[現場リポート] 4人の韓国人、大阪ダービーの中心に立つ
スポータルコリア




※一部要約

ライバル戦という要素は、試合への興味を一層引き立てて没入させる要素である。
それが"ダービーマッチ"と呼ばれる地元のライバル戦なら、なおさら没入度を高める。
地元のライバルには絶対勝たなければならないという自尊心の戦いが熱気を煽る。

日本Jリーグには多くの地元ライバル戦がある。
その中でもガンバ大阪とセレッソ大阪の"大阪ダービー"は、Jリーグを代表するダービーマッチである。
7月29日の市立吹田サッカー競技場では、両チームのシーズン2回目の対決であり、通算23回目の大阪ダービーが行われた。

大阪は日本の有名な観光地として韓国に馴染みの都市である。
また、大阪には4人の韓国サッカー人がいる。
ガンバのオ・ジェソクとファン・ウィジョ、セレッソのユン・ジョンファン監督とキム・ジンヒョンだ。

試合は午後7時に行われたのだが、2時間前の午後5時にはすでに競技場の周囲は空いているところがないほどファンでいっぱいになっていた。
吹田市立競技場には39694人を収容できる。
そしてこの日、競技場には36177人余りが入場した。
安全のためにセクターの一方を空けているのを考慮すれば、事実上ほぼ全席を埋めていた。
関係者は「吹田市立競技場の開場から初めての売り切れ」と伝えた。

ガンバファンは選手団の出入り口側にガンバ選手団のバスが見えると、すぐに熱を帯びた応援で力を送った。
一方、セレッソ選手団のバスが現れると、すぐにありとあらゆるブーイングを送った。
一部のファンは悪態を意味する中指を上げたりもしていた。

遠征応援に来たセレッソファンが入場する南側スタンドの近くでは、セレッソファンの応援が繰り広げられていた。
警備会社の職員はバリケードを立てて、万一の状況に備えていた。
だが所々で両チームのファンの間で口論が起きたりもした。
地元のライバルであり、首位(セレッソ)と6位(ガンバ)で上位圏にいるチーム同士の対決なので、ファンも神経戦が激しくなるほかなかった。


20170804094656013a.jpg



[ソ・ホジョンのキックオフ] ポドルスキはなぜ"漫画のサッカーシューズ"を履いてプレーしたのか
ソ・ホジョンコラム




※一部要約

7月29日に日本プロサッカー・ヴィッセル神戸のホームであるノエビアスタジアム神戸には、19415人の観客が集まった。
この日は3月に神戸入団を確定させたドイツ代表出身FWルーカス・ポドルスキのリーグデビュー戦だった。

中国スーパーリーグの関心を退けてJリーグ移籍を選んだポドルスキは、ヨーロッパでのシーズンを終えて7月6日に日本へ到着、新たな所属チームに合流した。
Jリーグの選手登録の手続きでベガルタ仙台との親善試合以外では出場できなかったが、彼は大宮アルディージャを相手にホームで公式デビュー戦を行うことができた。

ポドルスキはデビュー戦からホームファンの心を掴んだ。
大宮相手にチーム初ゴールと2ゴール目を取って3-1の勝利を導いた。
神戸は最近の2連勝で上位圏躍進の足場を用意した。
目標だったACL出場権獲得のために占めなければならない3位までは勝ち点6差である。

9位だがまだリーグ日程は15試合残っているので、追撃の可能性は十分だ。
その期待を満たしたのがポドルスキのデビュー戦での大活躍だった。

1試合ですべてを判断することはできないが、直近でJリーグに入城したワールドスターのディエゴ・フォルランよりも早い適応と活躍である。

フォルランより長い3年契約を結んだポドルスキは、Jリーグで成功する意志を競技場の内外で姿勢によって示している。
60億ウォンを越えるJリーグの水準では高年俸を受けるだけに、競技力的にも商業的にも自分の価値を見せている。


4806205968708a.jpg



浦和監督の更迭を導いた"札幌の守護神"ク・ソンユンの好セーブショー
中央日報




※一部要約

日本プロサッカーJ1の強豪浦和レッズを率い、最近指揮棒を下ろしたミハイロ・ペトロビッチ元監督にとって、今の時点でコンサドーレ札幌を、そして上り調子の韓国人GKク・ソンユンを相手にしたのは不運だったのかもしれない。

ペトロビッチ監督は先月29日、コンサドーレ札幌との試合で0-2の完敗を喫した直後に辞任した。
2013年に浦和の指揮棒を手にしてから6シーズンぶりである。
彼は昨シーズンのリーグカップ優勝を導いて再び指導力を認められたが、今シーズンは9勝2分け9敗に終わり、8位に落ちた圧迫感に耐えることができなかった。

ペトロビッチ監督の更迭に繋がった札幌戦の完敗の背景には、"札幌の守護神"と呼ばれる韓国人守門将ク・ソンユンの好セーブショーがあった。
この日のク・ソンユンは、浦和の決定的なシュートを2本防いで所属チームに貴重な勝ち点3をもたらした。
生存競争中の札幌は、シーズンの勝ち点を19に伸ばして、降格圏外の14位に跳躍した。

ク・ソンユンは今シーズンのJリーグの舞台で走る代表級韓国人GKの中で末っ子である。
クォン・スンテ、チョン・ソンリョン、キム・スンギュらと善意の競争を続けている。
J1の18チームの中で最弱体に分類されるチームの戦力のため、19試合で28失点と失点率(1試合当たり1.47失点)は相対的に高いが、今シーズンの全試合で着実に先発出場して不動の守護神に位置づけられている。
チーム内外で"ク・ソンユンがいるからこれだけ持ちこたえられる"という情緒が流れている。



[オフィシャル] 日MF松井、36歳の年齢で再びヨーロッパ挑戦…ポーランド行き
スポーツソウル




※一部要約

松井大輔(36・ジュビロ磐田)がヨーロッパの舞台に復帰する。

日本J1リーグの磐田は2日、公式HPでベテランMFの松井が欧州リーグに復帰すると発表した。
行き先はポーランド2部リーグのオドラオポーレである。

松井は母国復帰から3年で再び欧州リーグ挑戦を選んだ。
彼は2013年にレヒア・グダニスク所属として半年間ポーランドリーグを経験したことがある。

2000年に京都パープルサンガでプロリーグにデビューした松井は、2004年にフランス2部リーグのル・マンへ移籍した。
その後ロシア、ブルガリア、ポーランドリーグを経て9年間ヨーロッパで走った。
日本代表にも31試合出場した。

2014年に日本の舞台に復帰し、豊富な経験を基に入団2シーズンでチームを昇格に導いた。
だが昨シーズンから出場機会が減り始め、新たな挑戦のためチームを去ることに決めた。



[インタビュー] チョ・ドンゴン「51Mゴール、私は自信に満ちている」
フットボールリスト




※一部要約

チョ・ドンゴンのFW人生10年を合わせてGKが最も小さく見えたゴールだった。
チョ・ドンゴンはセンターラインから飛ばしたロングシュートでサガン鳥栖の勝利を導いた。
ボールの飛距離は約51メートルで、GKの頭上とゴールポストの間を過ぎてゴールの中に落ちた。

7月30日、サガン鳥栖はサンフレッチェ広島を相手に1-0で勝利した。
交代投入されたFWチョ・ドンゴンの得点が、この日唯一のゴールだった。
チョ・ドンゴンは先発と交代を行き来してプレーし、チーム内最多の5ゴールを決めている。
147分に1ゴールである。

Kリーグで9年プレーし、今年初めて海外に進出したチョ・ドンゴンはコンディションが良い。
2試合連続ゴールを決め、シーズン二桁得点の可能性を上げている。
代表に抜擢されるほど多才多能な能力を備えていたときは出場時間が足りず、時には色んなポジションを転々として安定した活躍ができなかった。
最大の変数は心理状態だった。
チョ・ドンゴンはデビュー以降、最も安定した環境で、最も自信溢れるシーズンを過ごしているところだ。

「豊田陽平選手がパスをしてくれたボールをセンターラインで受け、前に守備が2~3人まず見えました。その向こう側にGKが小さく見えて、かなり前に出ていました。打っても良さそうだという気がしました。倒れて蹴ったのですが、思った通りにインパクトがありました。こういうゴールを初めて決めたのですが、気分がちょっと違いました。自分でも信じられない感じ?」

鳥栖はこの試合の前まで、遠征勝利が一つもなかった。
交代で入ったチョ・ドンゴンは、負担な状況で果敢なプレーをして見事に成功させ、チームの遠征初勝利を導いた。
Kリーグではこのようなプレーを試みた記憶がない。
今のチョ・ドンゴンがリラックスし、大きな自信を持ってプレーしているという意味である。
チョ・ドンゴンは城南時代から自信満々に試合をする時と、萎縮した時の競技力の差が大きい方だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング