[ワールドカップTALK] チャン・ヒョンス「パク・チュホの負傷…それは申し上げられない」
スポTVニュース




※一部要約

チャン・ヒョンスにパク・チュホが負傷した状況を尋ねると、すぐに「それは申し上げられない」という答えが返ってきた。

韓国は18日、ロシアのニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで2018FIFAロシアワールドカップF組1次戦のスウェーデンとの試合に0-1で敗れた。

チャン・ヒョンスは不正確なロングパスを試みた。
パスを受けるため無理にジャンプしたパク・チュホはバランスを失って倒れ、激しい痛みを訴えた。
パク・チュホはすぐにキム・ミヌと交代させられた。

チャン・ヒョンスは当時の状況について言葉を控えた。
「申し上げられない」とインタビューを終えた。






"悪夢になった初のWC試合"キム・ミヌ「精一杯阻止しようとしたが…」
イーデイリー




※一部要約

すべてのサッカー選手が経験したいワールドカップの舞台。
だがキム・ミヌの初めてのワールドカップの経験は悪夢として残ることになった。

韓国サッカー代表は19日、ロシアのニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われた2018ロシアワールドカップF組1次戦のスウェーデンとの試合に0-1で敗れた。

試合途中に負傷したパク・チュホに代わって前半28分に交代で入ったキム・ミヌは、後半18分にペナルティボックス内で相手MFヴィクトル・クラエソンの脚をかけてPKを許した。
そのPKが失点に繋がり、この日の韓国の敗北に繋がった。

試合後にキム・ミヌは頭を上げることができず、グラウンドにそのまま座り込んだ。
まるで罪人かのように膝に頭を当てて、しばらく起き上がれなかった。
キ・ソンヨンやソン・フンミンら同僚が来て彼を起こし、そのとき初めて頭を上げた。

キム・ミヌは試合後のインタビューでまともの言葉を繋げられなかった。
彼は「何とも言い難くて選手に申し訳なく思い、監督、スタッフ、チームの方々に申し訳ない」と語った後、頭を深く下げた。



[ワールドカップ現場レビュー] "VARでPK失点"韓国、スウェーデンに0-1負け"F組最下位"
スポTVニュース

20180618225937674.jpg


※一部要約

韓国は闘魂でスウェーデンの鋭い攻撃を遮ったが、PKを許して崩れた。
前半20分間を手動したが70分間守勢に追い込まれ、予想されていた守備不安を克服できなかった。
GKチョ・ヒョンウは相次いで好セーブをしたが、VARのPK判定で痛恨の失点を許した。

シン・テヨン監督が率いる韓国サッカー代表は18日午後9時、ロシアのニジニ・ノヴゴロド・スタジアムでキックオフした2018FIFAロシアワールドカップF組1次戦でスウェーデンに0-1で敗北した。
これで韓国はメキシコに敗れたドイツとともにF組最下位になった。
メキシコとの23日の2次戦がさらに険しくなった。


20180618225937674a.jpg

20180618225937674b.jpg

20180618225937674c.jpg

20180618225937674d.jpg

20180618225937674e.jpg



日代表出身石川「韓国、スウェーデンに勝つ確率70%」
ノーカットニュース




※一部要約

日本代表出身の石川直宏が、スウェーデンと激突する韓国の優勢を予想した。

17日、ロシアのニジニ・ノヴゴロド・スタジアムでは韓国とスウェーデンの練習と公式記者会見が行われた。
韓国とスウェーデンは18日、同場所で2018ロシアワールドカップ初戦を行う。

もう実戦だけが残った状況。
この日の両チームの練習を見守った石川は、韓国勝利の可能性を高く見た。

彼は「韓国が勝つ確率を70%くらいと予想する」として、「先制ゴールが試合の流れで重要になるだろう」と明かした。

石川は日本代表出身で、Aマッチに6回出場した。
今回は選手ではなく放送局の解説陣としてワールドカップを訪れ、韓国・スウェーデン戦を観戦する予定である。



決戦を控えたシン・テヨン号"準備は終わった"…最後の戦術練習
SBSニュース




※一部要約

韓国代表が2018ロシアワールドカップ16強進出の運命がかかるスウェーデンとの初戦を控え、最後の戦術を整えました。

シン・テヨン監督が率いるサッカー代表は現地時間の今日午後、ニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで1時間の公式練習を進めました。

練習は15分だけを公開し、残りの45分は非公開でした。

現地時間で明日午後3時のスウェーデンとのF組1次戦を控え、決戦の場所で行う最初で最後の焼き入れです。

代表選手は記者会見後、グラウンドに出て輪を作り、中央にいるシン・テヨン監督の話を聞きました。

予定された15分の公開練習が終わると、すぐに選手は非公開練習に入りました。

非公開練習では相手の4バックの守備ラインを突破して得点する攻撃戦術と、マルクス・ベリ-オラ・トイヴォネンらの相手2トップの鋭鋒をくじくための守備戦術を固めるのに力を入れたことがわかりました。

また、今日はニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行う最初で最後の練習のため、FKやCKの状況で得点するためのセットピースの練習も付け加えられたと伝えられました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング