イ・チョンスが挙げた韓国サッカーの天才TOP5の1位は?「あのようにボールを蹴る人は見たことない」
世界日報



※一部要約

元サッカー選手のイ・チョンスが、韓国サッカーの天才5人を挙げた。
4位にはイ・チョンス自身を入れて目を引いた。

イ・チョンスは13日、スポーツ専門ユーチューブチャンネル"タッチプレー"に出演、パク・チャンハSPOTV解説委員とともに"イ・チョンスが選ぶサッカーの天才TOP5"を公開した。

イ・チョンスはまずキム・ビョンス(現江原FC監督)を5位に選んだ。
イ・チョンスは「(キム・ビョンス監督についての)話をすごく聞いた。創造性がとても優れていたそうだ」として、「自分のスタイル、天才だけのノウハウで選手を教えるので、江原FCのアタッカーが良くなっている」と明かした。

続けて4位にはイ・チョンス本人を挙げた。
イ・チョンスは「もし自分がキム・ビョンス監督のプレーをもっと見ていれば順位は変わったかもしれない」と前置きし、「私は本当に熱心にやったし、天才という言葉をたくさん聞いた。ちょうど4位が合ってるだろう」と説明した。


スポンサーリンク
楽天





3位はパク・チュヨン(FCソウル)だった。
イ・チョンスは「後輩だが私より高い3位にした。それだけサッカー選手として持っているものがあまりに多い」として、「アーセナルまで行っただろう。私はヨーロッパで選手生活をして感じたが、持っていなければ良いチームには行けない」と付け加えた。

2位はコ・ジョンス元大田監督だった。
「私が高校のとき、メディアで自分を見て"第2のコ・ジョンス"とあったのでさらに仰ぎ見た。韓国サッカーの天才という言葉はまさにコ・ジョンス兄のために生まれたもの」として、「シャビ・アロンソが切り替えのパスで上手だったように、韓国ではコ・ジョンス兄が切り替えのパスが最も上手かった。さらにゴールも決めてくれる選手だった」と語った。

1位には元慶南FC監督のキム・ジョンブが上がった。
イ・チョンスは「多くの師匠から"生まれてキム・ジョンブのようにボールを蹴る人を見たことがない"、"キム・ジョンブと比べたらイ・チョンス、お前はボールを蹴ることもできない"、"良いサッカー選手になるにはキム・ジョンブのように蹴らなければならない"という言葉をすごく聞いた」と述べた。

続けて「とにかくサッカーが上手いので、このクラブあのクラブが引っ張ろうとしたが、契約問題で間違ったという話も聞いた」として、「時代的にかなり先輩なので私は資料のようなものをあまり見られなかったが、すべての方がそう言うほどなら理由があるのだと思う」とキム・ジョンブについて確信した。

キム・ジョンブは1983年のメキシコ青少年ワールドカップで韓国を4強に導いた有望アタッカーだった。
それから代表に選ばれて1986年のメキシコワールドカップでブルガリアを相手に同点ゴールを決め、韓国が1-1で引き分けてワールドカップ初の勝ち点獲得の一助となった。
だがKリーグでスカウト騒動に巻き込まれて1年余りサッカーを休んだため、全盛期の技量を早くに失った悲運の天才に挙げられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...