[横糸縦糸] 痛恨のスーパーマリオパフォーマンス/ソ・ドンチョル論説委員
ソウル新聞




※一部要約

"スーパーマリオ"の主人公マリオは赤い帽子とサスペンダーズボン姿に、鼻髭を生やしたイタリアの配管工である。
日本の任天堂社が1985年に開発した"スーパーマリオ"シリーズは、世界で最も売れたゲームとしてギネスブックに載っている。
マリオが配管工なのは、"スーパーマリオ"の前身"マリオブラザーズ"から背景が地下だったからである。
スーパーマリオを作った宮本茂は「小さい頃、家の近所のマンホールの蓋を見て、中に入ったら果たしてどこに出るのか気になっていた」と述懐したりしていた。

2016リオオリンピック閉幕式で、安倍晋三日本総理がスーパーマリオのコスプレをして登場した。
次期オリンピック開催地を告げる内容で、東京の中心街にある緑色の配管の入り口に飛び込んだスーパーマリオが、あっという間に地球の反対側であるブラジル・リオデジャネイロのマラカナン競技場の真ん中に出てきた同じ色の配管の出口に飛び出てくるという設定だった。
ところが姿を現したのは、スーパーマリオ姿の安倍総理だった。
宮本茂の気になっていたことを、世界の人々に自然と明らかにした格好でもあった。

安倍のマリオパフォーマンスを政治的に見る人々は、2020年の東京オリンピックが成功をおさめるためには自分が必ず必要だという意向を示したと解釈する。
安倍の自民党総裁任期は2018年9月に終わるだけに、党憲を改正して任期を延長するという意思を間接的に示したということである。



[鼻声日本] 日本、リオオリンピック閉会式で"東京オリンピック"広報・・・音楽監督に右翼論難の"椎名林檎"注目
アジアトゥデイ




※一部要約

22日午前、ブラジル・リオデジャネイロのマラカナン競技場の"2016リオオリンピック"閉幕式で、次の走者である日本がアニメーションなどを利用して2020年の夏季オリンピックの広報に出た。

日本はこの日、公演時間8分の割当を受けて、アニメーションなどを活用した動画で広報した。
また、安倍晋三日本総理が"スーパーマリオ"の姿でサプライズ登場したりもしたと、朝日新聞などの日本メディアが22日伝えた。

この動画にはスーパーマリオやドラえもん、ハローキティ、パックマンなど日本のアニメーションが入っていた。

特に今回の日本の夏季オリンピック広報公演の音楽監督を、女性シンガーソングライターである"椎名林檎"が担当していて目を引いた。

椎名林檎は絶えず"右翼論難"に包まれてきた人物だ。
彼女は過去に自身のコンサートで戦犯旗を配布して論難を呼び、2014年には日本公営放送NHKの2014ブラジルワールドカップの公式主題歌を作曲したが、歌が"神風"を連想させるという指摘を受けて右翼論難を起こした。

"NIPPON(日本)"というタイトルだった当時のブラジルワールドカップ公式主題歌には"この地球で最も純潔で高貴な青"、"不意に近づくかすかな死の匂い"などの歌詞が含まれていて、神風特攻隊を連想させるという声が出ていた。



"デタラメ発言一度で"・・・日コメディアン、国籍を変えてオリンピックマラソン
中央日報




※一部要約

芸能番組で約束した"ギャグ公約"の実践のため、国籍を変えてオリンピックに出場した日本コメディアンが、21日に行われたリオオリンピック男子マラソンの競技で完走した。

主人公は日本で猫ひろしという芸名で活動中の瀧﨑邦明。
カンボジア代表選手として出場した彼はこの日、2時間45分55秒を記録し、139位で決勝ラインを通過した。
出場選手の中で42.195キロのフルコースを完走した選手は140人だった。

日本コメディアンの彼がカンボジア代表なったキッカケは、2008年に遡る。
挑戦課題を与えられ、それを実行する過程を見せるある芸能番組に出演したときだ。
ミッション実行のため東京マラソンに出場し、マラソンフルコースの完走に成功した。
当時の記録は3時間48分57秒。

走る魅力にどっぷりハマった彼に、運命は翌年訪れた。
また別の芸能番組で、"まあまあな"コメディアンだった彼の人気を上げる方法を討論している中で、ある出演者が「国籍を変えてオリンピックに出ろ」と"デタラメ発言"を飛ばしたのだ。
冗談は現実となった。
瀧崎は選手層の薄いカンボジアの門を叩き、2010年12月のアンコールワット国際ハーフマラソンで3位に入賞し、カンボジア政府から肯定的な返事も受けた。
2011年ついにカンボジアに帰化した。

だが2012年のロンドンオリンピックの出場は失敗に終わった。
帰化選手の出場資格を帰化期間1年と規定したIOCの条件を満たせなかったからだ。

そんな彼について、日本では非難も起こった。
国籍を変えることに非難を受け、二度と日本に戻るなという声まで聞こえた。
彼はふざけているのではないことを証明するため、練習に集中した。
身長151センチ、体重45キロの不利な体格条件に、30代後半で年齢も高かったが、切歯腐心した。
真心を示すためにカンボジア語も勉強した。

ついに2014年の仁川アジア大会にカンボジア代表として出場し、2時間34分16秒で14位を記録した。
そして5月のカンボジアマラソン代表選考大会で優勝し、ついにオリンピック出場の夢を叶えた。





彼は選手6人と役員10人で組まれたカンボジアの"超ミニ軍団"の一員としてリオの地を踏んだ。
2008年の北京オリンピックで初めてマラソン種目に参加したカンボジアが、二人目に出場させたマラソンランナーとなった。

瀧崎は決勝ラインを切った後、「私を受け入れてくれたカンボジア国民のことを思い、一歩も歩かないという誓をして走った」と明かした。
また、目的を達成したので再び日本国籍を取得するのではないかという一部の憂慮を意識したかのように、「日本には働きに訪れるようにする」と付け加えた。

瀧崎の最高記録は去年の東京マラソンで打ち立てた2時間27分48秒である。



<オリンピック> 閉会式に現れた"スーパーマリオ"安倍・・・東京から瞬間移動
聯合ニュース




※一部要約

2016リオデジャネイロ閉会式で日本の東京がアニメーションを利用した2020夏季オリンピック開催を広報した。

次期オリンピック開催地の東京市は22日、マラカナン主競技場で行われた閉会式で公演時間8分を割り当てられた。

トーマス・バッハIOC委員長がエドゥアルド・パエス市長から大会旗を受けて小池百合子東京都知事に渡すと、すぐに競技場では東京が用意していた動画が上映された。

動画はすでに次期オリンピックの準備は始まっていることを示す短い紹介から始まった。
動画に登場した日本のスポーツ選手は、閉会式が行われているリオのマラカナン主競技場に向けてボールを投げた。

ボールを渡す過程ではスーパーマリオやドラえもん、ハローキティ、パックマンをはじめとして、サッカー漫画の主人公であるキャプテン翼も登場した。

だが地球の反対側にあるリオまで時間が間に合わずにボールを渡せなくなったスーパーマリオは、ドラえもんに助けを受けた。
ドラえもんは胸につけているポケットから瞬間移動装置を取り出し、スーパーマリオはパイプ型の装置に飛び込んだ。

実際にマラカナン主競技場に設置された瞬間移動装置型の壇上に現れ、スーパーマリオの役割を担った人物は安倍晋三日本総理だった。

その後始まった文化公演で東京は、アニメーションと実際の舞踏家のイメージを混ぜた最先端技術を使って都市を広報した。

東京オリンピックの旗を振る応援団の公演が終わった後、富士山を背景に"東京で会いましょう"という文面が舞台をいっぱいに満たした。



<オリンピック> "日本のボルト"飛鳥ケンブリッジ「私は日本で育った日本人」
聯合ニュース




※一部要約

「私は日本で育った日本人です」

飛鳥ケンブリッジは断固として言った。

飛鳥は20日、リオデジャネイロのマラカナンオリンピック主競技場で行われた男子4×100mリレー決勝で日本のアンカーとして出て2位で決勝ラインを通過した。

"短距離の皇帝"ウサイン・ボルトとは争いにならなかった。

だが飛鳥はトレイボン・ブロメル、アンドレ・デグラッセら世界のトップ圏にいるスプリンターとの争いに勝利した。

日本は37秒60のアジア新記録を樹立してアジア国家の中で初めて400mリレーの銀メダルを首にかけた。

共同取材区域や記者会見場で飛鳥は話題になった。

一歩遅れで飛鳥がジャマイカの父を持っているという事実を知った外信が、「ジャマイカとの対決」などを尋ねた。

飛鳥の最初の一言は「私は日本人です」だった。

彼は「私の父はジャマイカ人で私もジャマイカで生まれたが、幼くして日本に来たし、日本で教育を受けた」と語った。

「ジャマイカ陸上の影響を受けたか」という質問にも「陸上も日本で学んだ。日本スタイルで陸上をする」と言った。

飛鳥は2014年2月にジャマイカへ渡り、一週間ほどボルトの所属チームであるジャマイカレーサーズトラッククラブで練習したことがある。
飛鳥はあえてその話を持ちださなかった。

ジャマイカの父と日本人の母の間に生まれた飛鳥は、2歳のときにジャマイカから日本・大阪に移民した。

他の日本人より黒い肌のため違って見えたが、飛鳥は「黒人選手を彷彿とさせるニックネームを得たこと以外は他の子供と変わらなかった。楽しく過ごした」と言った。

中学1年までサッカーをしていた飛鳥は「当時のニックネームは(ティエリ・)アンリだった」と言った。

飛鳥は中学2年のとき陸上に転向した。
並外れた走力に注目した学校の先生に誘われたからだった。

飛鳥は高校2年だった2010年に初めて100m10秒台(10秒75)に突入して注目された。

2012年に10秒57、2014年に10秒21に記録を更新すると、リオオリンピックが開かれる2016年には10秒10を記録した。

リオオリンピックでは100m予選で10秒13を記録し、準決勝行きのチケットを手にする快挙を達成した。
準決勝では10秒17で振るわずに決勝行きには失敗した。

だが最も力を注いでいたリレーで新たな歴史を記した。

日本では飛鳥を"日本のボルト"と呼ぶ。

飛鳥は「そういうニックネームが恥ずかしく聞こえないようにするには、記録をもっと縮めなければならない。一緒に走ってみるとさらにすごい選手だった」として、「2020東京オリンピックの400mリレーではジャマイカも抜いて金メダルを取りたい」と意欲を示した。


【関連記事】
【リオ五輪】韓国ネチズン反応…日本がオリンピック陸上男子400mリレーでアジア初の銀メダル!
【リオ五輪】韓国メディア「日本の400mリレー銀メダルは偶然ではない」「中国・日本陸上の急成長、韓国は相変わらず不毛の地」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング