イ・ヨンピョが打ち明けた"イ・イムセンビンタ事件"の誤解と真実
スターニュース




※一部要約

イ・ヨンピョがファンとのトークコンサートでイ・イムセン水原三星監督について言及した。
選手時代に起きたハプニングについて、誤解が多いと強調したのだ。

イ・ヨンピョは27日、ソウル広津区のCGV建大入口で行われたトークコンサートで、約100人余りのサッカーファンと会う時間を持った。
韓国プロサッカー選手協会が用意したこの席に、イ・ヨンピョは選手協理事の資格で参加した。

イ・ヨンピョ理事は水原のユニフォームを見て思い出したことがあると言い、イ・イムセン水原監督についての話をした。
彼は「イムセン兄さんは本当にサッカー界で善良で、性格が良いことで有名な方」と話し始めた。

イ・ヨンピョ理事は安養LG(ソウルの前身)の選手時代だった2002年、ボールの競り合いを繰り広げ、当時富川SK(済州の前身)所属で興奮した"先輩"イ・イムセンに顔を叩かれたことがあった
2月に行われたKリーグ開幕メディアデーでも、キム・ドフン蔚山現代監督が笑ってこの事件に言及したことがある。

するとファンが嘆声とともに反応を示した。
イ理事は「当時は実際、先輩があのようにしても後輩に謝らない雰囲気だった。だがその日の夜、私に直接申し訳ないという電話が来た。その後も(イ・イムセン監督とは)親しくしている」と説明した。

ずっとついて回っているレッテルについて、申し訳ないという感情もあらわした。
イ・ヨンピョ理事は「ときどきイムセン兄さんの記事を見るたびに、良くないコメントが目につく。今後は誰かがその事件について言及したら、違うということを言ってほしい。誤解があまりに多い事件というのを広く伝えたい」と頼んだ。



[オ・ジャンウン引退③] オ・ジャンウン、指導者の出発に先立って…"勉強"しようとする理由
スポータルコリア




※一部要約

指導者として新たな出発を準備するオ・ジャンウンが、今後の覚悟を明かした。

オ・ジャンウンは最近引退を発表し、指導者として新たな出発を準備している。
最近、これまでプロ生活を助けてくれた人々に挨拶回りをしているオ・ジャンウンは、プロ初の所属チームであるFC東京にも行ってきた。
こおで10日間自分を指導した監督やコーチはもちろん、ともにした選手やクラブ職員に会ってアドバイスを聞いた。

オ・ジャンウンは「プロ初の所属チームだっただけに、挨拶しなければという考えで来たのだが、より多くのことを得た。長い時間が姿が、覚えている方々が多くて感謝の気持になった」として、「指導者として新たな出発を準備すると言ったので、激励もかなりして下さった。力をかなり貰った」と所感を明かした。

続けてオ・ジャンウンは「日本にいてプロチームとユースチームの練習はもちろん、J1リーグからJ3リーグまでできるだけサッカーをたくさん見てきた。多くのところへ行き、サッカーやユースシステムについても見て回ることができた。短い10日だったが、少しでも勉強ができる時間だった」と語った。



「タイ記者は静かにしなさい!」パク・ハソン監督、サイダー発言話題
OSEN




※一部要約

パク・ハソン監督が率いるベトナムサッカー代表は5日、2022カタールワールドカップアジア地区2次予選のタイ戦に0-0で引き分けた。
遠征で最高のライバルを相手に勝ち点1を追加したベトナムは、所期の目的を達成した。

ベトナムとタイは東南アジアサッカーを代表する、最高のライバルである。
パク・ハソン監督就任後に急成長したベトナムは、タイとの対決で連戦連勝をおさめている。
2019キングスカップのタイ遠征で、ベトナムはスカッとする1-0の勝利をおさめたこともあった。

屈辱を受けたタイはパク・ハソン監督のベトナムを止めるため、日本の西野朗監督を選任して万全の準備を尽くした。
"指導者韓日戦"まで実現し、ベトナム対タイ戦はこれまで以上に雰囲気が過熱された。

タイ記者まで問題になった。
試合前に一部のタイ記者が、ベトナム選手を宿舎まで訪ねて私生活を侵害して取材した。
さらにタイサッカー協会は、タイの取材陣がベトナム選手の写真をしっかり撮れるよう、ベトナムサッカー協会は選手団の宿舎を低い階に変更しろという呆れる要求までした。

試合前日の9月4日に事前記者会見が行われた。
パク監督がベトナム記者の質問に返事をするとき、一部のタイ記者が記者会見場でうるさく騒いだ。
するとパク監督は「記者会見をするときは静かにするのが礼儀ではないのか?」と厳しい忠告を与えた。
パク監督のカリスマに押されたタイ記者はおとなしくなった。

事件が伝えられると、ベトナムでは「やはりパク・ハソン監督だ。気がせいせいした」という反応が出てきた。
まるで代表バスケの中国戦の後、記者会見で中国記者の呆れる質問に「話にならない話をしてる?」と発言してからそのまま退場した、ホ・ジェ元監督の言動を見た韓国国民と同じような心情だった。

韓国ファンも「パク監督がサイダー(※スカッとする)発言をした。ベトナム記者にまで配慮する心は、尊敬を受けるに値する」と共感した。



ユベントスのサッリ監督、チーム練習復帰・・・肺炎は治療中
MKスポーツ




※一部要約

マウリツィオ・サッリユベントス監督が、イタリア・セリエA開幕2試合を欠場した原因になった肺炎が好転し、チーム練習に部分的に復帰した。

ユベントスは5日、「サッリ監督は依然として回復中だが、部分的にチーム練習を指揮し始めた」と明かした。

サッリは8月25日のパルマ遠征試合、9月2日のナポリとのホーム試合に参加しなかった。
ユベントスは監督空白の中でパルマに1-0、ナポリに4-3で勝利した。

サッリはタバコを毎日60本ずつ吸う愛煙家として有名だ。
肺炎の診断に接したユベントスが禁煙を勧告したが、断って話題になったりもした。

ユベントスはフィオレンティーナと14日にリーグ3ラウンドの遠征試合を行う。
この日にサッリ監督がユベントスの指令塔として公式デビューするものとみられる。



"ロナウドノーショー"でも熱いKリーグ…すでに去年の観客124万人を突破しそう
マイデイリー




※一部要約

蒸し暑い天候でもKリーグ熱は高い。

プロサッカー連盟は13日、サッカー会館で週間ブリーフィングを行い「70%ほど進行した今シーズンの累計観客が、すでに昨シーズンの総観客に迫った」と明かした。

続けて「Kリーグ1・2のどちらも今週末のラウンドで去年の総観客を越えるだろう」と付け加えた。

連盟が公開した資料によると、Kリーグ1・2019の25ラウンドまでの累計観客は120万7597人である。
去年の38ラウンド総観客の124万1320人に迫る数字だ。

今週末の26ラウンドで、1試合あたりの平均観客で8051人が入場すれば、累計観客数が昨シーズンの総観客を越えることになる。

昨シーズンの1試合あたりの平均観客は5265人だった。
今年の平均観客は昨シーズンよりも52.9%も増加したのだ。

Kリーグ2も23ラウンドまでの累計観客が30万4953人で、去年の総観客31万627人に迫っている。

プロサッカーは6月にユベントスの"ロナウドノーショー"事件があった中でも興行を継続している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング