チョン・モンギュ会長「2030ワールドカップを中・日・北と共催挑戦」
ジョイニュース24




※一部要約

FIFA評議会委員に選任されたチョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が中国・日本・北韓とともに2030ワールドカップ共同開催に力を集中すると伝えた。

チョン会長は14日、U-20サッカー代表とセネガルとの評価試合を観戦するため、高陽総合運動場を訪れて取材陣と会った。

2011年にチョン・モンジュン元サッカー協会会長が5選に失敗してから、6年ぶりに執行部に韓国人の要人が名前を上げたという点に意味がある。
チョン会長も前回の選挙に挑戦して失敗してから、再挑戦で成功した。

チョン会長は「FIFA評議会委員選出でアジアサッカーとKリーグ発展のために努める。責任感も感じている」と語った。

決して簡単な選挙ではなかった。
シェイク・アハマドオリンピック評議会(OCA)会長が金品などの不正問題で出馬を撤回する前までは競争体制だった。
アジア各国を行き来して支持を訴えたチョン会長は「結果は無難だったが、過程は簡単ではなかった。アジアと世界サッカーのために努力する」と答えた。

チョン会長の目標は2030年ワールドカップを中国・日本はもちろん、北韓と共同誘致をすることである。
彼は「2026年はアジアの開催が難しい。韓・中・日と北韓まで一緒にすれば、北東アジアの平和貢献が可能だ。今回の総会では話を交わす機会がなかったが、これから十分対話する余裕はあるだろう」と伝えた。

「韓・中・日が一緒にすれば、FIFAも悪くないと考えるのではないか。財政的な面で特に良いことだと思う」と良い環境であるということを明かした。



"48ヶ国"2026ワールドカップの大陸クォーター確定・・・アジア8.5枚
MKスポーツ




※一部要約

FIFAは10日、バーレーンで行われているFIFA総会で2026ワールドカップの大陸別クォーターを最終決定した。
これによると、ヨーロッパが16枚で最も多く持っていく。
2018ロシアワールドカップでヨーロッパに配分された本戦チケットは13枚である。

最も多く増えた大陸はアフリカである。
5枚から9.5枚に倍近く増えた。
アジアはヨーロッパ、アフリカに続いて3番目に本戦進出国が多い。
計8.5枚が与えられた。
これまでの4.5枚から4枚さらに多くなった。

4.5枚の南米と3.5枚の北中米はともに6.5枚ずつ受けた。
オセアニアも0.5枚から1.5枚に増え、プレーオフなしに少なくとも1チームの本戦直行が可能になった。




2026WC大陸別クォーターの変化、進出チーム比率"南米60%-アジア17%"
インターフットボール




※一部要約

FIFAはプレーオフ制度にも変化を与えた。
大陸別に配分された直行チケット46枚を除くと、本戦進出チケットが2枚残る。
それに対し、ヨーロッパ以外の大陸の5チームとワールドカップ開催国が属する大陸の1チーム、計6チームがプレーオフトーナメントで本戦進出チケットを得ることになる。


[2026ワールドカップ大陸クォーターの変化]

大陸/チケットの変化/予選国数/本選直行国の比率(2026基準)

南米/4.5から6.5(2枚増加)/10ヶ国/約60%

ヨーロッパ/13から16(3枚増加)/55カ国/約29%

北中米/3.5から6.5(3枚増加)/34カ国/約18%

アフリカ/5から9.5(4.5枚増加)/54カ国/約17%

アジア/4.5から8.5(4枚増加)/46カ国/約17%

オセアニア/0.5から1.5(1枚増加)/11カ国/約9%



ムン・ジェイン大統領当選・・・支持した体育人は?
スポーツワールド




※一部要約

「全国民が体育を楽しむスポーツ福祉国家を作る」

今後5年間の大韓民国の責任を担う第19代大統領にムン・ジェイン共に民主党候補が当選した。
ムン・ジェイン大統領はスポーツ界に関わる多くの公約を出しただけでなく、選挙活動期間に多くの体育人と会った。
新政府に向けられる体育人の期待が格別になるしかない理由である。

先月11日、体育人の2000人余りが"ムン・ジェイン候補を支持する体育一同"という名の下に決議大会を開き、支持の意志を明かしたことがあった。
この日の決議大会には水泳アジア大会5冠王のチェ・ユンヒ韓国女性スポーツ会会長をはじめとして、ハンドボールオリンピック金メダリストのイム・オギョンソウル市庁監督、ムン・ソンギル元WBAチャンピオン、バスケットボールオリンピック銀メダリストのパク・チャンスク元代表監督、障害者オリンピック金メダリストのホン・ソンマン(陸上)、イム・オグン(水泳)ら体育人50人余りが参加した。

体育人が最大規模で支持宣言をしたのは5月1日だった。
1万人の体育人がムン・ジェイン候補者に対する支持の立場を明かした。
この日の宣言式にはキム・ギョンス大韓サッカー協会中等連盟会長をはじめとしてキム・ヨンチョル元ロッテ監督、カク・チェイインラインスケート元代表、チョ・ヘリ元女子ショートトラック代表(ソチオリンピック金メダリスト)、カク・ユンギ男子ショートトラック代表らが参加した。

この日の記者会見には参加しなかったが、水泳のパク・テファン、テニス元代表のイ・ヒョンテク、チョ・ユンジョン、キム・イルスン、バドミントンのキム・ムンス、キム・ドンムン、イ・ドンスらのオリンピックメダリスト、野球の起亜タイガースのキム・ウンリョン、キム・ソンハン元監督、元ロッテジャイアンツのパク・ジョンテ、元ハンファ・イーグルスのソン・ジンウ、ハンドボールのイム・オギョン、ホン・ジョンホらも意をともにした。



黄砂地獄が放置されたプロ野球・・・"微細粉塵特別法"至急
ジョイニュース24




※一部要約

「(試合中断を)本当に建議してみないといけないのではないか?」

6日、蚕室野球場。
LGツインズとのライバル戦を控え、キム・テヒョン斗山ベアーズ監督は取材陣を前にしてそう語った。
理由があった。
全国を強打した微細粉塵のためだった。

この日の微細粉塵は今年に入って最悪の数値を記録した。
ソウルでは最高値423㎍/㎥を記録し、中国と隣接している仁川では471㎍/㎥だった。

京畿道では何と650㎍/㎥。
6日午前2時に京畿道で微細粉塵警報が発令されたとして、屋外活動を積極的に自制するべきという文字が転送されたほどだった。

だがそれにもかかわらず、全国各地でプロスポーツの試合が行われた。
KBOリーグ5試合はもちろん、Kリーグもクラシックとチャレンジを含めて計7試合が行われた。


20170507143805590a.jpg


ヤン・サンムン監督は選手のマスク着用について「特に指示したものではない。選手が自主的にしたこと」と語った。
試合開始の有無についても「もしかしたら中止になるかと思ったが・・・」と言葉を控えている様子だった。

この日の試合は大きな問題もなく行われたが、今後このような最悪レベルの微細粉塵がどれだけさらに韓半島を覆うのかは未知数である。
野外で3時間以上も最悪のホコリを吸い込まなければならない選手やファンのどちらの健康のためにも、今後微細粉塵の数値に関する制度改正が至急だとみられる。



AFC、"戦犯旗応援"川崎クラブに罰金賦課
スターニュース




※一部要約

AFCが戦犯旗を持って応援を繰り広げた遠征ファンへの責任を問い、川崎フロンターレに罰金を賦課した。

AFCは4日、公式HPで懲戒委員会の結果を発表した。
川崎は4月25日、水原ワールドカップ競技場で行われた水原三星との"AFCチャンピオンズリーグ"G組5次戦に1-0で勝利した。

試合中に川崎ファンがしばらく戦犯旗を掲げた。
この旗はすぐに撤去されたが、試合終了後に水原三星ファンが川崎ファンに抗議する騒動まで起きた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング