英メディアの憂慮…「ソン・フンミン、コロナ確診のファン・ヒチャンとセレモニーをした」
OSEN



※一部要約

英国メディアがソン・フンミンの体の状態に神経を尖らせている。

英国"HITC"は9日(※19日の間違い)、「トッテナムファンはソン・フンミンがAマッチで撮った写真について悲しんでいる」として、最近コロナ確診判定を受けたファン・ヒチャンとのゴールセレモニーの写真を公開した。

コロナの第2余波が激しい。
韓国代表も今回のAマッチ期間に8人近い確診者が出た。
特にカタール戦で先制ゴールを決めてフルタイムを消化したファン・ヒチャンも、試合後にコロナ陽性が確認された。

ファン・ヒチャンのゴールセレモニーの写真を見たHITCは「トッテナムのソン・フンミンもファン・ヒチャンのゴールセレモニーを祝った。問題はファン・ヒチャンがコロナ陽性反応を示したこと」と憂慮した。

HITCは「ソン・フンミンがコロナに罹っても驚きではない。ファン・ヒチャンは韓国代表で発生した10件のコロナ陽性の一部に過ぎない。7人の選手と3人のスタッフが感染した」と溜め息をついた。

トッテナムは地獄の日程を控えている。
マンチェスター・シティ-チェルシー-アーセナルと順にリーグ戦を行うだけでなく、ヨーロッパリーグの試合も控えている。

HITCは「もしソン・フンミンが隔離されなければならないなら、こうした重要な試合を逃すだろう。モウリーニョ監督は明らかに地獄の日程でソン・フンミンがともにすることを望んでいるだろう」と強調した。



"主将"キム・ミヌ、「水原のシーズンはまだ終わってない」
OSEN



※一部要約

2020AFCチャンピオンズリーグ出場のためにカタール・ドーハで初練習を終えたキム・ミヌ(30、水原三星)が最善の結果を約束した。

カタールに合流したキム・ミヌは、A級資格指導者講習会の参加で不参になったヨム・ギフンに代わり、今大会で主将を引き受けた。

キム・ミヌは「ギフン兄がいない状況は負担になる」としつつも、「チームが一つになって良い結果を得られるよう努力する」と決意した。

初練習を終えたキム・ミヌは「長時間フライトしてきた上に時差と天気がすべて韓国とは違って、体調はまだあまり良くない。何より新しい環境に早く適応することが重要だろう」と明かした。



"アンタクト(※untact=un+contactで韓国産英語)韓日戦"韓国の勝利?…全員ヨーロッパ組の日本、メキシコに0-2で膝
ソウル新聞



※一部要約

全員ヨーロッパ組で構成された日本サッカー代表がメキシコとの評価試合で完敗した。

日本は18日午前にオーストリア・グラーツのメルクールアリーナで行われた北中米の強豪メキシコとの評価試合で、後半にラウル・ヒメネスとイルビング・ロサノに連続ゴールを打たれて0-2で跪いた。
先にメキシコは15日、パウロ・ベント監督が率いる韓国代表に3-2で逆転勝ちしたことがある。
FIFAランキング11位のメキシコはオーストリア遠征評価試合を2勝(5得点2失点)で終えた。
14日のパナマとの試合に1-0で勝った日本(27位)は1勝1敗(1得点2失点)、前日夜にカタールを2-1で制圧した韓国(38位)も1勝1敗(4得点4失点)。




"メキシコ戦敗北"日本、韓国のように5分間で"嵐の失点"
フットボールリスト



※一部要約

メキシコの反撃は後半から行われた。
韓国戦のときと同様に強い前方プレス、早い攻撃展開で日本の守備陣を苦しめた。

韓国が連続失点して逆転された状況と似ていた。
両チームとも同じような時間帯に5分間の猛攻を凌げずに失点した。



[公式発表] 全北、ACLをソン・ジュノ-イ・ジュヨンなしで出る…コロナ予防の次元
インターフットボール



※一部要約

トレブルに挑戦する全北現代が核心選手2人を除いたままアジアチャンピオンズリーグに出場する。

全北は19日にクラブ公式SNSで「お伝えします。大韓民国サッカー代表のオーストリア遠征試合に参加したソン・ジュノ、イ・ジュヨン選手は今回のAFCチャンピオンズリーグのカタール遠征に参加できなくなりました」と発表した。

代表内で広がったコロナ拡散から全北選手団を保護するための趣旨である。
代表は今回のオーストリア遠征期間でチョ・ヒョヌ(蔚山)、クォン・チャンフン(フライブルク)、ファン・インボム(ルビン・カザン)、イ・ドンジュン(釜山)、キム・ムンファン(釜山)、ナ・サンホ(城南)、ファン・ヒチャン(ライプツィヒ)がコロナ19の検査で陽性反応を示した。

彼らと動線が重なったソン・ジュノとイ・ジュヨンはACLの開催地カタールではなく、韓国に移動して隔離に入る予定だ。
ソン・ジュノとイ・ジュヨンはそれぞれ守備型MFと左SBを担い、全北の"ダブル"に大きな力を加えた選手である。
全北は「コロナ19感染予防と我々の選手の安全を最優先に考慮し、韓国復帰を決めました。ファンの皆様、広い理解をお願いします」と付け加えた。

全北は横浜Fマリノス、シドニーFC、上海上港とともにH組に属している。
先に1分け1敗をおさめている全北は、横浜に続いてグループ2位に位置している。
全北の次の日程は22日の上海戦、25日のシドニー戦、1日の横浜戦、4日の上海戦である。
今シーズンのKリーグ1とFAカップで優勝した全北は、ACLまで優勝すればアジア初のトレブルを達成することになる。



2試合連続ゴールのファン・ウィジョ、やはり最前方が"ピッタリ"
ニュース1

201118000544255.jpg

※一部要約

最前方FWで出たファン・ウィジョが身に合った服を着たかのように2試合連続得点に成功した。
ウイングで出て無得点に終わっている所属チームでの競技力とは180度違う活躍だ。

ファン・ウィジョは17日にオーストリア・マリア・エンツァースドルフのBSFZアリーナで行われたカタールとの評価試合で1ゴール1アシストを記録し、2-1の勝利を導いた。

15日、メキシコとの今年最初のAマッチで最前方FWとして先発出場、得点を記録していたファン・ウィジョはこの日も最前方を担った。

ファン・ウィジョは試合開始と同時に強いプレスを繰り広げて相手のボールを奪取、ファン・ヒチャンの先制ゴールをアシストした。
試合開始わずか16秒だった。
ファン・ウィジョの積極性と利他的な姿がすべてよく表れたシーンだった。

ファン・ウィジョの活躍はそれで終わらなかった。
ファン・ウィジョは同点ゴールを許してから主導権を奪われていた前半28分、強力なミドルシュートで流れを持ってきた。

ミドルシュートで予熱を終えたファン・ウィジョは、前半36分に再びリードするゴールを炸裂させた。
左サイドからソン・フンミンが低くて速いクロスを送ると、相手ゴールに駆け寄ってボールの方向だけをサッと変えるシュートでカタールのゴールネットを揺さぶった。
難しい動作だったが、ファン・ウィジョは相手の牽制を突破して得点に繋げた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング