"サッカー崛起"中の夢、「マンU有望株チョンも中国系!5年暮せば帰化可能」
OSEN



※一部要約

中国の"搜狐"は15日、「中国サッカーに詳しい"帰化"専門家によると、タヒス・チョンは中国系だ。彼が帰化すれば中国代表選手としてプレーできる」と報じた。

サッカー崛起を夢見る中国は、自国選手の成長が鈍く、外国選手の大挙帰化を推進している。
ブラジルの外国人FWだけでなく、中国系の混血サッカー選手の積極的な帰化を推進している。

コロナによって全世界のAマッチが中断された状況で、中国は戦力補強のためにサッカー帰化の行政手続きの推進に熱を上げている。
すでに5人以上の帰化選手が代表に合流した状態である。


スポンサーリンク
楽天







搜狐は帰化専門家"jallo_tang"の発言を引用し、「マンチェスター・ユナイテッドの有望株チョンは中国系だ。彼の中国名は陳達毅」と主張した。

マンUの有望株チョンは今夏の移籍市場で、出場機会のためにドイツ・ブンデスリーガのベルダー・ブレーメンにレンタル移籍で離れている状態だ。

このメディアは「陳達毅の曽祖父は1940年に中国を去ってキュラソーに移民した。彼はそこで結婚し、数人の子供を得た。チョンの祖父もその1人」と説明した。

続けて「チョンはオランダ国籍で一般的な中国人とはまったく違って見えるが、明らかに中国の血が流れている。彼は機会があれば中国代表でプレーしたいと明かしたりもした」と付け加えた。

だが現実的に中国代表のチョンを見るのは難しいものとみられる。
帰化規定の改編により、中国系4世代のチョンは早い帰化が不可能である。

搜狐は「もしチョンが陳達毅に改名して中国に戻って5年暮せば帰化できる」として、「だがチョンの若い年齢を考慮すれば、現実的には難しいだろう」と惜しさをあらわした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...