[SWインタビュー] パク・ギョンフン城南監督「ファン・ウィジョには感謝の気持ちだけ」
スポーツワールド




※一部要約

Kリーグチャレンジの城南FCが20日、エースのファン・ウィジョのガンバ大阪移籍のニュースを伝えた。
契約期間は2年で移籍金は双方合意のもとで公開しない。

ファン・ウィジョは城南を代表するフランチャイズスターである。
2013年にKリーグデビューし、城南だけで139試合34ゴール8アシストを挙げた。
今シーズンは17試合4ゴール1アシストを記録中だった。

パク・ギョンフン城南監督は20日、スポーツワールドとのインタビューで「ガンバがこれまでずっとファン・ウィジョにラブコールを送っていた。実は昨シーズン終了後に移籍するところだったが、私もちょうど監督に就任したときで、チームもチャレンジに降格したし、ウィジョの残留を頼んだ。ウィジョも快くチームの昇格を導きたいと言った」として、「だが夏の移籍市場が迫り、ガンバが再び求愛を送った。ウィジョと私たちの契約期間が今年いっぱいで、移籍金も昨冬と大差なくて決断を下した。(厳しい)クラブの状況も考慮しなければならなかった。監督としては送りたくないが、選手の成長のため送ることを決心した」と語った。

ファン・ウィジョの移籍は悲しいニュースだが、幸いチームの雰囲気は最近悪くない。
パク監督は「序盤に危機が迫ったとき、クラブの全職員が一つになって皆で堅く団結した。余裕を失わなかったこともかなり役に立った。これからFWも補強する計画だ。ウィジョが去っても動揺しないよう、監督としてさらに集中して努力する」と覚悟を固めた。



[オフィシャル] 日ヴィッセル神戸、ポドルスキの7月6日合流発表
スポータルコリア




※一部要約

ルーカス・ポドルスキが7月に日本J1リーグのヴィッセル神戸に合流する。

神戸は16日、クラブの公式HPで「ポドルスキが7月6日に神戸に来る。神戸空港の歓迎イベントから合流して公式記者会見を行う予定である。イベントに参加するサポーターズは事前の受け付けが必要」と公式発表した。

ポドルスキは3月にトルコのガラタサライを去って神戸移籍を決めた。
当時、自身のSNSチャンネルで「ファンと共有したい。私は今シーズン終了後に日本Jリーグのヴィッセル神戸に移籍する。新たな挑戦のためこのような決断を下した」と伝えた。

一方、ポドルスキは契約期間3年で総年俸1800万ユーロ(約181億ウォン)で神戸のユニフォームを着た。
背番号は10である。





スポータルコリア




※一部要約

ポドルスキの正確な神戸デビュー戦の日も決まった。
スポーツ報知によると、ポドルスキは7月22日に行われるベガルタ仙台との親善試合に出場する方向で決まった。



済州-浦和乱闘劇・・・「国際的恥さらし」
マネートゥデイ




※一部要約

2017AFCチャンピオンズリーグで対決した済州ユナイテッドと日本の浦和レッズが乱闘劇を演じた。
海外メディアにまで紹介され、非難を受けている。

済州は先月31日、埼玉スタジアムで行われた2017ACL16強2ラウンドの浦和レッズ遠征試合に0-3で敗れた。
済州は1ラウンドに2-0で勝利したが、この日の試合結果によって合計スコア2-3で敗北、8強進出のチケットを逃した。

試合終了前、済州と浦和の選手が乱闘劇を演じて眉をひそめさせた。
特にベンチにいた選手までグラウンドに出てきて乱闘劇に参加した。
済州所属のペク・ドンギュが相手選手を右腕で強く殴打、レッドカードを受けたりした。
この乱闘劇でレッドカードとイエローカードが溢れた。

乱闘劇は海外メディアにも紹介されたことがわかった。
ネチズンは「一部のヨーロッパ・アジアメディアで済州と浦和の乱闘劇が報じらて国際的恥さらしだ」、「状況は置いといて、結果を承服しなければならないスポーツが暴力で汚された」と反応した。



[ACL現場レビュー] 済州、浦和遠征で延長の末0-3負け・・・8強行き挫折(合計スコア2-3)
スポータルコリア




※一部要約

機先を制した済州ユナイテッドが浦和レッズ遠征で崩れてACL8強進出に失敗した。

済州は31日、埼玉スタジアム2002で行われた浦和との2017ACL16強2次遠征試合で興梠慎三とイ・チュンソンに連続ゴールをゆるして0-2で敗れた。
これで1・2次戦の合計スコアは2-2。
済州は延長線で後半9分に森脇良太に痛恨の失点を許して合計スコア0-3で敗れ、結局悔し涙を飲まなければならなかった。


20170531222120338a.jpg

20170531222120338b.jpg

20170531222120338c.jpg

20170531222120338d.jpg



[キム・ファンのACL-ファイル] "予算・外人・3バック・戦犯旗"浦和はこのようなチーム
キム・ファンコラム




※一部要約

浦和レッドダイヤモンズは"2017AFCチャンピオンズリーグ"に出ている日本Jリーグチームの中で最も組織力が良い。
F組を4勝2敗、1位で通過した。
日本を代表できるパスサッカーを上手く活かし、同時にゴール決定力までさらに増し、完成度の高いサッカーを見せてきた。

だが浦和は今シーズン最も屈辱的な敗北を喫した。
24日に済州総合運動場で行われたACL16強1次戦で済州に0-2で負けた。
浦和が2017年にJリーグとACLを合わせて2ゴール差以上で負けたのは、この日が初めてだ。
計6敗(11勝2わけ)のうち、5敗が1点差だった。
日本の新聞は"済州のカウンターアタックに完敗した"と報じた。
川崎フロンターレと鹿島アントラーズより高評価を受けていたので衝撃が大きかったようだ。

浦和を見る視線はACL16強1次戦からどう変わったのだろうか?
東京在住の日本人エージェントA氏、浦和サポーターズでコールリーダーのあるB氏、言論人出身のサッカー関係者C氏に16強2次戦について話を聞き、4種類のキーワードに整理した。
彼らは内部の雰囲気と個人的な意見を伝えることを負担に考え、匿名を求めた。


spt51673595a.jpg


キーワード①"来年の予算"は済州が決定

浦和と日本サッカー界の関係者はACL16強1次戦についてあまり心配してない様子だった。
16強1次戦が始まる直前には、目標を優勝だと明かした。
サッカー界関係者C氏は、16強1次戦直前に行われたインタビューで「済州は今シーズン良いといっても、ACLでの経験が多くない。浦和はACL優勝のキャリアまである強いチームなのであまり心配していない」と言った。

もう状況は変わった。
浦和は74%の支配率でも1ゴールも決められないままホームに帰った。
そして2ゴールも許した。
ラファエル・シルバを除けば怪我人もおらず、日本の自国選手のコンディションも良かったので、済州戦敗北の衝撃はさらに大きかった。
C氏は「浦和は普段通りやった。だが済州の対応が良かったと思う。むしろ私たちが駄目だったのなら大丈夫だが、済州が思ったより準備をかなりしてきたので当惑した」と伝えた。


spt51673595b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング