[オフィシャル] 江蘇蘇寧、チェ・ヨンスの後任にカペッロ選任
スポータルコリア




※一部要約

中国スーパーリーグの江蘇蘇寧が、チェ・ヨンス監督の後任にファビオ・カペッロを選任した。

江蘇は11日、クラブ公式ウェイボーでカペッロ監督の選任を公式発表した。

江蘇は1日、成績不振を理由にチェ・ヨンス監督との契約を中途解約していた。
江蘇は現在、中国スーパーリーグで1勝(5分け6敗)の15位に留まっている。
AFCチャンピオンズリーグでも上海上港戦の敗北によって16強脱落の苦杯をなめた。

その後チェ・ヨンス監督を更迭し、再建に着手した。
江蘇はカペッロ監督に年俸1000万ユーロ(約125億ウォン)を提示し、カペッロ監督は江蘇のオファーを受け入れた。




カペッロ江蘇就任迫る、コーチはザンブロッタ?
スポーツ朝鮮




※一部要約

また"クリスティアン・ブロッキ、ジャンルカ・ザンブロッタがカペッロ監督を補佐するコーチ陣に指名されている"と主張した。

カペッロ監督はイタリアを代表する名将の一人だ。
ACミラン、レアル・マドリード、ローマ、ユベントスなどの名門チームをあまねく経て、イングランドとロシアの代表を引き受けたこともある。
イタリア・セリエAでは5回、スペイン・プリメーラリーガでは2回リーグ優勝し、ヨーロッパチャンピオンズリーグで優勝1回、準優勝2回の成績を上げている。



[WC予選レビュー] "ユリッチマルチゴール"オーストラリア、サウジに3-2勝ち・・・首位圏"薄氷"
インターフットボール

20170608215135570.jpg


※一部要約

文字通り薄氷である。
オーストラリアがホームでサウジアラビアを下してB組の首位争いに火を付けた。

オーストラリアは8日、アデレード・オーバル競技場で行われた2018FIFAロシアワールドカップアジア最終予選B組8次戦でサウジに3-2で勝利した。
これでB組は1位から3位までの勝ち点が16で同じになった。
1位日本(ゴール得失+9)、2位サウジ(ゴール得失+7)、3位オーストラリア(ゴール得失+6)が激しい血戦中だ。


20170608215135570a.jpg


オーストラリアの攻勢は最後まで激しかった。
サウジは反撃を狙ったが体力的な問題を露呈し、オーストラリアは余裕があった。
結局試合はそのまま終了し、オーストラリアが気持ちの良い勝利を手にした。



[U-20現場レビュー] ウルグアイ、PK戦の末にポルトガルを下して4強進出・・・ベネズエラと対決
インターフットボール

20170604210232737.jpg


※一部要約

ウルグアイがPK戦の末に開催国の大韓民国を下したポルトガルを制圧し、4強進出に成功した。

ウルグアイは4日、大田ワールドカップ競技場で行われたFIFA U-20ワールドカップコリア2017 8強戦で、ポルトガルに2-2の引き分けの後のPK戦の末、5-4で勝利をおさめた。
これでウルグアイは4強進出に成功し、アメリカを倒して上ってきたベネズエラと6月8日に大田で対決する。


20170604210232737a.jpg

20170604210232737b.jpg

20170604210232737c.jpg



[U-20 WC] 英記者が伝える韓国サッカーのための提言
スターニュース




※一部要約

「バルセロナ?それよりプレイングタイム(Playing Time)が重要だ」

外信記者の目に映った韓国サッカーは惜しさの連続だった。
実戦経験の重要性を強調した。

韓国U-20代表は30日、天安総合運動場で行われたポルトガルU-20代表との"FIFA U-20ワールドカップコリア2017"16強戦に1-3で完敗した。
これで韓国はホームで開催された大会で8強行きに挫折した。

"バルセロナデュオ"イ・スンウとペク・スンホが代表に入って多くの期待を集めたが、偉大な挑戦は16強の敷居で終わった。






[公式発表] ホン・ミョンボ「杭州緑城の方式は間違い・・チームを去る」
スターニュース




※一部要約

ホン・ミョンボ監督が中国2部リーグ所属の杭州緑城の指揮棒を下ろした。

ニュース1によると、ホン・ミョンボ監督は27日に、エージェンシーを通じて公式の立場を出して「杭州の若手選手育成政策は意義は良かったが方式が間違っていた。到底納得できなかった」として、「難しい決定だが(チームを)去ることを決めました」と明かした。

ホン監督は2015年12月に杭州と2年契約を結んだ。
当時の杭州は1部リーグ所属だった。
しかし昨シーズン15位に終わって2部リーグに降格した。

降格してから10試合行ったが、4勝2分け4敗で16チーム中10位に留まっている。
5月13日に浙江毅騰とのダービー戦に0-2で敗れた後、青島に0-4で首根っこを押さえられて2連敗のどん底に陥っていた。

結局ホン・ミョンボ監督はクラブとの葛藤によって指揮棒を自ら下ろした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング