ポルトガルのボアヴィスタ、蔚山のイ・ドンギョン獲得を望む
ベストイレブン



※一部要約

ポルトガル・プリメイラ・リーガに属するボアヴィスタが、蔚山現代所属のイ・ドンギョンを望んでいることがわかった。

ポルトガルのスポーツ新聞<レコード>は28日、ヴァスコ・セアブラボアヴィスタ監督がイ・ドンギョンの獲得をクラブ側に要請し、そのため蔚山側と交渉中であると報じた。

先にイ・ドンギョンは3月、ファン・インボムが身を置いていたアメリカプロサッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスのラブコールを受けていたが、ソーシャルメディアで蔚山に残留する意向を明かしていたことがある。

イ・ドンギョンに関心を示しているボアヴィスタは、2000-2001シーズンにポルトガル・プリメイラ・リーガで優勝した経験のあるチームだ。
ジミー・フロイド・ハッセルバインク、ジョゼ・ボシングワらがこのチームを経てビッグリーグに発ったことがある。

ボアヴィスタはフランス・リーグ1のリールOSCの衛星クラブ格で、マンチェスター・ユナイテッド出身のアンヘル・ゴメスがリール移籍後にレンタルでこのクラブに行った。
イ・ドンギョンがボアヴィスタに移籍すれば、ゴメスと主戦争いを繰り広げる可能性もある。


スポンサーリンク
楽天





蔚山「イ・ドンギョンへのボアヴィスタのオファーは事実、現在検討中」 [ファクトチェック]
スポーツ朝鮮



※一部要約

蔚山側はこれについて「ボアヴィスタのオファーが15日前に来た。10月5日の移籍市場の締め切りを前に、選手を早く送ってくれと言っている。だが最初のオファーは条件に差が大きくて断り、再び2回目のオファーが来た状況だ。現在検討中」と状況を伝えた。

蔚山にとっては、蔚山ユース出身のイ・ドンギョンが正当な価値を認められて、最も好条件で海外に進出することを願っている。
何より全北との"薄氷"のファイナルA優勝争いの中でスカッドに活力を吹き込む確かなオプション、"左足のエース"イ・ドンギョンを送る決定は、あれこれ身長にならざるを得ない状況である。
ボアヴィスタはリーグがすでに開幕している状況で、一日でも早く選手の獲得を望んでいる。

ポルトガル1部プリメイラ・リーガのボアヴィスタFCはポルトをホームにするクラブで、2000~2001シーズンにリーグ優勝の記録がある。
昨シーズンはリーグ12位を記録した。
2008年に八百長事件が一歩遅れて発覚し、2部リーグに降格してから財政難で3部まで降格したが、2014年に1部リーグが18チームに拡大して3部リーグから1部リーグに昇格した。
フランスのリールOSCの衛星クラブで、最近マンU出身で2000年生まれのアンヘル・ゴメスがレンタルされて話題となった。
若い選手の競技力と身代金を同時に上げる、典型的なセリングクラブだ。

一方、イ・ドンギョンはこの日、大韓サッカー協会が"2020ハナ銀行カップサッカー代表vsオリンピック代表"親善試合(10月9日午後8時・10月12日午後8時)を前に発表した選手リストに、親しいウォン・ドゥジェやイ・ドンジュンとともにパウロ・ベント監督のA代表に電撃抜擢された。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...