[フットボールリストS] 恐ろしい10代 | ③Kリーグにはなぜ10代のスターがいないのか
フットボールリスト




※一部要約

ヨーロッパでも満18~19歳はユースチームの最後の段階である。
だがこの年代の選手は少なくとも2軍チームでプロの試合に出場し、チーム内最高と言われる選手は1軍の選手団と同行して真のプロ選手となる。

韓国もやはりプロ傘下のクラブを通じた育成システムが席を占めつつあるが、高校選手はプロに登録してもプレーすることができない。
高校を卒業してから誕生日の過ぎていない満18歳が、最年少プロデビューが可能な時点である。
実質的に満19歳の選手だけ"10代スター"の道に挑戦することができる。

残念ながら10代の年齢でKリーグの舞台を揺るがした選手はまだ出ていない。
2016シーズンの場合、U-20代表の中心選手として着実に活躍してきたハン・チャンヒが、全南ユースチームの光陽製鉄高を卒業してからプロに直行して後半期から主戦として起用され、当時の基準で満19歳の年齢で23試合に出場して1ゴール1アシストを上げたのが最も印象的な活躍だった。

ノ・サンレ全南監督は、10代の選手について「十分競争力がある。チャンスさえ着実に与えれば十分上がってくる」と言った。
だがスプリットラウンドと昇降制が実施され、成績によって更迭の世論が容易にできるKリーグの現実の中では、若い選手を待つ環境になるのは難しい。



"成人の舞台で通用するだろうか?"岐路に立ったイ・スンウ、ペク・スンホ、チャン・ギョルフィ
OSEN




※一部要約

バルセロナ三銃士は果たして成人の舞台で通用するだろうか。

シン・テヨン20歳以下サッカー代表監督がドイツ、スペインの様々な都市を回り、海外派の選手の技量を点検してから10日午後に仁川空港を通じて帰国した。
シン監督は5月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップコリア2017を控え、最終エントリーの構想に入った。

鍵はバルセロナユースチームでプレーする三銃士の合流の有無だった。
イ・スンウを見るためにシン・テヨン監督はバルセロナを訪れた。
シン監督は「イ・スンウはとりあえず2試合ともプレーしていた。パスが上手く、両足とも使えてチームでも良かった。監督と話したが信頼が強かった。満足した」と合格点を与えた。

ただイ・スンウは身長が170センチに満たない。
成人の舞台でプレーするには身体条件が劣る。
競り合いなどで問題が起きるだろうという指摘もある。
イ・スンウが克服しなければならない短所だ。
シン監督は「イ・スンウは闘争心が足りないようだ」と短所も指摘した。

3人の中で最年長のペク・スンホはひとまず成人チームのBに上がった。
1軍チームにもしばらく上がり、メッシやスアレスとともに練習する写真が公開され、ファンをワクワクさせた。
ペク・スンホはコーチ陣とエージェントの間のコミュニケーション不在により、懲戒性のシーズンを過ごしているという噂が出回った。

シン・テヨン監督は「監督と面談をした。試合には出られてないが監督は良い選手だと言っていた。ペク・スンホは韓国に来てからアピールする機会がなかったようだ。監督が来年は頻繁に起用すると約束した」と明かした。
ひとまずペク・スンホもU-20ワールドカップに連れていく。
ペク・スンホもやはり今大会で成人の舞台での可能性を証明しなければならない。



レアル、イ・ガンインを望む。バレンシアに獲得を問い合わせ
STNスポーツ




※一部要約

世界最高のクラブの一つに選ばれるレアル・マドリードがイ・ガンイン(16・バレンシア)を狙っている。

かなり具体的な話が行き来したとみられる。
レアルユースシステムのコーディネーターとして働いているビクトル・フェルナンデスが、バレンシアユースの団長に直接電話してイ・ガンイン獲得の意思を明かしたほどである。

ユース選手は16歳になればプロ契約を締結でき、選手の決定で移籍が可能である。
イ・ガンインが移籍を選べばレアルのユニフォームを着ることができる。




レアル、バレンシアにイ・ガンイン獲得を問い合わせ
インターフットボール




※一部要約

同じような事例で別の有望株ナビルがマンチェスター・シティに移籍した。
練習費用を払ってからレアルが獲得するのか、双方が交渉テーブルにつくのか見守らなければならないとみられる。
選択はイ・ガンインの役割である。

イ・ガンインは2007KBS芸能プログラム"飛べシュットリ"に出演して安定した基本技と優れた技術を披露した。
その後サッカーの才能を認められて2011年にバレンシアユースチームに入団、これまで好活躍を繰り広げてビッグクラブの獲得リストに上がった。






ユン・ドクヨ号、アジアカップ本戦行き赤信号・・・天敵北韓と組分け
スポータルコリア




※一部要約

ユン・ドクヨ号がアジアカップ本戦進出で険しい歩みをすることになった。

AFCは21日、ヨルダン・アンマンで2018AFC女子アジアカップ最終予選の抽選を行った。
そして韓国は北韓と同組になる最悪の組分けになった。
韓国は4月3日から12日まで平壌で最終予選を行う。

女子アジアカップは前大会1~3位の日本、オーストラリア、中国と開催国ヨルダンが本戦に直行し、残りのチームは予選を行う。
最終予選は4組で編成されて最終予選開催を申請した北韓、タジキスタン、パレスチナ、ベトナムで行われる。

韓国としてはアジア最強の戦力を誇る北韓と会う可能性があった。
韓国と北韓は歴代戦績で1勝2分け14敗の絶対的劣勢を記録している。
最近10試合の成績は1分け9敗であるほどだ。

だが憂慮は現実になった。
韓国は北韓、ウズベキスタン、香港、インドとともにB組に編成された。

本戦に直行するためにはグループ1位にならなければならない。
これは北韓をはじめとする相手チームにすべて勝ってこそ可能であるという意味だ。
韓国としてはこれまで当然のように出場していた女子アジアカップ本戦行きを心配しなければならない境遇となった。




女子サッカー南北対決、北韓も困っている
スポーツ朝鮮




※一部要約

女子アジアカップ本戦はワールドカップアジア地区予選を兼ねている。
今回の予選を通過できなければワールドカップの夢まで水の泡となるわけである。
ユン・ドクヨ女子代表監督は「望んでなかった組分け結果になって厳しい状況に置かれた」と率直に打ち明けた。
エースのチ・ソヨンも「荒唐で息詰まる」と心配を示した。

北韓も苦しいのは同じである。
試合の外的要素が大きい。
韓国女子代表を呼び込めばFIFAの規定に準ずる待遇をしなければならない。
自国民がいっぱいになった競技場で、愛国歌を流して太極旗を掲揚しなければならない。
これまで北韓内で太極旗の掲揚、国歌斉唱が行われたことはない。
北韓は2010南アフリカワールドカップ3次予選、最終予選のときにも同じような理由で、韓国戦だけ第3国の中国上海でホーム試合を消化したことがある。
これまで平壌で行われた統一サッカーは、民間次元での幼少年大会などであり、正式大会ではなかったので曖昧にやり過ごすことができた。
だが正式大会である今回の予選で北韓が政治的理由を挙げて規定に違反し、大韓サッカー協会がAFCに意義を提起すれば、没収試合などの懲戒を受けることになる。
北韓にとってはワールドカップ出場のための旅程である今回の予選を放棄することはできないが、特殊な体制上の政治的問題まで考慮しなければならない困った立場であるわけだ。
サッカー協会の関係者は「平壌遠征のためには統一部の許可を受けなければならないなど、手続き上の問題がある」としつつも、「北韓も大会規定を満たして私たちのチームを迎えなければならないだけに、大いに悩むことになるだろう」と予想した。



"横浜韓国人ユース"ユ・ジハ、プロ直行を夢見る
アジア経済




※一部要約

日本プロサッカーの横浜FマリノスU-18ユースチームにはユ・ジハが活躍している。

ユ・ジハはHM Sportsと浦項市が共催した"第4回浦項韓日中U-18最強交流戦"で日本人の同僚25人と共に故国の地を踏んだ。
彼は横浜のCBとして大会3試合をすべて消化した。
185センチの長身を活かした打点の高いヘディングと安定したビルドアップで攻守ともに優れた活躍を見せた。

横浜は今大会で2勝1敗を記録して大会に参加したJリーグクラブの3チームで最も良い成績を上げた。
去年の12月27日に"大韓民国高校サッカー最強者"蔚山現代U-18との試合に1-5で敗れたが、28日の浦項スティーラースU-18戦に3-1で勝利したのに続いて、29日の城南FC U-18に2-0で勝利して2連勝した。

ユ・ジハは「韓国人として故国に帰ってきて、Kリーグのユースチームと試合できる機会を得ることになってありがたさを感じる。蔚山との試合で完敗したのは恥ずかしいが、浦項・城南戦で日本チーム特有のパスプレーとビルドアップにより勝利をおさめることができて嬉しい」と言った。

父親の日本支社発令により小学5年生のときに韓国を去ったユ・ジハは、横浜ジュニアユースを経て横浜U-18に入団した。
かつてレアル・マドリードとバルセロナの関心を集めたりもして、去年3月には大韓民国U-17代表チームに招請選手の資格で抜擢されたりもした。
その年の8月にはJリーグU-16代表チームのリストに外国人選手として唯一名前を上げ、9月に行われた"2015JリーグU-17チャレンジカップ"に主戦で出て優勝に貢献した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング