「南野、2試合連続ベンチ…EPLデビューまた延期」日嘆く
スポータルコリア




※一部要約

リバプールが優勝へ向けて加速ペダルを踏んだが、日本は嬉しくなかった。
南野拓実のリーグデビュー戦がまた失敗に終わったからだ。

リバプールは20日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの2019/2020イングリッシュ・プレミアリーグ23ラウンドで、フィルジル・ファン・ダイクとモハメド・サラーの連続ゴールで2-0の勝利をおさめた。
これで13連勝を疾走、勝ち点64で圧倒的な首位を走っている。

この日のリバプールはマヌラ(サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、サラー)を前面に出して強大な火力を誇示した。
緊張感溢れていて、ライバル戦のためいつもより交代で慎重にならざるを得なかった。
そのため移籍してから1ヶ月も経っていない、まだ適応中の南野にチャンスが与えられるわけがなかった。

これを見守った日本は、深い溜め息をついた。
日本のフットボールチャンネルは「リバプールは13連勝を走ったが、南野はまたベンチを守った」と嘆いた。

ゲキサカもやはり試合内容と結果を伝えて「南野は待機リストに名前を上げたが、サラー・フィルミーノ・マネが先発で出た。3選手によってEPLデビュー戦は延期となった」と心残りを吐露した。




南野が1月の獲得で2位になり日メディア、「ズラタンを抜いた!」
スポータルコリア




※一部要約

英国"インディペンデント"は20日、"1月の移籍市場トップ20"を選定した。
現在までに成立した移籍に順位をつけたのだ。
21日、日本"サッカーダイジェスト"はこれを引用して「(南野が)ズラタンを抜いた」というタイトルの報道をした。

1位はザルツブルクからドルトムントに移籍したアーリング・ホランドだった。

続けて2位はザルツブルクでホランドとともにプレーした南野が名前を上げた。
"インディペンデント"は「ザルツブルクで最高のプレーを繰り広げた。洗練されたプレーをし、成長を期待できる」という評を残した。

LAギャラクシーからACミランに移籍したズラタン・イブラヒモビッチは7位だった。
"サッカーダイジェスト"は「現在の評価、長期的な成長、市場価値など、インディペンデント独自の基準で、南野はイブラヒモビッチより高かった」と称賛した。

南野はリバプール移籍後、多くのヨーロッパ現地メディアの関心を集めている。
リバプールデビュー戦は行ったが、プレミアリーグデビューはまだ実現していない。
2試合連続ベンチに留まっただけである。
まだ序盤だが高い評価とは正反対の立場だ。



[現場REVIEW] "イ・ガンイン29分"バレンシア、マジョルカに1-4の完敗…久保10分
スポTVニュース




※一部要約

バレンシアが敗北した。

バレンシアは19日午後8時、マジョルカのイベロスタースタジアムで行われた2019-20シーズン・スペイン・ラ・リーガ20ラウンドで、レアル・マジョルカに1-4で敗北した。
これでバレンシアは7位に留まり、マジョルカは降格圏を脱して17位に上がった。


200119215212397a.jpg

200119215212397b.jpg



イ・ガンイン-久保の韓日ヤングガン対決の実現有力…マジョルカ戦出場の見通し
スポータルコリア




※一部要約

"ゴールデンボーイ"イ・ガンインがマジョルカを相手に負傷復帰戦を行う見通しだ。
久保建英との韓日有望株の対決の可能性が高まった。

15日のスペイン"ラス・プロビンチャス"によると、イ・ガンインは負傷から完全に回復して正常に練習を消化した。
"ラス・プロビンチャス"は「アルベルト・セラーデス監督が才能(イ・ガンイン)を取り戻した。特別な問題がなければ日曜日に現れる」と、19日に行われるマジョルカ戦でのイ・ガンイン出場の可能性に言及した。

イ・ガンインは去年11月27日、チェルシーとのUEFAチャンピオンズリーグの試合で太ももを負傷した。
診断結果で4週間ほどの回復を必要とし、これまで治療と回復に集中してきた。
そして負傷を振り払って正常に練習を消化し、出場の準備を終えた。

"ラス・プロビンチャス"は「バレンシアはイ・ガンイン出場の準備ができたと感じ、大きな期待をかけている」とイ・ガンインの復帰を喜んでいると付け加えた。




スペインメディア、「イ・ガンインがマジョルカ戦出撃準備」…久保との"小さな韓日戦"予告
フットボールリスト




※一部要約

イ・ガンインが復帰することになれば、レアル・マドリードからマジョルカにレンタル中の久保との出会いも期待することができる。
久保は今シーズンのマジョルカでリーグ16試合(先発10、交代6)プレーし、比較的十分な出場時間を確保している。
イ・ガンインがセラーデス監督の選択を受ければ、両選手がグラウンド上で対決する可能性が高くなる。

韓国と日本の2人の有望株は、今シーズンすでに競技場で一度会ったことがある。
去年9月、バレンシアとマジョルカはシーズン最初の対決を繰り広げたが、この試合で2人はそれぞれ交代出場した。
久保が後半33分に交代投入され、イ・ガンインもやはり後半38分に交代出場した。



南野、ソン・フンミンに目礼の挨拶…ヨーロッパでアジア人が親睦
STNスポーツ




※一部要約

リバプールは12日、英国ロンドンにあるトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた2019/20シーズン・イングリッシュ・プレミアリーグ22ラウンドのトッテナム・ホットスパーとの試合に1-0で勝利した。
リバプールはリーグ12連勝を疾走した。

リバプールは試合2日後の14日、自分たちの公式SNSチャンネルで"トンネルカム"を公開した。
このトンネルカムには両チームの選手の試合準備、試合シーン、試合後のインタビューシーンなど、この日のほぼすべての様子が入っていた。

この映像の中では南野拓実とソン・フンミン、2人のアジア選手が親睦を深める姿が捉えられた。
今冬の移籍市場でRBザルツブルクからリバプールに合流した南野は、FAカップでデビュー戦をしてリーグデビューを待っている。

南野は入場を準備するソン・フンミンを訪れた。
ソン・フンミンも喜んで迎える様子だった。
最後に南野が目礼をして別れ、ソン・フンミンも親指を立てて笑みを見せた。
競技場の中で会えば一歩も譲らない試合を行うだろうが、競技場の外では心温まる様子だった。



肩の重いソン・フンミン、南野と初の韓日戦実現するか
OSEN




※一部要約

ソン・フンミンと南野拓実の初めての出会いが近づいている。

トッテナムは12日深夜2時30分、ホームのトッテナム・ホットスパー・スタジアムでリバプールと2019-2020シーズン・イングランド・プレミア22ラウンドを行う。

ソン・フンミンの肩は重い。
チームの"看板ゴールゲッター"ハリー・ケインがプレーできないためだ。
ハムストリングの負傷位で長期離脱が避けられない。
ソン・フンミンはケインの代わりにトッテナムの前線を導かなければならない。

日本の次世代サッカースター南野とソン・フンミンの対決が実現するかも関心事である。
南野は今冬の移籍市場で、ユルゲン・クロップのリバプール監督のラブコールを受けてアンフィールド入りした。

南野は6日、エバートンとのFAカップ3ラウンドでデビュー戦を行った。
最前方FWで出場して70分グラウンドを走った。
現地メディアは残念だったという評が多かったが、クロップ監督は「際立っていた。まさに我々が望んだ選手」と絶賛を惜しまなかった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング