[オフィシャル] パク・チュホ、BVBで背番号なし…UCLメンバーも除外
スポータルコリア




※一部要約

パク・チュホの立場が大幅に下がった。
2017/2018シーズンのドルトムントで背番号も割り当てられず、チャンピオンズリーグのメンバーでも除外された。

UEFAは6日、チャンピオンズリーグに参加するクラブのスカッド登録を発表した。
ドルトムントは死のH組に属してレアル・マドリード、トッテナム・ホットスパー、アポエルと激突する。

発表されたメンバーにパク・チュホの名前はなかった。
チャンピオンズリーグでメンバー外なのはある程度予想されたことだった。

ピーター・ボス監督の構想からも完全に外れた。
ドルトムントが公式HPで発表した今シーズンの1軍選手団で、パク・チュホは背番号を割り当てられなかった。
さらにドイツの移籍専門メディア"トランスファーマルクト"は、パク・チュホをドルトムント2軍に分類した。






ヴェローナのイ・スンウ、2歳若い"ユーベレンタル生"キーンと競争?
ベストイレブン




※一部要約

最近イ・スンウを獲得したエラス・ヴェローナが、ユベントスの新星モイーズ・キーンをレンタルで獲得した。
これでバルセロナユース出身のイ・スンウと、ユベントスユースのキーンの新たな対決の構図にも関心が集まる。

ヴェローナは1日ユベントスからキーンを1年のレンタルで獲得したと公式発表した。
イタリア・ヴェルチェッリ出身でコートジボワールと二重国籍で2010年からユベントスユースに合流したキーンは、イ・スンウより2歳若いイタリア産の有望株である。

だがキャリアとプロ進出のスピードはもっと早かった。
2015年にイタリアU-15代表所属で6試合出場して2ゴール、U-16代表で4試合出場3ゴール、そして2015~2017年にU-17代表で17試合に出場して8ゴールを固め打ちし、同年代のFWの中で最高の有望株に浮上した。
イタリアの年代別代表をあまねく経た彼の年齢は満17歳に過ぎない。

成人チームのデビューもイ・スンウより早かった。
キーンは2016-2017シーズンにイタリア・セリエAでデビューした。
去年の11月19日、ペスカーラ戦に16歳の年齢でプロデビュー戦を行なった。
5月27日のユベントスのシーズン最終戦だったボローニャ戦では、チームが2-1で勝つウィニングゴールを決めたりもした。
2000年代生まれの選手がヨーロッパ5大リーグで得点を記録したのはこれが初めてだった。



"帰化オファー"バルサ、「イ・スンウを諦めてない」
OSEN




※一部要約

FCバルセロナはイ・スンウについて完全には諦めてなかった。
可能性について十分に認め、ずっと見守る見通しだ。

イ・スンウがバルセロナを去ってセリエAエラス・ヴェローナに移籍する。
30日、イタリアメディアはヴェローナが移籍金21億ウォンを払ってイ・スンウを獲得すると伝えた。
イ・スンウの関係者も「31日にイタリアへ向かう。メディカルテストを受けて契約を結ぶだろう」と明かした。
イ・スンウはヴェローナと4年契約を結ぶ予定である。

イ・スンウのヴェローナ移籍が完了すれば、セリエAでプレーする2人目の韓国選手となる。
2000年から2年間ペルージャでアン・ジョンファンが活躍して以降、15年間セリエAは韓国選手と縁を結ぶことができなかった。

これまでイ・スンウはバルセロナと綱引きを繰り広げていた。
イ・スンウはバルセロナを去って他リーグに移籍することをとても悩んでいた。
バルセロナBをはじめとして、スペインプロ2部リーグはEU市民権がない選手を2人までしか保有できない。
最近バルセロナBは、ブラジルの名門パルメイラスの攻撃型MFヴィチーニョを連れてきて、残りの一席をホンジュラス代表FWチョコ・ロサーノで埋めた。



[単独] イ・スンウ、イタリア1部リーグのヴェローナ行き確定…完全移籍
スポーツソウル




※一部要約

今夏の移籍市場を熱い雰囲気にさせたイ・スンウの行きさが決まった。

イ・スンウはセリエAのヴェローナのユニフォームを着る。
移籍市場に詳しい関係者は30日、「ヴェローナとイ・スンウ、バルセロナの三者間の合意がすべて終わった」として、「イ・スンウはレンタルではなく完全移籍でヴェローナに巣を作ることになる」と明かした。
移籍金は150万ユーロの約20億ウォンで、将来が嘱望されるイ・スンウの価値をしっかりと認められた。
彼は30日にイタリアへ渡ってメディカルテストを受け、異常がなければ入団を終える。
契約期間は4年である。

イ・スンウは5月のU-20ワールドカップで、韓国サッカーの新星であることが再び確認された。
ギニアとのGL1次戦の先制決勝ゴール、アルゼンチンとの2次戦で幻想的な先制ゴールを放ち、U-20代表の序盤の2連勝を導いた。
そんな彼にヨーロッパの多くのチームがラブコールを送ったのは当然だった。
イタリアやスペイン、オランダ、フランス、ベルギー、スイスなどヨーロッパ全域から求愛の手が続いたが、最後まで争ったチームはヴェローナとディナモ・ザグレブだった。
イ・スンウとバルセロナは、熟慮してからヴェローナを選んだものとみられる。

イ・スンウは最初からあまりディナモ・ザグレブを念頭に置いてなかったことがわかった。
どうせなら5大"ビッグリーグ"でチャンスが欲しいという気持ちで、自分に積極的だったヴェローナのオファーにずっと関心を向けていた。
その他にMSLなど非ヨーロッパクラブも巨額の移籍金を持って誘惑したが、イ・スンウは最初からそれを排除した。

イ・スンウの行き先が移籍市場終盤に決まったのは、彼にラブコールを送ったクラブが多かった反面、バルセロナ側が完全移籍よりレンタルに固執したためである。
イ・スンウはどのクラブであっても完全移籍で行くことを望んでいた。
当初は交渉期限を25日までとしていたヴェローナは、その後も門を開けてイ・スンウを待っていたとみられる。
移籍金や年俸はチーム内でも水準級で、イ・スンウ側も満足している。
バルセロナは最近まで、今年3年の再契約をしてから、1年のレンタルでヴェローナに行くことを勧めていたが、終盤に彼の完全移籍を認めた。
代わりに2019年までの2年間に、決まった移籍金で彼を再び連れてこられるバイバック条項を入れた。



[オフィシャル] ペク・スンホ、バルサを去ってジローナ移籍…3年契約
インターフットボール




※一部要約

ペク・スンホがバルセロナを去ってジローナFCに巣を移す。
安定した出場機会を得るために新たな挑戦を決心したのだ。

ジローナFCは21日、クラブのHPで「バルセロナからペク・スンホを獲得した。ペク・スンホはパララーダでプレーすることになるだろう」とペク・スンホ移籍のニュースを公式発表した。
契約期間は2020年までの3年である。

ペク・スンホの移籍はある程度予想されていたことだった。
6月末にバルセロナBが2部リーグに昇格し、その後出場機会がはっきりと減ったからである。
非ヨーロッパ出身選手は2人しか出場できないという規定が困難に陥れた。

最終的にペク・スンホは最近、新チーム探しに乗り出した。
折しもプリメーラリーガに昇格したジローナFCがペク・スンホに関心を示した。
すぐに1軍に合流するのではない。
ペク・スンホは2軍格のパララーダ-ジローナBでプレーする見通しである。
パララーダ-ジローナBは3部リーグに属している。

ペク・スンホは今シーズンにパララーダ-ジローナBで実戦感覚をつけてから、今後の状況によって1軍の招集を受けるものとみられる。
新たな挑戦に出たペク・スンホにとって、ジローナ行きが成長のための足場になることができるのか注目されている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング