ニコライ・ミュラー、セレモニー中に靭帯断裂"7ヶ月の離脱"
スポータルコリア




※一部要約

セレモニー中に負傷したニコライ・ミュラーが右前十字靭帯断裂の診断を受けた。

ハンブルクは20日、SNSをはじめとする公式チャンネルで「ミュラーは右膝前十字靭帯が断裂した。7ヶ月戦力から離脱する」と伝えた。

ミュラーは19日、フォルクスパルクシュタディオンで行われたアウクスブルクとの2017/2018ドイツブンデスリーガ1ラウンドで決勝ゴールを放った。

行き過ぎたゴールセレモニーが問題だった。
得点後にミュラーはぴょんと飛んだ後、不安定な姿勢で着地して苦痛を訴えた。
周りの同僚もやはりすぐに医療スタッフを呼んだ。
状態は普通ではなさそうだった。
試合後にハンブルクのマルクス・ギスドル監督は「良くない。精密検査を実施しなければならないだろう」と立場を伝えた。

負傷の程度は予想よりも深刻だった。
今後の選手生活を脅かすかもしれない前十字靭帯が断裂したのだ。
7ヶ月の回復期間が予想されているが、場合によってはさらに長い時間を要するかもしれない。

ハンブルク側は「診断結果は衝撃的だ。クラブはミュラーが回復することを願い、最善を尽くして彼の治療を支援する計画」として立場を明かした。



プレミアリーグが世界最高のサッカーリーグになった秘訣は?CNNの分析
スポーツ京郷




※一部要約

イングランドプレミアリーグが世界最高のサッカーリーグになったのは、各国の選手を積極的に獲得したからだとアメリカCNNが分析した。

CNNは15日、「プレミアリーグが2017~2018シーズンで26回目のシーズンを迎えた」として、プレミアリーグが現在世界最高のサッカーリーグと評価される理由について伝えた。
今シーズンのプレミアリーグの選手のうち、英国出身は39%である。
残りの61%は世界67ヶ国から来た外国選手だ。
CNNは「プレミアリーグが現体制でスタートした1992~1993シーズンは英国選手が71%を占めていて、外国選手は55人だけだった」として、「当時は南アフリカ、アジア、イタリア、ポルトガルの選手は1人もいなかったし、フランスの選手もエリック・カントナ1人だけだった」と伝えた。

その後プレミアリーグは外国監督と外国選手の獲得を増やし、本格的に世界化に突入した。
1996年にアーセナルの指揮棒を手にしたフランス出身の名将アーセン・ベンゲル監督は、1997~1998シーズンに非英国出身の監督で初めてプレミアリーグの頂点に立った。
オランダ出身でアーセナルの看板FWとして活躍したデニス・ベルカンプがリーグ16ゴールでリーグ優勝を導いた。
ベンゲルの優勝とベルカンプの活躍は、自惚れていた英国サッカー界にとって大きな衝撃であると同時に挑戦となった。

2002~2003シーズンにはプレミアリーグのクラブ別20人のスカッドで外国選手の比重が58%を占めた。
オランダ代表でマンチェスター・ユナイテッドの主戦FWとしてプレーしたルート・ファン・ニステルローイが25ゴールで得点王になり、1998フランスワールドカップ優勝メンバーのフランス代表ティエリ・アンリがアーセナルのユニフォームを着て得点2位(24ゴール)になった。
そのとき得点10傑のうち7人が英国外国籍の選手だった。
その中にはオーストラリア出身のマーク・ビドゥカ(20ゴール)とハリー・キューウェル(14ゴール)もいた。



[EPL1R] "ジルー決勝ゴール"アーセナル、レスターに4-3勝ち…スッキリとしたスタート
スポータルコリア




※一部要約

アーセナルがリーグ開幕戦でゴールの嵐を固め打ちしてスッキリとしたスタートを見せた。

アーセナルは12日、ロンドンのエミレーツスタジアムで行われたレスターとの2017/2018イングリッシュプレミアリーグ1ラウンドでラカゼット、ウェルベック、ラムジー、ジルーのゴールによって4-3で勝利した。

これでチェルシーとの2017FAコミュニティシールドで勝利していたアーセナルは、リーグまでその勢いを続けた。








[オフィシャル] ネイマール、PSG移籍完了…背番号10+5年契約
インターフットボール




※一部要約

PSGは3日、公式HPで「ネイマールがPSGに移籍した」とネイマールのPSG移籍を公式発表した。
背番号は10で、契約期間は5年で2022年6月20日までである。

PSG移籍を完了させたネイマールは「PSGに移籍してとても幸せだ。私がヨーロッパに来てからPSGは常に野心があり、競争力のあるチームになった。今は新たなチームで同僚と一緒に最大の挑戦をし、タイトルのために手助けしたい。PSGの野心と情熱が私を誘い、私は挑戦を受け入れる準備ができた。今日からこのチームが勝てるよう最善を尽くす」と所感を明かした。

PSGはネイマールのバイアウト金額である2億2200万ユーロ(約2951億ウォン)を支払おうとしたが、スペインリーグ(LFP)がUEFAのFFP規定違反の可能性が高いと判断し、これを拒否したことが明らかとなった。
だがFFP規定を守ったかを調査するのはUEFAの権限なので、LFPとバルセロナがネイマールのディールにブレーキをかける法的根拠はなかった。

紆余曲折を経たが、バイアウトの支払いを終えてネイマールのPSG移籍は予定通り順調に進められた。
ポルトガルでメディカルテストを終えていたネイマールは、すぐにフランス・パリ行きの飛行機に乗って最終的に移籍を完了させた。






[オフィシャル] ルーニー、13年ぶりにエバートン復帰確定・・・2年契約
スポータルコリア




※一部要約

ウェイン・ルーニーが13年ぶりに実家チームのエバートンに復帰した。

エバートンは9日、クラブの公式HPでルーニーの復帰を伝えた。
契約期間は2年である。

ルーニーは2004年にエバートンを去ってマンUに合流した。
その後マンUで559試合253ゴール145アシストを記録し、オールドトラフォードの生ける伝説になった。
だがジョゼ・モウリーニョ監督体制で立場が揺れ、リーグ5ラウンドのワトフォード戦以降は交代や欠場まで経験していた。




"実家復帰"ルーニー、「マンUの他にはひとえにエバートンだけ」
インターフットボール




※一部要約

ルーニーは「何年か前にも話していた。私がマンUを去るなら、プレーしたいチームはエバートンだけだと。私は他のプレミアリーグのチームでプレーしたくなかった」として、「エバートンが私に関心があることがわかったとき、私の代理人に"行って彼らに伝えてほしい。現実にしようと、そこは私が行きたいところだ"と言った」と、エバートン復帰に強い意志があったことを語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング