"D組3位"日本、16強でベネズエラと対決
インターフットボール




※一部要約

日本の16強の相手がベネズエラに決まった。

D組3位の日本は自動的にB組1位のベネズエラと会うことになった。
日本は30日、大田ワールドカップ競技場でベネズエラと8強行きをかけて争う。

C組3位のコスタリカの相手もA組1位のイングランドに確定した。

一方、16強戦でビッグマッチも実現した。
フランスがE組1位で16強に進出し、D組2位のイタリアと会う。
この試合は6月1日に天安総合運動場で繰り広げられる。






日本サッカー天才久保、堂安から超えろ?
韓国経済TV




※一部要約

内山監督率いる日本U-20代表は27日、天安総合運動場で行われたイタリアとのFIFA U-20コリアワールドカップD組3次戦に2-2で引き分けた。

イタリア戦の引き分けの主役は堂安律(ガンバ大阪)だった。

一方、"日本サッカーの天才"久保建英(16・FC東京)はイタリア戦に欠場した。

久保は今大会最年少選手である。
日本国内でリオネル・メッシと比肩されてメディアの視線を独占している。

久保は南アフリカとの1次戦でアシストを記録したが、ウルグアイ戦では振るわなかった。
ゴール決定力の不在とフィジカルの弱点を露呈して限界をあらわした。
そのためだろか。
イタリア戦で欠場してエースの席を堂安に譲った。

久保はパスセンスはあるが、運動量が足りない。
現代サッカーではFWもDFだ。
堂安は守備加担で献身的である。
一方、久保は中途半端な選手でエースと呼ばれるには無理がある。
久保がさらに成長するためには、"次世代メッシ"という目の高さを下げ、堂安の動きを見習う必要があるという声が大きくなっている。



[U-20] 久保に隠れていた堂安、"絶体絶命"日本を生かした
ジョイニュース24




※一部要約

最悪の窮地に追い込まれた日本を堂安律(ガンバ大阪)が生かした。

堂安は27日、天安総合運動場で行われたFIFA U-20ワールドカップD組3次戦のイタリアとの試合で、0-2でリードされていた試合を振り出しに戻す2ゴールを爆発させた。

それこそ崖っぷちに追い込まれたチームを救う大活躍だった。
彼の活躍によって日本はイタリアと劇的な2-2の引き分けを記録、勝ち点4でD組3位を確定させた。

日本はA組のアルゼンチンを勝ち点で上回り、B組のドイツに総得点数で上回って劇的な16強行きを確定させた。

この日、日本は"神童"久保建英が欠場した。
これまで韓国はもちろん、日本取材陣にとっても堂安は久保に隠れた感じが強かった。

だがすでにガンバ大阪でプロとして大活躍している堂安である。
ネームバリューでも実力でも久保に絶対引けを取らない。
そして最終的に、この日とてつもないゴールを2回も炸裂させて日本を危機から救い出した。
3試合で3ゴールを決めて大活躍した堂安がこの日最高の選手になった。



[U-20現場レビュー] "0-2→2-2"日本、イタリアと引き分け・・・劇的16強行き
インターフットボール




※一部要約

日本がイタリアと引き分けを記録して劇的に16強行きのチケットを手にした。

日本は27日、天安総合運動場で行われたFIFA U-20ワールドカップコリア2017D組3次戦でイタリアと2-2で引き分けた。
1勝1分け1敗でGLを終えた日本はイタリアに押されてグループ3位を記録した。

6組の3位チームのうち、上位4チームが16強行きのチケットを手にすることができる。
日本はGLを終えたA~D組の3位の中でドイツ、アルゼンチンを上回って16強行きに成功した。
ドイツと勝ち点・ゴール得失で同じだったが、多得点で1ゴール優位を占めた。


20170527214932354a.jpg

20170527214932354b.jpg

20170527214932354c.jpg

20170527214932354d.jpg



[日本-イタリア] 脱落と起死回生、岐路に立った日本サッカー
スポーツ韓国




※一部要約

運命の一戦。
日本メディアが表現したイタリア戦の意味である。

理由がある。
日本は現在、FIFA U-20ワールドカップコリア2017D組の3位である。
1勝1敗でイタリアと勝ち点は同じだが、得失差で2ゴール遅れている。
イタリアを越えて2位以内に入れば16強に上がれるが、ちょうど27日に天安総合運動場で会うことになる最終戦の相手がイタリアだ。

イタリアは日本に勝てば16強に上がれる。
だが引き分けや負けであれば状況を見守らなければならない。
今大会の16強進出権はグループ1~2位、そして各グループ3位の6チームのうち、成績上位の4チームに与えられるからである。

引き分けをおさめれば勝ち点4を確保、16強進出の可能性を眺めることができる。
最近3大会で勝ち点4を得た3位チームの中で、脱落したチームはなかった。
戦力的に日本が狙える現実的な目標になり得る。

一方、イタリアと日本の試合はMBCスポーツ+で生中継される。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング