[オフィシャル] シン・テヨン号のコーチ選任が完了、チョン・キョンジュン-キム・ナミル-チャ・ドゥリ合流
スポータルコリア

20170712154733923.jpg


※一部要約

シン・テヨン号のコーチングスタッフの人選が完了した。
U-20代表時代に一緒にしていたチョン・キョンジュン、キム・ヘウンコーチがそのまま続投した。
2002ワールドカップ4強の主役の一人であるキム・ナミルがシン・テヨン号に新たに合流し、チャ・ドゥリが3ヶ月ぶりに復帰した。

コーチングスタッフの人選を完了したシン・テヨン号は8月31日にイラン、9月5日にウズベキスタンと残りのワールドカップ最終予選の準備に拍車をかける。


20170712154733923a.jpg

20170712154733923b.jpg

20170712154733923c.jpg



"できたヤツ"シン・テヨンでもA代表の構成に大きな変化を与えられないのはなぜ?
スポーツ朝鮮




※一部要約

韓国サッカーA代表の新たな指令塔シン・テヨン監督が、Kリーグの現場を回り始めた。
予備太極戦士のコンディションを両目でチェックするためである。
もちろんその過程で新顔が抜擢されるかもしれない。
だがその可能性は高くない。

シン・テヨン監督の当面の課題はロシアワールドカップアジア地区最終予選の突破だ。
我が国はウズベキスタンより勝ち点1リードしている不安なA組2位である。
韓国が自力の2位でワールドカップ本戦9回連続進出するためには、残り2試合をどちらも勝利するのが最良のシナリオだ。

なのでシン・テヨン監督がイラン戦とウズベク戦で選択できるのは"勝つサッカー"のみである。
他のことは考えられない状況だ。
最悪3位に落ちれば、ロシアワールドカップを"高みの見物"することになる。

シン監督に与えられた時間は、物理的にイラン戦まで50日ほどである。
今のKリーグの日程を考慮すれば、8月27日に試合を行って代表選手を選出することができる。
招集期間を繰り上げるには、Kリーグチームとプロサッカー連盟の協力が必要だ。
海外派選手の選出は、規定のため早期招集がさらに難しい。






韓国、FIFAランキング51位下落・・・AFC所属で4番目
マイデイリー




※一部要約

韓国はFIFAが6日にHPで発表した2017年7月のFIFAランキングで総662点を記録して51位に留まった。
韓国は先月より順位が8段階下落した。

これまでAFC所属国家の中で2番目に高い順位を維持してきた韓国は、オーストラリア(45位)と日本(46位)よりも順位が低くなった。
8月に韓国とロシアワールドカップアジア地区最終予選を行うイランは、順位が7段階上昇して23位になり、AFC所属国家の中で最も高い順位を記録した。
また、9月に韓国とワールドカップ最終予選最終戦を行うウズベキスタンは65位を記録した。




"ドーハ惨事"韓国、FIFAランキング51位・・・8段階下落
インターフットボール




※一部要約

韓国は先月14日に行われたカタールとのロシアワールドカップアジア最終予選8次戦に2-3で敗れた。
何と33年ぶりにカタールに敗れた記録だった。

その衝撃的な敗北はFIFAランキングにも大きな影響を及ぼした。
韓国は703点から662点に落ち、8段階も下がってFIFAランキング51位になった。
イランに次いでアジア2位をずっと守っていたが、今回の結果によって韓国はアジア最強ではなく4番目に強いチームになった。

全体的なランキングを見ると、コンフェデレーションズカップで優勝したドイツが先月より2段階上がって1位を奪還した。
これまで1位だったブラジルは1段階下がって2位を占め、アルゼンチンもやはり1段階下がって3位になった。
4位はポルトガル、5位はスイス、6位はポーランド、7位はチリ、8位はコロンビア、9位はフランス、10位はベルギーだった。






シン・テヨン号、"真空掃除機"キム・ナミルをコーチに迎える
OSEN




※一部要約

大韓サッカー協会は4日、坡州NFCで2017年第6次技術委員会を開き、シン・テヨンU-20代表監督をA代表の新任指令塔に選任した。
先月15日にシュティーリケ前A代表監督が退いて20日ぶりである。

シン・テヨン監督が率いる代表は8月と9月にイランとのホーム試合-ウズベキスタンとの遠征試合を繰り広げる。
最終予選を突破してこそ2018ロシアワールドカップまで契約が続く。

道のりの険しいシン・テヨン号のコーチ選任も足早に行われている。
その中でチームの最も重要な役割をするコーチとして、キム・ナミルが合流する予定である。

キム・ナミルは選手引退後にチェ・ヨンス監督とともに江蘇蘇寧でコーチ生活をした経験がある。
代表選手と直接グラウンドでプレーした経験があるので、シン・テヨン号の最優先モットーである"疎通"にピッタリ合う人物だ。



[サッカー] シン・テヨンサッカー代表チーム監督「負担がないと言えば嘘、最善を尽くす」
NEWSIS




※一部要約

「負担がないと言えば嘘になる」

サッカー代表の指揮棒を手にすることになったシン・テヨン監督が所感を伝えた。

大韓サッカー協会は4日、坡州NFCで技術委員会を開いてシン・テヨン監督を新たな指令塔にすると公式発表した。

この日、技術委員会がシン・テヨン監督を新たな指令塔に指名し、2018ロシアワールドカップ本戦に向けて本格的な挑戦が始まった。

現在、韓国はロシアワールドカップアジア地区予選A組ですでに本戦行きを確定させているイランに次いで、グループ2位を維持している。
3位ウズベキスタンとの勝ち点差は1である。

韓国の9回連続ワールドカップ本戦直行の有無は、イラン(8月31日)・ウズベキスタン(9月5日)との残り2試合の結果で決まる。

シン監督は「イランとウズベキスタンはどちらも簡単ではない試合になるだろう。だがイランとのホーム試合で無条件に勝ち、少しでも楽に行けるようにする」と強調した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング