日本、ウクライナに衝撃負け"本田また口?"
デイリアン




※一部要約

日本サッカー代表が3試合連続無勝の沼に落ちた。

ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は27日、ベルギー・リエージュで行われたウクライナとのAマッチ評価試合に1-2で敗れた。

この日の敗北で日本はマリ戦(1-1引き分け)を含めてヨーロッパ遠征Aマッチ2連戦を1分け1敗で終えた。
去年12月の東アジアカップで韓国に1-4で敗れた後、3試合連続で勝利をおさめられなかった。

ハリルホジッチ監督は総力戦を繰り広げた。
2018ロシアワールドカップで同組に属するポーランドに備えてウクライナ戦に出た。
本田圭佑、長谷部誠、長友、川島、牧野、柴崎、原口らが総出動した。
マリ戦の先発メンバーから8人を変える強気の姿勢を示したが、結果は思わしくなかった。

特に全盛期が過ぎた本田の不振が目についた。
動きが鈍く日本の攻撃スピードを低下させた。
かと言って個人戦術が優れていたわけでもない。
わずか1本のシュートも記録できなかった。
ハリルホジッチ監督は後半19分に本田をベンチに呼び込んだ。

試合後、本田は「悔しいが私の誤ちだ。良い競技力を見せられなかった」として、「ただ残念なのは、ウクライナが後半に急激な体力低下を見せた。もう少しプレーしていればという気がした」と語った。

本田はマリ戦直後に日本代表の不振に厳しい忠告を与えたことがあった。
彼は27日、サンケイスポーツとのインタビューで「今の私たちは不必要なことに執着している。全体的にレベルがかなり落ちる」と声を高めた。

ウクライナ戦はマリ戦と違うメンバーで出た。
その中心に本田がいた。
本田がまた小言を吐き出すのか関心が集まっている。



[評価試合レビュー] "また拙戦"日本、"仮想ポーランド"ウクライナに1-2負け
インターフットボール




※一部要約

日本が再び拙戦の末にウクライナに敗れ、ヨーロッパ遠征評価試合を無勝で締め切った。

ハリルホジッチ監督が率いる日本は27日、ウクライナとの評価試合に1-2で敗れた。
これで去年の韓日戦の敗北から3試合連続無勝の沼に落ちることになった。








[A ISSUE] "無気力な引き分け"日本、答えの代わりに疑問符だけを残した"拙戦"
インターフットボール




※一部要約

ワールドカップまで3ヶ月も残っていない状況。
日本が拙戦を繰り広げて不安感を増した。

日本は23日、ベルギーで行われたマリとの評価試合に1-1で引き分けた。

これで日本は去年12月に韓国に1-4で大敗したのに続いてAマッチ2連続無勝を記録した。





後半追加時間に炸裂した中島の劇的な同点ゴールに力づけられて辛うじて敗北は免れたが、必ずしも満足できる試合ではなかった。

それはハリルホジッチ監督のインタビューにもあらわれた。
ハリルホジッチ監督は「厳しい結果だ。様々な情報を得ることはできたが、すべてを肯定的に見ることはできなかった」として、「セネガルについてはまだ準備できていないようだ」と失望感を伝えた。



[パク・サンギョンのJサッカー] "脱亜"を叫ぶ日サッカー、"アジア"という基本がない
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本サッカーの今冬はひときわ寒い。

野心的に出港した"森保ジャパン"が頭を下げた。
優勝を目標に出港したAFC U-23アジアチャンピオンシップ8強戦でウズベキスタンに0対4で大敗した。
前半だけで3ゴールを許した内容や、4失点の結果ともに先月末の東アジアカップ韓国戦を思い出させる。

日本現地の雰囲気は淡々としている。
サンケイスポーツくらいが"東京オリンピック世代の屈辱的な敗北"と伝えただけで、ほとんどのメディアは試合結果を淡々と伝えた。
東アジアカップのときシン・テヨン号に1対4の惨敗を喫したハリルホジッチ監督に対しては激しい批判が出たが、すぐにおさまったのと同じような様相である。






日本、ウズベクに0-4の完敗…ウズベクU-23が4強先着
Newsen




※一部要約

日本がウズベクに完敗した。

日本は1月19日、中国南京の江陰スポーツセンターで行われた"2018AFC U-23チャンピオンシップ"のウズベキスタンとの8強戦で完敗した。

この日の試合でウズベクは日本に4-0の完勝をおさめた。
ウズベクは史上初の大会4強に進出した。

ウズベクは前半31分に初ゴールを成功させ、前半だけで3ゴールを決めて3-0でリードした。
後半序盤に1ゴールをさらに追加したウズベクは、日本に余裕を持って相手にして制圧した。

一方、日本を破ったウズベクは23日に韓国-マレーシアの8強戦の勝者と4強戦を行う。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング