3年ぶりにチェフに会ったチョン・ソンリョン、「若いときからのアイドル…また会えて嬉しい」
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ソンリョンが3年ぶりにレジェンドのペトル・チェフと再会した。

チョン・ソンリョンの所属チームである川崎フロンターレは19日午後7時、横浜の日産スタジアムで行われた2019明治安田生命Jリーグワールドチャレンジでチェルシーと対決した。
2018シーズンJリーグチャンピオンの川崎と2018-2019ヨーロッパリーグ優勝チームのチェルシーとの対決に関心が集まったこの日の試合は、川崎の1-0の勝利で終わった。

この日の試合に先発出場したチョン・ソンリョンは、65分間無失点の活躍を繰り広げてチームの勝利に貢献した。
試合後に行ったインタビューでチョン・ソンリョンは「チェルシーに一度勝ってやろうという覚悟で選手全員が試合に出たが、良い結果を得て気分が良い」として、「強いチームとの試合を通じ、私だけでなく選手全員に得るものが多かっただろう」と試合の所感を明かした。

続けて「チェルシーは確かに良いチームだという感じをかなり受けた。選手一人ひとりの能力も良かった」として、「チェルシーが攻撃のとき、選手全員が一つになってしっかり防ぎ、チャンスを作ってゴールを決めたので勝てたのだと思う」と試合について総評した。

チョン・ソンリョンは試合後、若いときのアイドルであるチェフと会った。
チェフはこの日、チェルシーの団長として競技場を訪れた。
チョン・ソンリョンがチェフを見つけて先に挨拶すると、チェフも喜んで笑い一緒に写真を撮った。

チョン・ソンリョンとチェフは3年前の2016年6月に一度会った記憶がある。
韓国サッカー代表の守門将としてチェコ代表と評価試合を行ったチョン・ソンリョンは、チェフと対決を繰り広げた。
当時の試合はチョン・ソンリョンの好セーブショーに力づけられ、韓国が2-1で勝利した。

チョン・ソンリョンは「若いときからチェフがアイドルだった。3年前、代表戦が終わってからユニフォームを交換したが、今でもちゃんと保管している」として、「また会えると思っていたが、今回良い機会があって再会できた」とチェフと会った嬉しい気持ちを伝えた。

この日の試合でチョン・ソンリョンは、チェフが見ている前で再び活躍し、チームの勝利を導いた。
チョン・ソンリョンは「世界的なチームと良い試合をしたというのは気持ちの良いことだ。良い力を貰ったので、今後のリーグ戦を行うに当たって肯定的に作用してほしい」としてインタビューを終えた。



久保デビュー戦に興奮した列島、「後半のレアル攻撃の中心」
ベストイレブン




※一部要約

2001年生まれの日本サッカーの新星・久保建英がレアル・マドリードのユニフォームを着て公式デビュー戦を行った。
これを見守った日本メディアは興奮を隠せずにいる。

レアル・マドリードは21日、アメリカ・ヒューストンで行われた2019インターナショナルチャンピオンカップ(ICC)でバイエルン・ミュンヘンと対決し、3-1で完敗した。

今シーズンを前にレアル・マドリードに合流した移籍生が大挙公式戦を行って注目を集めた。
エデン・アザールをはじめとしてルカ・ヨビッチ、ロドリゴ、そして日本の久保まで、レアル・マドリードの一員としてピッチを走ってファンに挨拶した。

26番のユニフォームを着た久保は、後半開始とともにトニ・クロースと交代で試合に投入され、試合終了のホイッスルが鳴るまで活躍した。

日本の<ニッカンスポーツ>は「久保がついにデビューした。世界最高のクラブの一つであるレアル・マドリードで、最高の選手の1人として日本選手が出場したのは久保が初めてだ。彼は軽快な動きで攻撃のリズムを作り、冷静かつ堂々としたプレーをした」と評価した。

日本版<ゴールドットコム>は「18歳の久保が強烈なデビュー戦を行った。低い位置でボールを持ってから鋭い突破でファールを得て、パスで決定的チャンスを演出した。久保は後半のレアル・マドリードの攻撃の中心だった。競技場で光を放った」と賛辞を送った。



BBCも注目、"Jリーグチームにプリシッチのデビュー戦"
ベストイレブン




※一部要約

チェルシーがプレシーズンの試合で川崎フロンターレを相手に敗れた。
プレシーズンとはいえ予想を裏切る異変だった。
英国メディアもこの結果を興味深く注目した。

英国メディアBBCスポーツは20日、「プリシッチのチェルシーデビュー戦はJリーグチームを相手にした敗北だった」と報じた。
プリシッチは新チームに移籍して行った最初の試合で早々に異変の犠牲になったため、限りなく苦々しいようだ。

BBCスポーツは「チェルシーと契約を終えたプリシッチがついに初戦を行ったが、Jリーグチームを相手に納得がいくほどのシーンを作れなかった」と報じた。
BBCはまだ公式のシーズンが始まる前であることを考慮しても、プリシッチが期待には至らなかったという点は明らか出ると分析した。

実際、この日のプリシッチはまだ体が仕上がってない姿を見せ、川崎の組織的プレスに苦戦して自分の存在感を知らしめることができなかった。
今後の追加獲得が不可能なチェルシーの状況を見たとき、BBCスポーツとチェルシーはどちらも、プリシッチがどれだけ自分の役割を果たせるかが重要な鍵になるだろうと予想している。

予期せぬ敗北と残念な評価を受けたプリシッチが今後、プレシーズンと来るリーグ開幕でどのような姿を見せるのか、関心が集まっている。



浮き立つ日本にAFC相槌、久保-安部のエル・クラシコに関心
スポータルコリア




※一部要約

日本の有望株のスペイン進出が好況だ。
久保建英に続いて安部裕葵もFCバルセロナに入団した。

久保と安部の行き先はよりによってスペインの名門であるレアル・マドリードとバルセロナである。
彼らがアジアの舞台に注視し始めたなか、有望株の2人が選ばれた日本は当然浮き立つしかない。

浮き立つ日本にAFCも口添えした。
15日、公式SNSアカウントで久保と安部がそれぞれレアル・マドリード、バルセロナのユニフォームを着た合成写真を掲載した。
ラ・リーガ進出を意味するただの掲示物だが、解釈によっては今後エル・クラシコダービーで彼らの対決を期待する日本の当然の視線に、AFCが報いた格好である。




"久保-安部"を前面に出す日本の野望、"2050年までにワールドカップ優勝の目標"
スポータルコリア




※一部要約

スペインメディア"マルカ"は15日、「バルセロナは日本の最も賢い才能の1人である安部裕葵と契約を結んだ」と伝えた。

久保と安部のスペイン進出は、ヨーロッパ5大リーグで活躍する日本選手がますます増えているということを意味する。
"マルカ"は「日本サッカーは上昇の勢いに乗っている。新しい選手の移籍は偶然ではなく、日本サッカー協会が1990年代末くらいから施行した緻密な戦略の結実だ」と強調した。



FAになったコ・ミョンジン、韓国-中東-日本から"熱い関心"
フットボールリスト




※一部要約

FA資格を得たコ・ミョンジン(31)にほぼすべてのアジアが注目している。

移籍市場に詳しい関係者の多くは、コ・ミョンジンを韓国や中東、そして日本のすべてが欲しがっていると明かした。
ある関係者は「韓国とカタール(アル・ラーヤン)で実力を検証されたし、移籍金もない選手なので関心を示すチームが多い」と語った。

夏の移籍市場の締め切りを一週間後にしているKリーグ1チームの多くは、コ・ミョンジンを連れてくるために努めている。
上位圏チームはもちろん、下位圏にいるチームも即戦力としてコ・ミョンジンを迎えようとしている。
MFの品薄状態が広がっているため、多くのチームがコ・ミョンジンに注目している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング