野球-サッカー-バスケのAG代表メンバー、なぜ非難を受けるのか
オーマイニュース




※一部要約

"2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会"を前に、一部の種目では代表メンバーを取り巻く各種論難が絶えることなく続いている。
主に人気スポーツの球技種目が集中的に俎上に載せられた。

野球のオ・ジファン、サッカーのファン・ウィジョ、バスケットボールのホ・ウン-ホ・フン兄弟らが代表的である。
アジア大会では伝統的に優勝への期待があり、金メダルには兵役恩恵という利害関係までかかわっていて、国民的な関心は高まるほかない。
最近ではかつて"監督固有の権限"と思われていた選手選抜で様々な世論が形成される。
これは代表に対する全体的な評価にも影響を及ぼす。

オ・ジファン(LG)は6月の代表1次最終メンバー発表のときから論難の中心に立った。
1990年生まれで満27歳を越えたオ・ジファンは尚武と警察庁野球団の志願が不可能な状態で、今年のアジア大会で金メダルを取れなければ、現役で入隊しなければならない状況である。
プロ最精鋭の選手が出場するアジア大会の野球種目は、韓国が過去5大会で4回も頂点に上ったほど、金メダル獲得の可能性がかなり高い。

だが多くの野球ファンは、オ・ジファンが露骨に兵役恩恵を狙って軍入隊を忌避する小細工を使ったとして、気まずい視線を送っている。
同じようなケースにパク・ヘミン(サムスン)もいるが、世論の非難はオ・ジファンだけに集中している様子だ。
代表で内野のバックアップ要員に分類されるオ・ジファンのリーグ成績やポジション活動度が、他の選手に比べてそれほど高くなく、アジア大会のたびに膨らむ"球団別兵役義務未修者案配"という疑惑から自由でないためだ。

実際はオ・ジファンに集中する世論の怒りは、選手個人というより以前から"合法的兵役忌避の窓口"に変質したアジア大会と韓国野球界に対する不信が累積した結果と言える。
アジア大会にプロ最精鋭のメンバーを送り出す国は、事実上韓国だけである。
チュ・シンス(テキサス)のようにアジア大会で兵役恩恵を得た後は代表にずっと参加しなかったり、ナ・ジワン(KIA)のように負傷と不振を隠して代表に乗船して同僚の活躍で"無賃乗車"する事例が、ファンの間で膨らんでいる"兵役恩恵無用論"を力づけるキッカケとなった。
さらに野球代表は、"銀メダルを祈願する"という笑えない嘲弄にまで苦しめられている状況だ。



"韓国と交渉した"ケイロス、2019年までイランに残る
スポータルコリア




※一部要約

カルロス・ケイロス監督が2019年のアジアカップまでイラン代表を指揮する見通しだ。
イラン体育会の高位幹部まで、ケイロス監督の残留を確信した。

イラン日刊紙"テヘラン・タイムズ"は15日、「ケイロス監督がイランサッカー代表に残留する。ケイロス監督は2019年のAFCアジアカップまでイランを導く見通し」と報じた。

ケイロス監督は2011年にイラン代表の指揮棒を手にした。
イランはケイロス監督の下、実利的なサッカーでアジア最高の席に上がった。
2回のワールドカップでは16強進出に失敗したが、2018FIFAロシアワールドカップでは特有の色でポルトガルとスペインを苦しめた。

ワールドカップ後にイランとの決別説が出回った。
契約延長をしなかった状況で、大韓サッカー協会と交渉した状況が捉えられた。

コロンビア代表就任説もあった。
だがケイロス監督はイラン代表に残る見通しである。
イランサッカー協会はケイロス監督の要求を受け入れ、残留に総力を尽くした。
イラン体育次官のモハマド・レザ・ダヴァルザニも「ケイロスは2019年のアジアカップまで残るだろう」と確信した。






[ファクトチェック] 金メダルを取れなければ…ソン・フンミンの"兵役問題"はどうなるのか
スポTVニュース




※一部要約

2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会は、ソン・フンミンのサッカー人生がかかっている大会だ。
金メダルを首にかければ兵役恩恵を受け、トッテナムで選手生活を維持することができる。
だが優勝を逃せば兵役問題は複雑になる。
ソン・フンミンが兵役恩恵を受けられない場合、どういう状況が繰り広げられるのか。

スポTVニュースは兵務庁と国軍体育部隊、プロサッカー連盟の関係者を通じて事実関係を確認した。

1992年生まれのソン・フンミンは今年満26歳である。
兵務庁の関係者は「ソン・フンミンがどういう理由で軍隊を延期したのか、確認することはできない。もし国外延期をしたとするなら、満27歳まで延期が可能である。兵役法は誕生日が基準ではなく、1月1日から12月31日までの年齢で見る。ソン・フンミンが国外延期をしたとするなら、満28歳で入営しなければならない」と語った。

尚州尚武は満27歳以下で身体等級3級以上の場合、志願が可能である。

だが高校を中退したソン・フンミンは兵役法上の4級補充役(※補充兵役)なので、志願資格が未達だ。

国軍体育部隊の関係者は「最も重要なのは学歴である。高校卒業、身体等級3級以上でなければならない。検定試験をパスすれば高卒と認定され、志願資格の要件になる」と明かした。

ただし、一つ例外もある。
国軍体育部隊の関係者は「2016年から法が変わり、高校中退者も志願が可能な場合もある。高校中退者は本来補充役に処せられるのだが、本人の希望によっては30日以外に現役の申請をすれば、現役に分類する。だがソン・フンミンが現役申請をしたのかどうかは確認できない事項」と説明した。



ワイルドカードのない日、"A代表昇格"カードを取り出した
スポーツ朝鮮




※一部要約

森保一日本サッカー代表監督が取り出したニンジンは"A代表昇格"だった。

2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会に出撃する日本が12日、大会が行われるインドネシアに発った。

日本は今大会でワイルドカード(23歳を越える選手)を使わなかった。
21歳以下の選手20人でメンバーを設けた。
大学生選手も5人入った。

2020東京オリンピックを眺めた図である。
日本は2年後に自国で行われるオリンピックでメダルに挑戦する。
森保監督は最終メンバー発表のとき、「東京オリンピックを狙ったシミュレーションになるだろう。1試合でも多くするため、4強以上の成績をおさめたい」と語ったことがある。

容易ではない挑戦だ。
インドネシア特有の天候はもちろん、タイトな日程の中で行う大会である。
森保監督はニンジンを取り出した。
A代表昇格だ。

サンケイスポーツなど日本メディアは13日、「森保監督が選手に、今大会でプレーする選手にA代表昇格のチャンスを与えると公言した。選手が良い姿を見せればA代表にもなれると語った」と報じた。




森保監督、U-21からA代表招集も「チャンスある」

 日本代表監督を兼務してから初めて挑む国際大会。森保監督が若い選手に刺激を与えた。

 「大会で、A代表で戦える力を示してくれた選手にはチャンスがある」

 A代表がチリ、コスタリカと戦う9月の国際親善試合に、アジア大会で活躍した選手を招集する可能性を明言したのだ。指揮官がA代表監督就任会見でキーワードに挙げた「世代交代&世代間融合」の実現に向けて動き出す。DF板倉滉(21)=仙台=は「チャンスですね。目立たないと」と鼻息を荒くした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000037-sanspo-socc



[単独] サッカー協、モドリッチを育てた"クロアチアの英雄"ビリッチ監督と交感
スポーツ東亜




※一部要約

2022カタールワールドカップを準備するサッカー代表の新任指令塔の選任に総力を傾けている韓国サッカーの歩みが尋常ではない。
大韓サッカー協会代表監督選任委員会のキム・パンゴン委員長は、先月はじめから監督候補群を選別、接触する過程を進めていたが、先週末を基点に新たな人物が登場した。
クロアチア"サッカーの英雄"スラベン・ビリッチ監督だ。

ヨーロッパ現地で活動している複数の有力なヨーロッパのエージェントは12日、「ヨーロッパ出張中のキム委員長が、ビリッチ監督と交渉をしている。フランス・パリで直接ミーティングをしている状況を捉えた」と耳打ちした。

サッカー協会の便りに詳しいサッカー人も「優先交渉候補群(3人)との交渉が思い通りにならない状況で、ビリッチ監督が取り上げられたようだ。現在、同時多発的な接触が行われているので、今後の推移を計ることはできないが、十分成功の可能性はあると思う」と予想した。

実際、交渉の当事者とのミーティングは、ある程度交感を交わしたときにすることができるものである。
最初の接触後にまったく関心がなければ、わざわざ他国にまで移動して会う理由はない。
互いに共感を形成した後、直接顔を合わせて交渉し、意見の違いを狭める過程にあると見ることができる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング