鈍かったバレンシア、パス成功率100%のイ・ガンイン…45分の活躍で評点6.3
フットボールリスト



※一部要約

イ・ガンインが45分活躍してシーズン2回目の公式戦を終えた。

20日、スペインのビーゴ・バライドスで行われた2020-2021ラ・リーガ2ラウンドで、バレンシアはセルタ・デ・ビーゴに1-2で跪いた。
シーズン初の敗北だ。

イ・ガンインはマキシ・ゴメスとともに最前方で先発として出場した。
だが前試合で2アシストを上げて大活躍した流れを続けられなかった。
シュートはなく、キーパス1本を記録した。
パスを18回試みてすべて成功し、自分の役割を果たした。

ヨーロッパサッカー統計サイト"フースコアード・ドットコム"は、イ・ガンインに6.3の評点を与えた。
得点したゴメスとアシストしたヴァスがそれぞれ7.7と7.6で高い評点を受けた。
中盤に配置されたジョフレイ・コンドグビアも7.3で悪くない活躍を繰り広げた。
バレンシアの選手はほとんどが6点台の評点で、振るわないという評価を受けた。


スポンサーリンク
楽天





イ・ガンイン、FKキッカー選定の過程で意見衝突のイシュー(西メディア)
スポーツ朝鮮



※一部要約

"2001年生まれの新星"イ・ガンインは開幕2試合連続で先発出撃した。
彼は先に行われたレバンテとの開幕戦で"マルチアシスト"を記録し、チームの4対2の勝利を導いたことがある。

この日先発出場したイ・ガンインは、左サイドを揺さぶって攻撃のチャンスを作った。
だがチームは全体的に期待したプレーが出なかった。
イ・ガンインもやはり後半開始と同時にパジェホと交代してベンチに退いた。

問題のシーンは前半34分に起きた。
イ・ガンインが相手の激しい競り合いに押されて倒れた。
審判は直ちにファールを吹いて、バレンシアのFKを宣言した。
キッカーを選定する過程で意見の衝突があった。

スペインメディアのマルカは「イ・ガンインはまだ若いが非常に肯定的なプレーを見せる選手である。彼は前半34分にFKを得た後、キックを実行しようとした。イ・ガンインは自分がキッカーとして出るために意見した。だがキッカーとしてホセ・ルイス・ガヤが出た。イ・ガンインは理解できなかったが、相手の意見を尊重しようとした」と報じた。
エル・デスマルケのバレンシア版は「イ・ガンインはFKキッカーを逃した後で退いた」と付け加えた。




イ・ガンイン-ガヤ、FKキッカーをめぐって衝突…現地ファン甲論乙駁
スターニュース



※一部要約

このシーンをめぐってファンは甲論乙駁を繰り広げた。
"イ・ガンイン ガヤ"がスペイン版ツイッターのトレンドに上がったほどである。
スペインのエル・デスマルケは「ポジションとキック能力を見れば、イ・ガンインが蹴るのが論理的に正しいという意見がある。だが序列によってガヤがFKを蹴った」とシーンを眺めた。

試合終了後、グラシア監督は関連の質問に「我々にはそれぞれの状況に合うフリーキッカーがいる。ただし、ここで明かすことはできない。再び似たような状況で同じシーンが出るなら、我々のチームに未来はない」と妙な返事を残した。
事実上、即答を避けたのだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...