日メディア「ファン・ソンホン、セレッソ大阪新任監督候補
MKスポーツ



※一部要約

ファン・ソンホン前大田ハナシチズン監督が、日本プロサッカーJリーグ・セレッソ大阪の新任監督候補に取り上げられている。

日本の"日刊スポーツ"は20日、「セレッソがミゲル・アンヘル・ロティーナ監督と再契約を結ばない。後任監督候補にセレッソで選手としてもプレーしたファン・ソンホン監督も浮かび上がっている」と報じた。

スペインで長く指導者生活をしてきたロティーナ監督は2019年からセレッソの指揮棒を取った。
2019年にJ1リーグで5位になった。
2020年のJ1リーグでは5位に上がっていて残り7試合の結果によってAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得も狙える。

釜山アイパーク、浦項スティーラーズ、延辺富徳(中国)、FCソウルを指揮したファン・ソンホン監督は今年、大田ハナシチズンを引き受けた。
だが9月8日、チームに変化が必要な時期として辞任した。

一方、セレッソの韓国人司令塔は一度あった。
ユン・ジョンファン監督が2017年から2018年までセレッソの指揮棒を取ってリーグカップ優勝、日王杯、スーパーカップ優勝を導いた。


スポンサーリンク
楽天





日・日刊スポーツ「ファン・ソンホン監督、セレッソ大阪次期司令塔候補」
ニュース1



※一部要約

セレッソ大阪は守備的な面を強調するロティーナ監督とともに比較的安定した成績をおさめてはいるが、念願のJリーグ1優勝のためには攻撃的発展が必要だという判断を下し、結局監督交代を内部的に決めたと日刊スポーツは分析した。

日刊スポーツは「日本代表MF出身で元ジュビロ磐田監督だった名波浩も候補で、小菊昭雄コーチの内部昇格の可能性もある」と言い、「韓国代表FW出身のファン・ソンホン監督を迎えることもあり得る」と伝えた。

ファン監督は浦項スティーラーズ所属だった1998年に日本進出を宣言し、セレッソ大阪のユニフォームを着た。
初年度に11試合6ゴールで存在感を誇示したファン監督は、1999シーズンに25試合で何と24ゴールを炸裂させる驚くべき決定力とともに、Jリーグ1得点王とシーズンベストFWに選ばれる気炎を吐いた。

現役引退後に釜山アイパーク、浦項スティーラーズ、FCソウルを指揮したファン監督は、今シーズン前に企業クラブとして再出港した大田ハナシチズンとともに現場復帰したが、9月はじめに釈然としない理由で指揮棒を下ろしたことがある。




「ファン・ソンホン、セレッソ大阪監督就任の可能性」 [日メディア]
スターニュース



※一部要約

ちょうどファン・ソンホン監督は9月8日に大田の監督席から退いた。
もしセレッソの監督に就任するなら、監督としては初めて日本に渡ることになる。
2019シーズンの前に中国2部リーグの延辺富徳を引き受けたことはあるが、チーム解体で公式戦を行えなかった。

ファン監督のキャリアは水準級だ。
2013年と2016年にそれぞれ浦項とソウルを率いて1回ずつKリーグ1で優勝した。
特に浦項時代には2012年と2013年にFAカップ2連覇を獲ったこともある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...