"幸運のPK"日、サウジに2対1の勝利
スポーツ朝鮮




※一部要約

ハリルホジッチ日本監督がとりあえず一息ついた。

日本がサウジアラビアに完勝して雰囲気の反転に成功した。
日本は15日、埼玉スタジアムで行ったサウジとの2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選B組5次戦に2対0で勝った。(※2対1の間違い)
この日の勝利で日本は勝ち点10(ゴール得失+4)になり、サウジ(勝ち点10・ゴール得失+3)を引きずり下ろして2位を狙えるようになった。

日本は序盤から強い圧迫を前面に出してサウジのパスを遮断した。
だがサウジも日本の攻勢に肉弾防御で対抗し、ゴールはなかなか炸裂しなかった。

ホームの利点が日本を微笑ませた。
前半45分に日本が先制ゴールを取った。
ペナルティエリア内正面で清武弘嗣が試みたシュートがサウジDFの左脇付近に当たったが、主審はすぐにPKを宣言し、キッカーとして出た清武がゴール左隅を正確に揺らして機先を制した。

サウジは後半45分に追撃ゴールを決めて追撃の手綱を緩めなかった。
だが終盤のチャンスは日本の守備に阻まれ、結局日本の1ゴール差の勝利で終わった。



模擬試験を上手く終えた"平行理論"韓日サッカー、本試験では?
スポーツ韓国




※一部要約

模擬試験は上手く終えた。
両国とも同じ日程で同じタイプの相手に会った"平行理論"だった。
もう残りは本試験である。
本試験でも両国はともに笑えるだろうか。

韓国A代表は11日、忠南の天安総合運動場で行われたカナダとのAマッチ親善試合で、前半のキム・ボギョンとイ・ジョンヒョプの連続ゴールによって2-0で勝利した。

この日韓国は、前半10分にナム・テヒのスルーパスを受けたキム・ボギョンの左足トーキック先制ゴールによって1-0でリードした。
前半25分にはペナルティボックス内で瞬間的にルーズボールの状況が起きると、すぐにイ・ジョンヒョプがターニング右足シュートで232日ぶりにAマッチ復帰ゴールを申告した。

日本もやはり韓国の試合の40分前に、鹿島サッカー競技場で行われたAマッチ親善試合のオマーン戦で、前半だけで2ゴールを決めた大迫勇也の活躍によって4-0で勝利した。

ドイツブンデスリーガ・ケルン所属の大迫勇也は前半だけで2ゴールを決め、スペインプリメーラリーガ・セビージャ所属の清武弘嗣が1ゴール2アシストを記録するなど、海外派の活躍が目立った日本サッカーの大勝だった。



日本、サウジを下してAFC U-19チャンピオンシップ頂上
デイリアン




※一部要約

日本U-19代表がAFC U-19チャンピオンシップでサウジを制圧し、頂上に上った。
この大会で日本が優勝したのは初めてである。

日本は31日、バーレーン国立競技場で行われたサウジとの決勝戦で、0-0の引き分けを記録した後のPK戦で5-3で勝利した。

すでに来年5月に韓国で開催される2017FIFA U-20ワールドカップ本戦行きを確定している両チームだったが、決勝戦であるだけに激しい勝負を繰り広げた。

サウジは前半に日本のゴールポストを叩いて気勢を上げたと見られたが、日本もやはり小川と三好を前面に出して何度か相手を脅かした。
だが両チームはとうとう正規時間内に勝負をつけられず、結局PK戦に突入した。

PK戦でも両チームはみな落ち着いてゴールを成功させ、3-3まで拮抗した。
だがサウジの4人目のキッカーがゴールを成功させられず、結局最後のキッカーがミスせずキックを決めた日本が5-3で劇的な勝利をおさめて優勝を手にした。

一方、韓国は来年国内で開催されるFIFA U-20ワールドカップで、開催国の資格で自動出場権を確保している。
だが20日にサウジとのGL3次戦に1-2で敗れ、2勝1敗をおさめたが8強進出に失敗して自尊心を傷つけられた。



運命のウズベク戦・・・「敗北時はシュティーリケ監督が更迭されるかも」
ソウル経済




※一部要約

イラン遠征の敗北によって韓国サッカーのワールドカップ本戦9回連続進出が最大の危機を迎えた中、大韓サッカー協会技術委員会がとうとう刀を抜いた。

17日、スポーツソウルによると、技術委は14日のイラン遠征帰国直後に会議を開き、来月15日のウズベク戦でも良くない結果が出れば、技術委員全員が辞任することを決議した。
その場合シュティーリケ代表監督も更迭されるものとみられる。

韓国代表は現在、最終予選4試合で2勝1分け1敗でイラン・ウズベキスタンに次いでA組3位に留まっている。
代表チームがもしウズベキスタンに負ければ、最終予選が折り返し地点を回る時点で先頭グループとの勝ち点が5点以上に広がり、事実上ワールドカップ本戦行きが厳しくなる。

技術委は今回の会議で"ホームの引き分け=敗北"という認識をしたとみられる。
サッカー協会の関係者も「様々なことを見なければならないが、勝つこと以外に満足な結果があるだろうか」と反問した。

一方、ウズベキスタン戦を行い、来年3月の中国戦とシリア戦まで4ヶ月程度の余裕があるので、シュティーリケ監督が残留すればチームを再整備でき、シュティーリケ監督が途中下車する最悪の場合でも、新監督が来て準備する時間的な余裕はある方だ。

これらすべての場合を考慮する前に、まずは各組1~2位に与えられるロシアワールドカップ本戦直行チケットのためにはウズベキスタンを倒して、ひとまず2位を奪還することが至急である。
運命のウズベキスタン戦は来月15日にソウル上岩ワールドカップ競技場で行われる。



並んでグループ3位、韓国-日本ともに墜落
蹴球ジャーナル




※一部要約

アジアサッカーの"双頭馬車"韓国と日本が並んで不振に陥った。
いつからか当然と考えていたワールドカップ本戦進出が不透明になった。

2018FIFAロシアワールドカップアジア最終予選は全体の日程の40%を消化した。
12ヶ国が2組に分かれてホーム・アンド・アウェーを行い、1ヶ国あたり4試合ずつ終えた。

A組ではイラン、B組ではサウジアラビアが首位を走っている中、韓国と日本は苦戦が目につく。
両国ともに2勝1分け1敗。
韓国はA組3位、日本はB組3位である。
各組の4位とも大きな差はない。
韓国はシリアに勝ち点3、日本はUAEに勝ち点1をリードしているだけだ。

韓国と日本の現在の順位が最後まで続けば、2つのうち1つ、あるいは両国ともロシア行きが失敗に終わる。
韓国は8回連続、日本は5回連続でワールドカップ本戦の舞台を踏んだ。
1998年のフランスワールドカップから続いた本戦同時進出の歴史である。





そんな韓国と日本がロシアワールドカップはアジア予選で彷徨っている。
引き分けや負けた試合は言うまでもなく、勝った試合も内容は満足できない。
アジアサッカーが平準化されたとしても、最強のタイトルを両分していた両国なので、自尊心が傷つけられる。
シュティーリケ監督とハリルホジッチ監督、2人の外国人指令塔も不安だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング