ACL16強の、韓国↓中国・日本・イラン↑
スポーツ朝鮮

20170510132611953.jpg


※一部要約

2017ACL16強の進出チームが決まった。
8組(32チーム)のGLを終えた結果、私たちのKリーグを代表した4チームのうち、済州ユナイテッドの1チームだけが16強に上がった。

1年前のKリーグは全北現代がチャンピオンズリーグの頂点まで上がった。
また、ソウルも4強まで上がって韓国プロサッカーの高い地位をアジアに轟かせた。
だが今回はソウルと蔚山現代、そして水原三星がGLで脱落し、1年でKリーグはACLの舞台で落ちぶれた。

Kリーグが苦戦した反面、中国スーパーリーグと日本プロサッカーが善戦した。
特に中国は莫大な資金で獲得した世界的スタープレーヤーの効果をしっかりと見た。
GLに参加した上海上港と広州恒大、そして江蘇蘇寧がすべて16強に進出した。

技術サッカーを前面に出した日本も、4チーム中3チームがGLを通過した。
浦和レッズと鹿島アントラーズが16強を確定してグループ1位争いを残している。
G組の川崎フロンターレは2位で16強に合流した。(※川崎は1位で通過)
H組のガンバ大阪は4位で脱落した。

E組のムアントン・ユナイテッド(タイ)は突風を続けた末に16強に進出する変事を起こした。


20170510132611953a.jpg



[ACL] "チョン・ウン-ファン・イルス連続ゴール"済州、ガンバに2-0勝ち・・・"初の16強進出の快挙"
スポータルコリア

20170509204915964.jpg


※一部要約

済州ユナイテッドがKリーグの自尊心を守った。
ガンバ大阪を下してグループ2位でチーム史上初のACL16強進出に成功した。

済州は9日、済州ワールドカップ競技場で行われたガンバとの2017AFCチャンピオンズリーグH組6次戦で、チョン・ウンとファン・イルスの連続ゴールにより2-0で勝利をおさめた。
この日の勝利により3勝1分け2敗で勝ち点10を確保した済州は、江蘇-アデレード戦の結果に関係なくグループ2位を占め、16強行きのチケットを手にした。
済州は16強でF組1位と対決する。


20170509204915964a.jpg

20170509204915964b.jpg



ファン・ギウク、「浦和戦、ACLだけでなく韓日戦だ」
OSEN




※一部要約

「ACLだけでなく韓日戦」

FCソウルは9日、ソウルワールドカップ競技場でACL公式記者会見をした。

ソウルはすでに16強進出に失敗している。
1勝4敗に終わり、手強いF組で生き残れなかった。
だがソウルは安々と崩れることはできない。
最近の浦項との試合で、熾烈な接戦の末に敗北を喫するなど、調子が正常ではない。

ACLでの不振がKリーグクラシックに加われば、チームの負担はさらに大きくなる他ない。
なので無条件に勝利して、反転のキッカケを作らなければならない。

ファン・ギウクは「厳しい事実があるのは明らかだ。自分たちだけのモチベーションがある。選手であるならファンの前で最善を尽くさなければならない」として、「チームとファン、そして選手一人一人のために良い結果を得る」と語った。

続けて彼は「プロ選手、選手なら自分たちができる能力を競技場ですべて出さなければならない。浦和レッズは素晴らしいチームだ。ACLで相対するだけでなく韓日戦の意味も含まれるので、無条件に勝たなければならない」と強調した。



「わ~アン・ジョンファンだ」アン・ジョンファンの九徳訪問現場に行ってみると
スポーツ朝鮮




※一部要約

「わ~、アン・ジョンファンだ」

釜山のレジェンド、アン・ジョンファンが九徳を熱くさせた。

アン・ジョンファンは6日、釜山の九徳運動場で行われたKリーグチャレンジ11ラウンドの富川とのホーム試合に、"レジェンドデイ"で招待を受けて九徳運動場を訪れた。

この日はゴールデンウィークを挟んでいるうえ、釜山地域にも微細粉塵が襲っていた。

釜山のクラブ関係者は試合開始前、微細粉塵で野外活動を自粛する雰囲気まで重なり、予想よりあまり観客が訪れないようだと憂慮していた。

だが取り越し苦労に終わった。
九徳運動場の熱気だけは初夏の天候より暑かった。
特にアン・ジョンファンが登場するとさらにそうなった。


20170506162311419a.jpg


アン・ジョンファンはこの日、航空便でソウルから釜山に飛んできた。
試合開始前に場内アナウンサーの紹介でアン・ジョンファンがグラウンドに近づくと、すぐに観客席の手すりが混雑した。

老若男女、アン・ジョンファンを少しでも近くで撮影するためスマートフォンカメラを一斉に出した。



[チャレンジレビュー] "イム・チャンギュン幻想ゴール"水原FC、大田を3-1で制圧・・・"5連続無勝"脱出
インターフットボール

20170430165421867.jpg


※一部要約

水原FCが1ヶ月ぶりに行われたホーム試合で、大田シチズンを制圧して"5試合連続無勝"から脱出した。

水原FCは30日、水原総合運動場で行われたKEBハナ銀行Kリーグチャレンジ9ラウンドの大田とのホーム試合でイム・チャンギュン、ペク・ソンドン、イ・スンヨンのゴールで3-1の勝利をおさめた。
これで水原は富川、牙山を抜いて3位に上がった。
同日午後5時に行われるソウルイーランドと牙山ムグンファの試合結果によっては4位に落ちることもある。(※1-1に終わって水原FCが3位を維持)


20170430165421867a.jpg

20170430165421867b.jpg

20170430165421867c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング