イ・スンウ、バルサBのプレシーズン練習に合流・・昇格競争
スポータルコリア




※一部要約

イ・スンウがバルセロナBのプレシーズン練習に参加する。
今夏バルサB昇格をめぐって競争する。

スペイン日刊紙"スポルト"の記者ホセ・カプデビラは13日、「バルサBが来週月曜日にプレシーズン練習を始める。アベル・ルイス、オルテガとイ・スンウも入った」と伝えた。

イ・スンウは2016/2017シーズン終了後に大きな岐路に立っている。
満19歳でバルサ・フベニールでプレーできず、バルサB昇格競争か移籍で悩まなければならなかった。
U-20ワールドカップと休暇の後にバルセロナへ出国し、「自分の将来は自分の手で決める。慎重に考え、周囲の人とたくさん言葉を交わす」と誓った。

ドルトムント、シャルケ、ポルトなど多くのクラブのラブコールが溢れたが、ひとまずバルサB昇格競争を選んだものとみられる。
カプデビラによるとマルロン・サントスがAチームに昇格する可能性と、テネリフェから獲得したチョコ・ロサノが欧州連合と認定されれば、イ・スンウ昇格の可能性は存在する。

一方、バルサBで2017/2018シーズンを消化する24人のリストは9月頃に発表される予定である。
バルサBの昇格で非欧州連合クォーターは二人。
イ・スンウはブラジル有望株ヴィチーニョの合流で、残りのクォーター1つをめぐって激しい競争を行う予定だ。



イ・スンウ-ペク・スンホ、バルサでの未来不透明・・・レンタルor契約解除(スペインメディア)
インターフットボール




※一部要約

韓国サッカー期待の主イ・スンウとペク・スンホの未来が不透明である。
両選手とも今シーズンのバルセロナのユニフォームを着てずっとプレーできるか未知数で、イ・スンウはレンタル、ペク・スンホは契約解除するかもしれないという報道が出てきた。

イ・スンウとペク・スンホは韓国サッカーの未来である。
両選手とも大韓民国で開催された2017U-20ワールドカップで印象的な活躍をしてファンの熱い愛を受け、今はバルセロナでの未来がどうなるかに関心が集中している。
両選手ともバルセロナとの契約期間が残っている状況で、残留と移籍について悩んでいる。

だがバルセロナ残留は現実的に難しそうに見える。

スペインメディア"ムンド・デポルティーボ"は6日、「バルセロナが今夏、コリアン三人衆のイ・スンウ、ペク・スンホ、チャン・ギョルヒなしにシーズンを準備するかもしれない。チャン・ギョルヒはすでに契約が満了し、イ・スンウとペク・スンホは契約期間が残っているが、レンタルか契約解除を考慮している」と両選手の未来が不透明だと報じた。






[公式発表] キ・ソンヨン、膝の負傷でシーズン序盤欠場
インターフットボール




※一部要約

スウォンジー・シティのMFキ・ソンヨンが膝の手術で2017-18シーズンの開幕戦に欠場する。

スウォンジーは3日、公式HPで「キ・ソンヨンが新シーズンの開幕戦に欠場する。キ・ソンヨンは膝の手術でシーズン序盤の欠場が不可避になった。彼はカタールとのワールドカップアジア最終予選で膝を負傷し、その後韓国で小さな手術を受けた」とキ・ソンヨン欠場のニュースを伝えた。

スウォンジーは「キ・ソンヨンはスウォンジーのアメリカツアーが終わるまで韓国に留まり、リハビリに専念するだろう。クラブのメディカルチームはキ・ソンヨンの負傷の具合を見るため韓国へ向かった。まだ復帰の日は決まってないが、今回の負傷で長期欠場はしないと予想している」とキ・ソンヨンがシーズン序盤に欠場すると見通した。


20170703200515676a.png



"BVB失敗"パク・チュホ、AEKアテネ移籍推進
スポータルコリア




※一部要約

ギリシャクラブのAEKアテネがパク・チュホ獲得を推進している。

ドイツのサッカー移籍専門誌"FussballTransfers"は2日、「消息筋によるとAEKアテネがドルトムントにパク・チュホの獲得を問い合わせた。パク・チュホは2年前にマインツを去ってドルトムントに合流した選手である」と報じた。

パク・チュホは2011年に日本の舞台を去ってヨーロッパに挑戦した。
スイスクラブのバーゼルで優れた活躍を見せ、ドイツ・ブンデスリーガ入に成功した。
マインツで3年間50試合に出場して競争力を認められ、トゥヘル監督に呼ばれてドルトムントに移籍した。

だがドルトムントでの生活は簡単ではなかった。
左SBから守備型MFまで消化したがチャンスがなかった。

デビューシーズンはカップ大会を含めて11試合の出場に終わった。

1シーズンが過ぎても状況は大きく変わらなかった。
むしろ出場時間はさらに減った。
ブンデスリーガ2試合出場と2軍試合の出場がすべてだった。

だがパク・チュホは相変わらず競争力のある資源だった。
AEKアテネがパク・チュホ獲得に関心を見せた。
AEKアテネは1部リーグで11回の優勝を達成し、昨シーズンはリーグ4位を記録したクラブである。



バルサ専門記者が明かした"Bチーム外国人クォーター"二人
スポータルコリア




※一部要約

バルサ専門記者として知られているヘラルド・ロメロは28日、自身のSNSで新シーズンのバルサBの外国人クォーター二人を予想した。
昇格に成功したバルサBは、来シーズンからリーガ・デ・オンラ(2部)に合流し、リーグの規定で外国人選手を二人しかリストに入れることができない。

ロメロ記者が明かした"最後の二人"はマルロン・サントスとヴィチーニョだった。
両選手ともブラジル出身で、マルロンはバルサ1軍の試合にも出場経験があるほど認められている選手だ。
ヴィチーニョは今夏パルメイラスから移籍してきた19歳のMFである。

大韓民国のペク・スンホとイ・スンウの今後の立場にも暗雲が立ち込めた。
ロメロはバルサBが外国人クォーター二人の席に、CBと攻撃型MFを起用すると見ている。


20170628112326791a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング