"久保75分+アルカセルマルチゴール"ビジャレアル、カラバフに3-1の逆転勝ち…2連勝+1位
インターフットボール



※一部要約

ビジャレアルが交代投入されたアルカセルのマルチゴールによって、スカッとする逆転勝ちを記録した。
久保建英は先発出場したが、特別な活躍がなく後半中盤に交代アウトとなった。

ビジャレアルは20日午前2時55分にトルコ・イスタンブールのバシャクシェヒル・ファティ・テリム・スタデュムで行われた2020-21シーズンUEFAヨーロッパリーグI組2次戦で、カラバフに3-1の勝利をおさめた。
これでビジャレアルは2連勝で首位を維持し、カラバフは2連敗の泥沼にはまり込んだ。




スポンサーリンク
楽天





"ワールドクラス"ソン・フンミン、UEL選手ランキング2位で1段階"下落"…惜しい敗北
インターフットボール



※一部要約

トッテナムの衝撃負けはソン・フンミンのUEL選手ランキングにも悪影響を及ぼした。

トッテナムはは30日午前2時55分にベルギー・アントワープのボサイルスタディオンで行われた2020-21シーズンUEFAヨーロッパリーグJ組2次戦で、アントワープに0-1で敗れた。

ローテーションメンバーを大挙先発で出したトッテナムは前半から揺れた。
ジョゼ・モウリーニョ監督は後半にソン・フンミンとケインをはじめとする主軸選手を大挙投じたが、結果を変えられなかった。

今回の敗北でソン・フンミンは、UELで行っている"フェデックスパフォーマンスゾーン"の順位が1位から2位に1段階下落してしまった。
"フェデックスパフォーマンスゾーン"は、UELに出場する選手の正規リーグとUELで見せた活躍をベースに選手の順位をつけている。

とてつもない活躍を続けているソン・フンミンは、22日以降にずっと1位を守ってきた。
今回も4506点から4607点に点数は小幅上昇したが、チームが敗北して首位を渡してしまった。
1位は今回のラウンドで2ゴールを決めて4838点を貰ったビジャレアルのパコ・アルカセルが獲った。
ソン・フンミンと親しいケインも2位を走っていたが、今回の敗北で順位が7位(3917点)まで落ちてしまった。

今シーズン、レアル・マドリードからビジャレアルにレンタルされた久保建英は、カラバフとの試合で無難な活躍を披露して7位から5位(4255点)まで順位が上昇した。




【関連記事】
韓国メディア:ソン・フンミンがヨーロッパリーグの選手ランキングで1位疾走…久保建英は7位
【EL】韓国反応:三好康児がソン・フンミンのトッテナム相手に好活躍!…アントワープは1-0で勝利



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...