"同点ゴールアシスト"パク・チュホ、ボルトとの出会いに「期待できますかね?」と笑う
スポーツ京郷




※一部要約

「そうですね。そうなれば期待できますかね?」

ウサイン・ボルトと会うことになることについてパク・チュホが出した変事である。

世界陸上の短距離の帝王であるボルトは最近、ドルトムントに合流して選手とともにチーム練習に参加するというニュースを伝えたことがある。
パク・チュホもまたこの話を聞き、かなり関心がある表情だった。

パク・チュホは15日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2018ロシアワールドカップアジア最終予選のウズベキスタン戦が終わった後、「ボルトが私たちのチームで練習するということを聞いた。すごく面白いことになりそうだ」と笑みを浮かべた。

ボルトは以前、マンチェスター・ユナイテッドの親善試合に参加し、クリスティアーノ・ロナウドら主力選手にスピードを出す方法についてアドバイスしたことがよく知られている。
パク・チュホもまたボルトにそのような点を学びたいが、すぐに首を横に振った。
パク・チュホは「ボルトにスピードの出し方を学びたい。だが私の走力の限界値は決まっているようだ」と語った。

パク・チュホはウズベキスタン戦でナム・テヒの同点ヘディングゴールをアシストするなど、攻撃で印象的な活躍をした。



[A-POINT] 温度差はっきり・・・切実な韓国と余裕のあるウズベク
インタフットボール




※一部要約

試合を控えた両チームの温度差がはっきりとしている。
ホームチームの大韓民国は勝利を切実に望んでいる一方、遠征チームのウズベキスタンは余裕のある姿だ。

韓国とウズベクは迫る15日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われる2018FIFAロシアワールドカップアジア最終予選5次戦で対決する。
現在韓国は勝ち点7で3位、ウズベクは勝ち点9で2位である。
本戦に直行できる1・2位に上がるために両チームとも勝利が必要だ。

まず切実な方は韓国である。
現在3位の韓国は今回の対戦で負ければ、2位ウズベクと5点差に広がる。
残り5試合の状況で勝ち点5差は埋めにくい差である。
その言葉は1986年のメキシコワールドカップからの8回連続ワールドカップ本戦進出の歴史が途切れるということだ。

試合前のシュティーリケ監督のインタビューも切実で切羽詰まっていることを感じた。
シュティーリケ監督は「明日の試合は言うまでもなく重要性をわかっている。最終予選で激しい順位争いをしている2チームの対決だ。ウズベクは明日の試合で勝ち点差を広げ、私たちは2位奪還が目標である。かなり多くのことがかかっている」と明かした。

一方、ウズベクは試合二日前に韓国に到着する余裕を見せた。
芝の適応練習を行ったウズベク代表は、余裕のある笑みで練習に臨んでいた。
練習前にソウルワールドカップ競技場の造形物と写真を撮るなど、韓国選手より負担が少ないのが目に見えた。

事実上のワールドカップ本戦行きがかかっている断頭台マッチを控え、二つの代表チームの雰囲気が異なっている。
切実な韓国と余裕のあるウズベクだ。
果たしてこの雰囲気が断頭台マッチをどのような結果に導くのか成り行きが注目される。
すべての準備は終わった。



[代表チーム訓練] "2列目の実力者"キム・ボギョン、「安定してプレーすることが重要だ」
インターフットボール




※一部要約

一言で狂った存在感だった。
久しぶりに代表チームに復帰したキム・ボギョンが、ものすごい存在感を放ってシュティーリケ号の2列目の実力者になる可能性を見せた。

シュティーリケ監督が率いる韓国代表は11日、天安総合運動場で行われたカナダとのKEBハナ銀行招請サッカー国家代表チーム親善試合で、キム・ボギョンとイ・ジョンヒョプの連続ゴールによって2-0で勝利した。
この日の勝利で韓国代表は雰囲気を反転させ、ウズベキスタン戦を肯定的な雰囲気で準備できるようになった。

もう運命のウズベキスタン戦である。
韓国代表は15日、ソウルワールドカップ競技場でウズベクとの重要な一戦を行う。
現在韓国はA組3位に留まっていて、ウズベク戦の勝利が切実だ。
甘い勝利は忘れた。
カナダ戦で勝利をおさめた韓国代表は、休む間もなくすぐに練習を始め、12日午後4時に坡州にある国家代表トレーニングセンターで練習を実施した。

練習前にキム・ボギョンは「長い間代表チームから遠ざかって戻ってきた。ゴールを決めて勝利を手にし、チャンスを活かせたようで嬉しい。雰囲気を反転したのは良かったし肯定的だった。もっとも重要なのはカナダ戦で自信を見つけたことで、ウズベク戦まで良い流れを持っていかなければならない」とカナダ戦を振り返った。

やはり安定した出場が重要だった。
これまでシュティーリケ監督は代表チームの原則を強調し、所属チームで安定してプレーしている選手を抜擢すると言い、そのような意味でキム・ボギョンは代表チームの原則にピタリと合う選手だった。
今シーズンを前に全北のユニフォームを着たキム・ボギョンは、イ・ジェソンとともにKリーグ最強デュオを結成して大活躍を繰り広げ、リーグ29試合で4ゴール7アシストを記録して確かな復活を知らしめた。

キム・ボギョンは「選手も所属チームで安定して試合でプレーすれば、自ずと体が鋭くなっていくことを感じる。安定して試合でプレーすることがとても重要で、競技力に影響を及ぼす。代表チームは10試合のうち1試合で駄目なら非難を受ける席である。昨日の試合で自信を得たのは幸いだ」と安定した出場を強調した。



[Aマッチレビュー] "キム・ボギョン-イ・ジョンヒョプゴール"韓国、カナダに2-0の完勝・・・雰囲気反転
インターフットボール




※一部要約

シュティーリケ号が久しぶりにスッキリとした勝利を導き出した。
キム・ボギョンとイ・ジョンヒョプの連続ゴールでカナダに完勝した。

シュティーリケ監督が率いる韓国代表チームは11日、天安総合運動場で行われたカナダとのKEBハナ銀行招請サッカー国家代表チーム親善試合で、キム・ボギョンとイ・ジョンヒョプの連続ゴールに力づけられて2-0で勝利した。


20161111215306a.jpg

20161111215306b.jpg

20161111215306c.jpg



[公式発表] アン・イクスU-19監督、成績不振で電撃更迭
スターニュース




※一部要約

アン・イクスU-19代表監督が電撃更迭された。
2014年12月の就任から1年10ヶ月だった。

大韓サッカー協会は24日午後、坡州NFCで第5次技術委員会を開いた後、「19歳以下代表チームを受け持っているアン・イクス監督との契約を中途解約することに決めた」と公式発表した。

続けて協会は「後任監督は11月末に開催される技術委員会で専任する予定である」と付け加えた。

技術委員会は「最近バーレーンで行われたAFC U-19チャンピオンシップでGLから脱落した成績不振が契約解除の理由」と説明した。

アン・イクス監督は2014年12月に青少年代表監督に選任され、来年5月に国内で開催されるU-20ワールドカップ大会を準備していた。

アン・イクス監督は城南一和(現城南FC)や釜山アイパーク、女子サッカー代表や女子クラブチームを経て指導者経験を積み、大韓サッカー協会技術委員を歴任していた。

2008年にはベオグラード・ユニバーシアード大会で、女子ユニバーシアードチームの優勝を導いた。
続けて2014年12月に当時のU-18代表監督に選任されたが、1年10ヶ月で指揮棒を下ろすことになった。




[アン・イクス更迭] アン・イクスの所感「来年の本戦で4強の自信あったのに・・・」
スポTVニュース




※一部要約

アン監督はバーレーンで行われたU-19チャンピオンシップA組で2勝1敗を記録したがGLで脱落した。
タイを3-1で下してバーレーン戦でも2-1で勝利した。
だが最終戦のサウジアラビアとの試合に1-2で敗れ、3チームが2勝1敗を記録する妙な状況が演出された。
アン・イクス号は多得点で遅れを取ってGL脱落の不運を経験した。

アン・イクス監督は「先の大会で目標を達成できずファンに申し訳ない。サッカー協会の決定を謙虚に受け入れる」としながらも、「すべてのスケジュールを来年の本戦に合わせて練習と試合に臨んだ。本戦まで機会が与えられれば必ず4強に入る自信があったのに惜しい」と遺憾を表した。

今大会でイ・スンウとペク・スンホを活用しなかったことについては「ペク・スンホは所属チームで試合感覚が良くない状態だった。GLを通過したら出場させることができると期待していたが惜しかった。イ・スンウとは大会前に電話をした。所属チームで出場が不十分な状態だった。JSカップ以降、イ・スンウは既存の選手たちのように試合をすることができなかった。なので今大会から外した」と説明した。

アン・イクス監督は「当分休んで、登山や本でも読んで代表チーム生活を振り返り、今後の計画を立てるつもり」と付け加えた。


【関連記事】
【U-19】韓国ネチズン反応…韓国代表がサウジアラビアに逆転負けして8強進出失敗、自国開催のU-20W杯に不安
韓国メディア「韓国サッカー、また聞こえてきたアジア予選脱落の便り」「ともすればアジアの盟主を譲ることに」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング