"アンタクト(※untact=un+contactで韓国産英語)韓日戦"韓国の勝利?…全員ヨーロッパ組の日本、メキシコに0-2で膝
ソウル新聞



※一部要約

全員ヨーロッパ組で構成された日本サッカー代表がメキシコとの評価試合で完敗した。

日本は18日午前にオーストリア・グラーツのメルクールアリーナで行われた北中米の強豪メキシコとの評価試合で、後半にラウル・ヒメネスとイルビング・ロサノに連続ゴールを打たれて0-2で跪いた。
先にメキシコは15日、パウロ・ベント監督が率いる韓国代表に3-2で逆転勝ちしたことがある。
FIFAランキング11位のメキシコはオーストリア遠征評価試合を2勝(5得点2失点)で終えた。
14日のパナマとの試合に1-0で勝った日本(27位)は1勝1敗(1得点2失点)、前日夜にカタールを2-1で制圧した韓国(38位)も1勝1敗(4得点4失点)。




"メキシコ戦敗北"日本、韓国のように5分間で"嵐の失点"
フットボールリスト



※一部要約

メキシコの反撃は後半から行われた。
韓国戦のときと同様に強い前方プレス、早い攻撃展開で日本の守備陣を苦しめた。

韓国が連続失点して逆転された状況と似ていた。
両チームとも同じような時間帯に5分間の猛攻を凌げずに失点した。


スポンサーリンク
楽天





メキシコに完敗の日本、「霧のせいで負けた」という言い訳で慰め
スポータルコリア



※一部要約

試合後、日本のサッカーメディアのフットボールゾーンは「ファンはオチョアと霧で負けたという話をした」として環境的な要因が勝敗に大きな影響を及ぼしたと報じた。

日本は前半から意欲的に出て、数回の決定的チャンスで打ったシュートがオチョアに阻まれた。
両チームは前半を無得点で終えた。
後半に入って霧が深まり、後半18分にメキシコのヒメネスの先制ゴールが炸裂してからマッチボールを変更した。
鮮明によく見えるオレンジ色だった。
霧が選手の視野を完全に遮ったり、試合を行えないほど最悪の状況ではなかった。
主審も正常に試合を進行した。
だが日本ファンはメキシコ戦の敗北が実力ではなく霧のせいだという無理押しの主張をした。

フットボールゾーンは日本サッカー協会の公式SNSの反応を持ってきて「オチョアと霧に負けた」、「後半に霧のせいで何も見えなかった」、「霧のせいで誰が誰なのか区別できなかった」という言い訳に堂々と言及した。

もちろん敗北を謙虚に受け入れる人々もいた。
「前半に完璧なゴールチャンスがあったのに…」、「日本はワールドカップ8強にいつ進出するのか。何年もかかるのか…」と嘆いたりもした。




「メキシコ戦で南野も久保も存在感希薄」日メディアの鋭い批判
OSEN



※一部要約

日本メディアも日本代表の不振に冷笑的な見方だ。
日本のサッカー専門メディア"フットボールチャンネル"は「パナマ戦に先発でプレーした南野と久保が交代で入ったが、劣勢になった日本に流れをもたらせなかった。日本が相手にしたカメルーン、コートジボワール、パナマと比べるとメキシコははるかに競争力のある相手だった。リバプールでプレーする南野、ビジャレアルでプレーする久保も存在感が希薄だった」と批判した。

ソン・フンミンはAマッチでキャプテンマークをつけて2アシストを追加した。
一方、南野はパナマ戦のPKを除けば活躍像が低調だった。

"サッカーチャンネル"は「南野と久保の活躍像は不合格だった。久保はまだAマッチでゴールがない。南野もPKの1ゴールがすべて。毎試合良い結果を残すのは非常に難しいことだが、両選手は高い期待値を抱えていて、チームを勝利に導かなければならない。その責任も自身の宿命」として南野と久保に鋭い批評をした。


【関連記事】
韓国メディア:オーストリアで「アンタクト」韓日戦、ヨーロッパ組総出動で視線集中
韓国メディア:メキシコが韓国嘲弄?「最初から最後まで支配」「アジアの客は5分で十分」…日本も注意深く見守る



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...