"バルサ出身"チャン・ギョルヒ、ギリシャ・アステラスと2+1年契約
聯合ニュース




※一部要約

FCバルセロナ・フベニールAとの契約が終わったDFチャン・ギョルヒが、ギリシャプロサッカー1部リーグのアステラス・トリポリスFCのユニフォームを着てヨーロッパの舞台でプロデビュー戦を行うことになった。

チャン・ギョルヒ側は20日、「チャン・ギョルヒがアステラスの入団テストを終え、クラブと2年契約に1年の延長オプションが入った契約書にサインした」として、「2017-2018シーズンから1軍の試合に出る前提条件で契約を終えた」と明かした。

2011年にバルセロナユースチームに入団したチャン・ギョルヒは、6月30日に契約が終わって自由契約身分になった。

ヨーロッパ残留と日本Jリーグ進出で悩んでいたチャン・ギョルヒは、最近ラブコールを送ってきたアステラスで入団テストを受け、スタイコス・ヴェルゲティス監督の目を引いて入団契約をすることになった。

アステラス・トリポリスFCはギリシャ・トリポリをホームにするクラブで、1931年に創立して86年の歴史を持つチームである。

2016-2017ギリシャ・スーパーリーグでは16チーム中12位に終わり、ヨーロッパクラブサッカー対抗戦の出場権を取れなかった。



[442.u23] 韓国、東ティモールと"イライラ"0-0の引き分け
FourFourTwo




※一部要約

チャンスは多かったが活かせなかった。
東ティモールの密集守備と速いカウンターのテンポを勝ち抜けず、韓国は無得点で引き分けをおさめた。

21日、ベトナム・ホーチミンのトンニャット・スタジアムでチョン・ジョンヨン監督が率いる大韓民国U-22代表が、AFC U-23チャンピオンシップ予選2次戦(東ティモール)を行なった。
0-0の引き分けで試合は終わった。





#チョン・ジョンヨン監督の戦評

「サッカーとはこうなのだ。状況によって良かったり、悪い結果になることもある。今日の試合は難しいと思った。芝の事情や運動場の条件のためである。私たちは相手が全員下がったときにできる方法は、パスではなくセットピースでの決定力だ。そこでの集中力が落ちていた。私たちの選手は最善を尽くして試合に臨んだ。東ティモールの闘魂が良かったと思う。この場を借りて東ティモールにお祝い申し上げる」




U-22サッカー代表、東ティモールと衝撃的な引き分け
ジョイニュース24




※一部要約

1位になるためには23日のベトナムとの3次戦に無条件で勝たなければならない。
ベトナムは黄金世代と評価されている。
A代表の資源も多数含まれている。
Kリーグファンにも知られているルアン・スアン・チュオン(江原FC)も選出されている。
ホームのメリットを持って戦うベトナムを超えてこそ中国で行われる本戦へ行くことができる。

主審の終了の笛が鳴ると、選手は強張った表情を解くことができなかった。
一方、東ティモールの選手は優勝したかのように喜んだ。
試合結果を克明に代弁したシーンだった。



高麗大イム・スンギョム、ウォン・ドゥゼに続いてJ2リーグ進出:大学選手のKリーグではなくJリーグ行きの理由
韓国大学スポーツ総長協議会



※一部要約

漢陽大の看板プレーヤーであるウォン・ドゥゼが6月に日本J2リーグ首位チームのアビスパ福岡に移籍したのに続き、16日に高麗大のDFイム・スンギョムJ2リーグの名古屋グランパスへの移籍を確定させた。
ウォン・ドゥゼとイム・スンギョムは名実ともにUリーグの看板選手である。
なぜ彼らはKリーグではなくJリーグ行きを決めたのか?


573823620721a.jpg


実際、高校や大学レベルからすぐに日本へ進出するのが特別なケースではなくなってから久しい。
韓国サッカー史上、最も偉大な選手に挙げられるパク・チソンもやはり、明智大から直接Jリーグの京都パープルサンガに移籍したケースである。
現在、代表で活躍しているキム・ジンスやパク・チュホ、ハン・グギョンらの選手も大学から国内リーグを経ずにすぐ日本へ進出したケースだ。



パク・チュヨン、まだ未払い賃金を受けられず・・・FIFA、アル・シャバブに最後通告
スポーツソウル




※一部要約

FIFAがアル・シャバブに未払い賃金の支給について最後通告を送った。

サウジアラビアメディアは18日、FIFAがサウジアラビアリーグのアル・シャバブに10日以内に大韓民国FWパク・チュヨンに支給してない賃金をすべて支給しろと通知したと報じた。

FIFAはまた、10日以内に支給されなければ、勝ち点削減を含めた懲戒を下すと知らせたと伝えられている。

パク・チュヨンは2014年夏の移籍市場でアーセナルを去った後、アル・シャバブに入団した。
しかしアル・シャバブは約束された給与を支給しなかったので、"選手は所属クラブから受ける賃金が3ヶ月以上滞納されればFA資格を得る"とういFIFAの規定によってFCソウルに移籍した。

このようはことがたまに起きるサウジリーグでは、2016~2017シーズンにもアル・イテハドが外国人選手に給与未払いをしてFIFAから3点の勝ち点を削減されたことがある。



チョ・ヨンヒョン、ペク・ドンギュのAFC懲戒軽減・・・一息ついた済州
スポーツ東亜

20170721054542732.jpg


※一部要約

AFCから重い懲戒を受けた済州ユナイテッドのチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの処罰が軽減された。

AFCは再審の結果、チョ・ヨンヒョンの出場停止を6ヶ月から3ヶ月に軽減した。
ただし、1年間の猶予期間に同様の事件が起きれば、追加で3ヶ月の停止を受けるという条件をつけた。
ペク・ドンギュは既存の3ヶ月資格停止から2ヶ月に軽減された。
2人の懲戒の適用時点は懲戒が確定した6月9日が基準である。
これに伴い、チョ・ヨンヒョンは9月9日のFCソウルとの遠征試合から出場できる。
ペク・ドンギュは8月13日の江原FCとの遠征試合から出場できるようになった。

今回のAFCの懲戒軽減では、済州が提出した再発防止のための選手の誓約書と嘆願書が大きな影響を及ぼしたことがわかった。
済州のチョ・ソンファン監督は「再審議で懲戒の程度は下がったが、それより重要なのは再びこうしたことがあってはならないという点である。相手の挑発があっても冷静に対処できなければならない。ファンには試合だけでなくマナーでも良い姿を見せるため努力する」と語った。


20170721054542732a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング