南野、3部リーグのチーム相手に2ゴール1アシスト…リバプールのカラバオカップ16強を導く
スポTVニュース



※一部要約

南野が3部リーグのチームを相手に躍動した。

リバプールは25日、英国のシンシルバンクスタジアムで行われた2020-21シーズン・カラバオカップ32強で、リンカーン・シティを7-2で大破した。

リンカーン・シティは3部リーグのチームだ。
両チームのかけ離れた戦力差が試合結果に繋がった。

リバプールは前後半でずっとリンカーン・シティを圧倒した。
試合序盤から多くのゴールが出てリンカーン・シティを追い詰めた。

特に南野が2ゴール1アシストを記録し、リバプールのユルゲン・クロップ監督の目に留まるようにさせた。
先発出場した南野は前半18分と後半1分にゴールを決めたのに続き、試合終了直前にはオリギのゴールをアシストし、リバプールのカラバオカップ16強進出を導いた。


スポンサーリンク
楽天





南野、リバプール入団後に初のマルチゴール…スカイスポーツの評点も8
スポータルコリア



※一部要約

リバプールは主戦を大挙外したが、南野をはじめとする非主戦選手にとってチャンスだった。
南野は自分に訪れたチャンスを上手く活かした。

彼はこの日の試合で、1月のリバプール入団以降で最高の活躍を繰り広げた。
彼がリバプールの公式戦でマルチゴールを決めたのは初めてだ。

ヨーロッパサッカー統計サイト"フースコアード・ドットコム"は評点9を与えた。
英国メディア"スカイスポーツ"はカーティス・ジョーンズとともに南野に最高評点の8を与えた。
それだけこの日の試合でのインパクトが大きかった。

それだけではない。
"スカイスポーツ"は「南野のマルチゴールは2016年9月に岡崎慎司がチェルシー戦で2ゴールを記録して以降、4年ぶりに日本選手が成し遂げた成果」と持ち上げた。




日・南野がリバプールで初のマルチゴール
MKスポーツ



※一部要約

リバプールは1月、移籍金850万ユーロ(約100億ウォン)をレッドブル・ザルツブルクに払って南野を獲得した。
2019-20シーズンの後半期14試合に出たが、攻撃ポイントはなかった。
2020-21シーズンはリンカーン戦まで3試合3得点1アシストである。

ザルツブルク時代の南野はUEFAチャンピオンズリーグの6試合2ゴール3アシストで注目された。
ヨーロッパ進出前はセレッソ大坂所属で2013Jリーグ新人賞を獲った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...