"ルナールマルチゴール"韓国、女子WCでフランスに0-4の完敗
STNスポーツ




※一部要約

韓国が初戦で完敗した。

韓国女子代表は8日午前4時、フランス・パリにあるパルク・デ・プランスで行われたフランス女子代表との2019FIFA女子ワールドカップA組1次戦に0-4で敗北した。






[オフィシャル] 練習中に負傷した大邸FCの翼、十字靭帯破裂""
インターフットボール




※一部要約

大邸FCが悪材料に遭った。
中盤で活力素の役割を果たしていた翼が練習中に十字靭帯破裂の負傷をして、現在は負傷の治療のために日本へ帰国した状態である。

大邸FCは7日、公式SNSで翼の負傷の程度を伝えた。
大邸は「翼選手が練習中に負傷し、精密検査をした結果、十字靭帯破裂の診断を受けました。現在、治療のために日本へ帰国した状態です。翼選手が元気に復帰できるよう、ファンの皆様に多くの激励をお願いします」と伝えた。






美MLSバンクーバー、ファン・ウィジョ獲得に関心…ファン・ウィンボムと同じ釜の飯を食べるか
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョのアメリカMLS移籍説が出てきた。
ファン・ウィジョに関心を持っているチームは、すでにファン・ウィンボムがプレーしているバンクーバー・ホワイトキャップスである。

アメリカMSLの公式HPは6日、"グラスシティFC"の報道を引用して「バンクーバーがファン・ウィンボムのチームメイトを獲得しようとしている。今月にガンバ大阪との契約が終了してFAになるファン・ウィジョだ」と伝えた。

このメディアは「ファン・ウィジョは26歳のストライカーで、24回以上のAマッチ出場記録を持っている」として、「ファン・ウィンボム、ソン・フンミンとともに出場したアジア大会の核心選手で、7試合で9ゴールを決めて大会得点王になった」と説明した。

続けて「ファン・ウィジョは新たなリーグへの挑戦と熱望を持っている。ファン・ウィンボムのバンクーバーでの経験が、MLSを魅力的な選択肢にすることができる。両選手のエージェントは同一人物」と付け加えた。

去年のアジア大会で大活躍して、ファン・ウィジョはスターに躍進した。
今シーズンは14試合に出て2ゴールを記録中で、現在はベント監督が率いるサッカー代表に招集されて6月のAマッチを準備している。



[現場REVIEW] "オ・セフン千金決勝ゴール"韓国、日本に1-0勝ち…8強でセネガルと激突
スポTVニュース

190605044022926.jpg


※一部要約

韓国が運命の韓日戦に勝って8強に上がった。

韓国は5日、ポーランドのルブリンスタジアムで行われた2019FIFA U-20ワールドカップ16強の日本との試合で、オ・セフンの決勝ゴールによって1-0の勝利をおさめた。
韓国は8強戦でセネガルと4強のチケットをかけて争う。


190605044022926a.jpg

190605044022926b.jpg

190605044022926c.jpg

190605044022926d.jpg



ドイツメディア「アウクスブルク、チョ・ヒョヌに関心を持て」
MKスポーツ




※一部要約

チョ・ヒョヌ(28、大邸FC)がドイツの有力メディアから"ブンデスリーガのクラブが主戦GKとして検討するだけの選手"という好評を受けた。

ドイツのスポーツ紙"キッカー"は4日、「ブンデスリーガのアウクスブルクは2019-20シーズンの主戦GKが必要だ。チョ・ヒョヌに関心を持つべきだ」という趣旨の記事を報じた。

アウクスブルクは2018-19シーズン、レンタル選手の身分でゴールを守っていたグレゴール・コベルの去就が不透明である。
コベルの現所属チームのホッフェンハイムは、"アウクスブルクに完全に譲渡するつもりはない。再び使いたいならさらに1年レンタルせよ"との立場だというのが"キッカー"の説明だ。

"キッカー"は「アウクスブルクは来シーズンの主戦GKについて、様々な可能性を検討している。そのうちの1人がチョ・ヒョヌ獲得になり得る」と予想した。

チョ・ヒョヌは2018ロシアワールドカップF組3次戦で、6回の好セーブなど、ディフェンディングチャンピオンのドイツの得点チャンスを8回も防ぎ、韓国の2-0の勝利で大きな功績を立てた。

当時、ドイツはチョ・ヒョヌの神がかり的なゴール前での死守と、後半追加時間の相次ぐ失点で韓国に崩れた。
2大会連続優勝どころか、GL脱落および歴代ワールドカップ最低成績の22位で大会を終える恥をかいた。

"キッカー"もやはりアウクスブルク関連の記事で、チョ・ヒョヌのロシアワールドカップでの活躍を紹介した。
ドイツを代表するスポーツメディアが興味を示しただけに、移籍説はしばらく静まらないだろう。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング