[イシューフォーカス] クォン・チャンフンの成功に触発され、イ・ジェソンに向けられたリーグ・アンの関心
スポータルコリア




※一部要約

フランス・リーグ・アンが"全北現代のエンジン"イ・ジェソンに注目している。

最近、イ・ジェソンのヨーロッパ進出説が再び出てきた。
リーグ・アンのオリンピック・マルセイユとニースがイ・ジェソンに関心を持っているという内容だ。
具体的な内容はなかったので、以前と同様にイ・ジェソンへの関心が伝えられた程度である。
実際に移籍作業が進められたこともない。

だがこの2チームの他にも、別のチームがイ・ジェソンを見守っていることがわかった。
リーグ・アンの事情を知っているサッカー界の関係者によると、「名前を明かすことはできないが、リーグ・アンの別のチームもイ・ジェソンを注視している」として、内部的に獲得作業が決まれば本格的に進められることがあると伝えた。

つまりリーグ・アンの様々なチームがイ・ジェソンを見守って電卓を叩いているという意味である。
イ・ジェソン本人や全北は、ワールドカップが終わった後の夏の移籍市場でヨーロッパ進出を狙っている。
今すぐヨーロッパに行けば、2018ロシアワールドカップの準備に支障をきたすためだ。

イ・ジェソンは去年、KリーグクラシックのMVPになり、代表のユニフォームを着たE-1チャンピオンシップでもずば抜けたプレーでMVPを受賞した。
そのような活躍が今年前半期とワールドカップで続けば、関心レベルに留まっているリーグ・アンのチームの本格的な獲得作業が始まることはあり得る。



[セリエ18R] ヴェローナ、ウディネーゼ遠征で0-4の大敗…イ・スンウ37分消化
スポータルコリア




※一部要約

エラス・ヴェローナがウディネーゼ遠征で敗北の苦杯を味わった。

ヴェローナは23日、ダチア・アレーナで行われたウディネーゼとの2017/2018セリエA18ラウンドの遠征に0-4で敗れた。

これで今シーズンの連勝はもちろん、降格圏の19位(勝ち点13)脱出に失敗した。
イ・スンウはこの日交代メンバーに入り、後半11分に投入されて計37分を消化したが、攻撃ポイントを上げられなかった。
一方、ウディネーゼは最近リーグ4連勝で好調を続けた。






トッテナムのソン・フンミン、評点6.3…マンシティのケヴィン・デ・ブライネは10点満点
スポーツ京郷




※一部要約

熱心にプレーしたが評価はそれほど良くなかった。

イングランド・プロサッカー・プレミアリーグ最強のマンチェスター・シティ戦で5試合連続ゴールの挑戦に失敗したソン・フンミンは、77分プレーしたが高い評価を受けられなかった。

ソン・フンミンはマンシティの守備の壁に阻まれ、威嚇的なシュートを見せられなかったし、攻撃ポイントを上げるのに失敗した。
チームも1-4で完敗した。

英国のサッカー統計サイトのフースコアードドットコムはこの日の試合後、ソン・フンミンのプレーに6.3の評点を付けた。
チーム内で5番目である。

マンシティの選手では、この日何度も印象的なパスでマンシティの攻撃手動し、直接得点も上げたケヴィン・デ・ブライネが10点満点を受けた。
続けて2アシストのレロイ・サネが9.4を受け、2ゴールを奪ったラヒーム・スターリングが8.6と評価された。



"2年半で13試合"パク・チュホ、ドルトムントと決別
ノーカットニュース




※一部要約

パク・チュホがボルシア・ドルトムントを去った。

ドルトムントは5日、HPで「グッバイパク・チュホ」という挨拶とともに、パク・チュホの契約解除のニュースを伝えた。
HPによるとパク・チュホとドルトムントは相互合意の下で契約を解除した。

パク・チュホは2008年に日本J2リーグの水戸ホーリーホックでプロ生活を始めた。
鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田を経て2011年にスイスのバーゼルに入団した。
その後ドイツ・ブンデスリーガのマインツを経て、2015年に名門ドルトムントのユニフォームを着た。

だがブンデスリーガの名門らしく、競争が激しかった。
初シーズンはブンデスリーガで5試合(先発4試合)に出場し、昨シーズンは2試合(先発1試合)の出場がすべてだった。
2シーズンの間にUEFAヨーロッパリーグ、ドイツポカールカップを含めて計13試合に出場した。
今シーズンの出場はなかった。

相変わらず競技力はある。
まだ全盛期を享受している年齢だ。
今回の移籍も代表合流のための布石である。
代表もやはりサイドの守備資源が少ない。
パク・チュホはドルトムントでプレーできず、代表から遠ざかっている状態だ。



[EPL現場レビュー] "ソン・フンミン37分"トッテナム、レスター・シティに1対2の完敗
スポーツ朝鮮

20171129064009374.jpg


※一部要約

トッテナムが不振に陥った。

トッテナムは28日、レスターのキングパワースタジアムで行われたレスター・シティとのEPL14ラウンドの遠視試合に1対2で敗れた。
これでトッテナムは最近3回のEPLの試合で1分け2敗の不振に陥った。
ソン・フンミンは後半12分に交代出場した。
活発な姿を見せたが攻撃ポイントは上げられなかった。


20171129064009374a.jpg

20171129064009374b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング