[現場REVIEW] "イ・ガンイン29分"バレンシア、マジョルカに1-4の完敗…久保10分
スポTVニュース




※一部要約

バレンシアが敗北した。

バレンシアは19日午後8時、マジョルカのイベロスタースタジアムで行われた2019-20シーズン・スペイン・ラ・リーガ20ラウンドで、レアル・マジョルカに1-4で敗北した。
これでバレンシアは7位に留まり、マジョルカは降格圏を脱して17位に上がった。


200119215212397a.jpg

200119215212397b.jpg



8強挫折の西野タイ監督「私たちには未来がある」
ニュース1




※一部要約

史上初のオリンピック進出に挑戦したタイが8強でサウジアラビアに惜敗、次に期することになった。
チームの首長である日本の指導者西野朗監督は「私たちには未来がある」と所感を明かした。

西野監督が率いるタイU-23代表は18日午後、タイ・バンコクのタマサート競技場で行われたAFC U-23チャンピオンシップ(オリンピックアジア地区最終予選)のサウジアラビアとの8強戦に0-1で惜敗した。

この日の試合ではタイ現地メディアだけでなく、日本取材陣の姿もあちこちで見ることができた。
西野監督は日本代表出身で、今大会ではベトナム(※タイの間違い)の史上初の8強進出を導いた。
それとは逆に森保一監督が率いる日本U-23代表は、GLで拙戦の末に1分け2敗で早期脱落して監督交代説まで出ている状況だ。

試合後に西野監督は「前半の序盤は良かった。だがその後の試合内容は満足できなかった」とした。
審判の判定には何も言わなかった。

彼は「選手がさらに挑戦し、発展するように願う」として、「この年代の多くの選手はまだ国際大会の経験がなかった。だが彼らにはさらに発展し、経験する未来がある」と激励した。
続けて「タイには未来がある。迫るアジア大会、ひいては2026年のワールドカップを見て準備しなければならない」と付け加えた。

タイ現地のファンは西野監督に絶対的な支持を送った。
あちこちで日章旗を持って応援するファンの姿が見え、日本代表のユニフォームを着て競技場に入るファンもいた。

敗れはしたが、試合後にタイのファンは"西野"を連呼し、西野監督への応援を止めなかった。



イ・ガンイン-久保の韓日ヤングガン対決の実現有力…マジョルカ戦出場の見通し
スポータルコリア




※一部要約

"ゴールデンボーイ"イ・ガンインがマジョルカを相手に負傷復帰戦を行う見通しだ。
久保建英との韓日有望株の対決の可能性が高まった。

15日のスペイン"ラス・プロビンチャス"によると、イ・ガンインは負傷から完全に回復して正常に練習を消化した。
"ラス・プロビンチャス"は「アルベルト・セラーデス監督が才能(イ・ガンイン)を取り戻した。特別な問題がなければ日曜日に現れる」と、19日に行われるマジョルカ戦でのイ・ガンイン出場の可能性に言及した。

イ・ガンインは去年11月27日、チェルシーとのUEFAチャンピオンズリーグの試合で太ももを負傷した。
診断結果で4週間ほどの回復を必要とし、これまで治療と回復に集中してきた。
そして負傷を振り払って正常に練習を消化し、出場の準備を終えた。

"ラス・プロビンチャス"は「バレンシアはイ・ガンイン出場の準備ができたと感じ、大きな期待をかけている」とイ・ガンインの復帰を喜んでいると付け加えた。




スペインメディア、「イ・ガンインがマジョルカ戦出撃準備」…久保との"小さな韓日戦"予告
フットボールリスト




※一部要約

イ・ガンインが復帰することになれば、レアル・マドリードからマジョルカにレンタル中の久保との出会いも期待することができる。
久保は今シーズンのマジョルカでリーグ16試合(先発10、交代6)プレーし、比較的十分な出場時間を確保している。
イ・ガンインがセラーデス監督の選択を受ければ、両選手がグラウンド上で対決する可能性が高くなる。

韓国と日本の2人の有望株は、今シーズンすでに競技場で一度会ったことがある。
去年9月、バレンシアとマジョルカはシーズン最初の対決を繰り広げたが、この試合で2人はそれぞれ交代出場した。
久保が後半33分に交代投入され、イ・ガンインもやはり後半38分に交代出場した。



"水原とさらに4年"キム・ミヌ、「水原行き、苦心の末に決定…優勝したい」
ベストイレブン




※一部要約

水原三星と4年契約を結んでKリーグに残ったキム・ミヌが、自分がプレーする間に必ず優勝トロフィーを掲げたいという希望を伝えた。

水原は冬の移籍市場で"FA交渉1順位"である韓国代表出身のマルチプレーヤーキム・ミヌを捕まえた。
水原は4年契約を提示したことがわかった。
これでキム・ミヌは水原で選手キャリアを終える可能性が高まった。

水原としては戦力として大きな利益になる獲得だ。
キム・ミヌは現存する韓国最高のマルチプレーヤーである。
メインポジションの左SBに加えてサイドアタッカー、中央MF、攻撃型MFなどを消化できる。
実力と性格を兼ね備え、"ヨム主将"ヨム・ギフンに続く次期主将1位に挙げられる。

キム・ミヌはサガン鳥栖と水原をめぐって悩み、水原を選んだ。
サガン鳥栖はキム・ミヌがプロキャリアの第一歩を踏み出し、7年間苦楽をともにしたクラブである。
サガン鳥栖が日本J2リーグ所属の時代から始まって昇格まで導き、J1リーグでもともに時間を過ごした。
そのため最近の韓日情勢とは別に、キム・ミヌ個人にとっては愛情が格別にならざるを得ないチームである。



[オフィシャル] ユン・イルロク"サプライズ"ヨーロッパ行き、フランス・リーグ1のモンペリエに入団
フットボールリスト




※一部要約

Jリーグの横浜との契約が終了したユン・イルロクが、フランス・リーグ1で6位を走るモンペリエに"サプライズ"入団した。

横浜退団後にKリーグ復帰説が出回っていた状況で、思いがけない移籍のニュースだ。
2018年にFCソウルを去って横浜に入団したユン・イルロクは、去年済州ユナイテッドにレンタルされて、1シーズンで34試合に出場して11ゴールを記録した。
モンペリエはユン・イルロクを移籍金なしで獲得し、背番号24のユニフォームを受けたユン・イルロクの映像を公開して入団のニュースを伝えた。

ユン・イルロクが入団したモンペリエの次の試合は、20日月曜日のカーンとのフランスカップ32強戦である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング