オーストラリアメディア、「アーノルド監督、ソウルのオファー拒絶…"サッカールー"に残る」
ベストイレブン



※一部要約

オーストラリアメディアからグラハム・アーノルドオーストラリア代表監督がFCソウルの指令塔に就任するかもしれないという可能性が提起された。

だが20日午後、別のオーストラリアメディア<ザ・ワールドゲーム>はアーノルド監督がソウルの誘惑を振り払い、オーストラリアの指揮棒を取り続けると予想した。

<ザ・ワールドゲーム>は「アーノルド監督はソウルのオファーを振り払ったし、サッカールーに残るだろう」として、「クラブサッカーに戻るという、よだれが出そうなチャンスにも背を向けた」というニュースを伝えた。

アーノルド監督が最近悩んでいたのは事実だ。
およそ1年間まともにAマッチを行えなかったし、そのため実戦への渇望が相当あったからだ。
それでも<ザ・ワールドゲーム>は「2020FIFAカタールワールドカップ地区予選が再開されるときまで何もない」と確言した。

アーノルド監督は過去にオーストラリア代表をはじめとしてセントラルコースト・マリナーズ、ベガルタ仙台、シドニーFCなどを指揮したことがある。
とりわけオーストラリアのクラブを引き受けたときに成績が非常に良かった方である。


スポンサーリンク
楽天





アーノルドオーストラリア監督、FCソウルに来ない"交渉決裂"
スポーツ朝鮮



※一部要約

Kリーグの移籍市場に詳しい複数の関係者は「ソウルとグラハム・アーノルドオーストラリア代表監督の間に肯定的なシグナルがあった。だが年俸で異見を見せて決裂したと思う」と伝えた。

ソウルは国内外の指令塔をリストに上げて監督選任作業に突入したことがわかった。
オーストラリア、アジアサッカー出身など様々な候補群がリストに名前を上げたという。
だが目の前に捕まえられるものはなかった。

そのような状況でアーノルド監督の就任説が急浮上した。
アーノルド監督は"検証された"指令塔だ。
現役時代にオーストラリアを代表するサッカー選手で、指導者としてもキャリアを積んだ。
仙台など海外で経験を積んだ。
2018年からオーストラリア代表の総責任を負っている。
アーノルド監督は代表より毎日働けるクラブチームを望み、ソウルに魅力を感じた。

実際、ソウルはアーノルド監督を候補群に上げて映像面接を進めたという。
映像面接の結果、ソウルはアーノルド監督に高い点数を与えて協議に入った。
条件などについて詳細な内容まで交渉を継続した。
数回の合意と異見が行き来した中で肯定的な雰囲気が流れたが、終盤に気流が変わった。
結局、19日午後に両者は最終的に"交渉決裂"を宣言した。




オーストラリアメディア「アーノルド監督、ソウル監督オファー拒絶」…ソウル「現在のリストからは外れた」と認定
スポーツ京郷



※一部要約

FCソウルの関係者は「アーノルド監督が監督候補群にいたのは正しいが、現在のリストからは外れた」と明かした。


【関連記事】
FCソウルがベガルタ仙台も指揮したグラハム・アーノルド豪州代表監督と接触…本人の決定だけを残す



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...