[SPO in 千葉、女子韓日戦3行要約] "闘志"の韓国、日本に2-3の惜敗
スポTVニュース




※一部要約

三行で要約した2017東アジアカップ(EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ)韓国vs日本。

1.1次戦=運命の韓日戦
2.早い失点、すぐに反撃
3.闘志で作った同点、だが逆転ゴールを許容





日本には"ジャンケン"でも負けてはならないという言葉がある。
それだけ韓日戦の意味は大きい。
ユン・ドクヨ号は東アジアカップの初戦から日本に会った。
大会を控えた出国前、ユン・ドクヨ監督は「1次戦の日本戦が最も重要だ」と語っていた。
韓日戦の意味の他にも、大会の版図を決める可能性が高い試合が初戦だからだ。
ユン・ドクヨ監督は客観的な戦力差は認めたが、後悔なしにするという意思を固めていた。






パク・チソン「韓国サッカーの状況、あまり良くなくて…」ユースの責任を引き受けた
NEWSIS




※一部要約

「韓国サッカーは厳しい状況で、別の見方をするなら私が最も関心のある分野についての要請だったので、本部長という職責をしているようだ」

パク・チソン大韓サッカー協会ユース戦略本部長兼財団法人JSファウンデーション理事長は、韓国サッカーの未来の責任を担うべきユース戦略本部長の職を受諾したことに関して、このように語った。

8日、水原ホテルキャッスルで行われた"2017JSファウンデーション才能学生後援支援金伝達式"を終えたパク本部長は、「継続的に協会側から仕事をしてほしいという意向を見せてきたが、当時の私はそのような状況ではなかった。引き伸ばしにしていたが、韓国サッカーの状況があまり良くなかった」として、「海外の経験をたくさんして、多くのことを見てきた選手として、そのまま良くない状況を見ているのは無責任だという感じがした」と説明した。

英国留学中のパク本部長は、先月のサッカー協会の要人・組織改編でユース戦略本部長の席に座った。
サプライズ人事だった。



大学サッカー、ますます激しくなる就職寒波に溜息
蹴球ジャーナル




※一部要約

冬が帰ってきた。
水銀柱が氷点下に下がって降りしきる雪も舞い散る。
大学サッカー界はすでにカチコチに凍りついた。
就職寒波のためである。
特に卒業を控えている4年生選手は漠々たる未来に溜息ばかりついている。
プロチームが4年生に見向きもしないためである。

今シーズンのKリーグが幕を下ろした。
クラシック(1部)とチャレンジ(2部)の各クラブはすでに来年のための準備に入った。
徐々に大学選手のプロ入団のニュースが聞こえてくる。

しかし大学サッカー界の雰囲気は明るくない。
プロチーム入団の選手数が以前より大幅に減ったためである。
首都圏A大学の監督は「プロチームに選手を送ることは、空の星を掴むように大変だ」と溜息をついた。

特に2015年度を最後にKリーグ新人ドラフトが廃止されて各クラブが腰のベルトをきつく締め、以前より選手団の規模が小さくなった。
当然新人の数も減った。
今は2~3人をプロに送るだけで同僚監督の羨望を買う。



[パク・サンギョンのJサッカー] 韓-日メッシはなぜ別の道を歩むことになったのか
スポーツ朝鮮




※一部要約

しばらく韓日サッカー界は自国の"メッシ"で浮き立っていた時期があった。
両選手ともFCバルセロナユース所属という共通分母があった。
イ・スンウのゴールのニュースが伝えられるたびに、韓国では"韓国のメッシ"を期待して笑いの花が咲いた。
日本も同じ。
わずか10歳の年齢でスペインに渡った"日本のメッシ"久保建英は日本サッカー界の未来そのものだった。
FIFAが"18歳以下選手の海外移籍規定違反"でバルセロナに鉄槌を下した2015年3月前までの風景である。

韓日2人のメッシの現在は正反対だ。
イタリア・セリエAのエラス・ヴェローナで主戦競争をしているイ・スンウとは違い、久保は22日の広島戦の後半にプロ申告式を行った。
プロデビューの年齢だけを問うなら、久保はイ・スンウより3年早かったが、出発点の重量感は雲泥の差である。

"運"が切り離した結果物である。
イ・スンウは"年齢"が得になった。
"開店休業"の期間が短かった。
満18歳になった2016年からバルセロナユースで活躍を再開した。
この時期にイ・スンウは青少年代表だけでなく非公式ユース大会、国内のプロ-大学チームの練習に参加して懸命に耐えた。
バルセロナもやはり個人トレーナーとコーチを派遣して助けるなど、積極的に動いた。
同年代の他の"バルサユース"だったチャン・ギョルヒも同じようなコースを踏んだ。



チャ・ボングン、「いつまでヒディンクを懐かしむのか、私たちの指導者を育てよう」
ニュース1




※一部要約

韓国サッカーのレジェンドであるチャ・ボングン元代表監督が、よろめいている韓国サッカーに対してやるせなさを伝えた。
それと同時にもう現実を直視し、新たな姿に生まれ変わるときだと声を高めた。

"チャブーム"の舞台でお馴染みのドイツ・ブンデスリーガが韓国サッカーファンに会うため、ソウルを訪れた。
ブンデスリーガは世界各国を回って"ブンデスリーガレジェンドツアー"を進めていて、その一環として2日から4日まで"ブンデスリーガレジェンドツアーインコリア"を開催している。

今回のイベントの趣旨と意義を伝える公式記者会見が2日、グランドハイアットソウルで行われた。
この席に韓国人ブンデスリーガレジェンド広報大使のチャ・ボングン元監督が同席した。
久しぶりの公式の席上で、チャ・ボングン元監督は韓国サッカーに対する深い悩みを伝えた。

チャ元監督は「最近"サッカー選手チャ・ボングン"というのはきまりが悪い。多くの人が韓国サッカーを残念がっている現実にサッカー人の1人として申し訳なく、恐縮という言葉を申し上げざるを得ない。面目ない」という言葉を挨拶の代わりにした。

彼はまず「中国サッカーはとてつもない力で世界に向かっている。あのものすごい投資は、韓国には不可能なことだ。物的資源を通じた試みをしている中国とは違い、日本はかなり前から先進システムを学んで日本化することに努力している。それで40年前から子供サッカー教室を始め、将来の選手を元気に育てるシステムはもう安定化段階に来ている」と紹介した。

それとともに「個人的に、私たちの子供たちを日本のように合理的で科学的に管理すれば、今よりもはるかに上手くできると思う。本気である」と訴えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング