカー底辺の上向き平準化もできるという見通しが出てくる。

ただし、導入までに解決すべき課題も多い。
まずAFCが目標に設定したネイションズリーグ導入の予定時期が2022年のカタールワールドカップ3次予選(2021年)および本戦(2022年)の時期と重なるうえ、ヨーロッパとは違って国家間の移動距離も長く、大会の運営方法を決めるのにかなりの陣痛が予想される。
そこに相対的にヨーロッパ派の選手が多い韓国や日本の場合、自国選手の所属チームとの摩擦が大きくなる可能性が高い。
AFCの関係者は「基本的な施行時期と方向が設定されれば、各国協会と十分な議論を経るだろう」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング