「信頼できない」…イ・ガンイン、バレンシアとの再契約中断
スポーツ京郷



※一部要約

イ・ガンインが所属チームのバレンシアとの再契約を保留している。

スペインのアスは22日、イ・ガンインを含めた核心選手がバレンシアとの再契約を中断したと報じた。

メディアによるとイ・ガンインをはじめとしてホセ・ルイス・ガヤとガブリエウ・パウリスタが、アレビンとの再契約を議論する過程でクラブの運営や財政などが不安定だという理由で契約に拒否感を示した。

特にイ・ガンインに光を当てたアスは「年齢と期待を考慮するとイ・ガンインが最も気になる状況」として、「イ・ガンインは個人的な境遇とクラブの計画を考慮して再契約の可否を決める計画だが、これを不明瞭だと感じている」と語った。

それとともに「イ・ガンインはハビ・グラシア監督体制でもマルセリーノ・ガルシア・トラル、アルベルト・セラーデス前監督のときと同じく、着実な機会が与えられていないと考えている」と説明した。

イ・ガンインはバレンシアと2022年まで契約している。
彼は先月、スペイン・プリメーラリーガの開幕戦に先発出場してマルチアシストを炸裂させる活躍をした。
だが最近ではベンチに押し出されて交代だけで出場しており、最後の試合であるビジャレアル戦では欠場した。


スポンサーリンク
楽天





"平均出場時間35分"イ・ガンインとファン・ヒチャン、競争が本当に難しい
FourFourTwo



※一部要約

イ・ガンインの立場は2ラウンドから急激に悪化した。
セルタ・デ・ビーゴとの試合では、負傷などの理由がなかったのに前半の後で交代させられた。
3ラウンドのウエスカ戦は後半交代で5分、4ラウンドのレアル・ソシエダ戦は70分、そして再び5ラウンドのレアル・ベティス戦は35分の出場に終わった。
6ラウンドのビジャレアルとの試合では欠場した。

バレンシアの地元紙デポルティーボ・バレンシアは「イ・ガンインが(ビジャレアル戦で)1分もプレーしなかった点は不思議で驚きだ。バレンシアは今シーズン、イ・ガンインに新たな任務を与えたが、グラシア監督体制ではそのような様子がない」と指摘した。

最近、イ・ガンインの出場時間は明確に減っているが、グラシア監督の態度は確固としている。
彼は7ラウンドのエルチェとの試合を前に「イ・ガンインは(ビジャレアル戦で)欠場したが、多くの時間をプレーしている選手だ」と語った。
イ・ガンインは今シーズン、リーグ6試合で226分プレーした。
1試合あたり平均で37分芝を踏んだわけだ。
グラシア監督の発言を見ると、イ・ガンインの出場時間がドラマチックに増えるのは難しそうである。

グラシア監督は獲得が不十分なクラブに対して批判の声を高めた。
更迭への恐れもないニュアンスの発言もした。
クラブで公開的に支持を受けているイ・ガンインにとって良くない現実だ。
スペインの現地メディアは1月のイ・ガンイン移籍の可能性も排除していない。



ファン・ヒチャンの場合はイ・ガンインと似ていながら異なる。
彼もまたシーズン公式戦の初戦であるDFBポカールのニュルンベルク戦でフルタイムをプレーし、1ゴール1アシストを記録した。
しかしその後、既存選手が好活躍を繰り広げて主戦から押し出された。

ファン・ヒチャンはその後、リーグ開幕戦のマインツ05戦で21分、2ラウンドのバイエル・レバークーゼン戦で45分プレーした。
3ラウンドのシャルケ04戦は欠場し、4ラウンドのアウクスブルク戦は11分出場した。
最近、イスタンブール・バシャクシェヒルとのチャンピオンズリーグのGLで45分プレーした。
6試合で212分、平均35分競技場に出た。

ファン・ヒチャンは焦る必要がない。
ユリアン・ナーゲルスマンライプツィヒ監督は、ヘルタ・ベルリンとの試合を前に「ファン・ヒチャンには時間がさらに必要だ。十分な練習なしで成功的な姿を見せるケースは極めて珍しい。選手は常に一歩下がらなければならない瞬間があるが、自ら決めなければならない。ファン・ヒチャンにはまだその能力が足りない。多少(適応が)遅くて否定的という状況でも、チームを助ける方法を見つけなければならない」と語った。

公式戦の初戦は良かったイ・ガンインとファン・ヒチャンは、それぞれ異なる理由によって序盤の主戦争いで困難を経験している。
限られた出場時間の中で能力を示すしかない。
平均出場時間が35分に過ぎない両選手にとって、シーズン序盤の競争は容易ではない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...