[記者会見 In ホジュフ] "長期負傷復帰"ミリク、「出場時間は貴重だ…故郷での試合は嬉しい」
インターフットボール




※一部要約

長期負傷から復帰したアルカディウシュ・ミリク(24、ナポリ)が韓国戦を前に覚悟を伝えた。

大韓民国サッカー代表は28日、ポーランド・ホジュフにあるシロンスク・スタジアムでポーランド(FIFAランキング6位)と評価試合を行う。
27日、試合前の公式記者会見が行われた。

この席でミリクは「カトヴィツェで若い頃を過ごしていたのでこの競技場は馴染みがあり、まるで家に帰ってきた気分だ」として、「韓国戦も出場できることを期待する」と語った。

ミリクは去年9月24日、セリエAのリーグ戦をしている途中に十字靭帯を負傷した。
すでにミリクは十字靭帯の負傷で苦労していた。
そのため復帰に長い時間がかかり、24日のナイジェリアとの評価試合で20分間グラウンドを走った。
6ヶ月ぶりの代表復帰戦だった。

これについてミリクは「1分の出場時間でも私にとっては貴重だ」として、「現在の体調は良い」と答えた。



"無敗ボクサー"メイウェザー「ニューカッスル買収に関心、ロナウドも迎え入れる」
スポTVニュース




※一部要約

"無敗ボクサー"フロイド・メイウェザーがイングランド・プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドの買収に関心を示した。
メイウェザーは「クリスティアーノ・ロナウドがニューカッスルでキャリアを締めくくるらせるようにする」という計画も明かした。

英国のサンデーデイリー・スターは20日、「メイウェザーが新たな事業の領域に関心を示している。ニューカッスルの買収がその出発点になるかもしれない」と報じた。

メイウェザーは「私はすべてのスポーツが好きだ。新たな事業の推進にマインドを開いている。去年ニューカッスルの何人かの選手と会った。私は頭ではなくハートで投資する人間だ」と語った。

彼は続けて「レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドと親しい関係を維持している。ニューカッスルを買収してから彼の選手生活の最後を手助けすることもできる」と付け加えた。

メイウェザーは50勝無敗の"無欠点ボクサー"である。
最近、総合格闘技の練習を始めた。
大金を確保するため、UFCライト級チャンピオンのコナー・マクレガーと再試合を行うこともあるという観測も出ている。



[UCLレビュー] "メッシ2ゴール1アシスト"バルサ、チェルシーを3-0で下して8強進出…合算4-1
インターフットボール




※一部要約

過去も、現在も、これからもリオネル・メッシだ。

バルセロナは15日、カンプノウで行われたUEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦のチェルシーとの試合で3-0の勝利をおさめた。
合算スコアでも4-1で上回ったバルサは8強進出に成功した。








フィオレンティーナ主将アストーリ、心臓疾患で死亡
STNスポーツ




※一部要約

イタリア・セリエAのACFフィオレンティーナの主将ダビデ・アストーリ(享年31歳)が亡くなった。

4日、イタリアメディア<ガゼッタ>ら複数メディアは「セリエA27ラウンドのウディネーゼ・カルチョ戦に備えてウディネーゼのホテルに宿泊していたアストーリが死亡した。死因は心臓疾患だとわかった」と報じた。

フィオレンティーナは同日、アストーリが亡くなったと公式発表した。
フィオレンティーナは公式HPで「主将アストーリの死亡の便りを伝えることになり、あまりにも悲しくで残念だ。彼は突然の病で他界した」と伝えた。

続けて「厳しい状況だ。また苦しい時間を過ごしているアストーリの家族に慰労を伝える」と発表した。


20180304205718773a.jpg



[ラ・リーガ17R] "スアレス-メッシゴール"バルサ、レアルとのエル・クラシコで3-0勝ち…"無敗首位+スーペルコパの負け雪辱"
スポータルコリア




※一部要約

バルセロナがレアル・マドリードとの今シーズン最初のリーグでのエル・クラシコで笑った。

バルサは23日、マドリードのサンチャゴ・ベルナベウで行われたレアルとの2017/2018プリメーラ・リーガ17ラウンド遠征に3-0で勝利した。

これで開幕からリーグで17試合連続無敗(14勝3分け、勝ち点45)行進を続け、2位のアトレティコ・マドリード(勝ち点36)との差を広げるのに成功した。
また、スーペルコパ・デ・エスパーニャで喫した2連敗の痛みを返した。

ホームチームのレアル(勝ち点31)で4位を維持したが、最近のリーグ6試合連続無敗を続けられず、首位バルサとの差は15点に広がってしまった。


20171223225909317a.jpg

20171223225909317b.jpg

20171223225909317c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング