日新星・久保、"昇格チーム"マジョルカにレンタル?
ベストイレブン




※一部要約

レアル・マドリードの1軍スカッドに入ることに失敗した日本サッカーの新星、久保建英がマジョルカレンタルを模索している。

スペインメディア<フゴーネス>は、レアル・マドリードが久保をレンタルで獲得できるかとかなり多くのオファーを受け、その中でマジョルカが久保の成長のために最良のオプションだと決めたと伝えた。
レアル・バリャドリードが久保のレンタルのためにかなり力を入れたが、レアル・マドリードはマジョルカのほうが良いと判断したという。

今年満18歳の久保はバルセロナユースシステムで成長した後、2016年にFC東京でプロデビューした若い選手だ。
2019年の夏の移籍市場でレアル・マドリードに入団した久保は、所属チームのプレシーズンキャンプに合流してジネディーヌ・ジダン監督が見守る中で様々な試合を消化し、自分の潜在力を認められようとした。
だが1軍スカッドの登録には失敗し、2軍チームであるレアル・カスティージャでシーズンを送らなければならない状況だったが、レンタルのオファーを通じてラ・リーガデビューすることができるものとみられる。



久保デビュー戦に興奮した列島、「後半のレアル攻撃の中心」
ベストイレブン




※一部要約

2001年生まれの日本サッカーの新星・久保建英がレアル・マドリードのユニフォームを着て公式デビュー戦を行った。
これを見守った日本メディアは興奮を隠せずにいる。

レアル・マドリードは21日、アメリカ・ヒューストンで行われた2019インターナショナルチャンピオンカップ(ICC)でバイエルン・ミュンヘンと対決し、3-1で完敗した。

今シーズンを前にレアル・マドリードに合流した移籍生が大挙公式戦を行って注目を集めた。
エデン・アザールをはじめとしてルカ・ヨビッチ、ロドリゴ、そして日本の久保まで、レアル・マドリードの一員としてピッチを走ってファンに挨拶した。

26番のユニフォームを着た久保は、後半開始とともにトニ・クロースと交代で試合に投入され、試合終了のホイッスルが鳴るまで活躍した。

日本の<ニッカンスポーツ>は「久保がついにデビューした。世界最高のクラブの一つであるレアル・マドリードで、最高の選手の1人として日本選手が出場したのは久保が初めてだ。彼は軽快な動きで攻撃のリズムを作り、冷静かつ堂々としたプレーをした」と評価した。

日本版<ゴールドットコム>は「18歳の久保が強烈なデビュー戦を行った。低い位置でボールを持ってから鋭い突破でファールを得て、パスで決定的チャンスを演出した。久保は後半のレアル・マドリードの攻撃の中心だった。競技場で光を放った」と賛辞を送った。



"日本期待の主"安部、バルセロナB入団…バイアウト4000万ユーロ
マネーS




※一部要約

日本Jリーグ所属の鹿島アントラーズで活躍し、ヤングプレーヤー賞を受賞した安部裕葵が、スペインの名門FCバルセロナのBチーム(2軍)に入団することになった。

バルセロナは16日、クラブ公式HPで安部の獲得を公式発表した。
移籍金は110万ユーロ(約15億ウォン)で、バイアウトは4000万ユーロ(約532億ウォン)に設定された。
そこに安部が1軍に上がることになれば、バイアウトは1億ユーロ(約1329億ウォン)まで上昇することになる。




"日新星"安部、バルセロナB移籍
OSEN




※一部要約

Jリーグヤングプレーヤー賞を受賞したこともある安部は、最近成人代表でも頭角を現した。
彼は2019コパ・アメリカに出場し、GL3試合にすべて出て注目を浴びた。

安部の獲得を発表したバルセロナは「日本最高の20歳以下の選手だ」として、「東京オリンピックを控えた日本の期待の主を獲得した」と紹介した。



日本、久保の西新聞1面装飾に狂奔…「潜在力を認められた!」
スポTVニュース




※一部要約

日本が久保建英に連日狂奔している。

久保は先月14日、レアル・マドリードに移籍を確定させた。
1軍ではなく2軍のカスティージャから始める。

カスティージャ入団だが、プレシーズンで1軍と同行した。
現在、アメリカで行われているプレシーズンの練習で1軍選手とともにしている。

日本選手がレアル・マドリードに入団し、日本の関心は天を衝いている。
レアル・マドリードのプレシーズン取材で、スペイン記者より日本記者のほうが多いほどだ。

スペイン"アス"は14日、紙面の1面に"KUBO MANIA"というタイトルで久保を載せた。
バルセロナに移籍したアントワーヌ・グリーズマンは久保の下にいた。
スペインメディアの関心も、日本ほどではないが少なくないというのを見せた。

日本メディアは久保がスペインメディアの1面を飾ったことに興奮を隠せなかった。
"サンケイスポーツ"は「久保!スペイン新聞の1面装飾!」と足早に報じた。



"Jリーグは上手くいってる"日本選手のヨーロッパ進出"好況"
STNスポーツ




※一部要約

文字通り好況だ。

ヨーロッパサッカーの夏の移籍シーズンに歩調を合わせ、日本プロサッカーJリーグの選手のヨーロッパ進出が活発に実現している。
9日、日本サッカー専門メディア<ゴールドットコム>など複数のメディアは、鹿島アントラーズのDF安西幸輝がポルトガル1部リーグのポルティモネンセへの移籍に合意したと伝えた。
安西幸輝は2017年までJ2の東京ヴェルディでプレーし、去年に鹿島アントラーズに入団。
今シーズンはJリーグ15試合に出場して3ゴールを記録中である。
3月には日本成人代表メンバーにも初めて名前を上げたりもした。
安西幸輝は「今年24歳で、年齢を見ると海外挑戦は最後のチャンスと思ったため」とヨーロッパ進出挑戦の理由を明かした。
彼は「海外に進出するだけに、日本を代表するDFになってファンに成長した姿を見せたい」と堅い覚悟を明かしたりもした。

先に"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英が、スペインの名門レアル・マドリードに入団して大きな話題を集めた。
久保はレアル・マドリードの夏のプレシーズンツアーで、ジネディーヌ・ジダン監督の指揮の下で1軍選手とともに試合に出ると予想される。
現地メディアを見れば久保は1軍にすぐ入るのは難しいと予想されるが、未来は期待されている。
"ライジングスター"安部裕葵もスペインに進出する見通しだ。
安部はバルセロナとの3年契約が有力視されている。
安部は久保と同じく、1軍ではなく3部リーグに該当するバルセロナBでプレーして、技量を引き上げることに注力する。

一方、KリーグはJリーグと違って静かである。
現在、大邸FCのGKチョ・ヒョヌにドイツ・ブンデスリーガ進出が迫っているという説が乱舞しているが、確定したものではない。
チョ・ヒョヌの他には、FWキム・シヌクが巨額の移籍金で中国スーパーリーグの上海申花に移籍したのがすべて。
キム・シヌクは上海申花と3年契約で、年俸総額は170億ウォンに達することがわかっている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング